album jacket
TitleDurationPrice
日々の音色  mp3: 16bit/44.1kHz 03:33
変化と反復  mp3: 16bit/44.1kHz 05:02
うたかた  mp3: 16bit/44.1kHz 06:34
monster  mp3: 16bit/44.1kHz 05:28
落日  mp3: 16bit/44.1kHz 05:58
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 26:35
Album Info

プロデューサーにミト(クラムボン)を、 エンジニアに高橋健太郎を迎え制作されたミニ・アルバムは、 水の香り、 木々の響き、 確かな空気の手触りを感じられ、 音のひとつひとつが染み込んでくる柔らかで温かい作品です。

People who bought this album also bought

Discography

News

fulaのレコ発におとぎ話、SOUR、DENIMSが出演

fulaのレコ発におとぎ話、SOUR、DENIMSが出演

最新シングル『Apology Man / Night Adventure』も好調なfulaが、7月6日に東京・渋谷TSUTAYA O-nest、8月30日に大阪・梅田Shangri-Laで同音源のレコ発ライヴを開催。東京公演には、SOUR、おとぎ話、大

〈SYNCHRONICITY’14〉第2弾に渋さ、トクマル、SOUR、リミエキら決定

〈SYNCHRONICITY’14〉第2弾に渋さ、トクマル、SOUR、リミエキら決定

3月16日(日)にTSUTAYA O-EAST、duo MUSIC EXCHANGEの二連結会場にて開催される都市型アート・フェスティバル〈SYNCHRONICITY’14〉の出演アーティスト第2弾が発表された。 出演追加アーティストは、渋さ知らズ

『ギター・マガジン』プロデュースでペトロールズ×SOURが対バン・ライヴ

『ギター・マガジン』プロデュースでペトロールズ×SOURが対バン・ライヴ

ギタリストのみならず、バンドマン、音楽ファンにはおなじみの雑誌『ギター・マガジン』のプロデュースによる対バン・ライヴ〈One on One Produced by Guitar Magazine〉が4月10日に東京・渋谷のTSUTAYA O-WESTに

hoshijima(SOUR)、かき揚げ丼を食べすぎて、胃もたれ。――しょうもにゅーす

hoshijima(SOUR)、かき揚げ丼を食べすぎて、胃もたれ。――しょうもにゅーす

緻密且つダイナミックな楽曲、確かなテクニックと想像力に裏打ちされた演奏で、聴く者に様々なイメージを喚起させるスリーピース・バンドSOUR。「日々の音色」や「映し鏡」のMVも話題の彼らだが、その楽曲の中心を担うhoshijima(gut guitar /

Articles

エリーニョ×石川ユウイチ(ANIMA)×高橋ケ無(SOUR)の即興音源がOTOTOYで先行配信!

インタヴュー

エリーニョ×石川ユウイチ(ANIMA)×高橋ケ無(SOUR)の即興音源がOTOTOYで先行配信!

ANIMAの石川ユウイチ、SOURの高橋ケ無、そしてエリーニョの3者による即興演奏音源『Session with photograph exhibition』が届いた。少しばかりややこしい経緯がある作品なので詳しくは本人達の発言に目を通して頂きたいのだが、…

SOUR『WATER FLAVOR EP (HQD)』 レビュー by 飯田仁一郎

レヴュー

SOUR『WATER FLAVOR EP (HQD)』 レビュー by 飯田仁一郎

その音世界は、もっと温かく優しかった2000年代前半、日本では、はっぴいえんど等が持っていた都会的なサウンドを現代に甦らせたクラムボン、ハナレグミやポラリス等が、日本の歌ものロック・シーンに新しい風を吹かせていた。海外からは、90年代後半から一世を風靡した…

SOUR『WATER FLAVOR EP』インタビュー text by 西澤裕郎

インタヴュー

SOUR『WATER FLAVOR EP』インタビュー text by 西澤裕郎

予測不可能な引き算の美学渋谷にあるライヴ・ハウス7th floorでは、窓から入る弱い光が薄暗い会場を照らしていた。椅子に座りビールを片手にステージをみつめる観客の中、SOURの3人がステージに上がり、静かに演奏が始まった。新作からの2曲を含め全7曲を演奏…