News

2019年12月03日04時00分

 
『ジョゼと虎と魚たち』劇場アニメ化決定
 

2003年に妻夫木聡、池脇千鶴主演で実写映画化し、くるりが手がけたOSTも当時の話題となった名作『ジョゼと虎と魚たち』が、この度、2020年に劇場アニメ化することが決定した。

監督は『おおかみこどもの雨と雪』助監督や、『ノラガミ』シリーズの監督を務めたタムラコータローが満を持してアニメ映画初監督を務める。

『ストロボ・エッジ』の桑村さや香が脚本を、『妖狐×僕SS』『クジラの子らは砂上に歌う』の飯塚晴子がキャラクターデザインを手掛け、そしてアニメーション制作は『鋼の錬金術師』や『僕のヒーローアカデミア』など数々の人気作を手掛けるボンズが担当。

現在の映像シーンをリードするクリエイター陣によって紡がれる“新たなジョゼ”。
きっとあなたもジョゼの“恋”を通して、世界の輝きを知る——ぜひお楽しみに。(三)

【タイトル】
アニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』

【公開情報】
2020年ロードショー

【STAFF】
原作:田辺聖子「ジョゼと虎と魚たち」(角川文庫刊)
監督:タムラコータロー
脚本:桑村さや香
キャラクター原案:絵本奈央
キャラクターデザイン・総作画監督:飯塚晴子
コンセプトデザイン:loundraw (FLAT STUDIO)
音楽:Evan Call
アニメーション制作:ボンズ
配給:松竹/KADOKAWA
製作:『ジョゼと虎と魚たち』製作委員会

【キャッチコピー】
ずっと、届かないと思ってた——。

【INTRODUCTION】 
青春恋愛小説の金字塔が遂に劇場アニメ化!
その“恋”は、世界の輝きを教えてくれた——

芥川賞作家・田辺聖子の名編で、2003年に妻夫木聡・池脇千鶴主演で実写映画化もされた『ジョゼと虎と魚たち』。長年にわたり愛され続ける名作小説が、アニメーション映画となってスクリーンに登場する。趣味の絵と本と想像の中で、自分の世界を生きる車椅子のジョゼ。自分の夢を追いかける、大学生の恒夫。ある晩、ジョゼは恒夫と出会い、意を決して彼とともに外の世界へ飛び出すことに決める──。瑞々(みずみず)しく真っすぐな純愛の中、誰かを通じて自分とお互いを知って前に進む姿を、楽しさと切なさ、痛みと喜びを交えて描き出す。
監督は、『おおかみこどもの雨と雪』助監督や『ノラガミ』シリーズの監督を手掛けたタムラコータローが務める。脚本を桑村さや香、キャラクター原案を絵本奈央、キャラクターデザイン・総作画監督を飯塚晴子が担当。アニメーション制作は、数多くの人気作を手掛けてきたボンズ。
等身大の魅力に溢れた、アニメーションで描く“新しいジョゼ”。
今、出会うべき感動を、『ジョゼと虎と魚たち』で知る——。

OTOTOY Recommends!

関連ニュース