ALOHA、5年ぶりの新作が完成!


ALOHA / うたのゆくえ

世界中のグッド・ミュージックをかき集めたトロピカル・サウンド!西尾大介のソロ・プロジェクトとして再始動した ALOHAの5年ぶりのフル・アルバムは、ハートフルな「うた」が凝縮されたシティ・ポップ集。ゲスト・ミュージシャンには、柏原譲(フィッシュマンズ)、浜野謙太(SAKEROCK)、野村卓史(グッドラックヘイワ/NATSUMEN)らが参加している。

—ALOHAの音楽でフワリとSWINGしてこのままどこかへ行っちゃいましょう。(曽我部恵一)

ゆくえを追って桃源郷へ

ALOHAの新作『うたのゆくえ』を聴く。一周目、浮遊感漂うサウンドとそこに乗る西尾大介の軽い声に、地に足が付かない夢うつつの心地よさを覚えた。西尾の声はとにかく甘い。甘いのだけれどしつこくなく、曲に溶け込みながらもしっかりと主役をこなしている。二周目、一曲目の「恋のリズム」を聴きながら無意識に口ずさみ、もう覚えたのかと我ながら驚いた。他の曲も一度聴けば覚えられるような印象的で親しみやすいメロディばかりだ。浮遊感と甘い声に陶酔し地に足が付かない宙ぶらりんの気分の中、ふと、足が地面に触れる。おや? と思い、確かめるように三周目。曲の中に入り込んで聴くと、さきほど足が触れた地面は木漏れ日が差す路地裏だったり(「恋のリズム」)、パーティ会場だったり(「China Town」「Lemoned & Wine」)、南国だったり(「HANA」)はたまた桃源郷(「tack」)に繋がっていることに気付く。『うたのゆくえ』とは、この作品を聴いた後の私たちのゆくえのことを指しているのかもしれない。なので、このアルバムの真意を知るには少なくとも三周は聴いて欲しい。

2004年、西尾のソロ・ユニットとして始まったALOHAだが、活動を続けるうちに4人組のバンドへと変化した。着実に人気を得、地元、福岡のシーンを沸かし、勢いに乗り2009年に上京するも、2010年秋には西尾以外のメンバーがALOHAから離れることとなり、ALOHAは再び西尾のソロ・ユニットとなった。しかし2011年2月には多くのミュージシャンを迎え今作の制作を開始。浜野謙太(トロンボーン/SAKEROCK、在日ファンク)、丸野康信(トランペット)、RIN(サックス)のホーン隊を入れ、さらに柏原譲(ベース/フィッシュマンズ、Polaris、OTOUTA)、野村卓史(鍵盤/グッドラックヘイワ、NATSUMEN)、MR.DOIRA(ギター)、朱雀佑輝(ベース/MIM、NANANINE)、矢野智明(ドラム/ex.nontroppo)、PECO(スティール・パン)と、頼りがいある演奏陣が西尾のために集まった。「恋のリズム」では見汐麻衣(埋火)も歌で参加している。ソロになったのに人も楽器も増えた。おかげでグル―ヴもパーティ感も増した。その分厚い音の骨となるのが西尾の甘く軽い声という、この構造がバンド時代のALOHAと全く異なり、面白い。

4人組だった頃のALOHAのライヴを見たことがある。ブルース、ジャズ、ヒップ・ホップなど様々な要素を含んでいるところは今作にも引き継がれているが、もっと一つ一つの音が太く、パーティー・ライクな演奏の中に生真面目さが見え隠れしているバンドだった。今作の発表にあたり、制作風景の動画がALOHAの公式HPにアップされている。その中で参加ミュージシャンの多くが西尾のことを「ほっとけない奴」と嬉しそうに話す。その愛されるキャラクターのために、これほど多くのミュージシャンが集まったのだろう。信頼できる演奏陣をバックに、西尾は思う存分に自分の音楽を奏でる。その姿は生真面目さよりも無邪気さを感じる。音との戯れの中で、人を桃源郷に連れていくような音楽が生まれたのだろう。まあ、桃源郷なんて行ったことないけれど。ないけれど、夏の晴れた休日にベランダに出てALOHAを聴きながら缶ビールを開ける。その瞬間、その場所こそが私にとっての至上の桃源郷になるのだろうから、今はただALOHA片手に夏を待つのみ。(text by 水嶋美和)

RECOMMEND

nontroppo / NIGHT OF TROPICALIA

エレクトロとフォーク・ミュージック、それらを独自のDUBエッセンスで融合したサウンドで多くのミュージシャンや音楽評論家からも絶賛される、博多が誇る最新型バンドの2ndアルバム。フィッシュマンズなき現在、その幻影を追い続けるリスナーにこそ聴いて欲しい都市型(リゾート)ダブ。ひんやりとした前衛POPミュージックに加え、今作はトランシーな高揚感もプラス。ダンス・フロアからチルまで至福を与える極上のミュージック。

埋火 / わたしのふね

二階堂和美、トクマルシューゴに続く、埋火による正式デビュー盤にして大名盤。 レトロでサイケ感漂う雰囲気を兼ね備えながらも、サウンドはエモーショナルでキャッチーなメロディー、静と動が入り混じったこのロック・サウンドはクセになります。

cero / WORLD RECORD

70年代ティンパンアレー周辺を現代的にアップデートした新しい潮流! ロックとヒップホップが絶妙なブレンドで配合された、日本の、東京の、2011年の幕開けを飾る、本当の意味でのインディ・ポップ。マニアックで雑多性に富みながらも一貫してポップ。スティール・パン、マリンバなども多様した希有なサウンドは必聴。

LIVE SCHEDULE

2011年6月4日(土)@京都 club METRO
LIVE : ALOHA / アナ
DJ : 西村 道男 / LONDON CALLING DJs / LOOP TO LOOP CREW
VJ : TR3(BANQUET)
FOOD : Ital Gabon

2011年6月5日(日)@梅田 Shangri-La
LIVE : ALOHA and more...

2011年6月7日(火)@タワーレコード渋谷店 B1 STAGE ONE
LIVE : ALOHA / アナ
参加方法 : タワーレコード渋谷店・新宿店・池袋店・秋葉原店・横浜モアーズ店で 5月20日(水)発売ALOHA 『うたのゆくえ 』もしくは、4月27日(水)発売アナ 『HOLE』 をお買い上げの方に先着でイベント入場券を配布致します。CD1点につき1枚の入場券、CDは一度に2点までご購入いただけます。→注意事項

2011年6月19日(日)@青山 月見ル君想フ
LIVE : ALOHA(with SPECIAL GUEST) / 奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 / tobaccojuice
DJ : YOGURT / 西村道男
VJ : eetee
FOOD : Cap Curry

ALOHA PROFILE

ALOHA=西尾大介(ニシオダイスケ)
2004年から活動をスタート。2006年夏に1st ALBUM『CITYMOVIE』をリリース。自主制作ながらタワーレコード第一回「タワレコメン」に選ばれるなど、パワー・プッシュされ全国的に展開され話題となる。2007年9月からは多彩なゲストを招いての自主イベント「JUST NIGHT」を定期的に開催。福岡の野外フェス「SUNSET LIVE」に2年連続出演。2008年4月にMINI ALBUM『TROPICAL COOL』をリリース。カフェなどで行なわれるひとり弾き語りライブでは「トロピカルダンディ西の」の名で活動している。2009年より東京に活動拠点を移し、関東で数々のライブに出演。2011年ALOHAは西尾大介のソロ・ユニットになり、多くのサポート・メンバーを迎えて様々な形態でライブ活動をしている。

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

HARCO、20年の集大成 HARCO名義ラスト・アルバムをハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年06月21日・HARCO、祝20周年! そして、HARCO名義ラスト・アルバム! 独占ハイレゾ配信&メール・インタヴュー 活動20周年を迎えたシンガー・ソングライターのHARCOが、約2年ぶりのソロ・アルバム、ならびにHARCO名義ラスト・アルバムでもある『あらたな方角へ』をリリースした。OTOTOYではハイレゾで独占配信開始。山崎ゆかり(空気公団)、山田稔明、伊藤俊吾、早瀬直久(ベベチオ)、田中潤(ゲントウキ)、平野航、安田寿之、Adi Nada、石本大介、伊藤健太、榊原大祐ほかのゲスト・ミュージシャンが参加し、色とりどりの華を添えている。来年、2018年からは本名で活動を新たに開始するHARCOに、本作のこと、未来にむけての思いなどをメールでインタヴュー。 HARCO / あらたな方角へ'【配信形態】(24bit/96kHz) ALAC / FLAC / WAV / aac : 単曲 300円(税込) まとめ購入 2,700円(税込)【Track List】1. Monday Mornings / 2. 東京テレポート / 3. 春のセオリー / 4. 北斗七星 / 5. TOKIO -平野航&HARCO REM
これぞパティロケ!な音づくり! Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年06月23日・これぞパティロケ! な音づくり── Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信 仙台出身5人組ガールズ・ユニット、Party Rockets GT(通称パティロケ)。先月5月17日にリリースされた『START!!』をOTOTOY独占ハイレゾ配信開始! 南波一海によるサウンド・プロデューサー・三宅英明へのインタヴューとともにお楽しみください。 Party Rockets GT / START!!'【収録曲】1. START!!2. Beyond3. 01 -ゼロイチ-4. キミと見た空5. START!! (Instrumental)6. Beyond (Instrumental)7. 01 -ゼロイチ- (Instrumental)8. キミと見た空 (Instrumental)【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】''単曲 324円(税込) / まとめ価格 2,592円(税込) INTERVIEW : 三宅英明 6月25日にグループ史上最大規模の赤坂BLITZ単独公演を控えるParty Rockets GT。彼女たちの最新シン
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.2 テラシマユウカ&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」vol.2掲載!!
[CLOSEUP]・2017年06月15日・GANG PARADE 連続インタヴュー、テラシマユウカ編「闘志は持ちつつ、落ち着いて自分らしく」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、GANG PARADEの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタルトレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第2回は、テラシマユウカ編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」の2回目も掲載!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェックだ!! >>新連載!! GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.2 はこちらから>
by 西澤 裕郎
diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星
[CLOSEUP]・2017年06月14日・diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星 2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉。数多くの応募を勝ち抜き選ばれたのは、unizzz…、ペドラザ、東京塩麹という実力者3バンド。合格者はCD、レコードのWリリースが約束されており、6月から8月まで3ヶ月連続で音源が全国流通される。OTOTOYでも順次配信をスタート、各バンドへのインタヴューを掲載していく。 第1弾となる今回は、京都発男女ツイン・ヴォーカルのニューウェイヴ・バンド“unizzz… (ウニズ)”を特集。2016年の〈りんご音楽祭〉出演や今回のオーディション合格など、結成して1年足らずで多くの注目を集めつつある彼ら。ディスクユニオン内の新レーベル〈dim up〉からの第1弾リリースとなる今作『hello』を、OTOTOYでは1週間先行として6月14日より配信を開始。ステレオラブやテーム・インパラなど海外オルタナから、ゴダイゴやユーミンなどの70年代J-POPまで、さまざまな音楽から影
by 岡本 貴之
宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年06月09日・宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース バンド・かろうじて人間のギタリストとしても活躍する電子音楽家・宮田涼介。アンビエントやエレクトロニカを好み、バンド活動とは打って変わってノスタルジックな音を響かせている。OTOTOYではそんな彼の"空想・絵空事"を描いた5thアルバムを配信中。今回はピアノソロに焦点を当て、聴いているだけで情景が浮かぶような抒情的なトラックを集めた作品集となった。アルバムのテーマにも繋がる「幼少時代」について迫った対談と共にお楽しみください。 宮田涼介の5thアルバムを配信中!宮田涼介 / films'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 220円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. sorrow 2. condolences3. umbre 4. ank 5. waffle caramel ice cream6. oborodukiyo7. leafe 8. at eventide 9. hitohuta 10. orion 1
by 鈴木 雄希
さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年06月14日・さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ!! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース テレビCMや、リオデジャネイロ・オリンピック閉会式にて楽曲が使われ、お茶の間にもその音楽が浸透してきたH ZETTRIO。そのバンドマスター、H ZETT Mが4年ぶりとなるピアノ・ソロ・アルバム『共鳴する音楽』をリリース。OTOTOYでは今作を1週間先行で配信を開始! 誰しも耳にしたであろう「あしたのワルツ」のソロ・バージョンのほか、名曲揃いの26曲を収録。今回のインタヴューでは、新アルバム『共鳴する音楽』の制作に関する話のほか、彼のインスピレーションの源についても語ってくれた。ぜひ新作『共鳴する音楽』と共にお楽しみください。 4年ぶりとなるソロ・アルバムがリリースH ZETT M / 共鳴する音楽'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / アルバム 3,240円(税込)【収録曲】''disk11. ショーがはじまる2. 極秘現代3. 踏み出すニュー4. すました日常5. 水の流れ6. 高貴な連帯7. 果てしないカーブ8. 争う
by 岡本 貴之
いわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバムをハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年06月07日・このメンバーじゃなきゃやりたくないーーいわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバム完成 2007年に結成された、いわきを拠点に活動する4人組ロック・バンド、notice it。尖ったポップ感覚とロックのダイナミズムを、ポストパンク、ダンス・ロック、オルタナティヴなどの音楽を通過し昇華させている。津波から生還したヴォーカル政井大樹を中心に福島を代表するバンドとして活動を続け、約5年ぶりとなる2ndアルバムをリリースし全国に発信する。アルバム・タイトルの『lamp』は、過去戦争や震災の被害から幾度も復活し周りを照らし続ける地元の塩屋崎灯台からインスピレーションされ、自身もそういう音楽を発信したいという想いからつけられたという。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、1曲フリー・ダウンロードするとともにメンバー4人へのSkypeインタヴューを掲載する。 >>「Symbol」のフリー・ダウンロードはこちらから
by 渡辺 裕也
パンドラの匣の底に眠っていた希望──LOST IN TIME、節目となる10枚目のアルバムをリリース!!
[CLOSEUP]・2017年06月08日・パンドラの匣の底に眠っていた希望──LOST IN TIME、節目となる10枚目のアルバムをリリース!! 「パンドラ」...そうあの有名な「箱」のエピソードで多くの人が耳にしたことがある言葉だと思うが、この言葉の意味はご存知だろうか? 正解は「すべてのおくりもの」。シンプルながら骨太なサウンドと、ヴォーカル・海北大輔の聴く人の心を掴んで離さない歌声と歌詞で、日本のギター・ロックの良心として止まることなく歩みを続けてきたバンド・LOST IN TIMEはファースト・アルバム『冬空と君の手』から丸15年、そして10枚目となるアルバムにそう名付けた。アルバムの名前の通り、バンドを支えてきた仲間、友人、そしてファンに捧げる”おくりもの”のような1枚となった今作。「シンプルにLOST IN TIMEというバンドが好き」と力強く話してくれたに彼にとっての”バンド”とは? ヴォーカル・海北大輔のインタヴューと共にお楽しみください。 リード曲「ライラック」を含む渾身の全12曲!!LOST IN TIME / すべてのおくりもの'【Track List】01. ライラック02. 蹲る人03. アンカー04. Iris05.
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事