全身全霊、そんな言葉がふさわしいロックが到着した。WHITE ASHの約1年半ぶりとなる2ndフル・アルバムは、今年リリースされた3枚のシングルを一切収録せず、全11曲すべてが録り下ろしという気合いの入った一枚。前作までに見せた攻撃的かつヘヴィなサウンドはそのままに、さらに勢いとヴァラエティを増したパワー・ポップを聴かせてくれる。『Ciao, Fake Kings』(さらば、ニセモノの王たちよ)というアルバム・タイトルに込められているのは、ロック・シーンの新たな王になろうという決意表明か。そんな彼らの並々ならぬエモーションを感じる作品。WHITE ASHの放つ熱量を、ぜひ受け止めてほしい。

WHITE ASH / Ciao, Fake Kings
【価格】
まとめ購入(mp3) 2,000円 / 単曲(mp3) 250円

【Track List】
1. Casablanca / 2. Number Ninety Nine / 3. Zodiac Syndrome / 4. Vain Promises / 5. Long Time No See / 6. Bacardi Avenue / 7. Delayed / 8. Extreme / 9. Under The Lightless / 10. (Y)our Song / 11. Xmas Present For My Sweetheart


USロックのダイナミズムと日本語ロックの叙情性をかき混ぜたハイブリッドさ

どんな分野においても、人々を翻弄するアーティストというのは魅力的であり、時代の先端を駆け抜ける疾走感と、ほとばしる生命力のようなものを感じさせてくれる。そして、僕らはそんな姿に喜びを見出すのだ。

WHITE ASHは2006年に結成された日本のロック・バンドで、ヴォーカル”のび太”の独特な声質と骨太なギター・サウンドが… といった前置きはもはや必要ないだろう。それよりも、構成とアレンジから滲み出るセンス、振り幅の広い、にも関わらず一貫して存在するアーティスト性が、WHITE ASHというバンドを音で物語ってくれるように思う。


WHITE ASH / Casablanca

今回のアルバムは、彼らが2013年にリリースした3枚のシングルを一切収録せず、アルバムのために制作された新曲のみで成り立っているという。この事実から、現在のバンドが勢いに乗った時期であることを想像するのは容易だし、実際、さまざまな顔をもつ楽曲を聴いていると、本当に自分たちの思うままにやっている様子が浮かんできて、思わず微笑んでしまうほどだ。それでいて、デビュー当時から変わらない、USロックのダイナミズムと日本語ロックの叙情性をかき混ぜたようなハイブリッドさは、よりストイックに突き詰められている。

前のめりな3拍子が印象的な1曲目「Casablanca」は、バンドにとって新しいタイプの焦燥感を演出しているし、6曲目「Bacardi Avenue」にいたっては、南米風のコード進行とアレンジがのび太の声とマッチして、彼らの懐の深さを感じさせてくれる。かと思えば、アルバム最後の「Xmas Present For My Sweetheart」では、日本語詞によるセンチメンタルなミドル・ナンバーを聴かせてくれるのだから、私たちは戸惑いながらも魅了されるしかない。ひとつのアルバムの中で、ここまでリスナーを翻弄させるなんて。あなたもぜひ、変幻自在なWHITE ASHの魅力に翻弄されてみてはいかがだろうか。(text by 浜公氣)

RECOMMEND

The Get Up Kids / There Are Rules

2005年、誰もが涙した解散劇のあと、突如復活を遂げたThe Get Up Kidsの7年ぶりとなる待望のニュー・アルバム。「エモ」というジャンルを世界的に定着させた彼らの新たなサウンド。

静カニ潜ム日々 / The Present

無駄を削ぎ落したシンプルさ、かつ綿密に構成された楽曲に、伸びやかで美しい歌声が魅力の3ピース・エモ・バンド、静カニ潜ム日々。轟音の中でも埋もれることなく歌われる美しい旋律、涙腺を刺激する叙情的な楽曲、ヴォーカル川元の透明感のある、どこか物悲しげな美しい声。絶妙なバランス感覚をもった、抑制の効いたバンド・アンサンブルで、3ピースならではの音の隙間を活かす。そんな綿密なソング・ライティングにより、彼らは"心から溢れ出す切なさとは何か?"を問いかける。

SuiseiNoboAz / ubik

高田馬場発の3ピース・ロック・バンド、SuiseiNoboAz(スイセイノボアズ)のメジャー・デビュー作。向井秀徳プロデュースのデビュー作『SusiseiNoboAz』で見せた疾走感が、渦を描くように表現され、歌詞も文学性を帯びたものへと昇華された。歪んだギターが奏でるエモーション、情熱を掻き立てるビート、そのすべてが驚くほどの圧力で迫ってくる。

LIVE INFO

WHITE ASH One Man Tour "Lilium"
2014年2月8日(土) 福岡VIVRE HALL
2014年2月10日(月) 広島cave-be
2014年2月11日(火) 高松DIME
2014年2月15日(土) 札幌COLONY
2014年2月21日(金) 新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE
2014年2月22日(土) 名古屋CLUB QUATTRO
2014年3月1日(土) 大阪BIGCAT
2014年3月9日(日) 仙台MACANA
2014年3月15日(土) 渋谷AX

PROFILE

WHITE ASH
のび太(Vo)、山さん(Gt)、彩(Ba)、剛(Dr)からなる日本の4人組ロックバンド。1stフル・アルバム『Quit or Quiet』がインディー・チャート1位を獲得。2013年、最も勢いのある新人に送られるCDショップ大賞“ニューブラッド賞”を受賞し、メジャー・レーベルへの移籍を果たす。同年9月に始動5周年を迎え、12月11日には待望の2ndフル・アルバム『Ciao, Fake Kings』を発表した。

>>OFFICIAL HP

TOP