News

2019年06月27日18時00分

 
GEZAN初のドキュメンタリー映画5日連続劇場イベントレポート
 

GEZAN初のドキュメンタリー映画『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』が6月21日(金)よりシネマート新宿を皮切りに劇場公開された。

その初日“投げ銭上映”が開催され、さらに5日間連続での劇場イベントも無事完走。今回はそのイベントレポートが届いている。

さらにシネマート新宿での追加イベントも決定した。
詳細はイベントレポートの下に掲載したので、ぜひチェックしてほしい。 (内)

6/21(金)劇場公開初日
映画公開初日は、GEZAN、そして彼らが主催するイベント“全感覚祭”のスタイルとシンクロさせ、前代未聞の“投げ銭”方式での上映がアナウンスされていました。当日は上映前にお客様から入場料金は頂かずに、映画鑑賞後に、ご鑑賞頂いたお客様の映画への満足度、評価で金額を設定し、用意された<投げ銭箱>にそれぞれが決めた金額を投入する形となっておりました。朝 10:00 より劇場で座席指定券の配布開始。直後はなかなか座席が埋まらず不安もよぎりましたが、夕方になると続々と席が埋まり始め、20:40 の開映時間に は満席お立ち見となりました!上映前から劇場ロビーには初日を迎え、緊張感を漂わせた神谷亮佑監督と GEZAN メンバーの姿が、彼らもお客様と一緒に初回上映を鑑賞することに。そして大きな拍手の中、無事上映が終了。初日舞台挨拶には神谷亮佑監督、GEZAN よりイーグル・タカ、カルロス尾崎、石原ロスカル。そしてプロデューサーのカンパニー松尾さんも登場し、初日を迎えた事への喜びと感謝を口々に話しました。中でも初監督作品となった神谷亮佑監督は涙を流し、思いの丈を語りました。舞台挨拶後にはお客様が次々 に“投げ銭”を投入。<投げ銭箱>には万札も投入される状況に。さらにその後のサイン会ではお客様が監督、GEZAN メンバーに直接感想を伝え、サインを求める列は切れる事はありませんでした。明日からが通常上映。いよいよこの映画の真価が問われるのだと、一同手綱を締めながらも、この日ばかりは公開初日の多幸感に浸ったのでした。

6/22(土)劇場公開 2 日目
劇場公開 2 日目は、通常料金での初の上映。いよいよこの日からが本番と一同気合を入れ直し、チケットの売れ行きを見つめておりましたが、蓋を開けてみれば 2 日目も開映時には満席と相成りました。この日も上映前のロビーには神谷亮佑監督とGEZANメンバーの姿があり、昨日の初日同様にお客様と共に鑑賞。そしてこの日も大拍手の中で上映が終了し、舞台挨拶には神谷亮佑監督とGEZANよりイーグル・タカが登場。和やかな雰囲気の中、映画に込めた想いや、アメリカで体験したリアルな日常のことなど時に真面目に、時に劇場内が笑いに包まれる大変良い雰囲気の中で終了。この日もその後のサイン会では直接感想を伝えたいお客様の列がしばらく途切れる事はありませんでした。

6/23(日)劇場公開 3 日目
劇場公開 3 日目は日曜日。レイトショーでは一番集客が難しい曜日ですが、心配を他所に開映時にはほぼ満席の状態に。この日も上映前のロビーには神谷亮佑監督とGEZANメンバーの姿があり、お客様と共に3 日連続の鑑賞。そしてこの日も大拍手の中で上映が終了。舞台挨拶には神谷亮佑監督とGEZANより石原ロスカルが登場。パンフレットに掲載されている<神谷監督によるアメリカツアー日記>の中でもっとも名前が挙がるというロスカルだけあって2人の信頼関係には強いものが感じられました。それもその筈、神谷監督はロスカルがGEZANに加入する前から加入までの姿を撮影していたのです。ロスカルにとっては何でも話せる良き兄、「高1の弟と高3の兄」では無く、あくまでも「中1の弟と中3の兄」のような関係との事でした。ロスカルにとってはアメリカツアーも神谷監督が同行するという事での安心感は大変重要な要素だった様です。そして、その後のサイン会も仲良く終了。

6/24(月)劇場公開 4 日目
劇場公開 4 日目はメンズデイで男性は1,100円の月曜日。割引があるとは言え、初の“ド平日”の夜と言う事で再び不安がよぎりましたが、開映時には、ほぼ満席状態に。そしてこの日も神谷亮佑監督とGEZANのメンバーは劇場での映画鑑賞。この日は上映終了後に神谷亮佑監督とカルロス尾崎が登場。しかしこれまでの3日間とは様子が異なり、監督自ら「今日はちょっとBADに入ってしまって...。」と切り出し、自らの作品でも観る度に違う感情が沸き上がることを説明。その後のトークではカルロスがアメリカツアーを経てGEZANに生じた変化や、それらを経てバンドが表現したい事などをお客様への質問にも丁寧に答えながら真摯に話しました。その後のサイン会も無事に終了しましたが、翌日に控えたGEZAN メンバー全員登壇での330席、スクリーン1での上映に果たしてどれくらいのお客様が来てくれるかという不安が高まり始めました。

6/25(火)劇場公開 5 日目
そして迎えた劇場公開 5 日目は遂にマヒトゥ・ザ・ピーポー初登場!GEZANメンバー全員と神谷亮佑監督の舞台挨拶付きの上映で330席ある大スクリーンでの上映。シネマートデイの割引で入場料金は1,000円均一なので、それも武器に朝からSNSを駆使して神谷監督、メンバー、カンパニー松尾プロデューサーが来場の呼びかけ、その甲斐あって続々と座席が埋まりはじめ、開映時には、ほぼ満席状態に!この日も神谷亮佑監督とGEZANのメンバーは上映前のロビーに姿を現し、結局 5 日連続の鑑賞に!上映終了後に割れんばかりの大拍手の中、遂にGEZAN全員と神谷亮佑監督が登壇。さらに自らチケットを購入し来場していたプロデューサーのカンパニー松尾さんも登壇し、正に全員集合での舞台挨拶となりました。初日から不在だったマヒトがこの4日間で他のメンバーと監督のトーク術が向上している事を指摘するも、監督、GEZAN メンバーはようやくマヒトと共に舞台挨拶が出来ることが嬉しそうな様子。そして、マヒトが映画やバンド 活動、全感覚祭に込めた熱い想いをじっくりと語りました。きっと客席のお客様にはしっかりと届いた筈です。サイン会の列は長蛇となり、深夜になっても暫く列が途切れる事はありませんでした。

これにて投げ銭上映の初日から始まった5日連続の舞台挨拶は無事完走となったが、神谷監督は上映期間中、毎日シネマート新宿に足を運ぶとの事。

【追加イベント情報】
『Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN』
シネマート新宿追加イベント

■7/2(火) スクリーン 2|20:55 の回上映後
ゲスト:川口潤(映画監督)× 神谷亮佑監督
料金:通常料金
※6/30(日) 0:00 よりシネマート新宿オンライン、オープンより劇場窓口にて販売開始

■7/3(水) スクリーン 2|20:55 の回上映後 ゲスト:阿部広太郎(コピーライター)× 神谷亮佑監督
料金:通常料金 ※レディースデイで女性は 1,100 円!
※7/1(月) 0:00 よりシネマート新宿オンライン、オープンより劇場窓口にて販売開始

■7/4(木)21:05 の回上映後
ゲスト:GEZAN×神谷亮佑監督
劇場:スクリーン 1
料金:通常料金 ※特別リピーター割引あり!

☆新宿上映最終日記念リピーター割引実施! 7/4(木)は前回ご鑑賞時の半券、オンラインチケット画面を提示で 1,000 円に割引!
※7/2(日) 0:00 よりシネマート新宿オンライン、オープンより劇場窓口にて販売開始

【お問い合わせ】 シネマート新宿 TEL:03-5369-2831
http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/index.html

関連ニュース