album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
君も出世ができる  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:36
ようこそテレヴィジョン  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:58
塔と戯れる男二人  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:22
ミュータント集団就職 (突然変異でこの世は一回り)  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:16
労働者たち  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:54
困ったの花  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:35
オペラ 山下高橋 (悲しき靴音 いや、ゆゆしき死の音)  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:42
大東京は大食堂  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:50
ウルトラペイン  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:30
未来人街  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:59
チョイナン海岸の運び屋  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:37
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 43:19
Album Info

鈴木慶一とKERAの極上ユニット2年半ぶりのセカンド・アルバム遂に完成!のほほん人の魂込めて全世界に訴える問題作!すちゃらかな破天荒さは相変わらずながら、研ぎ澄まされた無限に広がる音世界は、日本のロックを牽引する鈴木慶一と演劇界と音楽界を縦横無尽に活躍するKERAの二人だからこそ生み出すことができた日本音楽史上に残るべきであろう問題作にして大傑作。ムーンライダーズのポップでアンニュイなメロディ、初期有頂天でみられた不条理で可笑しな唯一無比の世界観、振り切った歌詞にも是非ご刮目。フランキー堺主演の和製ミュージカルのカルト映画『君も出世ができる』(1964年東宝 監督:須川栄三)テーマ曲のカヴァーで始まり、ムード歌謡、オールディーズ風ポップスまで飛び出す、書き下ろしの新曲10曲を含む、全11曲。高田漣や上野洋子などのゲストに加え、前作に引き続いて、ゴンドウトモヒコ(METAFIVEやNHK『 ムジカ・ピッコリーノ』での音楽監督)が引き続きミックスと演奏でサポートデザインユニットHomesizeが手がける、1964年頃の渋谷駅前のジオラマを使ったアートワークにも注目。撮影:常磐響 ゲスト:高田漣、矢部浩志、上野洋子、ゴンドウトモヒコほか

Discography

Rock

鈴木慶一とKERAの極上ユニット2年半ぶりのセカンド・アルバム遂に完成!のほほん人の魂込めて全世界に訴える問題作!すちゃらかな破天荒さは相変わらずながら、研ぎ澄まされた無限に広がる音世界は、日本のロックを牽引する鈴木慶一と演劇界と音楽界を縦横無尽に活躍するKERAの二人だからこそ生み出すことができた日本音楽史上に残るべきであろう問題作にして大傑作。ムーンライダーズのポップでアンニュイなメロディ、初期有頂天でみられた不条理で可笑しな唯一無比の世界観、振り切った歌詞にも是非ご刮目。フランキー堺主演の和製ミュージカルのカルト映画『君も出世ができる』(1964年東宝 監督:須川栄三)テーマ曲のカヴァーで始まり、ムード歌謡、オールディーズ風ポップスまで飛び出す、書き下ろしの新曲10曲を含む、全11曲。高田漣や上野洋子などのゲストに加え、前作に引き続いて、ゴンドウトモヒコ(METAFIVEやNHK『 ムジカ・ピッコリーノ』での音楽監督)が引き続きミックスと演奏でサポートデザインユニットHomesizeが手がける、1964年頃の渋谷駅前のジオラマを使ったアートワークにも注目。撮影:常磐響 ゲスト:高田漣、矢部浩志、上野洋子、ゴンドウトモヒコほか

Rock

鈴木慶一とKERAの極上ユニット2年半ぶりのセカンド・アルバム遂に完成!のほほん人の魂込めて全世界に訴える問題作!すちゃらかな破天荒さは相変わらずながら、研ぎ澄まされた無限に広がる音世界は、日本のロックを牽引する鈴木慶一と演劇界と音楽界を縦横無尽に活躍するKERAの二人だからこそ生み出すことができた日本音楽史上に残るべきであろう問題作にして大傑作。ムーンライダーズのポップでアンニュイなメロディ、初期有頂天でみられた不条理で可笑しな唯一無比の世界観、振り切った歌詞にも是非ご刮目。フランキー堺主演の和製ミュージカルのカルト映画『君も出世ができる』(1964年東宝 監督:須川栄三)テーマ曲のカヴァーで始まり、ムード歌謡、オールディーズ風ポップスまで飛び出す、書き下ろしの新曲10曲を含む、全11曲。高田漣や上野洋子などのゲストに加え、前作に引き続いて、ゴンドウトモヒコ(METAFIVEやNHK『 ムジカ・ピッコリーノ』での音楽監督)が引き続きミックスと演奏でサポートデザインユニットHomesizeが手がける、1964年頃の渋谷駅前のジオラマを使ったアートワークにも注目。撮影:常磐響 ゲスト:高田漣、矢部浩志、上野洋子、ゴンドウトモヒコほか