artist image

クレナズム

Rock

2018年5月より活動を開始した4人組ロックバンド・クレナズム。大学の同級生で結成。
シューゲイザーやドリームポップに影響を受けたサウンドで福岡市を拠点に活動中。
一度聴いたら脳裏に焼きつき、さまざまな情景を浮かばせる楽曲と言葉の強さがある。甘くさわやかな歌声とギターノイズがそれらを一層鮮やかに彩り、淡い世界へと誘う。
ライブを重ねる度に急速に進化を遂げ、活動開始1ヶ月でりんご音楽祭2018に出演。2018年8月には長崎Sky Jamboree前夜祭にも出演。
昨年12月、1stにしてマスターピースな初の傑作ミニアルバム『rest of the dusk』をリリース。同アルバムより12月12日に「ウエインは言った」を先行配信&MV解禁。12月20日には福岡の盟友バンドを集めた初の主催ライブ「stew」を開催し好評を得る。
そして2019年初頭、その興奮も冷めやらぬ1月31日、新作MV『白い記憶』を公開!
7月10日には、1stシングル 「花弁・いつかの今頃」をリリース、同時に「花弁」のMV解禁。
メンバーが影響を受けたアーティストはthe jesus and mary chainから宇多田ヒカル、BUMP OF CHICKEN etc.と多岐に渡り、まさにシューゲイザーとJ-POPの邂逅とでも言うべき新しいサウンドを紡ぎだしている次世代型ロックバンドの最注目株といえよう。

Official site: https://culenasm.com/

Discography

Rock
クボタカイをフィーチャーリングしたコラボ曲『解けない駆け引き』がバイラルヒット中の福岡の4人組、シューゲイズ・シーンの新星、クレナズム! フジテレビ系音楽番組「Love music」8月度OPテーマにも決定した夏の終わりの風景を瑞々しく描き出すレイト・サマー・チューンの名曲『積乱雲の下で』!早くも8月18日にデジタル・リリース!
1 track
Rock
福岡在住4人組ロック・バンド、クレナズムがクボタカイを迎えた新曲“解けない駆け引き”
1 track
Rock
クレナズム、配信シングル「酔生夢死」をリリース
1 track
Rock
J-POPとシューゲイザー、そしてネットミュージッ、このパンデミック以降のZ世代によるインディー・シーンのミッシングリンクを埋める福岡からの新たなる才能、クレナズム、待望の3rdミニ・アルバム、遂に完成!
6 tracks
Rock
J-POPとシューゲイザー、そしてネットミュージッ、このパンデミック以降のZ世代によるインディー・シーンのミッシングリンクを埋める福岡からの新たなる才能、クレナズム、待望の3rdミニ・アルバム、遂に完成!
6 tracks
Rock
2nd ミニアルバム
6 tracks
Rock
2nd ミニアルバム
6 tracks
Rock
12/18発売の「In your Fragrance」の先行配信曲!シューゲイズ、シューゲイザー、ドリームポップ!
1 track
Rock
12/18発売の「In your Fragrance」の先行配信曲!シューゲイズ、シューゲイザー、ドリームポップ!
1 track
Rock
夏の季語を散りばめて紡がれた心象風景、暗闇の中で青色のものが鮮明に浮かび上がる“プルキニエ現象”に着想を得たという歌詞の世界観が、心の奥底の夏の扉をそっと開いてくれる「いつかの今頃」。夕暮れと共に視感覚がずれて鮮明に浮かび上がるブルーが、いつかの夏の記憶をカラフルに染め上げていく。サビの胸に迫る萌映のファルセットの響きとともに、最後には聴くものをまるで空に突き抜けるような爽快な気分にさせてくれるポップ・チューンだ。 令和の訪れとともに、クレナズムが新時代を予感させる極上のサマー・アンセム 。
1 track
Rock
夏の季語を散りばめて紡がれた心象風景、暗闇の中で青色のものが鮮明に浮かび上がる“プルキニエ現象”に着想を得たという歌詞の世界観が、心の奥底の夏の扉をそっと開いてくれる「いつかの今頃」。夕暮れと共に視感覚がずれて鮮明に浮かび上がるブルーが、いつかの夏の記憶をカラフルに染め上げていく。サビの胸に迫る萌映のファルセットの響きとともに、最後には聴くものをまるで空に突き抜けるような爽快な気分にさせてくれるポップ・チューンだ。 令和の訪れとともに、クレナズムが新時代を予感させる極上のサマー・アンセム 。
1 track
Rock
シューゲイザーとJ-POPの邂逅?! 令和の始まり、世界的に活況を呈するネオ・シューゲイズ・シーンに福岡から登場した超新星! 爆音のフィードバックノイズが描き出す甘いメロディと浮遊感のあるサウンドスケープ!本年、大注目バンド。
5 tracks
Rock
シューゲイザーとJ-POPの邂逅?! 令和の始まり、世界的に活況を呈するネオ・シューゲイズ・シーンに福岡から登場した超新星! 爆音のフィードバックノイズが描き出す甘いメロディと浮遊感のあるサウンドスケープ!本年、大注目バンド。
5 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

クレナズムが4thミニAL『Touch the figure』発売 & 全国ツアー開催

クレナズムが4thミニAL『Touch the figure』発売 & 全国ツアー開催

福岡の4人組クレナズムが意欲作4th ミニアルバム『Touch the figure』を10月27日(水)に発売することが明らかとなった。 「酔生夢死」「解けない駆け引き」「積乱雲の下で」という先行配信3曲を含む全6曲入りの本作は、このコロナ禍、なかなか

スペシャ〈FUKUOKA COLLECTIVE〉8月はクレナズムをピックアップ

スペシャ〈FUKUOKA COLLECTIVE〉8月はクレナズムをピックアップ

スペースシャワーTVによる福岡の音楽とユースカルチャーを発信する番組〈FUKUOKA COLLECTIVE〉の8月に福岡発の4人組バンド クレナズムが登場する。 今回BEAT STATIONにて7月30日に開催されたクレナズム福岡公演に潜入。 急速に進化

クレナズム、「Love music」8月度オープニング曲 “積乱雲の下で” 配信開始

クレナズム、「Love music」8月度オープニング曲 “積乱雲の下で” 配信開始

福岡の4人組バンド、クレナズムが夏の終わりの風景を瑞々しく描き出すレイト・サマー・チューン “積乱雲の下で”を本日8月18日にデジタル・リリースした。 作詞を手掛けたけんじろうによる“夏のすべては積乱雲の下で起こる” というコンセプトのもと、夏の風景、蝉

【オフィシャルレポート】〈ロッキン・ライフ in ライブハウス Vol.2〉

【オフィシャルレポート】〈ロッキン・ライフ in ライブハウス Vol.2〉

2021年8月8日、音楽ブログ「ロッキン・ライフ」のが主催するライブイベント〈ロッキン・ライフ in ライブハウス Vol.2〉が大阪のライブハウス阿倍野ROCKTOWNで行われた。 SOLD OUTとなったこの公演、開演前から多くの人がライブハウス前に

福岡在住4人組ロック・バンド、クレナズムがクボタカイを迎えた新曲“解けない駆け引き”が配信開始

福岡在住4人組ロック・バンド、クレナズムがクボタカイを迎えた新曲“解けない駆け引き”が配信開始

   昨年、「Love music」出演で話題沸騰、Twitterの検索ランキングにランクインやSpotifyで80万再生を超えるなど大注目の福岡の女性Vo.による4人組バンド、クレナズムが第2弾シングルとして“解けない駆け引き”を配信リリース。 本楽曲は

〈ロッキン・ライフ in ライブハウス vol.2〉8/8開催

〈ロッキン・ライフ in ライブハウス vol.2〉8/8開催

リアルサウンドでもライターとして活動するロッキン・ライフの中の人主催のライブイベント〈ロッキン・ライフ in ライブハウス vol.2〉が、8月8日に大阪・阿倍野ROCKTOWNにて開催される。 ジャンルレスな若手バンドが集結する有観客のライブイベントに

View More News Collapse
クレナズム2021年第一弾シングル"酔生夢死"3/24配信開始

クレナズム2021年第一弾シングル"酔生夢死"3/24配信開始

福岡の女性Vo.による4人組バンドクレナズムの新曲"酔生夢死"が3/24に配信された。 2021年のクレナズム、待望の第一弾シングルとなる今回。 楽曲は“要らない 知らない 今日はダメな日なんだ”というイントロの耽美的なディレィが施されたギターのアルペジ

クレナズム、1stミニ・アルバム『rest of the dusk』より新作MV「白い記憶」公開中

クレナズム、1stミニ・アルバム『rest of the dusk』より新作MV「白い記憶」公開中

2018年5月からライヴ活動を始動し、昨年12月に初のミニ・アルバム『rest of the dusk』をリリースした福岡の新星、クレナズム。 昨年12月に先行配信され各サブスクリプション・サービスにて話題となった「ウエインは言った」に続く新作MV「白い

クレナズム、1stミニ・アルバム『rest  of the dusk』より「ウェインは言った」12月12日先行配信、20日リリースイベント開催、会場限定でミニ・アルバムの販売も決定

クレナズム、1stミニ・アルバム『rest of the dusk』より「ウェインは言った」12月12日先行配信、20日リリースイベント開催、会場限定でミニ・アルバムの販売も決定

大学の同級生4人で結成されたクレナズム。2018年5月からライヴ活動を始動し、まだ半年が過ぎたばかりの12月にいよいよ初のミニ・アルバム『rest of the dusk』をリリースする。 クレナズムの活動歴に目を向ければまだまだ早熟なバンドではあるが、

りんご音楽祭オーディション参加ミュージシャンのライヴ動画制作プロジェクト、クラウドファンディング開始

りんご音楽祭オーディション参加ミュージシャンのライヴ動画制作プロジェクト、クラウドファンディング開始

りんご音楽祭とは、長野県松本市アルプス公園にて毎年9月末に開催される野外フェスで、 今年で10年目を迎えた。 12月18日、りんご音楽祭のライヴ・オーディション「RINGOOO A GO-GO」から出演を果たした、 29 組のミュージシャンのりんご音楽祭

Collapse