News

2014年10月16日22時00分

 
大森靖子、ロックスターへの劣情が爆発したキネマ倶楽部2日目——OTOTOYライヴ・レポート
 

大森靖子が10月2日、3日の2日間にわたり、メジャー・デビュー・シングル『きゅるきゅる』発売記念2DAYSワンマン・ライヴ〈☆2日間で超楽しい地獄をつくる方法☆〉を東京キネマ倶楽部で開催。初日がサプライズ満載の内容だっただけに、2日目もそれを超えるなにかが待ち受けているのだろうか。あるとしたら、いったいどんな危険な内容なのか。期待と不安が入り交じるなか、会場へと向かった。

初日と同じく、ピンクトカレフのライヴではおなじみの加地等「これで終わりにしたい」が流れるなか、大森がステージに登場。前日のアルバム発売発表のときと同じブログの文章をゆっくりと読み上げると、最後に「そして今日は、大森靖子と一緒に、ちょ〜楽しい地獄を作りましょう。こんばんは、大森靖子です」と告げて一礼。この日は、大森の右の二の腕のあたりに「洗脳」と書かれており、胸のリボンには「女の中の女」(小森清貴が発案)の文字が。さらに、彼女の前にあるモニター・アンプの上には八丈島でのライヴのときにも飾られていた「私ってかわいそう」の刺繍が置かれていた。

大森はギターを引っ掻くように鳴らしたあと、「あまい」を歌いだした。曲の途中からバンドの暖かいサウンドが大森の歌を包み込む。この日は、傷のようなメイクを施した小森清貴(Gt)、高野京介(Gt)、大内ライダー(Ba)、川畑ウシ智史(Dr)によるピンクトカレフを率いての演奏となった。なお、彼らのメイクや大森の腕に書かれた文字も、舞台美術を担当した増田ぴろよの手によるもの。「君と映画」が終わり、大森が小森の方を向いて指で合図を送ると「最終公演」がスタート。さらに「背中のジッパー」で小森、高野、大内が一斉にジャンプすると、場内の熱気がぐんぐん高まっていった。「Over The Party」では、大森はギターを置きマイクを握って熱唱。大森のシャウトを合図に、川畑のパワフルなドラムが炸裂した。

ここで大森が、キーボードのカメダタク(オワリカラ)を招き入れ、前日は弾き語りで演奏された「ミッドナイト清純異性交遊」をバンドで披露。観客は、待ってましたとばかりにサイリウムを光らせる。大森は、そんなピンク色に染まった客席に手を伸ばしながら歌った。続いてカメダがアレンジで参加している「新宿」がはじまると、大森はステージ上の階段を駆け上がり、サブ・ステージに用意されたくす玉の紐を首に巻き付ける。そのまま首を吊るように崩れ落ちるとくす玉が割れ、なかから「無限初体験」の文字が現れた。「絶対彼女」を歌いながらメイン・ステージに戻り、小森のギターを合図に「きゅるきゅる」がはじまると大森はイントロで頭を激しくかきむしる。ひたすらゴージャスな印象があった前日の”絶対少女バンド”の演奏に比べて、ピンクトカレフ+カメダによる演奏は音に乗せた感情が襲いかかってくるかのようにエモーショナルだった。

ここでカメダは去り、いつもの大森靖子&THEピンクトカレフの5人で「デートはやめよう」。曲中、大森は「エロいことしよう!!」と客席に歌わせつつ、「今日はこの鴬谷という東京一のエロ街に、エロいことしに来た人ー?」とご機嫌な表情で問いかけると、男女問わずみんなうれしそうに手を上げた。そして「シー」と沈黙を促すと、弾き語りから「秘めごと」がはじまる。次の「少女3号」とともに、ピンクトカレフのライヴでは初期から演奏されていたこの2曲。大森の歌にそっと寄り添うように奏でられる高野のギターと小森のノイズがせつなく響いた。「hayatochiri」では、大内の姿がふいに消えたと思いきや、いつの間にか2階の客席へ。そこから身を乗り出して狂ったようにベースを弾く大内と、それを必至に静止するスタッフ。場内の盛り上がりは、ここでひとつのピークを迎えた。

ギターの残響音がまだ鳴り響くなか、大森はひとりで「裏」を歌い出す。バンドは去って照明も暗めになり、ここからは大森の弾き語りでの演奏となる。「ハンドメイドホーム」を歌い終えると、曲のタイトルにかけて舞台セットについて話す。「本当にこれは手づくりで、ある女の人がほぼひとりで作って。うちのギターのロックンローラーとやらをやっている小森という人に触りたいという欲望だけで、この舞台を作ってくださいました」と、冗談まじりに舞台担当の増田ぴろよに賛辞を送った。メジャーに移籍しながら、衣装も個人的なつながりで作ってもらったことを明かすと、「そういう女の欲情をもらって、元気玉みたいにこうやる役目をこれからもがんばっていこうと思いますので、みなさんこれからもよろしくお願いします」と頭を下げた。

「パーティードレス」を演奏後、しばらくギターを無造作に鳴らしてから、アカペラで「音楽を捨てよ、そして音楽へ」を歌いはじめる。刺々しい勢いすら感じる演奏から一転、次の「ノスタルジックJ-POP」では穏やかな歌声を聴かせた。続く「夏果て」の曲中では、「尿を女子小学生にかける事件があって、そういうAVつくらないから悪いんだって思って。想像力豊かに生きていこうとすごい思った。そういう曲です」と紹介。静寂のなかで演奏を終えると、ギターを床にそっと置いて、そのまま礼。本編が終了した。

アンコールでは、再びピンクトカレフのメンバーとともに登場。大森はサブ・ステージに置かれたキーボードの前に座り「KITTY'S BLUES」を演奏。続いて「歌謡曲」がはじまると、途中でマイクを握って立ち上がる。サブ・ステージで体全体を使いながら熱唱。ギター・ソロが終わると、ゆっくりと階段を降りる。そして絶叫しながら「ギター、ロックンローラー、小森清貴!! ギター、カービィおじさん、高野京介!! ベース、大内ライダー!! ドラム、ウシ!! 」とメンバー紹介。ひと呼吸置いて、最後に「ヴォーカル、大森靖子!!! 」と宣言した。

再度のアンコールに応えて、メンバーが全員ステージに戻ると、客席から大森に手紙のようなものが手渡される。なんとこれは、増田からの手紙だという。大森が「(歌謡曲で)ドラムが間違えて入って、小森くんのギター・ソロがなかったので、これを読み終わったらソロやりますか」と話すと手紙を読みはじめる。客席は大爆笑。小森をはじめとしたピンクトカレフの面々は、なにが起こっているのか理解できない様子。

「Dear 小森清貴さま。小森さん、2日早いのですがお誕生日おめでとうございます。(編注 : 小森の誕生日は10月6日なので実際は3日前)。29歳、ロック・スターな小森さんにとって、反骨精神あふれる1年になりますように。これからもずっと、小森さんのファンでいさせてください。今日のステージ装飾は小森さんに抱いている劣情と地獄のような欲望をぶち込みました。見てください、ステージ中央にあるペニスに縁取られたハートの右端を。気づきましたか? 私という化け物を生みだした呪われた増田家一族の集合写真、私の隣にいるのはあなたです」

「おまえ家族になってるじゃん!! 」という至極まっとうな大森のツッコミを挟みつつ、朗読は続く。

「エイベックスのお金で、好き勝手劣情をもよおしまくる私を、どうか許してください。はじめて小森さんに会ったとき、体に電流が走りました。その感情の正体は、この男は私を傷つけてくれるという確信です。愛されたい、愛し愛されたくてたまらないのに、愛されないこと、傷つくことに安心してしまう自分がいる。傷ついて最高に惨めでかわいそうでかわいい私が、「私ってかわいそう」と言えること。私の私による私のための自慰で絶頂をむかえること。そんな歪んだ欲望をまきちらすこと。それが私という化け物を生みだした社会への復讐なのです」

男への劣情は社会への復讐… 増田はこの手紙の以前にも、ZINEに掲載したポエムに小森への劣情をしたためており、そこにはこう書かれている。『(ロックンロールの)少年性が憎くてたまらない。それは私を傷つけるから。傷付いた私は彼らを憎んでしまうから。この地獄のような欲望の行き着く先を、私は知っている。私は少年性に欲情することで、父と男社会に復讐しているのだ』(「さくらんぼ畑でつかまえて♡」限定ZINEより引用)

愛憎の告白はまだまだ続く。

「私や私たちのような女は無条件で愛されないことは、今までの経験で死ぬほどわかっている。小森さん、私が怖いですか。愛されるべき娘にもなれず、女にもなれず、母にもなれない。人間にすらなれない私は、地獄がお似合いです。ああ死にたい、死にたい、死にたい…」

闇の深さに沸き上がる観客。なお、この手紙には血痕のような赤い染みがついていたとのこと。

「こんな私には、小森清貴というロックスターは眩しすぎるのです。でもね、結局ロックンロールは男の甘えだ。日本という男性至上社会で甘え許されながらギターというペニスで堂々と生きやがって。(編注 : 増田本人の倫理観と強い希望により、一部削除しました)」

ここで手紙は突然、社会への怒りを叫びだす。これはもはやラヴレターではない。呪いの手紙だ。男社会への怒りをロック・スターという仮想敵にぶつけ、挑発する言葉が暴力のように繰り出される。そして長い手紙は、エンディングへと突入する。

「ロックンロールは男の甘え。現代アートは女の甘え。甘ったれの我々には、神様が必要なのかもしれません。私も小森さんも、この相性の悪さは殺し合うふたりなのかもしれませんね。共通点があるとしたら、それは大森靖子です」

大森は「なんでだよ!!」と笑う。

「大森靖子についていきましょう。27歳という女盛りに、身を削って神様になってくれる彼女に安心して洗脳されましょう。安心して思考停止しましょう。世界はきっと、私たちが思っているより美しい。大森靖子は私たちにその景色を見せてくれる。洗脳されましょう。増田ぴろよ」

手紙を読み終えると、大森は「ワン、ツー、スリー、フォー!! 」と絶叫。すかさずバンドは「歌謡曲」のエンディング部分を演奏。轟音のなかで、小森が渾身のギター・ソロを披露する。なんとここで、増田本人が客席後方からリフトされてステージまで運ばれてくる。手には花束。それを受け取った小森は、増田の目の前で、先ほどの手紙の返答といわんばかりにギターを搔き鳴した。まさしく絶頂をむかえたところで演奏が終わると、なかば強引に大森からマイクを渡された小森が振り絞るようにひと言「生きてください」。これにて、ライヴは終了した。

もしかしたら、このラストの演出までが増田の舞台芸術だったのだろうか。「ロックンロールは男の甘え。現代アートは女の甘え」という名言とともに、彼女はとんでもない爆弾を2日間の最後に投下していった。初日のスタッフ公開プロポーズとあわせて、これも当初は予定になかったものだ。大森の類い稀なるエンターテイメント性、絶大なエネルギー、そして1回のライヴにかける並々ならぬ思いに感化されるように、彼女のまわりにいるスタッフやファンもいつだって本気で応えている。その結果が、この予期せぬサプライズを生みだしたのだと思う。大森のライヴは、いつだってなにが起こるかわからない。そしてこの空気感は、実際にその場にいたものにしか味わえない。メジャーに行って丸くなるどころか、その規模はさらに大きくなっていく。そんな確信を抱かせてくれる2日間だった。(前田将博)

PHOTO BY Masayo

・大森靖子、サプライズ満載のキネマ倶楽部2DAYS初日
http://ototoy.jp/news/80336

大森靖子 メジャーデビューシングル『きゅるきゅる』発売記念2DAYS!
〈☆2日間で超楽しい地獄をつくる方法☆〉
2014年10月3日(金)東京キネマ倶楽部

<セットリスト>
大森靖子&THEピンクトカレフ
1. あまい
2. 君と映画
3. 最終公演
4. 背中のジッパー
5. Over The Party
6. ミッドナイト清純異性交遊
7. 新宿
8. 絶対彼女
9. きゅるきゅる
10. デートはやめよう
11. 秘めごと
12. 少女3号
13. あたし天使の堪忍袋
14. hayatochiri

大森靖子弾き語り
15. 裏
16. ハンドメイドホーム
17. パーティードレス
18. 音楽を捨てよ、そして音楽へ
19. ノスタルジックJ-POP
20. 夏果て

アンコール
大森靖子&THEピンクトカレフ
21. KITTY'S BLUES
22. 歌謡曲

23. 歌謡曲 (小森ギター・ソロのみ)

大森靖子メジャー1stアルバム『洗脳』2014年12月3日(水)発売
2015年4月26日(日) 中野サンプラザ単独公演決定

・大森靖子 オフィシャルブログ 2014年10月2日「洗脳」
http://blog.livedoor.jp/omorimorimori/archives/52172385.html

・増田ぴろよ オフィシャルサイト ステージ装飾『祝福の子宮』
http://masudapiroyo.com/?p=864

・大森靖子の音源はOTOTOYで配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/82857




関連ニュース