AUN J クラシック・オーケストラ

Classical/OST

ディスコグラフィー

  • 世界が音楽でつながるための挑戦を続けてきた和楽器ユニット“AUN J クラシック・オーケストラ”、そしてその弟分とし2017年4月にデビュー・アルバムを発売する“SAMURAI J BAND”、そして女性ユニットとして、その艶やかさで方々から出演依頼が殺到している“NADESHIKO J ENSEMBLE”、さらに民謡界からも大物参加!超豪華メンバーが協力して作り上げた、日本のおもてなしの原点<盆踊り>!尺八、篠笛、太鼓、三味線、箏、鼓(つづみ)、そして民謡界からお囃子、唄に至るまで、まさに和楽器フル・オーケストラによる盆踊り!
  • 『音楽には、国境はないが国籍はある。』をテーマに、日本だけでなく世界で活動を続けるAUN Jクラシック・オーケストラの2枚のオリジナルアルバム『道〜Road』『八人の響き』から人気の楽曲をピックアップ! ”奈良オリエンタルフェスティバル”とのコラボ曲「From The Far East」、ドキュメンタリー映画『うみやまあひだ』のエンディング曲「GIFT」等を新たに加え、この1枚でAUN Jクラシック・オーケストラを網羅できる!
  • 『音楽には、国境はないが国籍はある』をテーマに、日本だけではなく、世界中で活動を続けるAUN Jクラシック・オーケストラが贈る3枚目のオリジナル・アルバム! MXTV の『ハンサム落語アワー』の主題歌で2016年5月より使用されている、ロック調でノリの良い「絢爛バサラ」、伊勢志摩サミット三重県民会議の三重県PR動画に楽曲提供した「Ise-Shima」、など話題の楽曲に、メンバー各自が個性を発揮して制作された、”祭”感あふれる楽曲が満載!
  • 和楽器でシリーズ第一弾! 誰でも知っている、桜を唄ったJ-POPの名曲を、和楽器のみでカバーした、「春」、そして「日本」を感じさせるインストルメンタルCD。 春になるとオリコン上位を賑わせる楽曲ばかりが勢揃い!“サクラ”をテーマにした楽曲がこれほどまでに日本人に愛される理由がこのアルバムを聴けばわかります。小学校の卒業式などでもよく使われる1枚。 売上の一部を、世界遺産奈良県吉野町の桜の保全に寄付をしています。
  • 和楽器でシリーズ第四弾! 日本に古くから伝わり、唄われてきた童謡、唱歌を、AUN Jのメンバーなりに解釈、和楽器のみでカバー。「日本」を感じてもらえる1枚。 特に「故郷」は、ASEANの民俗楽器アーティストたちと2013年アンコールワットから始まったジョイントコンサートで、参加者全員で演奏し、毎年大喝采をいただいています。
  • 和楽器でシリーズ第二弾! AUN J クラシック・オーケストラのファーストアルバム。 ジブリの映画音楽を和楽器のみでカバー。和楽器の音とジブリの世界観があわさり、日本を感じられる楽曲に仕上がっています。子供達にも大人気で、幼稚園、小学校でも、体育祭などの際に使用されることが多い1枚。 洋楽器で演奏されるオリジナルのジブリ音楽とは、ひと味違ったジブリの世界を体感できます。 海外へのお土産としても、とても好評です。
  • 和楽器でシリーズ第三弾! -和楽器 meets クラシック!- 誰もが知るクラシックの名曲を、和楽器のみでカバーした1枚。編曲もAUN Jのメンバーが担当。アンコール・ワット公演の際、世界40カ国の貴賓客の前で演奏して大喝采を浴びた「ボレロ」を筆頭に、アメリカワシントンD.C.桜祭りオープニングステージで演奏した「新世界より」、イタリア、ローマでのライブで演奏した「カノン」など、計6曲の楽曲を収録のミニアルバム。
  • 和楽器によるクラシックカバー。世界遺産・アンコールワットやモンサンミシェルなどでのコンサートで、世界的に有名なAUN Jクラシックオーケストラ最新作。
  • 和楽器によるクラシックカバー。世界遺産・アンコールワットやモンサンミシェルなどでのコンサートで、世界的に有名なAUN Jクラシックオーケストラ最新作。
  • 2013年ASEAN40周年記念ツアーのメイン・テーマ曲「ONE ASIA〜Glorious Moment〜」を収録。BS日テレで放送され感動を呼んだ、世界遺産アンコールワットでのアジアのトップアーティストたちとの共演がよみがえる。Heal the Worldも同ツアーで演奏されて話題となったマイケル・ジャクソンのカバー曲。勝祭-KASSAI-は横浜DeNAベイスターズ応援曲2013として好評を博した。収録曲:1.ONE ASIA〜Glorious Moment〜 2.Heal the World 3.勝祭-KASSAI-
  • BS日テレで特集され、世界遺産アンコールワット遺跡での各国のトップミュージシャンとの共演が話題となったASEAN諸国ツアー(2013年12月カンボジア、タイ、ベトナム、インドネシアなど)のメインテーマ曲「ONE ASIA~Glorious Moment~」を含む3曲入りミニアルバム。
  • オリックス・バファローズの主力ピッチャー、岸田護投手の試合に登場する時に使われる楽曲を、AUN Jクラシック・オーケストラが、オリジナルで制作。大阪京セラドームなど、オリックスのホームゲームで、岸田投手が登場する際に球場で盛大に流れます。
  • AUN J クラシック・オーケストラとして5枚目となるこのアルバムは、メンバー全員が1曲ずつ作曲した計8曲に、サンクス・トラック1曲を加えた9曲編成となっており、納得するまで何度もメンバー全員で話し合いながら、ひとつの形に作り上げた、まさに8人の魂がこもった作品になっています。
  • AUN J クラシック・オーケストラとして5枚目となるこのアルバムは、メンバー全員が1曲ずつ作曲した計8曲に、サンクス・トラック1曲を加えた9曲編成となっており、納得するまで何度もメンバー全員で話し合いながら、ひとつの形に作り上げた、まさに8人の魂がこもった作品になっています。
  • AUN J クラシック・オーケストラとして5枚目となるこのアルバムは、メンバー全員が1曲ずつ作曲した計8曲に、サンクス・トラック1曲を加えた9曲編成となっており、納得するまで何度もメンバー全員で話し合いながら、ひとつの形に作り上げた、まさに8人の魂がこもった作品になっています。
  • AUN J クラシック・オーケストラとして5枚目となるこのアルバムは、メンバー全員が1曲ずつ作曲した計8曲に、サンクス・トラック1曲を加えた9曲編成となっており、納得するまで何度もメンバー全員で話し合いながら、ひとつの形に作り上げた、まさに8人の魂がこもった作品になっています。