artist image

谷口貴洋

Pop

谷口貴洋(たにぐちたかひろ)1988年10月13日大阪生まれ。B型。ギターを弾き語るシンガー・ソングライター。

2013年4月24日、大柴広己主宰のレーベル〈ZOOLOGICAL〉よりデビュー、1stアルバム『スケジュールとコイン』をリリース。

2014年、小山田壮平(AL)を中心として後藤大樹(AL)岡山健二(クラシクス)、濱野夏椰(Gateballers)らと共に〈Sparkling Records〉を設立。

2015年、〈Sparkling Records〉初の主催イベントを恵比寿リキッドルームでSOLD OUTで成功させる。

2016年5月18日、〈Sparkling Records〉より2ndアルバム『BABY』をリリース。

2018年8月20日、谷口貴洋主催イベント〈Sparkling Acoustic〉を渋谷La.mamaでSOLD OUTで成功させる。8月21日に配信限定シングル「つまんねぇぞ俺」を発売開始。

〈SSW〉、〈FOREVER YONG〉、〈環七フェスティバル〉等のイベントに参加し、美しい旋律と実直な歌詞に乗せて悲哀、焦燥、憤怒、歓楽、様々な感情を表現している。また、小山田壮平、長澤知之、大柴広己、関取花、石崎ひゅーい、橋詰遼(蜜)等、多数のシンガー・ソングライターからの支持も集めている。

Official site: https://taniguchitakahiro.wixsite.com/home

Discography

Pop
今作「Ending」はDr.後藤大樹 Gt.宮崎遊 Ba.永井双樹そしてゲストGt.長澤知之といった方々を迎え完成された一曲である。悲しいことがあっても今を肯定して前に進む美しいバラードに仕上がっており今までにはなかった谷口貴洋の世界観を感じられるはずだ。
Bonus!
Pop
谷口貴洋の弾き語りシングルリリース第三弾!
Bonus!
Pop
どうしても見なきゃいけないものと すべてを無視して見たいもののバランスを取りながら 大切なことを見つめている 限りがある中でリアルに生きながらもファンタジーを抱きしめる 人と人が触れ合うことの熱量 誠実に生きる事を考える主人公の歌です
Bonus!

Articles

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

インタヴュー

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──光射す美しい新シングル「Ending」配信開始悲哀、焦燥、憤怒、歓楽といったさまざまな感情をストレートに、美しいメロディーに乗せて豊かに表現するシンガー・ソングライター、谷口貴洋。昨年10月より3ヶ月連続で配信限定弾き語…