How To Buy
TitleDurationPrice
ホーム  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:53
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 02:53
Album Info

クレナズム、KBC九州朝日放送創立70 周年を記念して書き下ろした楽曲「ホーム」配信スタート!

Discography

Rock

台湾のドリーム・ポップ・オルタナティブバンド” l Mean Us” とのコラボレーション曲「木村 楓」をリリース。

1 track
Rock

クレナズム、KBC九州朝日放送創立70 周年を記念して書き下ろした楽曲「ホーム」配信スタート!

1 track
Rock

クレナズム、タイの人気SSW”QLER”の大ヒット曲「Blur」のカバーを配信スタート!

1 track
Rock

シューゲイザーmeets J-POP な桜ソング『さよならを言えたかな』、夏の3 部作『夏日狂想(カジツキョウソウ)』、『ナツメクル』、『8 月31 日』、秋の気配を感じさせる物憂げなピアノの調べと逆回転のギター・サウンドが誘う季節の終わりと始まりを描き出すメランコリックな癒しのミディアム・チューン『夕凪詠草(ゆうなぎえいそう)』を収録した、季節を巡る珠玉の8 曲の物語を携えた短編小説集のごとき、待望の5th ミニ・アルバム『Whisper of the heart』

8 tracks
Rock

夏の喧騒から一転して秋の気配を感じさせる物憂げなピアノの調べと逆回転のギター・サウンドが誘う季節の終わりと始まりを描き出すメランコリックでアンニュイな癒しのミディアム・チューン『夕凪詠草(ゆうなぎえいそう)』

1 track
Rock

18年の結成以来、4枚のミニ・アルバムを経て、昨年11月9日に待望のファースト・アルバム『日々は季節をめくって』をリリースし勢いに乗る、福岡発の4人組バンド「クレナズム」による夏の3部作連続配信!軽快なモータウンビートとピアノの旋律がノスタルジックなムードを醸し出す『夏日狂想(カジツキョウソウ)』を皮切りに高速ロックな応援ソング『ナツメクル』を経て、いよいよ最終章!清涼感を有した軽快なギターロック・サウンドが描き出す甘く切ないメロディに、敢えて夏休みの終わりを告げる意味深な日付を冠した『8月31日』を7月26日 (水)配信リリース決定!

1 track
Rock

クレナズムが夏の3部作連続配信を発表!『夏日狂想(カジツキョウソウ)』に続く第二弾として、うだるような暑さ、憂鬱な夏の到来を背景に挫けそうな自分の背中を押してくれる高速ロックな応援ソング『ナツメクル』を2023年6月28日(水)に配信リリース!

1 track
Rock

クレナズムが夏の3部作連続配信を発表!第一弾として切なく儚い夏の情景を軽快なモータウンビートで描き出す『夏日狂想(カジツキョウソウ)』を2023年5月31日(水)に配信リリース。

1 track
Rock

切ないメロディで綴られたシュゲイザーmeets J-POPなキラーチューン!クレナズムによる永遠に色褪せない奇跡の桜ソングの超名曲。轟音のディストーションギターの残響とアルペジオの美しい旋律、静と動が交錯するイントロに誘われ、微熱を帯びた萌映のエモーショナルな歌声が舞い散る桜からはじまるいつかのストーリーを、グラデーションしていくシューゲイズサウンドにのせて鮮やかに描き出されています。

1 track
Rock

11月9日に待望のファースト・アルバム『日々は季節をめくって』をリリースし、リードトラックのクボタカイと再びコラボレーションした『二人の答え』がフジテレビ系音楽番組「Love music」11月度オープニングテーマに選ばれるなど今や話題騒然のクレナズムから早くも新曲が届いた。新進気鋭の映画監督:野田英季がクレナズムの音楽にインスパイアーされて監督・脚本を手掛けた映画『ふたりの傷跡』の主題歌リリース決定。

1 track
Rock

『解けない駆け引き』から1 年、クボタカイとクレナズムのコラボレーション再び!ロック・シーンのみならず ボカロP を始めとするネットカルチャーやヒップホップまで吸収する話題の福岡4 人組シューゲイザー・バンド、クレナズム!ずっと真夜中でいいのに。等の編曲でも知られるボカロP、100 回嘔吐によるグルーヴィな多幸感溢れるロック・サウンドに乗せてクボタカイと萌映が恋人としての距離をなかなか縮められない…まさに『解けない駆け引き』の後日談とでもいうべきストーリー、じれったくて甘酸っぱい究極のラブソング『二人の答え』完成!

9 tracks
Rock

フジテレビ系『めざまし8』7月度エンディングソング

1 track
Rock

福岡在住の4人組シューゲイザーバンド「クレナズム」の新曲『わたしの生きる物語』

1 track
Rock

テレビ朝日:BREAK OUT にて2022年注目バンドとして大きく紹介されるなど話題の福岡の4人組、シューゲイザー・バンド、クレナズム!メンバーが敬愛してやまない宇多田ヒカルの『SAKURAドロップス』のシューゲイズなカヴァーをリード・トラックにすえたEP『SAKURAドロップス/面影』をデジタル・リリース!

2 tracks
Rock

2020年、"Love music"出演で話題沸騰! Twitterの検索ランキングにランクイン! Spotifyで80万再生を超えるなど大注目の福岡の女性Vo.による4人組バンド、シューゲイズ・シーンの新星、クレナズム! 緊急事態宣言下でスタートした激動の2021年、ライヴも思うように出来ないコロナ禍の逆境ににありながら、むしろクレナズムにとっては制作に集中したまたとない機会となり、先行配信曲を含む全6曲入り、サウンド的にも歌詞的にも大きく飛躍した4th ミニアルバムが遂に完成!

6 tracks
Rock

クボタカイをフィーチャーリングしたコラボ曲『解けない駆け引き』がバイラルヒット中の福岡の4人組、シューゲイズ・シーンの新星、クレナズム! フジテレビ系音楽番組「Love music」8月度OPテーマにも決定した夏の終わりの風景を瑞々しく描き出すレイト・サマー・チューンの名曲『積乱雲の下で』!早くも8月18日にデジタル・リリース!

1 track
Rock

福岡在住4人組ロック・バンド、クレナズムがクボタカイを迎えた新曲“解けない駆け引き”

1 track
View More Discography Collapse
Collapse

News

クレナズム、台湾のl Mean Usとのコラボレーション曲「木村 楓」をリリース

クレナズム、台湾のl Mean Usとのコラボレーション曲「木村 楓」をリリース

クレナズムが、アジア展開第二弾として2019年に来日公演も果たしている台湾のドリーム・ポップ・オルタナティヴ・バンド、l Mean Usとのコラボレーション曲「木村 楓」を6月5日(水)にグローバル・リリースした。 R&B、エレクトロダンスミュージックを

クレナズム、KBC九州朝日放送創立70 周年を記念して書き下ろした楽曲「ホーム」配信開始

クレナズム、KBC九州朝日放送創立70 周年を記念して書き下ろした楽曲「ホーム」配信開始

国内外を問わず多方面で評価が高まる次世代型ロックバンド、クレナズムの新曲「ホーム」の配信がスタートした。 タイの人気シンガソングライターQLERの大ヒット曲 “Blur” のカバー曲がTikTokを中心にSNSで注目を集めている、クレナズム。彼らの地元、

クレナズム、初の渋谷クアトロ&台北を含む春のワンマンツアー開催を発表

クレナズム、初の渋谷クアトロ&台北を含む春のワンマンツアー開催を発表

クレナズムが、国内外のワンマンライヴを含む、2024年の春ツアー〈クレナズム 春のバリよかワンマンツアー 2024 〜ハートがうごく5周年〜〉を開催することが決定した。 クレナズムの〈秋のバリよかワンマンツアー〉セミファイナル東京公演が2023年11月1

春風詩音、青春の1ページを体現する新曲「遥か」本日配信リリース

春風詩音、青春の1ページを体現する新曲「遥か」本日配信リリース

岡山県出身のシンガー・ソングライター春風詩音(はるかしおん)が、本日2023年10月4日(水)にセカンド・デジタル・シングル「遥か」をリリースした。 過去には「U-FRET×クロサワ楽器 ギタ女オーディション」で全国の応募者のなかからグランプリを受賞した

クレナズム、夏の3部作最終楽曲「8月31日」本日配信リリース

クレナズム、夏の3部作最終楽曲「8月31日」本日配信リリース

次世代型ロックバンド、クレナズムが、5月・6月・7月と夏をテーマにした楽曲の3か月連続リリースの第3弾として、本日2023年7月26日(水)に新曲"8月31日"を配信リリースした。 2018年の結成以来、4枚のミニ・アルバムを経て、昨年11月9日に待望の

クレナズム、夏の3部作第二弾「ナツメクル」本日配信開始

クレナズム、夏の3部作第二弾「ナツメクル」本日配信開始

次世代型ロックバンド、クレナズムが、夏の3部作の第二弾シングル「ナツメクル」を本日6月28日に配信開始した。 2018年の結成以来、4枚のミニ・アルバムを経て、昨年11月9日に待望のファースト・アルバム『日々は季節をめくって』をリリース。12月には萌映を

View More News Collapse
ゲシュタルト乙女、新曲「窓」本日配信リリース

ゲシュタルト乙女、新曲「窓」本日配信リリース

台湾、日本両地で活動している日本語で歌う台湾バンド・ゲシュタルト乙女、メンバー編成変更後初のシングル「窓」が本日5月31日にリリースされた。 年初、バンドメンバー編成の変動に対して時期によって自分自身も新しい着地を迎えることができたゲシュタルト乙女の新曲

ゲシュタルト乙女、日本3都市・台湾2都市を巡る初の台日ツアー対バン決定

ゲシュタルト乙女、日本3都市・台湾2都市を巡る初の台日ツアー対バン決定

台湾出身・日本語で歌唱するロックバンド、ゲシュタルト乙女が日本3都市・台湾2都市をまわる初の台日ツアーの対バンが決定した。 台湾フェスタ、MASH FIGHT!など日本でのライブを積み重ねた経験に基づき、2023年年始の阪神百貨店で好評を博したインストア

クレナズム、春を彩る新曲"さよならを言えたかな"本日配信リリース

クレナズム、春を彩る新曲"さよならを言えたかな"本日配信リリース

福岡出身の4人組バンド・クレナズムが、新曲"さよならを言えたかな"を本日2023年3月1日(水)にデジタルリリースした。また、本日21時よりクレナズムオフィシャルYouTubeチャンネルにて、"さよならを言えたかな"のミュージックビデオがプレミア公開され

クレナズム、初の映画主題歌「ふたりの傷跡」配信スタート

クレナズム、初の映画主題歌「ふたりの傷跡」配信スタート

クレナズムが、初の映画主題歌となる新曲「ふたりの傷跡」を本日12月21日(水)配信リリースした。 映画『ふたりの傷跡』は、京都芸術大学出身、自主レーベル「アイオライトレコード」で映像制作、映画製作を行う各種映画祭での入選でも話題の新進気鋭の映画監督:野田

クレナズム、ファーストAL『日々は季節をめくって』リリース決定

クレナズム、ファーストAL『日々は季節をめくって』リリース決定

福岡の4人組バンド、クレナズムが4枚のミニ・アルバムを経て、いよいよ待望のファースト・アルバム『日々は季節をめくって』を11月9日にリリースする。 大胆な打込みサウンドに挑戦しTikTokのインフルエンサー:ローカルカンピオーネが楽曲を使用し1,120万

クレナズム、フジテレビ系「めざまし8」エンディング・ソング「明日には振り向いてよ」をデジタル・リリース

クレナズム、フジテレビ系「めざまし8」エンディング・ソング「明日には振り向いてよ」をデジタル・リリース

世界的に活況を呈するネオ・シューゲイズ・シーンとJ-POPの邂逅とでも言うべき新しいサウンドを奏でる福岡から登場した超新星、クレナズムが、新曲「明日には振り向いてよ」をデジタル・リリースした。 フジテレビ系「めざまし8」7月度エンディング・ソングにも決定

下北沢2会場にて開催〈Tokyo Zero Circuit 2022〉第2弾出演アーティスト発表

下北沢2会場にて開催〈Tokyo Zero Circuit 2022〉第2弾出演アーティスト発表

4月3日下北沢MOSAiC/下北沢近松の2会場にて開催となるサーキッド型ライヴイベント〈Tokyo Zero Circuit 2022〉、その第2弾出演アーティスト6組が本日解禁となった。 アーティストサポートプロジェクト”Skid Zero”による新た

クレナズム、EP『SAKURAドロップス/面影』をリリース&ツアー開催

クレナズム、EP『SAKURAドロップス/面影』をリリース&ツアー開催

4人組ロックバンド・クレナズムは宇多田ヒカルの『SAKURAドロップス』のカヴァーをリード・トラックにすえたEP『SAKURAドロップス/面影』を本日2月2日にデジタル・リリース決定。 1月にはテレビ朝日:BREAK OUTにて2022年注目バンドとして

クレナズム、4thミニAL『Touch the figure』をリリース、“あなたはさよならをここに置いていった”のMVを公開

クレナズム、4thミニAL『Touch the figure』をリリース、“あなたはさよならをここに置いていった”のMVを公開

福岡の4人組、シューゲイズ・シーンの新星、クレナズムが本日、2021年10月27日、4thミニ・アルバム『Touch the figure』をリリースした。さらに、メンバーの萌映、しゅうたが手掛ける ”あなたはさよならをここに置いていった” のMVも本日

クレナズムが4thミニAL『Touch the figure』発売 & 全国ツアー開催

クレナズムが4thミニAL『Touch the figure』発売 & 全国ツアー開催

福岡の4人組クレナズムが意欲作4th ミニアルバム『Touch the figure』を10月27日(水)に発売することが明らかとなった。 「酔生夢死」「解けない駆け引き」「積乱雲の下で」という先行配信3曲を含む全6曲入りの本作は、このコロナ禍、なかなか

スペシャ〈FUKUOKA COLLECTIVE〉8月はクレナズムをピックアップ

スペシャ〈FUKUOKA COLLECTIVE〉8月はクレナズムをピックアップ

スペースシャワーTVによる福岡の音楽とユースカルチャーを発信する番組〈FUKUOKA COLLECTIVE〉の8月に福岡発の4人組バンド クレナズムが登場する。 今回BEAT STATIONにて7月30日に開催されたクレナズム福岡公演に潜入。 急速に進化

クレナズム、「Love music」8月度オープニング曲 “積乱雲の下で” 配信開始

クレナズム、「Love music」8月度オープニング曲 “積乱雲の下で” 配信開始

福岡の4人組バンド、クレナズムが夏の終わりの風景を瑞々しく描き出すレイト・サマー・チューン “積乱雲の下で”を本日8月18日にデジタル・リリースした。 作詞を手掛けたけんじろうによる“夏のすべては積乱雲の下で起こる” というコンセプトのもと、夏の風景、蝉

【オフィシャルレポート】〈ロッキン・ライフ in ライブハウス Vol.2〉

【オフィシャルレポート】〈ロッキン・ライフ in ライブハウス Vol.2〉

2021年8月8日、音楽ブログ「ロッキン・ライフ」のが主催するライブイベント〈ロッキン・ライフ in ライブハウス Vol.2〉が大阪のライブハウス阿倍野ROCKTOWNで行われた。 SOLD OUTとなったこの公演、開演前から多くの人がライブハウス前に

福岡在住4人組ロック・バンド、クレナズムがクボタカイを迎えた新曲“解けない駆け引き”が配信開始

福岡在住4人組ロック・バンド、クレナズムがクボタカイを迎えた新曲“解けない駆け引き”が配信開始

   昨年、「Love music」出演で話題沸騰、Twitterの検索ランキングにランクインやSpotifyで80万再生を超えるなど大注目の福岡の女性Vo.による4人組バンド、クレナズムが第2弾シングルとして“解けない駆け引き”を配信リリース。 本楽曲は

〈ロッキン・ライフ in ライブハウス vol.2〉8/8開催

〈ロッキン・ライフ in ライブハウス vol.2〉8/8開催

リアルサウンドでもライターとして活動するロッキン・ライフの中の人主催のライブイベント〈ロッキン・ライフ in ライブハウス vol.2〉が、8月8日に大阪・阿倍野ROCKTOWNにて開催される。 ジャンルレスな若手バンドが集結する有観客のライブイベントに

クレナズム2021年第一弾シングル"酔生夢死"3/24配信開始

クレナズム2021年第一弾シングル"酔生夢死"3/24配信開始

福岡の女性Vo.による4人組バンドクレナズムの新曲"酔生夢死"が3/24に配信された。 2021年のクレナズム、待望の第一弾シングルとなる今回。 楽曲は“要らない 知らない 今日はダメな日なんだ”というイントロの耽美的なディレィが施されたギターのアルペジ

クレナズム、1stミニ・アルバム『rest of the dusk』より新作MV「白い記憶」公開中

クレナズム、1stミニ・アルバム『rest of the dusk』より新作MV「白い記憶」公開中

2018年5月からライヴ活動を始動し、昨年12月に初のミニ・アルバム『rest of the dusk』をリリースした福岡の新星、クレナズム。 昨年12月に先行配信され各サブスクリプション・サービスにて話題となった「ウエインは言った」に続く新作MV「白い

クレナズム、1stミニ・アルバム『rest  of the dusk』より「ウェインは言った」12月12日先行配信、20日リリースイベント開催、会場限定でミニ・アルバムの販売も決定

クレナズム、1stミニ・アルバム『rest of the dusk』より「ウェインは言った」12月12日先行配信、20日リリースイベント開催、会場限定でミニ・アルバムの販売も決定

大学の同級生4人で結成されたクレナズム。2018年5月からライヴ活動を始動し、まだ半年が過ぎたばかりの12月にいよいよ初のミニ・アルバム『rest of the dusk』をリリースする。 クレナズムの活動歴に目を向ければまだまだ早熟なバンドではあるが、

Collapse

Articles

シューゲイザーの入口を作るべき──ハイブリッドなバンドを目指すクレナズムが紡ぐ多彩な新作

インタヴュー

シューゲイザーの入口を作るべき──ハイブリッドなバンドを目指すクレナズムが紡ぐ多彩な新作

シューゲイザーを軸に様々なエッセンスを取り入れる4人組バンド、クレナズムがファースト・フル・アルバム『日々は季節をめくって』をリリース。ラッパー、クボタカイと2回目のコラボレーションとなる“二人の答え”や、宇多田ヒカルの"SAKURA ドロップス"のカヴァ…