News

2022年05月20日22時00分

 
神はサイコロを振らないが新曲でRin音と初コラボ
 

神はサイコロを振らないの6月3日に配信リリースとなる新曲「六畳の電波塔」 のコラボ相手がラッパーRin音であることが明らかとなった。

これは先程、21時から柳田周作のインスタグラムでのライブ生配信にて発表となったもの。

作詞・作曲は神はサイコロを振らないのボーカリスト柳田周作が担当し、ラップ詞をRin音が担当した「神はサイコロを振らない×Rin音」 名義で手がける1曲となる。楽曲は「たった一つ叶うなら うたで世界を救いたい」 という柳田周作のまっすぐな想いをもとに、今、この時世だからこそ伝えたいメッセージを綴っており、争い事の絶えないこの世界に疑問を投げかけ、愛と平和を歌い、世界を変えようと声を上げている楽曲となっている。

コメント
柳田周作
「嘘みたいな本当の話ですが、とあるアーティストと曲を作る…なんて初夢を見たのが2022年1月1日で。まさにそのアーティストこそがRin音くんであり、「初夢を実現したい」なんて無茶苦茶な理由で彼にオファーしたところ二つ返事で引き受けてくれました。声から滲み出る優しさや温もりとは対照的に、羅列するのは心の核を突き刺してくるナイフのような言葉達。バトルで叩き上げてきたその力量と才覚に圧倒されました。バックグラウンドや戦っているフィールドは違えど、一つの作品を共に作っていく過程の中で互いの意志がリンクする瞬間がたまらなく最高でした。素敵が過ぎる、そんな彼とこの楽曲を作れて光栄です。」

Rin音
「神サイさんから初夢で見たと言うお話を聞いた時は、まず知ってくれていたということが嬉しかったです。初夢というタイミングももちろんですが…!笑
バトルを見てのお声かけというのもまた嬉しくて、普段好きでやっている活動を評価してもらえたこと非常に光栄でした。
デモを聞いた際、楽曲のテーマに対するリリックの精度に衝撃を受けたのは今でも忘れないです。ズシンと伝わった衝撃を打ち返せるように精一杯ラップしております。是非とも聴いてみてください。」

六畳の電波塔について 柳田周作(Vo.)

「正義」が何かを考える。誰かにとっての善は悪であり、また誰かにとっての悪は善でもある。表裏一体とは言い得て妙で、正義の根本、本質が互いに同じものだとしたら、僕ら人間同士の争いが如何に滑稽であるかという事、傷つけ合う以外の解決策や手段なんていくらでも存在している事、そして何よりも同じ過ちを繰り返してはならないという事。見えてくるはずだ。聞こえてくるはずだ。僕らよりずっと昔の時代を生きた人達が、その生涯をかけて教えてくれたはずだ。生まれ育った国、町、環境、目の色や肌の色、性別、思想。そのどれもが尊く美しく、僕ら人間はそれらを認め合い、ずっと先までその輪を紡いでいかなくてはならない。それが人間としての使命であり、そしてそれを今一度形に残して発信する事こそが音楽家としての義務であると感じています。六畳の電波塔から魂を込めて。

リリース情報
●Collaboration Single 「六畳の電波塔」
神はサイコロを振らない × Rin音
Digital Release:2022年6月3日(金)
https://kamisai-rinne.lnk.to/rokujyoPR
https://www.uta-net.com/song/318742/

インフォメーション
●オフィシャルサイト
https://kamisai.jp/
●オフィシャルYouTube
https://www.youtube.com/c/kamisai
●オフィシャルTwitter
https://twitter.com/kami_sai


あわせて読みたい


TOP