踊ってばかりの国待望の1st Full Albumリリース

踊ってばかりの国 / SEBULBA


2010年11月にリリースした1st singleはオリコン・インディーズ・チャート2位(総合チャートは81位)を獲得! FUJI ROCK FESTIVAL’10やRUSH BALL 2010等の大型フェスティバルにも出演。
今、飛ぶ鳥を落とす勢いの新人バンド踊ってばかりの国が満を持して1st Full Albumをリリース!

あっという間に完売した2つのシングル・タイトル曲「悪魔の子供」、「ばあちゃん」、「アタマカラダ」も収録し、自主制作盤で好評だった「僕はラジオ」、「死ぬな」、「意地悪」を現メンバー5人で再録。サイケつつポップ。このなんとも言えない絶妙なバランス感。一度聴いたら病み付きになる人懐っこさで、とても二十代前半のバンドとは思えないバンド・アンサンブルと音楽センスを十二分に味わえる作品である。


尚、今作も神聖かまってちゃんなどを手がけるRecエンジニア・池田洋と、マスタリングにはフィッシュマンズの作品などで活躍しているOrange Masteringの小泉由香が担当している。

虚像も装飾も身にまとわない

ゼロ年代から、テン年代。徐々に変化していく音楽を無理矢理に十進法でくくるのは如何なものか。そんな疑いの目を持ちつつも、確かに世間の潮流に飲み込まれつつ、影響されまいと反発しつつ、音楽は年代ごとに特色をもってくる。ゼロ年代が終わる頃、私は少し絶望にも似た気分になっていた。ZUINOSIN、オシリペンペンズ、あふりらんぽなど、関西ゼロ世代と呼ばれる目にも耳にも衝撃的なミュージシャンを多く生んだ2000年代。その影響のど真ん中にあったライヴ・ハウス新世界BRIDGEが2007年に閉店し、2010年にそのビル自体の取り壊しが始まった。多くの若者に強烈な影響を与えた愛しき関西ゼロ年代。そのど真ん中で青春を過ごしたせいで、2009年は祭りの終わりが見えてきたかのような虚無感と、過剰なほどのセンチメンタルに襲われていた。これから生まれる音楽が、これ以上の衝撃を与えてくれるのだろうか?

愚問だった。オシリペンペンズはメンバーを3人から4人に増やし、唯一無二の音楽は研ぎ澄まされていくばかり。ZUINOSINは解散してしまったけれど、砂十島NANIは先日「NANIらの7バンド戦争」と題し、新代田FEVERで一晩7バンドで出ずっぱり、ほぼドラム叩きっぱなし歌いっぱなしの無茶ぶりイベントをやってのけた。あふりらんぽも解散したものの、各々に活動を続けている。ゼロ年代以降、元々あったものは加速し、また新たに多くの素晴らしい音楽が次々に生まれている。そして今を10年代、もしくはテン年代と呼ぶようになった。今の時代を代表する新しいバンドに、神聖かまってちゃん、黒猫チェルシー、OKAMOTO’S、そして今作『SEBULBA』をリリースする踊ってばかりの国の名が挙がっているのをよく目にする。

音楽的に様々な彼らの共通点を見出すならば、年代に付けられた名前の通り「天然」ということだろう。特に踊ってばかりの国の音楽、歌詞、ボーカル下津光史の声には、天性の才能を感じざるをえない。純真無垢な流れに思いっきりひねくれた瞬間があり、安堵感と鋭さが常に隣り合っている。のん気なリズムに歯に衣着せぬ物言い。多ジャンルを巻き込み飲み込み、自分達だけのメロディとグル―ヴに昇華している。その全てに、一切の計算を感じない。踊ってばかりの国は2008年に神戸で結成し、初ライヴで毛皮のマリーズと対バン、初デモを400枚売り上げ、最初から飛ぶ鳥落とす勢いでインディー・シーンを駆けのぼっていった。しかし実はオリジナル・メンバーは全員2009年に脱退。途中加入した下津だけが残り、今あるバンドの形にまで再構築させてきた。なので、バンド名の由来になっているであろうハバナ・エキゾチカは、ほとんど聴いたことがないという。一聴し最初に思い浮かぶRCサクセションやボ・ガンボスも、ろくに聴いたことがないと影響を否定している。確かに、その両方とも似て非なるもの。下津の感性を鮮やかに映し出しているこの音楽は、踊ってばかりの国にしか作れないものだろう。しかも、この『SEBULBA』には虚像も装飾も身にまとわない、素材のままで勝負している彼らの音が込められている。2012年、2013年… 例えば2019年、彼らのような若き才能が十年戦士になった時、どのような音を出すのだろう? 熟され、渋みが出てきそうな気もするし、このまま無邪気な狂気を持ち続けるような気もする。2020年を何と呼ぶようになるのかは想像もつかないが、彼らのこの作品を押さえておくことは、今の音楽を10年後語る上で欠かせないことだろう。
(text by 水嶋美和)

RECOMMEND

folk enough / DISCO TAPE

ナンバー・ガール、MO'SOME TONEBENDER、スパルタローカルズ、パニックスマイル... めんたいロック以降、対向するように現れた福岡のオルタナティヴ・ロック・バンド達。 そんな中一際輝き、現在も福岡シーンを先導する主役が彼らである。ベースに新メンバーの柴田剛を迎えて初のリリースとなる本作は、彼との2年間の巡業の末に辿り着いた、誰も聞いた事のない極上のポップ・ミュージック。本作を1000万人のミュージック・ファンに贈る!

おとぎ話 / HOKORI

下北沢発、奇跡のコラボがここに完成!! 有馬和樹の独特なヴォーカルと甘酸っぱい青春サウンドで、各方面から人気のバンドおとぎ話。彼らが渾身の4thアルバム『HOKORI』を完成させました! おとぎ話史上、もっとも自由にバンド・サウンドを炸裂させた一発録り(なんと、レコーディング期間は2日! )の楽曲群を、ROSE RECORDS主宰、曽我部恵一が奔放にミックス。サイケデリックなガレージ・サウンドと、ドリーミーなロックンロールが混在する、エネルギーに満ちた傑作がここに。

Live Info

5月より全国6か所にて「SEBULBA」TOURを開催!

5/11 兵庫@太陽と虎(対バンあり)
5/26 仙台@PARK SQUARE(対バンあり)
6/2 広島@CAVE BE(対バンあり)
6/3 名古屋@CLUB ROCK'N'ROLL(対バンあり)
6/5 大阪@十三FANDANGO(ワンマン)
6/10 東京@下北沢Shelter(ワンマン)

BIOGRAPHY

踊ってばかりの国
下津光史(Vo、Ag)
林宏敏(Gt)
佐藤謙介(Dr)
柴田雄貴(Ba

2008年4月神戸にて結成。結成当初から毛皮のマリーズやキングブラザーズ、オシリペンペンズ、ウリチパン群などと対バンを経験。2009年2月関西のライブ活動と平行して、自主制作盤「おやすみなさい。歌唄い」のレコーディングを開始する。その後、東名阪のツアーに入り、1週間で500枚CDを売り上げる。自分たちで生産が追いつかず、レーベルと契約。2009年7月に発表した自主制作盤1st mini album「おやすみなさい。歌唄い」を全国流通するや否や、ボ・ガンボス、RCサクセションなどのサウンドを平成生まれの若者によって解釈された楽曲が各方面で絶賛の声続出! 2010年3月にリリースした「グッバイ、ガールフレンド」はさらに世間に彼等の名前を広め、ライブ・オファー殺到。FUJI ROCKやRUSH BALLなど大型フェスティバルにも登場し、今や飛ぶ鳥を落とす勢いのバンドである

o

 
 

レヴュー

ブラック・ミュージックとJ-POPの融合ーーCUBERS『マゼンタ』を読み解くアルバム10作品
[REVIEW]・2017年09月21日・ブラック・ミュージックとJ-POPの融合ーーCUBERS『マゼンタ』を読み解くアルバム10作品 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』を2017年10月4日にリリースする。ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。リリースを前に、OTOTOYでは根っからのブラック・ミュージック好きの若者(21歳)に本作を聴いてもらい、ルーツとなる作品を選出してもらった。ここで紹介されている作品を聴いて、『マゼンタ』のリリースへの期待を高めてみてはいかがだろう。 2017年10月4日、2nd EPが発売決定!!CUBERS / マゼンタ'【収録曲】1. 君に願いを2. カラフルにしよう3. PINK4. いつか忘れられるさ5. 今日はどんな日だった?6. ボクラチューン!!BT.TOKYO HERO※OTOTOYでも配信予定!!''' CUBERS『マゼンタ』を聴くための、OTOT
by marvinkei
《12ヶ月連続配信企画、第7弾》──goodtimes、
[CLOSEUP]・2017年09月20日・【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第7弾》──goodtimes、彼らなりの優しい応援歌配信 突如、アーティスト写真もなく素性も知れない2人組ギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。まだほとんど情報がないにも関わらず、2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行うことになった。そんな思い切った企画をスタートさせた彼らによる第7弾音源「確かに」を配信、レヴューを掲載する。 goodtimes12ヶ月連続配信、第7弾goodtimes / 確かに'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】250円【収録曲】''1. 確かに REVIEW : 紆余曲折を経た私たちのことを、まるっと肯定してくれる音楽 第7弾配信曲「確かに」。この曲は一見楽観、客観的でありながらも親身で、優しいgoodtimesなりの応援歌である。彼らは、人と自分の人生を比べて否定するな、なんてことは言わない。人とぶつかり、劣等感に苛まれながら紆余曲折を経た私たちのことを、まるっと肯定してくれる。朝陽(Vo.)の紡ぐ歌詞は、幸せを手に
【REVIEW】11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信!
[REVIEW]・2017年09月15日・11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信! 静岡側からだけではなく、山梨側からのアプローチも加わり「リンクアイドル」として活動する富士山ご当地アイドル・3776が『公開実験《LINK MIX》』をリリース。今作は6月にリリースされた『公開実験《山梨版》』、『公開実験《静岡版》』を直枝政広(カーネーション)、掟ポルシェ(ロマンポルシェ。)ら11名がミックスを加えた音源なのですが、そもそも《山梨版》とか《静岡版》とか《LINK MIX》ってなんだ? ってなっている方も大丈夫! こちらのレヴューを読んでいただければこの音源の面白さが伝わるはずです! OTOTOYでは24bit/96kHzのハイレゾ音源、限定ボーナス・トラック付きにて好評配信中ですので、まだの方はこのレヴューを読んですぐ音源のチェックを! 《MONO x MONO》のMIXはOTOTOYのみ!!3776 / 公開実験《LINK MIX》'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 162円(税込) / アルバム 1,890円(税込)【収録曲
by 純三
新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりのシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年09月08日・新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりとなるシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信開始 7人組アイドル・グループのSiAM&POPTUNeが2年ぶりのシングル『Bring me!!』をリリース、OTOTOYでは9月13日のリリースに先駆けて先行&独占ハイレゾで配信開始。 今春に新メンバー3人が加入した新体制での初リリースでもある今作。表題曲の『Bring me!!』は作詞に児玉雨子、作曲をmiifuuが担当した爽やかポップな1曲に仕上がっている。 メンバーは「リリース期間中(2017年9月17日まで)に10000枚のフライヤーを配布する」という目標を掲げて活動中。各メンバーから今作への思いをコメントしていただきました。 SiAM&POPTUNe / Bring me!!'【配信形態】32bit float/44.1kHz WAV (ALACは32bit整数形式に変換され、AACはbit深度が24bitに変更されます。)【価格】単曲 216円(税込) アルバム 540円(税込)【Track List】''01. Bring me!!02. ル ル ル03. よくばりシンデレラ メンバー全員から
【REVIEW】秘密のミーニーズ初のフル・アルバムを配信開始──昇華という名の“サイケ・フォークな変革”
[CLOSEUP]・2017年09月06日・秘密のミーニーズがみせた、昇華という名の“サイケ・フォークな変革”──初のフル・アルバムを配信開始 2010年代に突如現れたサイケ・フォーク・ロック・バンド、秘密のミーニーズ。男女混声のコーラス・アンサンブルを軸とし、時にはフォーキーに、時にはサイケデリックに煌めく独自のサウンドは、瞬く間に人々を虜にし、2014年〈FUJI ROCK FESTIVAL〉の新人アーティスト登竜門ともいえる《ROOKIE A GO-GOステージ》 への出演も果たした。それから約3年の月日が流れた2017年9月6日。バンド初のフル・アルバムとなる『イッツ・ノー・シークレット』がリリースされる。ドラムの脱退、新メンバーの加入、ベース兼ヴォーカルを担当していた淡路がヴォーカル専任になるなど、様々な変革を遂げた彼ら。その3年間の結晶となった今作は、情緒溢れる甘く気だるげな楽曲やバンド初のインストゥルメンタル楽曲、ギターによる間奏曲など、前作までの“ザ・西海岸”なサウンドの予想を上回る変化球が詰まった作品となった。OTOTOYでは今作を1週間の先行配信でお届け。さらにOTOTOY限定ボーナストラックをつけて配信します。秘密のミーニーズ
by ai
可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始
[CLOSEUP]・2017年09月06日・可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始 『花咲くいろは』『SHIROBAKO』に続く、P.A.WORKSのお仕事シリーズ第3弾として放送前から期待値が高かった『サクラクエスト』。本作の音楽プロデュースを担当したのは、クリエイティヴ・ユニット、(K)NoW_NAMEだった。1クール目の楽曲の人気が冷めやらぬ中、待望の2クール目のOPとEDの配信開始! 彼らの音楽を紐解いてゆくため、OTOTOYでは本作のレヴューを掲載する。 更なる飛躍が期待される、2クールOP(K)NoW_NAME / TVアニメ「サクラクエスト」第2クール オープニング・テーマ「Lupinus」'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC単曲 400円(税込) / まとめ 1,920円(税込) 【収録曲】''1. Lupinus2. Red Clover3. Alstroemeria_white4. Lupinus(Instrumental)5. Red Clover(Instrumental)6. Alstroemeria(Instrumen
by 宮尾茉実
【REVIEW】時代の移り変わりを表現する『PORTRAITS』──Rie fuが導き出した流行への回答
[CLOSEUP]・2017年09月06日・時代の移り変わりを表現する『PORTRAITS』──Rie fuが導き出した流行への回答 1985年、東京生まれ。7歳から10歳までをアメリカ東海岸メリーランド州で過ごし、イギリスの大学ではファイン・アートを専攻。シンガポールでも暮らした経験があり、海外的視点を欠かさないRie fu。画家としても活動している彼女からコンセプチュアルなニュー・アルバムが到着。1970年代のカーペンターズやカントリー・ミュージックを自然に通過してきた彼女が、音楽とアートを融合させたプログレッシヴなポップ・アルバムを制作。感度の高い彼女ならではの強いメッセージ性は、現代にはびこる“インスタ映え”や、社会全体への1つの回答であると考えられる。海外生活を経て、海外から見た日本、そして言葉の美しさを再認識した彼女のニュー・アルバムをOTOTOYではハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 音楽とアート、2つの視点で表現するニュー・アルバムが配信リリース! Rie fu / PORTRAITS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】 単曲 270円(
by 中の人
【REVIEW】TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」テーマソング・ベスト発売 & 過去のサントラが一挙配信スタート!!
[REVIEW]・2017年08月30日・TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」テーマソング・ベスト発売 & 過去のサントラが一挙配信スタート!! 連載開始から30年を過ぎた今もなお多くのファンを魅了、そして新たなファン層を増やし続けている漫画「ジョジョの奇妙な冒険」。2012年にはアニメ化もされた同作ですが、この度原作の第1部から第3部のオープニング、エンディング曲を収録したベスト盤の配信がスタート!(CD版とは1部内容が異なります) そ・し・て! 今までのアニメ・シリーズの全サントラがOTOTOYでも解禁! ベスト盤と合わせてこちらも改めてチェックして、あなたも果てしなきジョジョ・ワールドへ! V.A. / TVアニメ ジョジョの奇妙な冒険 Theme Song Best「Generation」 -Opening Collection-'【Track List】01. ジョジョ〜その血の運命 / 富永TOMMY弘明02. BLOODY STREAM / Coda03. STAND PROUD / 橋本仁04. ジョジョ その血の記憶〜end of THE WORLD〜 / JO☆STARS 〜TOMMY,Coda,JIN〜05. アク役◇協奏曲 /
by 純三
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事