ALOHA、5年ぶりの新作が完成!


ALOHA / うたのゆくえ

世界中のグッド・ミュージックをかき集めたトロピカル・サウンド!西尾大介のソロ・プロジェクトとして再始動した ALOHAの5年ぶりのフル・アルバムは、ハートフルな「うた」が凝縮されたシティ・ポップ集。ゲスト・ミュージシャンには、柏原譲(フィッシュマンズ)、浜野謙太(SAKEROCK)、野村卓史(グッドラックヘイワ/NATSUMEN)らが参加している。

—ALOHAの音楽でフワリとSWINGしてこのままどこかへ行っちゃいましょう。(曽我部恵一)

ゆくえを追って桃源郷へ

ALOHAの新作『うたのゆくえ』を聴く。一周目、浮遊感漂うサウンドとそこに乗る西尾大介の軽い声に、地に足が付かない夢うつつの心地よさを覚えた。西尾の声はとにかく甘い。甘いのだけれどしつこくなく、曲に溶け込みながらもしっかりと主役をこなしている。二周目、一曲目の「恋のリズム」を聴きながら無意識に口ずさみ、もう覚えたのかと我ながら驚いた。他の曲も一度聴けば覚えられるような印象的で親しみやすいメロディばかりだ。浮遊感と甘い声に陶酔し地に足が付かない宙ぶらりんの気分の中、ふと、足が地面に触れる。おや? と思い、確かめるように三周目。曲の中に入り込んで聴くと、さきほど足が触れた地面は木漏れ日が差す路地裏だったり(「恋のリズム」)、パーティ会場だったり(「China Town」「Lemoned & Wine」)、南国だったり(「HANA」)はたまた桃源郷(「tack」)に繋がっていることに気付く。『うたのゆくえ』とは、この作品を聴いた後の私たちのゆくえのことを指しているのかもしれない。なので、このアルバムの真意を知るには少なくとも三周は聴いて欲しい。

2004年、西尾のソロ・ユニットとして始まったALOHAだが、活動を続けるうちに4人組のバンドへと変化した。着実に人気を得、地元、福岡のシーンを沸かし、勢いに乗り2009年に上京するも、2010年秋には西尾以外のメンバーがALOHAから離れることとなり、ALOHAは再び西尾のソロ・ユニットとなった。しかし2011年2月には多くのミュージシャンを迎え今作の制作を開始。浜野謙太(トロンボーン/SAKEROCK、在日ファンク)、丸野康信(トランペット)、RIN(サックス)のホーン隊を入れ、さらに柏原譲(ベース/フィッシュマンズ、Polaris、OTOUTA)、野村卓史(鍵盤/グッドラックヘイワ、NATSUMEN)、MR.DOIRA(ギター)、朱雀佑輝(ベース/MIM、NANANINE)、矢野智明(ドラム/ex.nontroppo)、PECO(スティール・パン)と、頼りがいある演奏陣が西尾のために集まった。「恋のリズム」では見汐麻衣(埋火)も歌で参加している。ソロになったのに人も楽器も増えた。おかげでグル―ヴもパーティ感も増した。その分厚い音の骨となるのが西尾の甘く軽い声という、この構造がバンド時代のALOHAと全く異なり、面白い。

4人組だった頃のALOHAのライヴを見たことがある。ブルース、ジャズ、ヒップ・ホップなど様々な要素を含んでいるところは今作にも引き継がれているが、もっと一つ一つの音が太く、パーティー・ライクな演奏の中に生真面目さが見え隠れしているバンドだった。今作の発表にあたり、制作風景の動画がALOHAの公式HPにアップされている。その中で参加ミュージシャンの多くが西尾のことを「ほっとけない奴」と嬉しそうに話す。その愛されるキャラクターのために、これほど多くのミュージシャンが集まったのだろう。信頼できる演奏陣をバックに、西尾は思う存分に自分の音楽を奏でる。その姿は生真面目さよりも無邪気さを感じる。音との戯れの中で、人を桃源郷に連れていくような音楽が生まれたのだろう。まあ、桃源郷なんて行ったことないけれど。ないけれど、夏の晴れた休日にベランダに出てALOHAを聴きながら缶ビールを開ける。その瞬間、その場所こそが私にとっての至上の桃源郷になるのだろうから、今はただALOHA片手に夏を待つのみ。(text by 水嶋美和)

RECOMMEND

nontroppo / NIGHT OF TROPICALIA

エレクトロとフォーク・ミュージック、それらを独自のDUBエッセンスで融合したサウンドで多くのミュージシャンや音楽評論家からも絶賛される、博多が誇る最新型バンドの2ndアルバム。フィッシュマンズなき現在、その幻影を追い続けるリスナーにこそ聴いて欲しい都市型(リゾート)ダブ。ひんやりとした前衛POPミュージックに加え、今作はトランシーな高揚感もプラス。ダンス・フロアからチルまで至福を与える極上のミュージック。

埋火 / わたしのふね

二階堂和美、トクマルシューゴに続く、埋火による正式デビュー盤にして大名盤。 レトロでサイケ感漂う雰囲気を兼ね備えながらも、サウンドはエモーショナルでキャッチーなメロディー、静と動が入り混じったこのロック・サウンドはクセになります。

cero / WORLD RECORD

70年代ティンパンアレー周辺を現代的にアップデートした新しい潮流! ロックとヒップホップが絶妙なブレンドで配合された、日本の、東京の、2011年の幕開けを飾る、本当の意味でのインディ・ポップ。マニアックで雑多性に富みながらも一貫してポップ。スティール・パン、マリンバなども多様した希有なサウンドは必聴。

LIVE SCHEDULE

2011年6月4日(土)@京都 club METRO
LIVE : ALOHA / アナ
DJ : 西村 道男 / LONDON CALLING DJs / LOOP TO LOOP CREW
VJ : TR3(BANQUET)
FOOD : Ital Gabon

2011年6月5日(日)@梅田 Shangri-La
LIVE : ALOHA and more...

2011年6月7日(火)@タワーレコード渋谷店 B1 STAGE ONE
LIVE : ALOHA / アナ
参加方法 : タワーレコード渋谷店・新宿店・池袋店・秋葉原店・横浜モアーズ店で 5月20日(水)発売ALOHA 『うたのゆくえ 』もしくは、4月27日(水)発売アナ 『HOLE』 をお買い上げの方に先着でイベント入場券を配布致します。CD1点につき1枚の入場券、CDは一度に2点までご購入いただけます。→注意事項

2011年6月19日(日)@青山 月見ル君想フ
LIVE : ALOHA(with SPECIAL GUEST) / 奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 / tobaccojuice
DJ : YOGURT / 西村道男
VJ : eetee
FOOD : Cap Curry

ALOHA PROFILE

ALOHA=西尾大介(ニシオダイスケ)
2004年から活動をスタート。2006年夏に1st ALBUM『CITYMOVIE』をリリース。自主制作ながらタワーレコード第一回「タワレコメン」に選ばれるなど、パワー・プッシュされ全国的に展開され話題となる。2007年9月からは多彩なゲストを招いての自主イベント「JUST NIGHT」を定期的に開催。福岡の野外フェス「SUNSET LIVE」に2年連続出演。2008年4月にMINI ALBUM『TROPICAL COOL』をリリース。カフェなどで行なわれるひとり弾き語りライブでは「トロピカルダンディ西の」の名で活動している。2009年より東京に活動拠点を移し、関東で数々のライブに出演。2011年ALOHAは西尾大介のソロ・ユニットになり、多くのサポート・メンバーを迎えて様々な形態でライブ活動をしている。

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平
白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース
[CLOSEUP]・2017年04月19日・白昼夢のトロピカル・ミニマル・グルーヴ──D.A.N.の新作『TEMPEST』を巡って 1stアルバム・リリースからわずか1年、あれよあれよという間に、フジロック・フェスなど各種フェスに出演、さらにはリキッドルーム・ワンマンのチケットは即完……そんなバンドへと成長したD.A.N.。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らから、まとまった作品としては1年ぶりとなるミニ・アルバム『TEMPEST』が届いた。すでに昨年末のデジタル・リリース & MVの公開でヒット、さらにはライヴでは定番となっている「SSWB」に加えて、こちらもすでにライヴで披露されている「Shadows」、「Tempest」といった新録曲が収録。今回ミックスを手がけているAOKI takamasaとFumitake Tamura(BUN) のユニット、Neutralの再構築による「Tempest」エデット・ヴァージョンも。またハイレゾ版デジタル・パッケージには、すでに完売となっている12インチ・シングルに収録されていたAOKI takamasaの「SSWB」リミックスがボーナス・トラックとして収録されている。さて本作から、半野喜弘、Jazztronik、
by 河村 祐介
2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【リミックス・コンテスト優秀作品フリーDL】PAELLASがリミックス・コンテストの結果を発表 昨年末にリリースされたPAELLASの『Pressure』。現在の空気にドンピシャなインディR&Bのサウンドを携えたモダンなバンド・サウンドで話題を集めている。このアルバムのリリースに際して、OTOTOYではリミックス・コンテストを開催しました。制作期間は、ほぼ1ヶ月程度とかなりタイトな日程のなかでたくさんのご応募ありがとうございました! ということで本ページにて優秀作品を発表させていただきます。またこの優秀作品は後ほどOTOTOYでも配信開始。 リミックス・コンテスト優秀作品フリーDLPAELLAS / REMIXES(24bit/48kHz)'【Track List】01. girl talk msd.remix 02. P house feat. ENNE blur Like Progressive House Remix03. P house feat. ENNE My Little Bears re:mix04. P house feat. ENNE (Yasuha. Remix)05. P hous
by 河村 祐介
【ハイレゾ配信】トータスのギタリストによるポスト・ディラ・ビートなアルバム
[CLOSEUP]・2017年04月14日・トータスのギタリスト、ジェフ・パーカー、ディラからの影響を公言する作品をハイレゾ・リリース! Chicago Underground、Activities Of Dustをはじめ、現在もトータスのメンバーとして活躍する名手、ギタリストのジェフ・パーカーが2016年6月にリリースしたソロ2作目『The New Breed』の日本盤がリリースされた。日本盤では、レーベルメイトであるシカゴ在住のドラマー、マカヤ・マクレイヴンによる「Logan Hardware Remix」が追加収録されている。シカゴの新興レーベル〈International Anthem〉から昨年リリースされていた本作は、NPR、Observer、New York Times、Los Angeles Times、Aquarium Drunkard、Bandcamp等アメリカの音楽メディアで年間ベストにランクインし、非常に高い評価を獲得している。OTOTOYでは、こちらハイレゾ版のデジタル配信を行うとともに、アルバム全体購入に、CDと同様、柳樂隆光(『JAZZ THE NEW CHAPTER』監修者)によるライナーノーツをPDFで同梱。きめ細やか
by 寺島 和貴
はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておこう
[CLOSEUP]・2017年04月07日・はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし おかげさまで、OTOTOYでは女性アイドル&グループを取り上げることが増えました。きっかけになったのは新生アイドル研究会ことBiSの存在。当時、インディ・ロックのツボを押さえたエモーショナルな楽曲は新鮮で、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!、Especia、Negicco、おやすみホログラムをはじめ、3776、KOTO、amiinAなど、バラエティ豊かなアイドルたちを特集してきました。いまなお、ヤなことそっとミュートや新しいアイドルたちが登場しており、ワクワクした状況が続いています。 そんな折、OTOTOYでは男性アイドル&グループをほとんど取り上げていないことに気がつきました。BiSをきっかけにいろいろなグループに魅了されたように、男性アイドルやグループにも、たくさんの魅力があるんじゃないか。そう思い立ち、一度男性アイドル&グループ特集を組んでみることにしました。男性アイドル・グループを愛してやまない音楽関係者Mr.Kに話を聴きながら、これは押さえておいたほうがいいというグループをまとめてみました。こんなの常識でしょ? と思われる方もい
by 西澤 裕郎
★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月13日・日常こそスペシャルに──★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース 華麗なピアノの音色とテクノを基軸にダンス・ミュージックの歴史に挑み続ける「★STAR GUiTAR」。昨年11月にリリースされた歌モノにフォーカスしたベスト・アルバム『Here and There』に続き、今回は彼の真骨頂ともいうべきインスト楽曲のベスト盤をリリース! オトトイではもちろんハイレゾ配信を実施。今作には、JAZZとダンス・ミュージックをクロスオーバーする話題のバンドStill Caravanをはじめ、Chieko Kikuchi(KAGERO)、fox capture plan、H ZETT M、Hidetake Takayama、Hiroko Sebu、MELTEN (JABBERLOOP,fox capture plan)、re:plus、Schroedr-Headzという超豪華な面々が集結。珠玉の楽曲が15曲収録されています。今回のインタヴューでは、インストを手がけるなかで生じた彼自身の考え方の変化や、このアルバムに対する思いなどを語ってもらった。 インスト楽曲のベスト・アルバムをハイレゾで! ★
by JJ
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月12日・「天才」が歩んだ10年間の軌跡──長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース 長澤知之が2017年4月12日にアンソロジー・アルバム『Archives #1』をリリースする。2006年に驚異の才能でデビューを飾り、以降“孤高の天才”と称された彼の10年間の軌跡が、このアルバムには詰まっている。今回OTOTOYでは金子厚武による長澤へのインタヴューを敢行。10年間の活動を紐解くとともに、長澤知之という人物にもフォーカスしたインタヴューとなっています。ぜひ『Archives #1』を聴きながら楽曲で、そしてインタビューで彼の活動を振り返ってみてください。 デビュー10周年を記念するアンソロジー・アルバム 長澤知之 / Archives #1'【配信形態】AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. あんまり素敵じゃない世界2. フラッシュバック瞬き3. 夢先案内人4. バベル 5. センチメンタルフリーク6. スーパーマーケット・ブルース7. Stop The Music8. バニラ (2014 Acoustic) 9. MEDAMAYAKI10.
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事