album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
幻想即興曲 作品66 (Live)  alac,flac,wav: 24bit/96kHz 05:38 N/A
2
マズルカ ハ長調 作品24-2 (Live)  alac,flac,wav: 24bit/96kHz 02:20 N/A
3
アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 作品22 (Live)  alac,flac,wav: 24bit/96kHz 14:23 N/A
4
マズルカ ロ短調 作品33-4 (Live)  alac,flac,wav: 24bit/96kHz 05:37 N/A
5
ワルツ 変イ長調 作品42 (Live)  alac,flac,wav: 24bit/96kHz 04:40 N/A
6
スケルツォ 第3番 嬰ハ短調 作品39 (Live)  alac,flac,wav: 24bit/96kHz 08:19 N/A
7
ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 作品58 第一楽章 (Live)  alac,flac,wav: 24bit/96kHz 14:09 N/A
8
ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 作品58 第二楽章 (Live)  alac,flac,wav: 24bit/96kHz 02:47 N/A
9
ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 作品58 第三楽章 (Live)  alac,flac,wav: 24bit/96kHz 08:56 N/A
10
ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 作品58 第四楽章 (Live)  alac,flac,wav: 24bit/96kHz 06:38 N/A
11
マズルカ ヘ短調 作品68-4 (Live)  alac,flac,wav: 24bit/96kHz 02:38 N/A
Album Info

名器スタインウェイとの出逢いにより更なる高みへ飛翔したピアニズム。記念碑的ライヴ!2010年度レコード・アカデミー賞(器楽曲部門)に輝いた前回録音から七年の歳月を経て、メジューエワがショパン:ノクターン全曲を再録音。2016年6月の東京リサイタルのライヴ録音となる今回は、神戸から1925年製のニューヨーク・スタインウェイを運んで使用。繊細かつ強靭なサウンドと圧倒的なダイナミクスを併せ持つ名器スタインウェイCD-135とメジューエワの薫り高いピアニズムは類稀なる調和を生み出し、ショパンの詩情の結晶ともいうべきノクターンの宇宙を見事に再創造しました。満席の聴衆を魅了した記念碑的ライヴをじっくりとお楽しみください。■ボーナス・トラック24. プレリュード 嬰ヘ短調 作品28の8【録音】2016年6月18日、東京文化会館・小ホールにおけるライヴ録音【使用ピアノ】1925年製ニューヨーク・スタインウェイCD135(日本ピアノサービス株式会社所有)

Add all to INTEREST

Discography

Classical/Soundtrack

精緻な対位法とカンタービレの愉悦 ―― 興趣豊かに描かれるバッハの小宇宙 メジューエワの 2020 年録音。初録音となるバッハの「インヴェンションとシンフォニア」の登場です。ピアノ学習者にとってお馴染みである同曲集は、演奏技法と作曲技法の手引きを目的に書かれた教育用の小品であると同時に、高度な芸術性と豊かなイマジネーションに溢れた第一級の芸術作品でもあります。「ゴルトベルク変奏曲」や「平均律クラヴィーア曲集」などの録音でバッハ弾きとして高い評価を得てきたメジューエワは、ここでも真摯で感興豊かな演奏を披露。作品の魅力を改めて浮き彫りにします。【録音】2020 年 6 月、新川文化ホール(富山県魚津市)【使用ピアノ】1922年製ニューヨーク・スタインウェイ(日本ピアノサービス株式会社所有)

30 tracks
Classical/Soundtrack

精緻な対位法とカンタービレの愉悦 ―― 興趣豊かに描かれるバッハの小宇宙 メジューエワの 2020 年録音。初録音となるバッハの「インヴェンションとシンフォニア」の登場です。ピアノ学習者にとってお馴染みである同曲集は、演奏技法と作曲技法の手引きを目的に書かれた教育用の小品であると同時に、高度な芸術性と豊かなイマジネーションに溢れた第一級の芸術作品でもあります。「ゴルトベルク変奏曲」や「平均律クラヴィーア曲集」などの録音でバッハ弾きとして高い評価を得てきたメジューエワは、ここでも真摯で感興豊かな演奏を披露。作品の魅力を改めて浮き彫りにします。【録音】2020 年 6 月、新川文化ホール(富山県魚津市)【使用ピアノ】1922年製ニューヨーク・スタインウェイ(日本ピアノサービス株式会社所有)

30 tracks
Classical/Soundtrack

機知と遊び心 ―― 瑞々しいタッチが描き出すウィーン古典派の精神 精力的な録音活動を続けるイリーナ・メジューエワの 2019 年録音。今回はフランス革命前 後のウィーン音楽をテーマに、ハイドンとベートーヴェンの作品を取り上げました。古典的なウィットに富んだ巨匠ハイドンと、ロマン派の胎動を予感させる革命児ベートーヴェン。師弟二人の作品を並べることにより、それぞれの個性を鮮やかに浮き上がらせます。ヴィンテージ・スタインウェイの名器 CD135(1925 年製)の素敵な音色とともに、じっくりと味わいたい一枚です。【録音】2019 年 9 月 18 日~20 日、新川文化ホール(富山県魚津市)【使用ピアノ】1925年製ニューヨーク・スタインウェイCD135(日本ピアノサービス株式会社所有)

9 tracks
Classical/Soundtrack

機知と遊び心 ―― 瑞々しいタッチが描き出すウィーン古典派の精神 精力的な録音活動を続けるイリーナ・メジューエワの 2019 年録音。今回はフランス革命前 後のウィーン音楽をテーマに、ハイドンとベートーヴェンの作品を取り上げました。古典的なウィットに富んだ巨匠ハイドンと、ロマン派の胎動を予感させる革命児ベートーヴェン。師弟二人の作品を並べることにより、それぞれの個性を鮮やかに浮き上がらせます。ヴィンテージ・スタインウェイの名器 CD135(1925 年製)の素敵な音色とともに、じっくりと味わいたい一枚です。【録音】2019 年 9 月 18 日~20 日、新川文化ホール(富山県魚津市)【使用ピアノ】1925年製ニューヨーク・スタインウェイCD135(日本ピアノサービス株式会社所有)

9 tracks
Classical/Soundtrack

類い稀なる深化を続ける孤高のピアニズム、2019年夏のライヴ!2019年8月31日に富山県民会館ホールで行われた「若林工房15周年記念コンサート」のライヴ録音。古典作品(モーツァルト)に始まり、ロマン派(メンデルスゾーン、ショパン)を経て、ロシア音楽(スクリャービン)で終わるという魅力たっぷりのプログラム。アンコールまで含めた全曲を収録しています。メジューエワにとってその多くが初録音となるスクリャービンはとくに聴きもの。ロシア・ピアニズムの真髄を1925年製の名器スタインウェイの華麗なサウンドでお楽しみください。【録音】2019年8月31日、富山県民会館ホールにおけるコンサート・ライヴ録音【使用ピアノ】1925年製ニューヨーク・スタインウェイCD135(日本ピアノサービス株式会社所有)

23 tracks
Classical/Soundtrack

類い稀なる深化を続ける孤高のピアニズム、2019年夏のライヴ!2019年8月31日に富山県民会館ホールで行われた「若林工房15周年記念コンサート」のライヴ録音。古典作品(モーツァルト)に始まり、ロマン派(メンデルスゾーン、ショパン)を経て、ロシア音楽(スクリャービン)で終わるという魅力たっぷりのプログラム。アンコールまで含めた全曲を収録しています。メジューエワにとってその多くが初録音となるスクリャービンはとくに聴きもの。ロシア・ピアニズムの真髄を1925年製の名器スタインウェイの華麗なサウンドでお楽しみください。【録音】2019年8月31日、富山県民会館ホールにおけるコンサート・ライヴ録音【使用ピアノ】1925年製ニューヨーク・スタインウェイCD135(日本ピアノサービス株式会社所有)

23 tracks
Classical/Soundtrack

「BIJIN CLASSICAL(ビジン・クラシカル)」の第七弾。メジューエワの新たなシューベルト・シリーズがスタートします。第1集は、約十年ぶりの再録音となる「即興曲集(作品90)」と、初録音のイ短調ソナタ(D537)に舞曲集を組み合わせたプログラム。舞曲集は、ロシアの大先輩、マリヤ・グリンベルクによる選曲を基本に演奏者が新たに編み出したセレクション。作曲家の孤独な心に寄り添うような優しさと、狂おしいまでの魂の叫びが共存する演奏は、シューベルト音楽のもつ独特の魔力・魅力を余すところなく伝えます。1922年製のニューヨーク・スタインウェイの生み出す豊穣な響きも聴きどころのひとつです。【録音】 2020年月11月26日~28日、新川文化ホール(富山県魚津市)【使用ピアノ】 1922年製 ニューヨーク・スタインウェイ(日本ピアノサービス株式会社所有)

8 tracks
Classical/Soundtrack

「BIJIN CLASSICAL(ビジン・クラシカル)」の第七弾。メジューエワの新たなシューベルト・シリーズがスタートします。第1集は、約十年ぶりの再録音となる「即興曲集(作品90)」と、初録音のイ短調ソナタ(D537)に舞曲集を組み合わせたプログラム。舞曲集は、ロシアの大先輩、マリヤ・グリンベルクによる選曲を基本に演奏者が新たに編み出したセレクション。作曲家の孤独な心に寄り添うような優しさと、狂おしいまでの魂の叫びが共存する演奏は、シューベルト音楽のもつ独特の魔力・魅力を余すところなく伝えます。1922年製のニューヨーク・スタインウェイの生み出す豊穣な響きも聴きどころのひとつです。【録音】 2020年月11月26日~28日、新川文化ホール(富山県魚津市)【使用ピアノ】 1922年製 ニューヨーク・スタインウェイ(日本ピアノサービス株式会社所有)

8 tracks
Classical/Soundtrack

メジューエワによる「モーツァルト作品集」。おなじみのソナタ二曲(K.545 & K.331)と、ロンド二曲(K.511 & K.485)、アダージョ(K.540)を組み合わせた珠玉のプログラム。モーツァルト特有の天国的な美しさから戦慄を覚えるような神秘性までを見事に表出した演奏は、聴けば聴くほど魅力的です。使用楽器は1922年製のニューヨーク・スタインウェイ。繊細なタッチが生み出す多彩な音色を、ナチュラルなワンポイント録音でお楽しみください。【録音】 2020 年 9 月 16 日〜17 日、新川文化ホール(富山県魚津市)【使用ピアノ】 1922年製 ニューヨーク・スタインウェイ(日本ピアノサービス株式会社所有)

9 tracks
Classical/Soundtrack

IJIN CLASSICAL(ビジン・クラシカル)の第五弾リリースは、イリーナ・メジューエワによる記念碑的な「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集」。世界中がコロナ禍で閉塞感に包まれていた2020年6月〜7月に富山県魚津市の新川文化ホールで行われた全32曲のセッション録音で、メジューエワにとって二度目の全集となります。「レコード芸術特選盤」に輝くなど各方面から高い評価を受けた第1回目の全集(2007年〜2009年録音)から十余年の歳月を経て、メジューエワはさらに驚異的な深化を遂げました。ストレートかつ内面的で精神性に富む解釈や、多彩で豊かな音色を生み出す繊細なタッチ、堂々としたスケール感はそのままに、思い切りの良さや即興性が加わったピアニズムは、もはや無双状態。重厚で堅固な造型の中に強烈なエネルギーが迸るさまは、「これぞまさにベートーヴェン」と聴き手を唸らせずにはおかないでしょう。新奇なことは何もないのに、すべてが新鮮で示唆に富んで聞こえるという、奇跡的な名演揃いです。使用楽器は、1922年製のヴィンテージ・スタインウェイ(ニューヨーク製)。ベートーヴェンの真髄を伝える名演を、ナチュラルなワンポイント録音でお届けします。【録音】 2020年6月〜7月、新川文化ホール(富山県魚津市)【使用ピアノ】 1922年製ニューヨーク・スタインウェイ(日本ピアノサービス株式会社所有)

102 tracks
Classical/Soundtrack

IJIN CLASSICAL(ビジン・クラシカル)の第五弾リリースは、イリーナ・メジューエワによる記念碑的な「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集」。世界中がコロナ禍で閉塞感に包まれていた2020年6月〜7月に富山県魚津市の新川文化ホールで行われた全32曲のセッション録音で、メジューエワにとって二度目の全集となります。「レコード芸術特選盤」に輝くなど各方面から高い評価を受けた第1回目の全集(2007年〜2009年録音)から十余年の歳月を経て、メジューエワはさらに驚異的な深化を遂げました。ストレートかつ内面的で精神性に富む解釈や、多彩で豊かな音色を生み出す繊細なタッチ、堂々としたスケール感はそのままに、思い切りの良さや即興性が加わったピアニズムは、もはや無双状態。重厚で堅固な造型の中に強烈なエネルギーが迸るさまは、「これぞまさにベートーヴェン」と聴き手を唸らせずにはおかないでしょう。新奇なことは何もないのに、すべてが新鮮で示唆に富んで聞こえるという、奇跡的な名演揃いです。使用楽器は、1922年製のヴィンテージ・スタインウェイ(ニューヨーク製)。ベートーヴェンの真髄を伝える名演を、ナチュラルなワンポイント録音でお届けします。【録音】 2020年6月〜7月、新川文化ホール(富山県魚津市)【使用ピアノ】 1922年製ニューヨーク・スタインウェイ(日本ピアノサービス株式会社所有)

48 tracks
Classical/Soundtrack

IJIN CLASSICAL(ビジン・クラシカル)の第五弾リリースは、イリーナ・メジューエワによる記念碑的な「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集」。世界中がコロナ禍で閉塞感に包まれていた2020年6月〜7月に富山県魚津市の新川文化ホールで行われた全32曲のセッション録音で、メジューエワにとって二度目の全集となります。「レコード芸術特選盤」に輝くなど各方面から高い評価を受けた第1回目の全集(2007年〜2009年録音)から十余年の歳月を経て、メジューエワはさらに驚異的な深化を遂げました。ストレートかつ内面的で精神性に富む解釈や、多彩で豊かな音色を生み出す繊細なタッチ、堂々としたスケール感はそのままに、思い切りの良さや即興性が加わったピアニズムは、もはや無双状態。重厚で堅固な造型の中に強烈なエネルギーが迸るさまは、「これぞまさにベートーヴェン」と聴き手を唸らせずにはおかないでしょう。新奇なことは何もないのに、すべてが新鮮で示唆に富んで聞こえるという、奇跡的な名演揃いです。使用楽器は、1922年製のヴィンテージ・スタインウェイ(ニューヨーク製)。ベートーヴェンの真髄を伝える名演を、ナチュラルなワンポイント録音でお届けします。【録音】 2020年6月〜7月、新川文化ホール(富山県魚津市)【使用ピアノ】 1922年製ニューヨーク・スタインウェイ(日本ピアノサービス株式会社所有)

54 tracks
Classical/Soundtrack

メジューエワによるロマン派名曲集。ショパン、メンデルスゾーン、シューマン、リストの名作を並べた王道プログラム。ナチュラルな感興に溢れたメジューエワの演奏は一段と冴えわたり、お馴染みの作品から新たな魅力を引き出しています。新川文化ホールの美しい響きをたっぷり取り入れたワンポイント録音も一聴の価値あり。ヴィンテージ・スタインウェイの名器(CD135)の豊かな表現力を存分にお楽しみください。

19 tracks
Classical/Soundtrack

メジューエワによるベートーヴェンの四大ソナタ集。「悲愴」、「月光」、「テンペスト」、「告別」という極めつけのプログラムです。それぞれ過去に何種類か録音のあるレパートリーですが、今回ヴィンテージ・スタインウェイの名器(CD135)を使用したことで、旧録音とは比較にならないほどの魅力を備えたアルバムに仕上がりました。千万変化のタッチが生み出す多彩な音色。圧倒的なパワーと壮大なスケール感。ベートーヴェンの真髄を伝える名演奏を、ナチュラルなワンポイント録音でお楽しみください。

12 tracks
View More Discography Collapse
Collapse