ALOHA、5年ぶりの新作が完成!


ALOHA / うたのゆくえ

世界中のグッド・ミュージックをかき集めたトロピカル・サウンド!西尾大介のソロ・プロジェクトとして再始動した ALOHAの5年ぶりのフル・アルバムは、ハートフルな「うた」が凝縮されたシティ・ポップ集。ゲスト・ミュージシャンには、柏原譲(フィッシュマンズ)、浜野謙太(SAKEROCK)、野村卓史(グッドラックヘイワ/NATSUMEN)らが参加している。

—ALOHAの音楽でフワリとSWINGしてこのままどこかへ行っちゃいましょう。(曽我部恵一)

ゆくえを追って桃源郷へ

ALOHAの新作『うたのゆくえ』を聴く。一周目、浮遊感漂うサウンドとそこに乗る西尾大介の軽い声に、地に足が付かない夢うつつの心地よさを覚えた。西尾の声はとにかく甘い。甘いのだけれどしつこくなく、曲に溶け込みながらもしっかりと主役をこなしている。二周目、一曲目の「恋のリズム」を聴きながら無意識に口ずさみ、もう覚えたのかと我ながら驚いた。他の曲も一度聴けば覚えられるような印象的で親しみやすいメロディばかりだ。浮遊感と甘い声に陶酔し地に足が付かない宙ぶらりんの気分の中、ふと、足が地面に触れる。おや? と思い、確かめるように三周目。曲の中に入り込んで聴くと、さきほど足が触れた地面は木漏れ日が差す路地裏だったり(「恋のリズム」)、パーティ会場だったり(「China Town」「Lemoned & Wine」)、南国だったり(「HANA」)はたまた桃源郷(「tack」)に繋がっていることに気付く。『うたのゆくえ』とは、この作品を聴いた後の私たちのゆくえのことを指しているのかもしれない。なので、このアルバムの真意を知るには少なくとも三周は聴いて欲しい。

2004年、西尾のソロ・ユニットとして始まったALOHAだが、活動を続けるうちに4人組のバンドへと変化した。着実に人気を得、地元、福岡のシーンを沸かし、勢いに乗り2009年に上京するも、2010年秋には西尾以外のメンバーがALOHAから離れることとなり、ALOHAは再び西尾のソロ・ユニットとなった。しかし2011年2月には多くのミュージシャンを迎え今作の制作を開始。浜野謙太(トロンボーン/SAKEROCK、在日ファンク)、丸野康信(トランペット)、RIN(サックス)のホーン隊を入れ、さらに柏原譲(ベース/フィッシュマンズ、Polaris、OTOUTA)、野村卓史(鍵盤/グッドラックヘイワ、NATSUMEN)、MR.DOIRA(ギター)、朱雀佑輝(ベース/MIM、NANANINE)、矢野智明(ドラム/ex.nontroppo)、PECO(スティール・パン)と、頼りがいある演奏陣が西尾のために集まった。「恋のリズム」では見汐麻衣(埋火)も歌で参加している。ソロになったのに人も楽器も増えた。おかげでグル―ヴもパーティ感も増した。その分厚い音の骨となるのが西尾の甘く軽い声という、この構造がバンド時代のALOHAと全く異なり、面白い。

4人組だった頃のALOHAのライヴを見たことがある。ブルース、ジャズ、ヒップ・ホップなど様々な要素を含んでいるところは今作にも引き継がれているが、もっと一つ一つの音が太く、パーティー・ライクな演奏の中に生真面目さが見え隠れしているバンドだった。今作の発表にあたり、制作風景の動画がALOHAの公式HPにアップされている。その中で参加ミュージシャンの多くが西尾のことを「ほっとけない奴」と嬉しそうに話す。その愛されるキャラクターのために、これほど多くのミュージシャンが集まったのだろう。信頼できる演奏陣をバックに、西尾は思う存分に自分の音楽を奏でる。その姿は生真面目さよりも無邪気さを感じる。音との戯れの中で、人を桃源郷に連れていくような音楽が生まれたのだろう。まあ、桃源郷なんて行ったことないけれど。ないけれど、夏の晴れた休日にベランダに出てALOHAを聴きながら缶ビールを開ける。その瞬間、その場所こそが私にとっての至上の桃源郷になるのだろうから、今はただALOHA片手に夏を待つのみ。(text by 水嶋美和)

RECOMMEND

nontroppo / NIGHT OF TROPICALIA

エレクトロとフォーク・ミュージック、それらを独自のDUBエッセンスで融合したサウンドで多くのミュージシャンや音楽評論家からも絶賛される、博多が誇る最新型バンドの2ndアルバム。フィッシュマンズなき現在、その幻影を追い続けるリスナーにこそ聴いて欲しい都市型(リゾート)ダブ。ひんやりとした前衛POPミュージックに加え、今作はトランシーな高揚感もプラス。ダンス・フロアからチルまで至福を与える極上のミュージック。

埋火 / わたしのふね

二階堂和美、トクマルシューゴに続く、埋火による正式デビュー盤にして大名盤。 レトロでサイケ感漂う雰囲気を兼ね備えながらも、サウンドはエモーショナルでキャッチーなメロディー、静と動が入り混じったこのロック・サウンドはクセになります。

cero / WORLD RECORD

70年代ティンパンアレー周辺を現代的にアップデートした新しい潮流! ロックとヒップホップが絶妙なブレンドで配合された、日本の、東京の、2011年の幕開けを飾る、本当の意味でのインディ・ポップ。マニアックで雑多性に富みながらも一貫してポップ。スティール・パン、マリンバなども多様した希有なサウンドは必聴。

LIVE SCHEDULE

2011年6月4日(土)@京都 club METRO
LIVE : ALOHA / アナ
DJ : 西村 道男 / LONDON CALLING DJs / LOOP TO LOOP CREW
VJ : TR3(BANQUET)
FOOD : Ital Gabon

2011年6月5日(日)@梅田 Shangri-La
LIVE : ALOHA and more...

2011年6月7日(火)@タワーレコード渋谷店 B1 STAGE ONE
LIVE : ALOHA / アナ
参加方法 : タワーレコード渋谷店・新宿店・池袋店・秋葉原店・横浜モアーズ店で 5月20日(水)発売ALOHA 『うたのゆくえ 』もしくは、4月27日(水)発売アナ 『HOLE』 をお買い上げの方に先着でイベント入場券を配布致します。CD1点につき1枚の入場券、CDは一度に2点までご購入いただけます。→注意事項

2011年6月19日(日)@青山 月見ル君想フ
LIVE : ALOHA(with SPECIAL GUEST) / 奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 / tobaccojuice
DJ : YOGURT / 西村道男
VJ : eetee
FOOD : Cap Curry

ALOHA PROFILE

ALOHA=西尾大介(ニシオダイスケ)
2004年から活動をスタート。2006年夏に1st ALBUM『CITYMOVIE』をリリース。自主制作ながらタワーレコード第一回「タワレコメン」に選ばれるなど、パワー・プッシュされ全国的に展開され話題となる。2007年9月からは多彩なゲストを招いての自主イベント「JUST NIGHT」を定期的に開催。福岡の野外フェス「SUNSET LIVE」に2年連続出演。2008年4月にMINI ALBUM『TROPICAL COOL』をリリース。カフェなどで行なわれるひとり弾き語りライブでは「トロピカルダンディ西の」の名で活動している。2009年より東京に活動拠点を移し、関東で数々のライブに出演。2011年ALOHAは西尾大介のソロ・ユニットになり、多くのサポート・メンバーを迎えて様々な形態でライブ活動をしている。

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて
[CLOSEUP]・2017年03月10日・Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて 2012年4月より大阪・堀江を拠点に活動をはじめたEspeciaが、2017年3月26日(日)、新宿BLAZEのワンマン・ライヴをもって解散する。サウンド・プロデューサーSchtein & Longerこと横山佑輝の作る、80年代後半のバブル期をテーマにしたディスコやブラコン、シティ・ポップは高い評価を得た。船上ライヴやNegiccoとのコラボレーションNegipecia、メジャー・デビューなどを経験し、メンバーが卒業。冨永悠香、森絵莉加は東京に拠点を移し、Mia Nascimentoを加え3人体制で活動を行い最後まで走り抜ける。そんな彼女たちの歴史の一部を切り取り網羅したベスト・アルバム『Wizard』をリリースし、その活動に幕を下ろすEspeciaの歴史をマネージャーの清水大充とともに振り返る。 ファイナル・ベスト・アルバムを配信スタートEspecia / Wizard'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 2,400円(税込)【
by 西澤 裕郎
strange world's end、渾身の2ndアルバム『やっぱり、お前が死ねばいい。』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年03月23日・心の闇を突き破る、現代のエモーショナルロックーーstrange world's end、渾身の2ndアルバムに迫る 2017年に結成10周年を迎えたオルタナティヴ・ロック・バンド、strange world's end。オリジナル・メンバーである飯田カヅキ(Vo,Gt)、平マサト(Ba)の2人に、不遣ノ雨のフルカワリュウイチ(Dr)をサポート・メンバーとして迎え、2ndアルバム『やっぱり、お前が死ねばいい。』を完成させた。現代に生きる様々な人間の生々しい感情をストレートに表現した歌詞世界と、瑞々しいロック・サウンドで、リスナーの心の闇を揺さぶる問題作。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、そしてメンバーへのインタヴューを敢行した。 渾身の2ndアルバムをハイレゾ配信スタートstrange world's end / やっぱり、お前が死ねばいい。(24bit/96kHz)'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 324円(税込) アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''1. 敗北2.接触3.無知の感染4.カレイドスコープ5.残念6.喪失7.終了8.コロニー9.発狂の渦10.
by 西澤 裕郎
成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月20日・成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー 昨年2016年に20歳を迎えたタグチハナは、同年3月29日に渋谷クラブクアトロという自身最大規模でのワンマン・ライヴを敢行。そのライヴは素晴らしいものだったが、それ以降、ライヴの回数は以前より目に見えて減ってしまっていた。実はあの大きなステージに立つ少し前から、彼女はあるわだかまりを感じ、結果として歌うことも楽しめなくなってしまっていたという。 あのクアトロ公演から約1年。当時所属していたレーベルを離れ、3rdミニ・アルバム『Vividness & The Naked』を完成させた。さらにあの日以来となるワンマン・ライヴも実施。アルバムはタイトル通り、生まれ変わったように鮮やかで、まっすぐに愛を歌ったラヴ・ソングが詰まっていた。タグチはいかにして"壁"を乗り越えたのか。その間、どのような心境の変化があったのか。インタビューで紐解いた。 またタグチは、叔父の布袋寅泰をはじめ、両親がともに過去にメジャーを経験しているなど、ミュージシャンに囲まれた環境で育っている。そんな身近にいる"先輩"たちが、彼女の音楽活動をどう見ている
冨田勲:ドクター・コッペリウス、ハイレゾ配信スタート
[CLOSEUP]・2017年03月22日・冨田勲の遺言ともいえる舞台作品ーードクター・コッペリウスをハイレゾ配信 2016年11月11日、12日、渋谷のBunkamuraオーチャードホールで冨田勲の追悼特別公演として開催された「ドクター・コッペリウス」は、冨田が他界前に上演を夢見て、亡くなる1時間前まで創作を続けてきたまさに遺言ともいえる舞台作品。冨田が長年追い求めてきた「宇宙への夢と希望」に満ち溢れた壮大なストーリーが、オーケストラとシンセサイザー、そして冨田の遺したオリジナルのエレクトロニックサウンド、さらにバレエと3DCGを伴いながら展開。終演後は大きな歓声と鳴り止まない拍手で幕を閉じた公演のライヴ・レコーディング。冨田の遺した電子音とオーケストラ・サウンド、そして初音ミクの歌が三位一体となった、これまでにない音楽の全貌がハイレゾ音源にて世に解き放たれる。 待望のライヴ音源をハイレゾ配信V.A. / 冨田勲:ドクター・コッペリウス (96kHz/24bit)【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 3,000円(税込)【収録曲】1. 第0楽章 飛翔する生命体 (96kHz/24bit
*祝! 高校卒業! KOTOが新シングルをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月17日・祝! 高校卒業! KOTOの新シングル&シャオチャイポン1stシングルをハイレゾ配信開始 この3月に無事高校を卒業したKOTOが3曲入りシングル『JK卒業PACK』をリリース。さらに、”ゆり丸”の愛称で親しまれる平野友里とのユニット、シャオチャイポンの1stシングルもリリース。OTOTOYでは、この記念すべきタイミングでKOTOへのインタヴューを敢行。これまでの芸能生活を振り返ってもらうとともに、今後の活動についても語ってくれた。 KTOTO高校卒業記念シングルがハイレゾで登場! KOTO / JK卒業PACK(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 540円(税込)【収録曲】1. PoisonGirl2. るっぱっぱ3. 甘い果実の物語 シャオチャイポン初となるシングル シャオチャイポン / URAHARAろまんちっく'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 500円
ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』
[CLOSEUP]・2017年03月09日・ニヤつくほど中毒性高しなシンセポップ——もう、あなたはZOMBIE-CHANGの音から逃れられない! モデルとしても活躍しているメイリンのプロジェクト、ZOMBIE-CHANG。80年代のニューウェイヴ・シンセ・ポップを彷彿とさせるローファイ・エレクトロ・サウンドと、脱力ラップ、歌謡曲などなど、声色の表現もゆたかな彼女の歌声がのる……、いやはやなんだかこれではその音楽のおもしろさをちょっとも語っていない。とにかく、これがなんだか、とてもとても中毒性のあるメロディと言葉のセンス、そして音色も含めてそのサウンドが頭をぐるぐると駆け回っていくのだ。1年ぶりにリリースした彼女の新作『GANG!』もまた、そんな彼女の音楽の魅力がしっかりとつまった作品となっている。OTOTOYは『GANG!』を配信するとともに、インタヴューを行った。 ZOMBIE-CHANG / GANG!'【Track List】01. I CAN’T GET TO SLEEP02. TARINAI03. TOKIDOKI04. KOURAKUEN05. KABENOMUKOU06. WEEKEND07. KAWAII BABY【配信形態 / 価格
by 河村 祐介
浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース
[CLOSEUP]・2017年03月16日・浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース 昨年11月に『The Manual (How to Sell My Shit)』をリリースしたHave a Nice Day! 。その勢いを止めることなく新作『Fallin Down』がリリースされる。今作は新曲「Fallin Down」に加え、「スカーフェイス」と「巨大なパーティー」の新録音、さらにリミックス・ヴァージョンという6曲収録。さらに今回は、 安孫子真哉(ex.銀杏BOYZ)がチーフ・プロデューサーを務めるレーベル〈KiliKiliVilla〉からのリリースとなる。なぜ〈KiliKiliVilla〉からのリリースに至ったのか、そしてHave a Nice Day! 、さらに言えば音楽シーンの現状ついて、浅見北斗の考えを訊いた。 勢いが止まらないハバナイ、新シングルを予約受付中! Have a Nice Day! / Fallin Down(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム 1,080円
京都発ギリシャラブ、初のフル・アルバム・リリース&インタビュー
[CLOSEUP]・2017年03月15日・より一層多様に花開いた音楽性──ギリシャラブが初のフル・アルバムをリリース 多くのアーティスト、クリエイターたちが活躍する京都の音楽シーン。そんな京都インディー・シーンの新星「ギリシャラブ」が1stフル・アルバムをリリース。本作にはプロデューサーとして、同じく京都の音楽シーンで活躍をしている、本日休演の岩出拓十郎を迎えた。今回はリリースにあたって峯大貴による、天川悠雅(ヴォーカル、パーカッション)へのメール・インタビューを敢行。バンド結成から現在までの活動、彼らが活躍する京都という街について語ってくれた。 ギリシャラブの1stフル・アルバム ギリシャラブ / イッツ・オンリー・ア・ジョーク'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC、MP3>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 162円(税込) / アルバム 1782円(税込)【収録曲】1. 竜骨の上で2. つつじの蜜 3. 夜の太陽4. セックス5. 機械 6. ヒモ7. パリ、フランス8. よろこびのうた9. パリ、兵庫 10. イッツ・オンリー・ア・ジョーク11. ギリシャより愛をこめて INTERVIEW : ギリ
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事