album jacket
TitleDurationPrice
ともに  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:28
オドルヨル  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:58
切手のないおくりもの  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 01:58
For you  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:43
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 14:07
Album Info

昨年11月リリースの1stフルアルバム 「Are You Coming?」 での快進撃も記憶に新しいWANIMA待望の新作は、 ニベア花王(8x4ボディフレッシュ)CMソングの 「ともに」 、 リクルート(カーセンサー)CMソング 「切手のないおくりもの」 の2曲を含む4曲入り2ndシングル!!リードトラックとなる 「ともに」 は疾走感溢れる爽快なメロディにストレートに心の奥に入り込んでくる日本語詞が乗る自身初のCM書き下ろしソング。 これぞWANIMAといった青春感溢れる仕上がりになっている。 その一方 「オドルヨル」 ではサンバホイッスルの音が飛び交う遊び心満載のリズムに、 ちょっとスケベな歌詞が乗るといった振り幅の広さを見せている。 もうひとつのCMソング 「切手のないおくりもの」 は財津和夫氏のカバーソング。 ラストをかざる 「For you」 はしっとりと、 それでいてライブでは大合唱必須のWANIMA流応援ソング。 歌って踊って涙出来る渾身の4曲。 彼等の今後のよりいっそうの活躍を確信させる1枚。

People who bought this album also bought

Popular albums of same genre

Discography

Rock
メジャー1stフルアルバムが35万枚を超え、ドーム公演2DAYSを含む20万人を動員する全国ツアーを完遂し、今や押しも押されぬ国民的ロックバンドへと変貌を遂げた彼らの更なる飛躍を感じさせる超強力盤。
Rock
熊本出身のスリーピース・ロック・バンド、WANIMA待望の新曲は、ドラマのために書き下ろした楽曲!1月11日(金)夜10時スタートの高畑充希主演ドラマ「メゾン・ド・ポリス」主題歌!
Rock
“年齢・性別問わず、みんなに届くよう願いを込めた”アルバム「Everybody!!」(読み:エビバデ)2018年1月17日(水)(イイナ!!の日)に発売(*´ω`*)!! 気になる収録内容は「ともに」「CHARM」といった代表曲を筆頭に、ファンの間ではお馴染みの曲「JUICE UP!!のテーマ」がAlbumバージョンとして初音源化。 また、配信限定で発売されていた「やってみよう」も収録され、さらにフジテレビ系 木曜劇場『刑事ゆがみ』の主題歌として書き下ろされた「ヒューマン」を含む新録曲多数の全14曲の作品となっている!!
Rock
au三太郎「やってみよう」篇CMソング。歌うのは、ロックバンドのWANIMA。誰もが一度は耳にしたことのある童謡「ピクニック」をアレンジした曲で、オリジナルの歌詞にあわせて、CMのポジティブな世界観を軽快かつロックに引き立てています。
Rock
au三太郎「やってみよう」篇CMソング。歌うのは、ロックバンドのWANIMA。誰もが一度は耳にしたことのある童謡「ピクニック」をアレンジした曲で、オリジナルの歌詞にあわせて、CMのポジティブな世界観を軽快かつロックに引き立てています。
Rock
昨年11月リリースの1stフルアルバム「Are You Coming?」での快進撃も記憶に新しいWANIMA待望の新作は、ニベア花王(8x4ボディフレッシュ)CMソングの「ともに」、リクルート(カーセンサー)CMソング「切手のないおくりもの」の2曲を含む4曲入り2ndシングル!!リードトラックとなる「ともに」は疾走感溢れる爽快なメロディにストレートに心の奥に入り込んでくる日本語詞が乗る自身初のCM書き下ろしソング。これぞWANIMAといった青春感溢れる仕上がりになっている。その一方「オドルヨル」ではサンバホイッスルの音が飛び交う遊び心満載のリズムに、ちょっとスケベな歌詞が乗るといった振り幅の広さを見せている。もうひとつのCMソング「切手のないおくりもの」は財津和夫氏のカバーソング。ラストをかざる「For you」はしっとりと、それでいてライブでは大合唱必須のWANIMA流応援ソング。歌って踊って涙出来る渾身の4曲。彼等の今後のよりいっそうの活躍を確信させる1枚。
Rock
キタコレ! というのはこういうタイミングで使う言葉なのか。はぁ? ずっと前からキテるよ、と呆れ顔のパンクキッズも相当数いるだろうが、もっと広義で、日本のロックミュージック、ひいてはポップミュージックの世界という視点を入れても、いよいよ、WANIMAがキテいる。今のところは勝負作。いずれ出世作と呼ばれ、のちのちは代表作のひとつになるであろうアルバムが、この『Are You Coming?』だ。ピザオブデスが、レーベルとして契約しただけでなく、マネジメントも手掛ける初のバンド。そんな触れ込みで2014年にデビューした彼らは、「鳴り物入り」という言葉に相応しいスピードでパンクシーンの台風の目となった。その熱量を現場で体感しノックアウトされた人もいれば、やたら元気だし憎めないから売れるよねと遠巻きに納得した方も、こういうお祭りバンドはいつの時代もいるものだとスルーした方もいるだろう。後者に届くだけの歌詞や発言を、まだ若い彼らが持っていないという現実はある。今もないのかもしれない。でも、まずは楽曲が先に来た。年齢やルーツというそれぞれの事情をすっ飛ばし、聴き始めれば一気に引き込まれ停止ボタンを押すことを許さない楽曲の勢い。それが今回はことさら強いのだ。90’Sメロディックパンクの荒々しさ、00年代に発展した日本語ロックの日常的なメッセージ、さらにラップやレゲエが日常にあった世代特有の言葉遊びとリズム感。WANIMAがやっているのはそれ以上でも以下でもなく、特別新しいプラスアルファーがあるわけではない。しかしこの音の鮮烈さはどうだ。間違いなくメロディックパンクの系譜にあるのに、確実にアップデートされている。小利口な細工を加えたり、わかりやすく薄めたりという手法を取らないまま、ただナチュラルで貪欲な欲望だけが加速して、今までにない衝撃を与えてくれる。もはやパンクにもロックそのものにも体力がない時代、だからこそ小手先は通用しないと本能で理解しているのだろうか。誤解を恐れずに言うなら、これは20年前にハイ・スタンダードが登場した時とまったく同じなのである。バンドブーム終焉後の諦念から始まったハイスタは、だからこそ何でもアリで、持たざる者たちのヒーローになれた。20年を経た今、WANIMAが現れ、ピザオブデスがそこに光を見い出したのは必然だったと、このアルバムを聴いて初めて理解した。やたらキャッチーなお祭りバンドじゃないかという批判はハイスタにも寄せられた。それだけじゃない説得力を音楽で跳ね返すことができるのか。それをWANIMAが今やらんとしている。感じるままの言葉をめちゃくちゃ自由に掻き集め、ポップソングとして永遠に残るメロディに乗せて、全力でぶっ放す。どちらのバンドも使命など背負っていない。ただ自分たちのワクワクだけを爆発させている。その眩しさに引き込まれないでいられるか?無理だ。
Rock
2014年10月に、PIZZA OF DEATHがレーベルとして初めてマネジメント契約をし、1stミニアルバム『Can Not Behaved!!』をリリースしたWANIMA。これまでも、ライヴを見た約3割ものキッズがデモを購入していくなど、ライヴハウスで話題を呼んでいた存在ではあったが、1stミニアルバムを機に、その名と音は急速に広まり始めた。リリースツアーはソールドアウトが続出。大型フェスからも引っ張りだこ。彼らの魅力に気付いた大人たちや、ライヴハウスに通えていなかった音楽好きも巻き込んで、オーヴァーグラウンドへ飛び出した。そんなWANIMA旋風が吹き荒れる中、いよいよニューシングルがリリースされる。全4曲収録。『終わりのはじまり』と『HOPE』は、デモやオムニバスからの再録だが、このタイミングでさらに広まるべき輝きに溢れている。コンパクトな中に、彼らの全方位が収められた、畳み掛けるには絶好の一枚だ。キラキラしたギターと全開のコーラスで幕を開ける『終わりのはじまり』。《誰かを責めた揺らいだ回り道 始まりか終わりか決めるのは君だ》という強い歌詞は、今だからこそ説得力を持って響く。続く『いいから』では、ガラッと雰囲気が変わる。踊れるビートにのっているのは、昨今珍しいほどに濃厚で汗臭いエロティックな歌詞だ。そして、『HOPE』ではルーツのレゲエでユラユラ踊らせた後に、グッと青臭く疾走していく展開が痛快。《もう大変で大変で大変で大変に耐えれんで仕方ないので/とりあえず笑えたのなら/どれだけ楽になるだろう》という連呼は、誰もが吐き出したい心の叫びであり、共感を得て広がっていくに違いない。最後は、丁寧に紡がれた歌詞が印象的な『TRACE』を、ガッツリ聴かせて締め括る。メロディアスなリフから懐かしい匂いがぷんぷんする、彼らの土壌が表れた仕上がりだ。様々な感情や欲望を呼び覚ます、ヴァラエティに富んだ収録曲。しかし、その中で共通点がひとつだけある。それは、熱いこと。ライヴが熱い、というだけではなく、詞曲が熱い、というのは、若手の中では貴重だと思う。もちろん、フレッシュな勢いや柔軟なミクスチャー感覚などに、若手らしさは表れている。それに加えて温度が高いからこそ、伝染が早い上に幅広い人に受け入れられるのではないだろうか。人間の根本にある色情や郷愁、そして音楽を聴く時に欲している、背中を押してくれるようなメッセージ。WANIMAの楽曲には、それらが備わっている。メロディに生き様が溢れてしまうほどに、故郷の熊本から決意を持って上京してきた松本健太(Vo&B)、その想いに寄り添ってきた、幼馴染の西田光真(G)、後から仲間として加わった藤原弘樹(Dr)……この3人が生み出す、3ピースらしいシンプルなアンサンブルから繰り出される人間臭い物語に、ますます惹き付けられて止まない。

News

WANIMA 4thシングル「Good Job!!」リリパを全国3箇所の野外ステージで全4公演開催

WANIMA 4thシングル「Good Job!!」リリパを全国3箇所の野外ステージで全4公演開催

WANIMAが3月6日(水)発売の4thシングル「Good Job!!」(グッジョブ!! )の発売を記念して、『WANIMA Good Job!! Release Party』を札幌・天草・首都圏の全国3箇所で4公演開催することが決定した。 このリリース

WANIMA、3月6日発売の4thシングル『Good Job!!』ジャケ写公開、本日よりドラマ主題歌「アゲイン」の先行配信開始

WANIMA、3月6日発売の4thシングル『Good Job!!』ジャケ写公開、本日よりドラマ主題歌「アゲイン」の先行配信開始

現在全国のライヴハウス・ホールを巡るワンマン・ツアー〈1CHANCE NIGHT TOUR 2018-2019〉を開催中のスリーピース・ロックバンド WANIMAが、3月6日(水)に発売する4thシングル『Good Job!!』のジャケット写真を公開した

期待のニューカマー“ロイ-RöE-”ちゃんMARI(ゲスの極み乙女。)プロデュース曲「そそらるる*」リリックビデオ公開!

期待のニューカマー“ロイ-RöE-”ちゃんMARI(ゲスの極み乙女。)プロデュース曲「そそらるる*」リリックビデオ公開!

ゲスの極み乙女。のちゃんMARIがサウンドプロデューサーを務める3曲入りEP『ウカ*』でメジャーデビューしたばかりの “ディストピア系”シンガーソングライターロイ-RöE-が、EP収録曲「そそらるる*」のリリックビデオをYouTubeで公開した。 ロイ-

NHK紅白歌合戦にエレカシ、竹原ピストル、SHISHAMO、三浦大知、WANIMAら初出場

NHK紅白歌合戦にエレカシ、竹原ピストル、SHISHAMO、三浦大知、WANIMAら初出場

大みそか『第68回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が発表された。 出場歌手は紅白合わせて46組。 初出場組は紅組が4組、白組が6組。SHISHAMO、Little Glee Monster、エレファントカシマシ、竹原ピストル、三浦大知、WANIMAらの出演が

上京して10年が経ったWANIMAから、みんなへの“お守り”

上京して10年が経ったWANIMAから、みんなへの“お守り”

熊本出身の3ピース・ロック・バンド、WANIMAが5月17日にニュー・シングル「Gotta Go!!」(読み:ガラゴー)をリリース。その1曲目に収録される「CHARM」のMV Short ver.が解禁となった。 本作では、メンバー3人とも熊本から上京し

〈FUJI ROCK FESTIVAL '16〉第4弾でBABYMETAL、Suchmos、野田洋次郎ソロ・プロジェクトillionら決定

〈FUJI ROCK FESTIVAL '16〉第4弾でBABYMETAL、Suchmos、野田洋次郎ソロ・プロジェクトillionら決定

2016年7月22日(金)23日(土)24日(日)新潟県湯沢町苗場スキー場にて開催される〈FUJI ROCK FESTIVAL '16〉。 本日、第4弾出演アーティストが発表された。 今回発表されたのは、BABYMETAL、DEAFHEAVEN、FLIG

View More News Collapse
〈FUJI ROCK FESTIVAL '16〉第3弾でJAMES BLAKEら11組が決定

〈FUJI ROCK FESTIVAL '16〉第3弾でJAMES BLAKEら11組が決定

2016年7月22日(金)23日(土)24日(日)新潟県湯沢町苗場スキー場にて開催される〈FUJI ROCK FESTIVAL '16〉。 本日、第3弾出演アーティストが発表された。 今回発表されたのは、JAMES BLAKE、Ken Yokoyama、

Collapse

Articles

【REVIEW】聴いたら踊らずにはいられない! WANIMAのメロディックな最新作

レヴュー

【REVIEW】聴いたら踊らずにはいられない! WANIMAのメロディックな最新作

【REVIEW】聴いたら踊らずにはいられない! WANIMAのメロディックな最新作'''WANIMAの「夏」を感じるメロディックな1枚︎'''''WANIMA / JUICE UP!!''''【配信形態 / 価格】''16bit/44.1kHz(WAV /…