album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
猫がニャ〜て、犬がワンッ!  mp3: 16bit/44.1kHz 03:23 N/A
2
空中セーフ  mp3: 16bit/44.1kHz 02:59 N/A
3
SUN CITY'S GIRL  mp3: 16bit/44.1kHz 05:36 N/A
4
FRUITS CABBAGE  mp3: 16bit/44.1kHz 02:01 N/A
5
プール後の授業  mp3: 16bit/44.1kHz 04:38 N/A
6
猫がニャ〜て、犬がワンッ!(instrumental)  mp3: 16bit/44.1kHz 03:25 N/A
7
scotish ides march(DASI CULTURE ALTZ remix)  mp3: 16bit/44.1kHz 06:05 N/A
8
UMMA(LIVE)  mp3: 16bit/44.1kHz 09:07 N/A
9
OBA TUNE(LIVE)  mp3: 16bit/44.1kHz 04:25 N/A
Album Info

昨年9月にリリースされた1stアルバム『Engawa Boys Pentatonic Punk』がクラブ、ライブ・ハウス、縁側、夏祭り、中学校、猫好き、レコード・ショップさん などなど、あらゆる関係各所で絶賛を浴びたneco眠る。待望の新作は9曲入りのミニ、というかほぼフル・アルバム! ダンス・フロアとお茶の間をつなぐ、自由奔放な“4つ打ち醤油”生ディスコ?

Add all to INTEREST

Discography

Pop

2017年で結成15周年のneco眠る!新メンバーにおじまさいり(from CASIOトルコ温泉)が加入、8年ぶりにフジロック苗場食堂に出演、カクバリズム15周年への出演、スチャダラパー、ロボ宙、安部勇磨(never young beach)をフィーチャーした2009年の「猫がニャ〜って、犬がワンッ!(w/二階堂和美)」以来となるボーカル曲のリリース等々、活動を活発化させる中、前作「BOY」以来3年ぶり、待望のニューアルバムをリリース!!

Pop

2017年で結成15周年のneco眠る!新メンバーにおじまさいり(from CASIOトルコ温泉)が加入、8年ぶりにフジロック苗場食堂に出演、カクバリズム15周年への出演、スチャダラパー、ロボ宙、安部勇磨(never young beach)をフィーチャーした2009年の「猫がニャ〜って、犬がワンッ!(w/二階堂和美)」以来となるボーカル曲のリリース等々、活動を活発化させる中、前作「BOY」以来3年ぶり、待望のニューアルバムをリリース!!

Pop

今年結成15周年となったneco眠る、安部勇磨(never young beach)、スチャダラパー+ロボ宙をフィーチャーした新曲発売決定!約8年振りとなるボーカルフィーチャー企画を引っ提げ、東名阪ツアーも発表! 2017年で結成15周年となるneco眠る。今年は8年ぶりにFUJIROCK FESTIVALに出演するなど活動を活発化させる中、2009年の「猫がニャ〜って、犬がワンッ!(with 二階堂和美)」以来となる、ボーカルをフィーチャーした新曲をこんがりおんがくよりリリース!「SAYONARA SUMMER」には安部勇磨(never young beach)、「ひねくれたいの」にはスチャダラパー+ロボ宙が参加。かねてよりneco眠ると親交の深いアーティストをゲストに迎えた2曲は、それぞれフィーチャーアーティストが作詞も担当している。なんだか夏の終わりを連れてきちゃったような郷愁を感じさせるオブスキュアなサウンドで、neco眠るらしい新曲となっている。

Pop

今年結成15周年となったneco眠る、安部勇磨(never young beach)、スチャダラパー+ロボ宙をフィーチャーした新曲発売決定!約8年振りとなるボーカルフィーチャー企画を引っ提げ、東名阪ツアーも発表! 2017年で結成15周年となるneco眠る。今年は8年ぶりにFUJIROCK FESTIVALに出演するなど活動を活発化させる中、2009年の「猫がニャ〜って、犬がワンッ!(with 二階堂和美)」以来となる、ボーカルをフィーチャーした新曲をこんがりおんがくよりリリース!「SAYONARA SUMMER」には安部勇磨(never young beach)、「ひねくれたいの」にはスチャダラパー+ロボ宙が参加。かねてよりneco眠ると親交の深いアーティストをゲストに迎えた2曲は、それぞれフィーチャーアーティストが作詞も担当している。なんだか夏の終わりを連れてきちゃったような郷愁を感じさせるオブスキュアなサウンドで、neco眠るらしい新曲となっている。

Pop

2009年リリースの8曲入りMINI「EVEN KICK SOY SAUCE」もめでたく再発です!まずなによりタイトルがかっこ良くて最高!二階堂和美をボーカルに迎えた「猫がニャ〜て、犬がワンッ! 」はこの年を代表する1曲ともいえます。よりイージーにラフに、それでいてスペーシーでルードでタフなダンスミュージックの大正解作品。この作品からBIOMANが正式メンバーとして参加。 リマスタリングで再発です。お楽しみに。ゆるく揺れてください。

Pop

1st「ENGAWA BOYS PENTATONIC PUNK 」はシーンに衝撃をゆるやかに、かつ確実に与えた衝撃の名作。neco眠るの人気を確定させた1枚です。その1stをリマスタリング、ジャケットも若干のリニューアルを施しての再発です!このアルバムの発売後にneco眠るの躍進がはじまります。2008年、大阪の''本当の''アンダーグラウンドミュージックの土壌が生んだヤングビザールレベルミュージック。

Pop

ドラマー脱退からの活動休止を経て2012年復活、カクバリズム×こんがりおんがくより12インチ「BOY/お茶」をリリース。そして2014年の冬、長かったブランクを経て約6年ぶり(!) 待望過ぎるneco眠るの2ndフルアルバムがこんがりおんがくより遂に到着!パンク、ゲーム音楽、UKベース、辺境民族音楽、チェンバーミュージック、EDM、はたまた童謡、演歌、etc…。途方も無い音楽的レイヤーの振れ幅と祖父母にも聴かせれる親近感を交配できる驚異的センス。異能音響集団としての側面が大きくフォーカスされた今作は間違いなく新境地であり、もはや「盆踊り系」だけでは到底形容できないインスト音楽の一つの到達点であります!猛烈な郷愁とオブスキュアな未聴感の同居が”ネオみんなのうた”的感動に誘う「BOY」「修学旅行」。プレ・イビサ・バレアリックのneco解釈ともいえる「車で東京行く時」。空虚なドラムプリセット連発がFADE TO MIND周辺のユーモアを想起させる「すごく安い肉」。サイモン・ジェフス的室内楽アプローチの「梅雨」etc…。ゲストミュージシャンに荒内佑(cero)、黒田誠二郎(Gofishトリオ)、MC.sirafu(片想い)、入江崇(ex.neco眠る)を迎えて制作されたバラエティに豊むメガ盛り全17曲、実験とポップネスが高次元で結合した最高傑作に仕上がりました!

News

TOKYO No.1 SOUL SETとFEVERの共同企画〈THREE ROOMS〉の第二回公演ゲストにtoeが決定

TOKYO No.1 SOUL SETとFEVERの共同企画〈THREE ROOMS〉の第二回公演ゲストにtoeが決定

新代田FEVER10周年を記念してTOKYO No.1 SOUL SETが3回に渡り行うシリーズ・ライヴ〈THREE ROOMS〉。 本日3月3日にはその第一回が満員御礼で行われ、ゲストにneco眠るが登場した。 そして第二回5月1日公演(新元号開始日)

【祝】西澤裕郎 主宰『StoryWriter』のWEB版が本日オープン

【祝】西澤裕郎 主宰『StoryWriter』のWEB版が本日オープン

本日1月26日(金)12時、様々なカルチャーを発信するWEBサイト『StoryWriter』が誕生した。 『StoryWriter』は、「本当に読みたいオルタナティヴ・ミュージック雑誌」をテーマに、ライターで編集者の西澤裕郎が2009年より立ち上げ、定期

neco眠る15周年VSあらかじめ決められた恋人たちへ20周年、”2989”日ぶりにo-nestにてツーマン開催

neco眠る15周年VSあらかじめ決められた恋人たちへ20周年、”2989”日ぶりにo-nestにてツーマン開催

今年結成15周年を迎えたneco眠ると結成20周年を迎えたあらかじめ決められた恋人たちへ。 両バンドの東京公演の周年EXTRA SHOWとして、2018年1月14日(日)にo-nestにてツーマンライブが開催されることが決定した。 今回のイベントは200

neco眠る、来年1月に渋谷o-nestで2マン

neco眠る、来年1月に渋谷o-nestで2マン

2018年1月14日に東京・渋谷のo-nestでイベント〈2989〉が開催される。 neco眠るともう1アーティストによる2マン形式のイベントとなる。 イベントのアートワークはSOLMANIA/複眼デザインの大野雅彦が担当。本日よりチケットの先行予約も受

トクマル、踊って、neco眠る、ヨギーら10組出演 ファッション・ブランド〈STOF〉主催イベント

トクマル、踊って、neco眠る、ヨギーら10組出演 ファッション・ブランド〈STOF〉主催イベント

ライヴ・イベント〈STOF Presents 自分の踊りを踊ればいいんだよ DANCE YOUR OWN METHOD〉が2月19日(日)に恵比寿LIQUIDROOM、KATAにて開催。全10組におよぶ出演者が発表された。 同イベントはファッション・ブラ

サーキット型〈Erection〉田我流とカイザーソゼ、VIDEOTAPEMUSIC、OMSB& HI'Specら追加

サーキット型〈Erection〉田我流とカイザーソゼ、VIDEOTAPEMUSIC、OMSB& HI'Specら追加

ライヴ・イベント〈Erection -Circuit Party-〉が4月10日(日)に代官山、恵比寿にて開催。その最終出演者とフロア割が発表された。 これは、これまで数々のイベントを行ってきた〈Erection〉が初のサーキット型ライヴとして開催するも

View More News Collapse
YSIG、neco眠る、asuka andoらが出演──Erection、3会場を巡るサーキット・パーティ、第2弾アーティストを発表!

YSIG、neco眠る、asuka andoらが出演──Erection、3会場を巡るサーキット・パーティ、第2弾アーティストを発表!

これまで、代官山〈UNIT/SALOON/UNICE〉を中心に、インディ・ロック、ハウス、ディスコ、レゲエ、ファンクにヒップホップなどの境を超えて数々の注目パーティをメイクしてきた〈Erection〉. つい先日、4月10日に行われる、代官山〈UNIT/

ネバヤン アナログ第2弾で12インチ盤発売

ネバヤン アナログ第2弾で12インチ盤発売

never young beachの1stアルバム『YASHINOKI HOUSE』が12inchアナログ・レコードとして発売されることが決定した。 同作は6月に発売され即完したアナログ7inch盤『あまり行かない喫茶店で』に続く、ネバヤンのアナログ第2

Enjoy Music Clubの楽曲が「モヤさま」エンディング・テーマに

Enjoy Music Clubの楽曲が「モヤさま」エンディング・テーマに

Enjoy Music Clubの楽曲「エンジョイクラブソング」が、10月放送回よりテレビ東京系列放送の番組「モヤモヤさまぁ〜ず2」のエンディング・テーマとなることが決定した。 Enjoy Music Clubは2012年に結成されたラップ・グループ。こ

Enjoy Music Clubがアルバム発売! 中川理沙、Homecomingsら参加

Enjoy Music Clubがアルバム発売! 中川理沙、Homecomingsら参加

Enjoy Music Clubが1stアルバム『FOREVER』を11月4日(水)にリリース。発表に伴い、CM動画と収録曲「いいトゥモロー」が公開された。 彼らは2012年に結成されたラップ・グループ。これまでSoundCloudに公開した楽曲が話題と

〈下北沢インディーファンクラブ〉 第2弾アクト発表&日割りも明らかに

〈下北沢インディーファンクラブ〉 第2弾アクト発表&日割りも明らかに

下北沢を舞台にしたサーキット・イベント〈Shimokitazawa Indie Fanclub 2015〉が9月21日(月・祝)、22日(火・祝)の2日間にわたって開催。このたび出演アーティスト第2弾および日割りが発表された。 今回明らかになったのは21

〈ボロフェスタ2015〉第3弾で清 竜人25、ONIGAWARA、おやホロら19組&ナノボロタイムテーブル発表

〈ボロフェスタ2015〉第3弾で清 竜人25、ONIGAWARA、おやホロら19組&ナノボロタイムテーブル発表

10月23日(金)24日(土)25日(日)に京都で開催される〈ボロフェスタ2015〉第3弾出演者、及び8月29日(土)30日(日)開催のプレ・イベント〈ナノボロフェスタ〉の追加出演者、タイムテーブルが発表された。 今回発表された追加出演者は以下の通り。

〈ボロフェスタ2015〉第2弾でフラワーカンパニーズら17組&ナノボロ追加アクト発表

〈ボロフェスタ2015〉第2弾でフラワーカンパニーズら17組&ナノボロ追加アクト発表

10月23日(金)24日(土)25日(日)に京都で開催される〈ボロフェスタ2015〉第2弾出演者、及び8月開催のプレ・イベント〈ナノボロフェスタ〉の追加出演者が発表された。 また、本日19時より10月の本祭すべての公演に入場可能な「超早割チケット」の販売

〈ボロフェスタ〉第1弾で水カン、BiSH、ハバナイ、NDGら13組発表!!

〈ボロフェスタ〉第1弾で水カン、BiSH、ハバナイ、NDGら13組発表!!

京都の音楽フェスティバル〈ボロフェスタ2015〉が10月23日(金)、24日(土)、25日(日)に開催。このたび、その出演者第1弾が明らかになった。 今回出演がアナウンスされたのは水曜日のカンパネラ、BiSH、フレデリック、neco眠る、長谷川健一、NA

never young beach、MVではしゃぎまくる

never young beach、MVではしゃぎまくる

5月13日にアルバムをリリースする“西海岸のはっぴいえんど”never young beachが「どうでもいいけど」のMVを公開した。 1stアルバム『YASHINOKI HOUSE』はエンジニアにYogee New Waves、ペトロールズなどを手掛け

“西海岸のはっぴいえんど”、気鋭の新人never young beachが1stアルバムリリース

“西海岸のはっぴいえんど”、気鋭の新人never young beachが1stアルバムリリース

never young beachが5月13日(水)に1stアルバム『YASHINOKI HOUSE』をリリース。またそれに伴い全国各地でレコ発ツアーを開催することも発表した。 never young beachは平均年齢23歳、安部勇磨(Vo&Gt)、

トクマルシューゴ〈TONOFON FESTIVAL 2015〉に森は生きている、明和電機ら出演

トクマルシューゴ〈TONOFON FESTIVAL 2015〉に森は生きている、明和電機ら出演

トクマルシューゴ主催フェス〈TONOFON FESTIVAL 2015〉が開催されることが決定した。 2011年、2013年に開催され、企画やブッキングや運営などまで、アーティスト自身が手掛ける音楽フェスとして大きな話題を呼んだ〈TONOFON FEST

neco眠る、アルバム『BOY』リリース・ツアー東京公演のゲストはcero

neco眠る、アルバム『BOY』リリース・ツアー東京公演のゲストはcero

neco眠るが、2ndアルバム『BOY』を記念したツアーを全国で開催する。そのなかで2015年2月7日(土)に恵比寿LIQUIDROOMで行われる東京公演に、cero、DJとしてshhhhhが出演することがわかった。 neco眠るは今年11月に、約6年ぶ

ユアソン、neco眠ると2マン&年末恒例〈超2日間〉決定

ユアソン、neco眠ると2マン&年末恒例〈超2日間〉決定

YOUR SONG IS GOODが自主企画ライヴ〈I WANT YOU BACK 2014 –OSAKA-〉を11月1日(土)に大阪 梅田AKASOにてneco眠るを迎えて開催、さらに毎年恒例の年末リキッド2DAYS〈YOUR SONG IS GOO

ROVO主催〈MAN DRIVE TRANCE〉4年ぶりに開催決定

ROVO主催〈MAN DRIVE TRANCE〉4年ぶりに開催決定

ROVOが主催する室内型パーティー・イベント〈MAN DRIVE TRANCE〉が4年ぶりに開催されることが決定した。 〈フジロック・フェスティバル'14〉では、System 7との合体プロジェクト“ROVO and System 7”の集大成ライヴを

〈加賀温泉郷フェス2014〉第2弾でテイ・トウワ、neco眠る、一十三十一、bonobos決定

〈加賀温泉郷フェス2014〉第2弾でテイ・トウワ、neco眠る、一十三十一、bonobos決定

9月21日(日)に石川県加賀温泉郷で開催される〈加賀温泉郷フェス2014〉の出演者第2弾が発表され、テイ・トウワ、neco眠る、一十三十一、bonobosの4組の出演が決定した。 今年で3回目を迎える〈加賀温泉郷フェス〉。温泉と音楽が融合した野外フェス

〈OUR FAVORITE THINGS〉砂原良徳、PSG、曽我部恵一、 (((さらうんど)))らを迎え初の野外開催

〈OUR FAVORITE THINGS〉砂原良徳、PSG、曽我部恵一、 (((さらうんど)))らを迎え初の野外開催

2009年から2013年までの5年間、毎年7月に岐阜県各務原市にある国指定重要有形民俗文化財「村国座」にておこなわれてきた〈OUR FAVORITE THINGS〉が、今年は初の野外公演として各務原市川島の「河川環境楽園」に会場を移して開催される。 こ

オウガ、青葉市子、ミツメら出演、図書施設での音楽フェス開催

オウガ、青葉市子、ミツメら出演、図書施設での音楽フェス開催

2014年5月2日(金)に愛知県岡崎市の「図書館交流プラザ Libra」で室内型音楽フェス〈リゾームライブラリーⅢ〉が開催される。 同イベントに出演するのは、OGRE YOU ASSHOLE、森は生きている、odd eyes、青葉市子、ミツメ、GOFI

〈ボロフェスタ〉夜公演で京都メトロが“ダンサーズ・ハイ”に――OTOTOYライヴ・レポ

〈ボロフェスタ〉夜公演で京都メトロが“ダンサーズ・ハイ”に――OTOTOYライヴ・レポ

現在開催中の〈ボロフェスタ〉。昨日10月26日(土)は通常の昼公演に加え、夜の部として「vol.夜露死苦」公演が京都メトロで行われた。neco眠る、踊ってばかりの国、tofubeatsといった熱いブッキングで注目を集めたライヴの様子をレポートで! ――

Collapse

Articles

15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始

インタヴュー

15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始

今年2017年に結成15周年を迎えた“neco眠る”。そんなアニバーサリー・イヤーに、彼らから新作アルバム『Typical』が届きましたよ〜!! 新メンバー・おじまさいり(Key from CASIOトルコ温泉)加入後初、そして実験性とポップ・センスが高次…

【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー

インタヴュー

【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー

カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバ…

関西発エレクトロ/エレクトロニカ特集 〜 dj colaboy インタビュー〜

インタヴュー

関西発エレクトロ/エレクトロニカ特集 〜 dj colaboy インタビュー〜

いま関西のエレクトロ/エレクトロニカ・シーンがおもしろい。AUTORA、SUZMENBA、dubdub on-sengという旬なアーティスト3組が揃って新譜をリリースし、その勢いは確実に全国へと飛び火している。OTOTOYでは、関西のエレクトロ・シーンでな…

recommuni パワー・プッシュ!! Fuji rock出演アーティスト特集

コラム

recommuni パワー・プッシュ!! Fuji rock出演アーティスト特集

1995年に始動。1999年シングル「はなればなれ」でメジャーデビュー。当初よりライヴやレコーディングなどにおいて他のアーティストとのコラボレーションや楽曲提供、プロデュースなど多岐に渡る活動を続けながら、独自のスタンスを築き上げている。2007年7枚目…

neco眠る 『EVEN KICK SOY SAUCE』 インタビュー by 小山真帆

インタヴュー

neco眠る 『EVEN KICK SOY SAUCE』 インタビュー by 小山真帆

お得なもんとお祭りが大好きな大阪人から愛されて、おどらにゃ損々! とフロアを沸かせ続けるneco眠るが、9曲プラスPV2曲のお得なミニ・アルバム『EVEN KICK SOY SAUCE』をリリース。洗濯や身支度をしているときに、ふと思い出して頭の中で流れ続…

LOCAL REPORT『こぼれ落ちた福岡音楽事情』VOL.2

コラム

LOCAL REPORT『こぼれ落ちた福岡音楽事情』VOL.2

4.26の朝、まだ真っ暗な早朝5時に会場となるベイサイド集合。今年も出演者や出演しないけど来てくれたバンド・マン、そしてお客さんなどがボランティア・スタッフとしてたくさん集まってくれた。 機材搬入、ステージ搬入、発電機やPA機材がトラックで運ばれる。…