News

2020年09月18日22時00分

 
world's end girlfriend、新作「4分33秒という名の広告」を生配信で発表
 

world's end girlfriendがライヴ配信上にだけ存在する沈黙の作品「4分33秒という名の広告」を生配信することが発表された。

2020年、ライヴハウスに生まれた新たな静寂をポスト・コロナ時代の「4分33秒」として、ライヴ配信上にだけ存在する沈黙の作品。9月28日21時より吉祥寺のライヴハウスNepoより生配信される。

かつてのJohn Cage「4分33秒」はコンサート・ホールなどで演奏され、観客たちは場の音と沈黙を音楽として楽しんだ。
「4分33秒という名の広告」から聴こえる沈黙の音楽は、インターネットを通し聴こえるライヴハウスのかすかな空調音、観ている人の部屋/場の音、沈黙のあとの何か。そして、スマホ、PCから溢れる光とSNSのノイズもこの音楽に彩りを加える。

ライヴ配信のURLや詳細は下記SNSで順次告知される予定。(た)

https://twitter.com/worldsendgirlfr
Tag #adv0433
作品名:world's end girlfriend「4分33秒という名の広告」
配信日時:2020年9月28日21時~22時予定 (*アーカイブは残りません)
配信URL:後日発表
会場: 吉祥寺Nepo(*入場はできません) https://nepo.co.jp/
出演: world's end girlfriend (*オープニングアクトあり)
チケット: 無料 (*投げ銭は以下よりできます)

投げ銭リンク
Paypal https://paypal.me/virginbabylon
BASE https://virginbabylo.thebase.in/
STORES https://virgin-babylon-unsupermarket.com/

*このイベントはFatal Defect Orchestraの売上の一部を使いライヴハウス使用料、出演者、スタッフのギャラは支払われております。

あわせて読みたい