How To Buy
TitleDurationPrice
Makuhari  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:10
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 04:10
Album Info

Bonbero、LANA、MFS、Watson、日本の次世代を牽引する4組のアーティストが新曲"Makuhari"をドロップ!プロデューサーZOT on the WAVE & dubby bunnyによるメロディックなドリルチューンの上で、互いの個性をぶつけ合う。タイトルの"Makuhari"は、4人が出演する「POP YOURS 2023」の開催地。

Discography

HipHop/R&B

2023年、自身の誕生日である11月4日に発表されたJinmenusagiの最新アルバム 【DONG JING REN】(以下"DJR")。リリースから半年が経った今なおリスナーの熱は冷めずチャート上位に名を刻む本作だが、この快進撃はまだほんの序章に過ぎなかった…。 水面下で準備が進められていた『DONG JING REN DELUXE』の全貌が遂に明らかに! 元自衛官から都内スニーカーショップ店員という経歴を持ち、シーンにおいて唯一無二の音楽性を放つ「Js Morgan」、ヒップホップコレクティブ夜猫族の中核メンバーであり前作【DJR】から引き続きの登場となる「Bonbero」を迎えた『ICEY Remix』から幕を開け、『Blue Benza Remix』においては、ラッパーTade Dustの実弟であり若干19歳の鬼才「Kee Rooz」がバースを提供、MOMENT JOONとのジョイントアルバムも記憶に新しいトリリンガル・スタイルを自在に操る期待の新人「Fisong」も熱くスピット。今作もJinmenusagiの若手をフックする姿勢が伝わるラインナップでアルバム前半を飾る。 『Opp Otaku Remix』にはジメサギのゆかりの地でもあるネットラップの文脈から「トップハムハット狂(FAKE TYPE.)」、ネットラップ文化のパイオニアである「らっぷびと」を召喚。ルーツであるネットラップの重鎮達を道場に招き、ラッパー道を説く。 ヒット曲『GOAT』のRemixにはジメサギと同じく東京をホームグラウンドに持ち、他を寄せ付けぬ圧倒的なデリバリーの持ち主である「Spada」、ソロ活動でもTokyo Young Visionとしてのクルー活動でもそのダークな声質を活かし存在感を示す「Hideyoshi」 ラップスタア誕生のサイファーにおいて類稀なる才能を見せつけた沖縄出身の注目株「MyghtyTommy」、更にはもはや説明不要とも言える日本語ラップの始祖であり、今なお最前線にて輝き続けるGOAT…Mummy-D(Rhymester)を贅沢にキャスティング。 また、シーンを代表する若手ラッパーJUMADIBAを招きシングルカットもされた『Anata Watashi Remix』を含めた、旧友・若手・中堅・レジェンドを織り交ぜたヘビロテ確定のリミックス5曲は、原曲のバースを再構築しデラックスに向けて完全書き下ろしの豪華仕様になっている。 加えて初公開となる新曲3曲は【DJR】リリース後に書かれた鮮度の高い楽曲達である。 アイデンティティが豊かに表現されたリリックを巧みに操り固い韻でバースを蹴る『PEEKABOO』はジメサギのラップの基礎体力の高さとHipHop IQの高さが滲み出る一曲に。 ジメサギの太い低音コーラスと怪しく鳴り響く和モノ・ビートが脳を揺らす『14kg』。 日本製のアプローチをリリック、フロウ、ビートで分かりやすく体現した一作となる。 先行シングルとしてカットされ既に人気を博している『Sushi』では、ジメサギがタイ旅行を楽しんだ際に現地で撮影されたMVも話題を呼んだ。 東京人(DONG JING REN)ならではのモラトリアムをリアルに描写し、歌詞の世界に落とし込んだジメサギなりのデリバリーはもちろんのこと、誉高き日本人である事をビート/サウンドの細部から連想させられる本作は全てLEEYVNG名義でセルフ・プロデュースされている。

8 tracks
HipHop/R&B

2023年、自身の誕生日である11月4日に発表されたJinmenusagiの最新アルバム 【DONG JING REN】(以下"DJR")。リリースから半年が経った今なおリスナーの熱は冷めずチャート上位に名を刻む本作だが、この快進撃はまだほんの序章に過ぎなかった…。 水面下で準備が進められていた『DONG JING REN DELUXE』の全貌が遂に明らかに! 元自衛官から都内スニーカーショップ店員という経歴を持ち、シーンにおいて唯一無二の音楽性を放つ「Js Morgan」、ヒップホップコレクティブ夜猫族の中核メンバーであり前作【DJR】から引き続きの登場となる「Bonbero」を迎えた『ICEY Remix』から幕を開け、『Blue Benza Remix』においては、ラッパーTade Dustの実弟であり若干19歳の鬼才「Kee Rooz」がバースを提供、MOMENT JOONとのジョイントアルバムも記憶に新しいトリリンガル・スタイルを自在に操る期待の新人「Fisong」も熱くスピット。今作もJinmenusagiの若手をフックする姿勢が伝わるラインナップでアルバム前半を飾る。 『Opp Otaku Remix』にはジメサギのゆかりの地でもあるネットラップの文脈から「トップハムハット狂(FAKE TYPE.)」、ネットラップ文化のパイオニアである「らっぷびと」を召喚。ルーツであるネットラップの重鎮達を道場に招き、ラッパー道を説く。 ヒット曲『GOAT』のRemixにはジメサギと同じく東京をホームグラウンドに持ち、他を寄せ付けぬ圧倒的なデリバリーの持ち主である「Spada」、ソロ活動でもTokyo Young Visionとしてのクルー活動でもそのダークな声質を活かし存在感を示す「Hideyoshi」 ラップスタア誕生のサイファーにおいて類稀なる才能を見せつけた沖縄出身の注目株「MyghtyTommy」、更にはもはや説明不要とも言える日本語ラップの始祖であり、今なお最前線にて輝き続けるGOAT…Mummy-D(Rhymester)を贅沢にキャスティング。 また、シーンを代表する若手ラッパーJUMADIBAを招きシングルカットもされた『Anata Watashi Remix』を含めた、旧友・若手・中堅・レジェンドを織り交ぜたヘビロテ確定のリミックス5曲は、原曲のバースを再構築しデラックスに向けて完全書き下ろしの豪華仕様になっている。 加えて初公開となる新曲3曲は【DJR】リリース後に書かれた鮮度の高い楽曲達である。 アイデンティティが豊かに表現されたリリックを巧みに操り固い韻でバースを蹴る『PEEKABOO』はジメサギのラップの基礎体力の高さとHipHop IQの高さが滲み出る一曲に。 ジメサギの太い低音コーラスと怪しく鳴り響く和モノ・ビートが脳を揺らす『14kg』。 日本製のアプローチをリリック、フロウ、ビートで分かりやすく体現した一作となる。 先行シングルとしてカットされ既に人気を博している『Sushi』では、ジメサギがタイ旅行を楽しんだ際に現地で撮影されたMVも話題を呼んだ。 東京人(DONG JING REN)ならではのモラトリアムをリアルに描写し、歌詞の世界に落とし込んだジメサギなりのデリバリーはもちろんのこと、誉高き日本人である事をビート/サウンドの細部から連想させられる本作は全てLEEYVNG名義でセルフ・プロデュースされている。

8 tracks
HipHop/R&B
018

018が全曲客演を迎えたNew Album Hood Eye Blackをリリース 東京を拠点とし斬新かつ勢いのある楽曲で定評のある018が全曲客演によるNew Album Hood Eye Blackが完成。 今作では磨き続けたskillとこだわり続けるtechnicを持ち味のlyricで表現し客演にはeyden,Bonbero,Nov,T-STONE等今注目のrapperのrapは必見。 今後も東京のNew Starの動きに目が離せない。

11 tracks
HipHop/R&B

BAD HOPのBenjazzyとの楽曲「B2B」へ客演参加し、解散ライブでの東京ドーム出演など新たな世代を代表するラッパーへと成長する千葉県出身のラッパーBonberoが、長崎出身、東京在住のアップカミングなラッパーKohjiyaを客演に招いたシングル「Naked Eyes feat. Kohjiya」をリリース

2 tracks
HipHop/R&B

BAD HOPのBenjazzyとの楽曲「B2B」へ客演参加し、解散ライブでの東京ドーム出演など新たな世代を代表するラッパーへと成長する千葉県出身のラッパーBonberoが、長崎出身、東京在住のアップカミングなラッパーKohjiyaを客演に招いたシングル「Naked Eyes feat. Kohjiya」をリリース

2 tracks
HipHop/R&B

MFS, LANA, WatsonとのMakuhariや、¥ellow BucksのHigher Remixへの参加などで話題を呼ぶBonberoと、Yvng Patraとの"Money Love Respect”やBonberoとの"Life Goes On”などの楽曲で存在感を増すTade Dustが、約1年ぶりの共作となるシングル“Back and Forth”をリリース。“Back and Forth”は、プロデューサーTAXONが手がける超高速のドリルサウンドに両者が日本最高レベルのスキルで切れ味鋭いラップを披露。10代の頃から環境の変化を感じながらも更なる高みを目指す両者の決意が込められたリリックは高揚感がありモチベーションアップにつながる楽曲となった。これまでに数多くの楽曲を共作した2人だからこそ可能となるラップの掛け合いも見逃せない。

1 track
HipHop/R&B

MFS, LANA, WatsonとのMakuhariや、¥ellow BucksのHigher Remixへの参加などで話題を呼ぶBonberoと、Yvng Patraとの"Money Love Respect”やBonberoとの"Life Goes On”などの楽曲で存在感を増すTade Dustが、約1年ぶりの共作となるシングル“Back and Forth”をリリース。“Back and Forth”は、プロデューサーTAXONが手がける超高速のドリルサウンドに両者が日本最高レベルのスキルで切れ味鋭いラップを披露。10代の頃から環境の変化を感じながらも更なる高みを目指す両者の決意が込められたリリックは高揚感がありモチベーションアップにつながる楽曲となった。これまでに数多くの楽曲を共作した2人だからこそ可能となるラップの掛け合いも見逃せない。

1 track
HipHop/R&B

“Makuhari”や“Karenai”などのヒットを飛ばすラッパーBonberoが、新曲“Me vs. Me”をリリース。周囲を気にしてしまうもう1人の自分との葛藤を描いた、自身への戒めがテーマの楽曲。

1 track
HipHop/R&B

“Makuhari”や“Karenai”などのヒットを飛ばすラッパーBonberoが、新曲“Me vs. Me”をリリース。周囲を気にしてしまうもう1人の自分との葛藤を描いた、自身への戒めがテーマの楽曲。

1 track
HipHop/R&B

Bonbero、LANA、MFS、Watson、日本の次世代を牽引する4組のアーティストが新曲"Makuhari"をドロップ!プロデューサーZOT on the WAVE & dubby bunnyによるメロディックなドリルチューンの上で、互いの個性をぶつけ合う。タイトルの"Makuhari"は、4人が出演する「POP YOURS 2023」の開催地。

1 track
HipHop/R&B

Bonbero、LANA、MFS、Watson、日本の次世代を牽引する4組のアーティストが新曲"Makuhari"をドロップ!プロデューサーZOT on the WAVE & dubby bunnyによるメロディックなドリルチューンの上で、互いの個性をぶつけ合う。タイトルの"Makuhari"は、4人が出演する「POP YOURS 2023」の開催地。

1 track
HipHop/R&B

まさに飛ぶ鳥を落とす勢い。そのスキルと表現力でヒップホップ・シーンを賑わしてきた夜猫族の急先鋒、Bonbero待望のNEW EP『Bandit』が遂に完成。大きな話題を呼んだ先行シングル“Swervin”、そしてSNSでのリークで発表前にバズを生んだ“Karenai”を含む6曲入り。盟友ascii、TAXONらの最新かつ濃密なビートを中心に、進化形にして、新機軸のサウンド、リリック、ラップスキル、表現力を提示するBonberoの現在をしっかりと体感できる豊潤な内容となっている。幕開けとなる表題曲“Bandit”を一聴した瞬間に惹き込まれる事必至のNEW EP『Bandit』、必聴。

6 tracks
HipHop/R&B

まさに飛ぶ鳥を落とす勢い。そのスキルと表現力でヒップホップ・シーンを賑わしてきた夜猫族の急先鋒、Bonbero待望のNEW EP『Bandit』が遂に完成。大きな話題を呼んだ先行シングル“Swervin”、そしてSNSでのリークで発表前にバズを生んだ“Karenai”を含む6曲入り。盟友ascii、TAXONらの最新かつ濃密なビートを中心に、進化形にして、新機軸のサウンド、リリック、ラップスキル、表現力を提示するBonberoの現在をしっかりと体感できる豊潤な内容となっている。幕開けとなる表題曲“Bandit”を一聴した瞬間に惹き込まれる事必至のNEW EP『Bandit』、必聴。

6 tracks
HipHop/R&B

19歳、千葉県出身。夜猫族の一員。ライミング・スキル、リリック・センス、そしてビート上を縦横無尽に駆け巡る独特のフロウで、瞬く間にヒップホップシーンの急先鋒としてその名を全国に轟かせたラッパー、Bonbero。1年ぶりのリリースとなったシングル“Swervin”が大きな話題を呼ぶ中、新たなシングル“Karenai”がリリースとなる。夏頃よりSNSにてアカペラ動画がリークされて以降、ジワジワと拡散されてゆき、リリース前にも関わらず、ライブでは既に人気曲という現象も起きている本楽曲。Bonberoのライミングスキルのみならず、リリックの言葉遊びもふんだんに散りばめられており、まさに現在のBonberoの粋が濃縮されたスリリングな楽曲となっている。

1 track
HipHop/R&B

19歳、千葉県出身。夜猫族の一員。ライミング・スキル、リリック・センス、そしてビート上を縦横無尽に駆け巡る独特のフロウで、瞬く間にヒップホップシーンの急先鋒としてその名を全国に轟かせたラッパー、Bonbero。1年ぶりのリリースとなったシングル“Swervin”が大きな話題を呼ぶ中、新たなシングル“Karenai”がリリースとなる。夏頃よりSNSにてアカペラ動画がリークされて以降、ジワジワと拡散されてゆき、リリース前にも関わらず、ライブでは既に人気曲という現象も起きている本楽曲。Bonberoのライミングスキルのみならず、リリックの言葉遊びもふんだんに散りばめられており、まさに現在のBonberoの粋が濃縮されたスリリングな楽曲となっている。

1 track
HipHop/R&B

弱冠19歳、その圧倒的スキルでヒップホップシーンの急先鋒として名乗りをあげる若手ラッパーBonberoの最新シングル”Swervin”がリリース。Abema TV『ラップスタア誕生』(RAPSTAR2021)にソロでエントリーし、圧倒的なスキルとワードセンスが大きな話題を呼び、自身のソロEP『Knock it Down』では、UKの影響も感じさせるトラックチョイスの上で、幅広いテクニックと表現力を見せつけ、Red Bullの人気コンテンツ『64 Bars』やヒップホップフェスティバルPOP YOURS主催イベントでもその実力を改めて証明。今後の日本語ラップシーンを担う注目の若手の一人として注目を集めている。今作は、プロデュースを手掛けたのは、同世代の気鋭ビートメイカーascii。電子音楽的なミニマルなビートの上を、Bonberoが縦横無尽に乗りこなすドープな1曲となっている。

1 track
HipHop/R&B

弱冠19歳、その圧倒的スキルでヒップホップシーンの急先鋒として名乗りをあげる若手ラッパーBonberoの最新シングル”Swervin”がリリース。Abema TV『ラップスタア誕生』(RAPSTAR2021)にソロでエントリーし、圧倒的なスキルとワードセンスが大きな話題を呼び、自身のソロEP『Knock it Down』では、UKの影響も感じさせるトラックチョイスの上で、幅広いテクニックと表現力を見せつけ、Red Bullの人気コンテンツ『64 Bars』やヒップホップフェスティバルPOP YOURS主催イベントでもその実力を改めて証明。今後の日本語ラップシーンを担う注目の若手の一人として注目を集めている。今作は、プロデュースを手掛けたのは、同世代の気鋭ビートメイカーascii。電子音楽的なミニマルなビートの上を、Bonberoが縦横無尽に乗りこなすドープな1曲となっている。

1 track
View More Discography Collapse
Collapse

News

Kaneee、1st EP『ICON』 をリリース

Kaneee、1st EP『ICON』 をリリース

ラッパーのKaneee (ケイニー)が、1st EP『ICON』を本日11月29日(水)にリリースした。 5月に幕張メッセで開催された日本最大級のヒップホップフェス『POP YOURS』で初披露し、早くもアンセムにもなっているSTUTSとのシングル「Ca