artist image

dip

Rock

ヤマジカズヒデを中心に1987年から活動していたDIP THE FLAGを母体に、91年にdipとしてのライヴ活動をスタート。93年、ミニ・アルバム『dip』をリリース、インディー・チャートで1位を獲得。同年シングル『冷たいくらいに乾いたら』で東芝EMIよりメジャー・デビュー。

その後、EMIからは4枚のアルバム(『I'LL』、『love to sleep』、『TIME ACID NO CRY AIR』、『WEEKENDER』)と2枚のミニ・アルバム(『13FLOWERS』、『13TOWERS』)をリリース。『love to sleep』が『ぴあ』"90年代の名盤100"に選出されるなど、各方面にて高い評価を得る。

01年、V.A『natural born errors』(UK Project)に参加するほか、映画「ポルノスター」(監督 : 豊田利晃・主演 : 千原浩史)の音楽を担当。のちにナガタが脱退、新たなメンバーにヨシノトランスを迎え、03年7月にはリトルモアレコーズよりアルバム『underwater』とオリジナル・サウンド・トラック『9souls』(監督 : 豊田利晃・主演 : 松田龍平)を同時リリース。

04年にはニューヨークで行われた録音によるアルバム『funmachine』を、05年にはライヴ・アルバム『pharmacy』をリリースするほか、斉藤和義・MO'SOME TONEBENDER・bloodthirsty butchersらとTHE ROOSTERSのトリビュートアルバム『RESPECTABLE ROOSTERS→Z a→GOGO』に参加。同年、ヤマジは、UAへの楽曲提供(監督 : 豊田利晃・主演 : 小泉今日子による映画「空中庭園」主題歌)を手がけるなど、ソロでの活動も再開するようになる。

07年には、ナガタがギターでカムバックし、アルバム『feu follet』をリリース。その後、ヨシノトランスが脱退、ナガタがベースに戻り、09年、オリジナル・メンバー3人によるアルバム『afterLOUD』をリリース。

10年2月からバンドは約1年の充電期間に入り、その間、ヤマジはソロでの活動を活発化。自身のソロ・ライブのほか、花田裕之・大江慎也・池畑潤二・井上富雄(THE ROOSTERS)、中村達也(LOSALIOS・FRICTION)チバユウスケ・クハラカズユキ(The Birthday)らとのセッションのほか、トム・ヴァーレイン(ex. TELEVISION)ら国内外のミュージシャンとの競演を果たす。

充電期間を終えた11年4月には、バンド結成20周年ちなんだライヴ・イベント"trick star"を展開。以降、都内各所でライヴを行う。12年には、EMI時代にリリース・すでに廃盤となっている作品4タイトルが同時一斉発売(4月)となるほか、そのリイシューを記念した国内3カ所をめぐるツアー、そして、同年6月には錚々たる参加ミュージシャンによるdipのトリビュート・アルバムの発売。13年、制作期間4年を経てニュー・アルバム発売を予定しているが、フル・アルバム2枚という過去最大のボリューム。

Official site: http://dip.under.jp/dip_official/

Discography

Rock
dip
新世界を意味するドイツ語をタイトルにしたこの新作は、dipにとって確かに新しい地平なのだ。dipを率いるヤマジカズヒデ(Vo,G)は、昨年11月に以前から関心のあったベルリンを訪れ、東西に分断されていた街の歴史を実感してきた。この経験は少なからず新作に反映しているようだ。昨年7月に『HOWL』『OWL』を同時発売した時、すでに「次はもっと暗く冷たいものを表現したい」との構想を抱いており、完成した新作について「以前の暗さと今回の暗さを分断するためにアルバム『HOWL』の明るさが必要だった気がしている」と言う。日中が短く硬い大地から底冷えする晩秋の欧州にいたからというわけでもないだろうが、『neue welt』はゾクリとするようなクールネスを漂わせている。歪んだギターが引き込むダークサイド、ボトムの座ったビートに緊張感溢れるサイケデリア、スリリングなギターが跳ねるポップ・ナンバー、爪弾くギターが幻想的に響き、ドライな歌詞が切ないバラード、どこか優しいヘヴィ・チューン。細海魚の鍵盤が妖しく彩るサウンドで、『neue welt』はdipの持ち味はそのままにスケール感を増したダークネスに包まれた。それは、より深く自分の内面を見つめる眼差しの色だ。振り返ってみれば、『HOWL』『OWL』は、07年7年ぶりにオリジナル・メンバーである3人ーーヤマジカズヒデ(Vo,G)、ナガタヤスシ(B)、ナカニシノリユキ(Ds)ーーが再会してから歩み続けて来た道の、ひとつの帰着点だった。そこで吐き出し切ったことで、次の道が見えていたのかもしれない。新しい道を進むべく背中を押したのが、ヤマジと親交の深い映画監督の豊田利晃だ。これまでにも『ナイン・ソウルズ』などのサントラをdipは手掛けており、dipのPVやライヴでの映像などを豊田は制作して来た。そして新作『クローズEXOLODE』のサントラへの参加要請と共に、この映画の公開に合わせアルバムをリリースするよう提案されたと言う。前作からわずか9ヶ月で新作が完成した原動力のひとつは友情だったようだ。本作に再録され『クローズEXPLODE』の挿入歌になる「Hasty」は、『HOWL』のリード・トラックとして豊田監督がMVを制作、俳優の板尾創路が熱唱する映像が話題になった。また今回現メンバーで新録した「It's Late」(『funmachine』収録)「Melmo」(『feu follet』収録)は、映画の中でdipの演奏シーンがあるそうだ。「一度分断してまた巡り会う、というところが東西ベルリンみたいかな。で、それからの世界がではないか」とヤマジ。そう、3人でまた活動を続けている今のdipこそが『neue welt』。結成23年になる彼等の歴史と。それを越える今を重ねてdipは新しい世界を作って行く。進むべき道はもう見えている。 --ライター 今井智子、2014/2/5
Rock
dip
The Birthday、MO'SOME TONEBENDER、ART-SCHOOLなど数多くのバンドからリスペクトされる日本のオルタナティヴ・ギター・ロックの先駆者dip(ディップ)。4年ぶりのニュー・アルバム、「HOWL」。

News

【豪華メンバーで3日間】ドラマー池畑潤二の生誕記念ライヴ〈BIG BEAT CARNIVAL IN 磔磔SPECIAL 3days〉開催決定

【豪華メンバーで3日間】ドラマー池畑潤二の生誕記念ライヴ〈BIG BEAT CARNIVAL IN 磔磔SPECIAL 3days〉開催決定

THE ROOSTERS、ROCK'N'ROLL GYPSIES、HEATWAVEといった、名だたるロックバンドでその名を響かせ、様々なセッションでも唯一無二な存在を知らしめるBIG BEAT DRUMMER、池畑潤二。 彼の生誕記念ライヴ「BIG BE

dip × sugar plant 時空を超えたツーマン・ライヴ開催

dip × sugar plant 時空を超えたツーマン・ライヴ開催

毎回好評のdip企画第三弾〈Labo3〉が9月14日(金)高円寺HIGHにて開催される。 今回は今年18年ぶりに「headlights」をリリースしたsugar plantとの時空を超えたツーマン・ライヴとなる。 90年代から長い年月を経て、両バンド共に

ヤマジカズヒデ VS 百々和宏、東名阪&福岡をまわるツアー決定

ヤマジカズヒデ VS 百々和宏、東名阪&福岡をまわるツアー決定

ヤマジカズヒデ゙(dip)と百々和宏(MO'SOME TONEBENDER)が〈ヤマジカズヒデ VS 百々和宏〉と題したツアーを行う。 vol.1〜4まで、東名阪と福岡をまわる。 ツアーは2月3日の名古屋 sunset BLUE公演からスタート。

アンダーグラウンド・シーンに君臨するdipとASYLUM、時空を超えて共演!!

アンダーグラウンド・シーンに君臨するdipとASYLUM、時空を超えて共演!!

dip dipとASYLUM。80年代後半からアンダーグラウンド・シーンの中心にいたこの2バンドの共演が、下北沢SHELTERでの2マン公演として決定した。 dipのヤマジカズヒデが一時期ASYLUMに加入していた経緯もあり、今回の時空を超えた共演が実現

〈Shimokitazawa SOUND CRUISING〉スピンオフ企画急遽開催 中学生以下は無料

〈Shimokitazawa SOUND CRUISING〉スピンオフ企画急遽開催 中学生以下は無料

”下北沢でとことん遊ぶ”がコンセプトのサーキット・イベント〈Shimokitazawa SOUND CRUISING〉(SSC)。 そのSSCが、急遽スピンオフ企画〈The World to Come〉を10月24日(土)に開催することが決定した。 本企

ヤマジカズヒデ×山本精一、同じバックバンド率いて2マン・ライヴ

ヤマジカズヒデ×山本精一、同じバックバンド率いて2マン・ライヴ

dipのヤマジカズヒデと、ROVOやMOSTなどで多彩な活動を続ける山本精一の2マン・ライヴが、8月9日(日)に東高円寺U.F.O. CLUBにて開催。同イベントはU.F.O. CLUBと、当日DJを担当するTeT3による共同企画となっている。 独自の言

View More News Collapse
dipヤマジカズヒデ、豪華ゲストとの“遊び”から生まれたソロ作より1曲先行配信

dipヤマジカズヒデ、豪華ゲストとの“遊び”から生まれたソロ作より1曲先行配信

オルタナティヴ・ロック・バンドdipのギター・ヴォーカル、ヤマジカズヒデが4thソロ・アルバム『over sleeper』を3月18日(水)にリリースする。発売に先駆け、本日2月13日より、OTOTOYでは同作収録の「small stone」の先行配信が

映画「ドライブイン蒲生」Blu-ray&DVD化、特典にヤマジカズヒデ(dip)ライヴ映像

映画「ドライブイン蒲生」Blu-ray&DVD化、特典にヤマジカズヒデ(dip)ライヴ映像

映画「ドライブイン蒲生」が2015年3月11日(水)にBlu-rayとDVDで発売される。また同作品には、映像特典として、劇中音楽を担当したdipヤマジカズヒデのライヴ映像が収録されている。 「ドライブイン蒲生」は芥川賞作家、伊藤たかみの最高傑作と名高い

ART-SCHOOL、dip、THE NOVEMBERSによる濃厚3マンが実現

ART-SCHOOL、dip、THE NOVEMBERSによる濃厚3マンが実現

2014年9月3日(水)にLIQUIDROOMにてART-SCHOOL、dip、THE NOVEMBERSの3組によるライヴが開催される。 同イヴェントはLIQUIDROOMの恵比寿移転10周年を記念して行われるもの。日本のオルタナティヴ・ロック界を代

uminecosounds、約2年ぶりのアルバム『masala』を7月にリリース

uminecosounds、約2年ぶりのアルバム『masala』を7月にリリース

uminecosoundsが、7月2日(水)に約2年ぶりとなるニュー・アルバム『masala』をリリースすることが明らかになった。 uminecosoundsは、くるりが主催する〈NOISE McCARTNEY RECORDS〉からのソロ・アルバムをリ

dip、来週より公開の映画「クローズEXOLODE」にdip役で出演

dip、来週より公開の映画「クローズEXOLODE」にdip役で出演

4月2日(水)にニュー・アルバム『neue welt』をリリースしたオルタナティヴ・ロック・バンドdipが、4月12日(土)公開の映画「クローズEXPLODE」に本人役で出演していることがわかった。 そもそも新作『neue welt』は、クローズEXP

dip ニュー・アルバムのリリースを発表

dip ニュー・アルバムのリリースを発表

オルタナティヴ・ロック・バンドのdipがオフィシャル・サイト上で、2014年4月にニュー・アルバムをリリースする予定であることを明らかにした。バンドは1月3日より、そのアルバム制作のため山中湖で録音に取り組んでいるという。 昨年dipは4年もの制作期間

dip初トリビュート盤に、チバ×クハラらスペシャル・バンド、POLYSICSなど9組が参加

dip初トリビュート盤に、チバ×クハラらスペシャル・バンド、POLYSICSなど9組が参加

日本オルタナティヴ・ロック・バンドの先駆けであるdipのトリビュート・アルバム『dip tribute ~9faces~』が6月6日にリリースされることが決定した。 今作には、THE NOVEMBERSなど彼らのあとを追ってきた後輩たち、近藤智洋をはじ

Collapse

Articles

dip、前作から僅か9ヶ月で新作アルバムをリリース

インタヴュー

dip、前作から僅か9ヶ月で新作アルバムをリリース

「やっと始まるって感じがするよ」ーーdip、前作から僅か9ヶ月で新作アルバムをリリース & ヤマジカズヒデ(Vo,G)インタヴューひさびさ、4年振りの新作を昨年リリースしたかと思えば、今度はわずか9ヶ月で新作『neue welt』を完成させたdip。“新世…

dip、前作から僅か9ヶ月で新作アルバムをリリース

インタヴュー

dip、前作から僅か9ヶ月で新作アルバムをリリース

「やっと始まるって感じがするよ」ーーdip、前作から僅か9ヶ月で新作アルバムをリリース & ヤマジカズヒデ(Vo,G)インタヴューひさびさ、4年振りの新作を昨年リリースしたかと思えば、今度はわずか9ヶ月で新作『neue welt』を完成させたdip。“新世…

dip、4年振りの新作を2枚同時にリリース

インタヴュー

dip、4年振りの新作を2枚同時にリリース

The Birthday、MO'SOME TONEBENDER、ART-SCHOOLなどからリスペクトされるオルタナティヴ・ギター・ロック・バンド、dip(ディップ)。彼らが4年振りにリリースしたのは、POPな『HOWL』、サイケな『OWL』の2枚のアルバ…