album jacket
TitleDurationPrice
ラ・カンパネラ(パガニーニ大練習曲集 第3曲) S.141/R.3b(2.8MHz/DSD 2ch)  mp3: 16bit/44.1kHz  dff: 1bit/2822400Hz 05:35 Album Purchase Only
愛の夢(3つのノクターン第3曲) S.541/R211(2.8MHz/DSD 2ch)  mp3: 16bit/44.1kHz  dff: 1bit/2822400Hz 05:47 Album Purchase Only
スペイン狂詩曲 -スペインのフォリアとホタ・アラゴネーサ S.254/R.90(2.8MHz/DSD 2ch)  mp3: 16bit/44.1kHz  dff: 1bit/2822400Hz 15:25 Album Purchase Only
コンソレーション(慰め) 第3番 S.172/R.12(2.8MHz/DSD 2ch)  mp3: 16bit/44.1kHz  dff: 1bit/2822400Hz 06:03 Album Purchase Only
タランテラ 巡礼の年 第2年補遺 ヴェネツィアとナポリ から S.162/R.10 A197(2.8MHz/DSD 2ch)  mp3: 16bit/44.1kHz  dff: 1bit/2822400Hz 10:08 Album Purchase Only
超絶技巧練習曲 S.139/R.2b から 第10番 Allegro Agitato Molto(2.8MHz/DSD 2ch)  mp3: 16bit/44.1kHz  dff: 1bit/2822400Hz 05:54 Album Purchase Only
超絶技巧練習曲 S.139/R.2b から 第4番 マゼッパ(2.8MHz/DSD 2ch)  mp3: 16bit/44.1kHz  dff: 1bit/2822400Hz 08:16 Album Purchase Only
水の上を歩くパオラの聖フランチェスコ (伝説 第2曲)S.175/R.17(2.8MHz/DSD 2ch)  mp3: 16bit/44.1kHz  dff: 1bit/2822400Hz 09:47 Album Purchase Only
カルメン幻想曲(2.8MHz/DSD 2ch)  mp3: 16bit/44.1kHz  dff: 1bit/2822400Hz 04:09 Album Purchase Only
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 71:04
Album Purchase Privilege
DSD音源(DSDIFF)
Album Info

待ち望まれていた、 本格派若手男性ピアニスト、 反田恭平のデビューCD。 高校在学中、 第81回日本音コンにて第1位を獲得し、 現在、 モスクワ音楽院に学ぶ反田。 2015年3月2日、 小林研一郎指揮のチャイコフスキーの協奏曲(サントリーH)では、 圧巻の演奏で満員の聴衆の度肝を抜いた。 東京フィル定期への異例の大抜擢をはじめ、 既に複数のオーケストラから出演オファーを受けている。 恐れを知らない大胆さと自在さを併せ持つ意欲に溢れた瑞々しい音楽性は、 特筆に価する。 前へ前へと果敢に攻めるかと思えば、 意のままに時間を操る柔軟な歌の表現は、 20歳の演奏とはとても信じられない。 例えるならば、 19世紀後半から20世紀前半の 「巨匠の時代」 ―― 芸術とエンタテインメントが高い次元で幸せに手を繋いでいた時代 ―― を髣髴とさせ、 21世紀に入って遂に登場した、 新時代のスターの資質を持つピアニストといえる。 彼の才能に惚れ込んだタカギクラヴィア(株)のサポートにより、 「ホロヴィッツが恋した楽器」 として知られた銘器ニューヨーク・スタインウェイ(CD75)を使用する。 千変万化の音色を表現できる一方で、 ピアニストに精巧なタッチ・コントロールを極限まで要求する、 この 「難しい」 楽器を、 反田は嬉々として弾きこなして自身の個性を更に際立たせ、 テクニックを超えた圧巻の領域の演奏へと達している。

People who bought this album also bought

Popular albums of same genre

Discography

Classical/Soundtrack
2015年、アルバム『リスト』で鮮烈なデビューを果たし、デビューリサイタル@サントリーホールにて満場の聴衆を熱狂させたピアニストの革命児、反田恭平。2017年のツアーの際に好評を博した、ツアー開始前に演奏予定曲目を予習できるアルバム『リサイタル・ピース第1集』(通称『先出しCD』)に続き、2018年も『リサイタル・ピース第2集』をリリース。今回のツアーで披露するのはオール・ベートーヴェン・プログラム。その内容と連動し、プログラムのメインとなるベートーヴェンの三大ソナタ「悲愴」「月光」「熱情」を収録。
Classical/Soundtrack
TBS「情熱大陸」への出演や、テレビ朝日「題名のない音楽会」への度重なる出演などで、 知名度が急上昇中の若きピアニストの革命児、反田恭平の2016年11月発売のアルバム「ラフマニノフ」が、 全国のCDショップ店員が選ぶ「第9回CDショップ大賞」のクラシック賞を獲得した。 今年4月には、アルバム「ラフマニノフ」に収録されているピアノ協奏曲第2番を、 全国ツアー全12公演(佐渡裕指揮 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 特別演奏会2017)で演奏することが予定されている。 また、昨年全公演ソールドアウトとなった「浜離宮朝日ホール3夜連続コンサート」(8/30~9/1)において、 各日のコンサート前半のライヴ演奏をそのまま収録して終演後に販売する「即出しCD」付きのプログラムの会場限定販売を行い、 来場者の熱い支持を集めたことが記憶に新しいが、 今年の7月~9月に全国13か所で行われる「反田恭平ピアノ・リサイタル2017全国縦断ツアー」に向けても、 その音源&LIVE連動の後継企画が予定されていることが発表された。 今回は「即出し音源」ではなく「先出し音源」として、ツアーで演奏予定の曲の中から主だった楽曲を事前に収録してリリースすることで、 ツアーの予習音源としても機能するアルバム「月の光~リサイタル・ピース第1集」をツアー前の6月にリリースする。
Classical/Soundtrack
待ち望まれていた、本格派若手男性ピアニスト、反田恭平のデビューCD。高校在学中、第81回日本音コンにて第1位を獲得し、現在、モスクワ音楽院に学ぶ反田。2015年3月2日、小林研一郎指揮のチャイコフスキーの協奏曲(サントリーH)では、圧巻の演奏で満員の聴衆の度肝を抜いた。東京フィル定期への異例の大抜擢をはじめ、既に複数のオーケストラから出演オファーを受けている。恐れを知らない大胆さと自在さを併せ持つ意欲に溢れた瑞々しい音楽性は、特筆に価する。前へ前へと果敢に攻めるかと思えば、意のままに時間を操る柔軟な歌の表現は、20歳の演奏とはとても信じられない。例えるならば、19世紀後半から20世紀前半の「巨匠の時代」 ―― 芸術とエンタテインメントが高い次元で幸せに手を繋いでいた時代 ―― を髣髴とさせ、21世紀に入って遂に登場した、新時代のスターの資質を持つピアニストといえる。 彼の才能に惚れ込んだタカギクラヴィア(株)のサポートにより、「ホロヴィッツが恋した楽器」として知られた銘器ニューヨーク・スタインウェイ(CD75)を使用する。千変万化の音色を表現できる一方で、ピアニストに精巧なタッチ・コントロールを極限まで要求する、この「難しい」楽器を、反田は嬉々として弾きこなして自身の個性を更に際立たせ、テクニックを超えた圧巻の領域の演奏へと達している。
Classical/Soundtrack
待ち望まれていた、本格派若手男性ピアニスト、反田恭平のデビューCD。高校在学中、第81回日本音コンにて第1位を獲得し、現在、モスクワ音楽院に学ぶ反田。2015年3月2日、小林研一郎指揮のチャイコフスキーの協奏曲(サントリーH)では、圧巻の演奏で満員の聴衆の度肝を抜いた。東京フィル定期への異例の大抜擢をはじめ、既に複数のオーケストラから出演オファーを受けている。恐れを知らない大胆さと自在さを併せ持つ意欲に溢れた瑞々しい音楽性は、特筆に価する。前へ前へと果敢に攻めるかと思えば、意のままに時間を操る柔軟な歌の表現は、20歳の演奏とはとても信じられない。例えるならば、19世紀後半から20世紀前半の「巨匠の時代」 ―― 芸術とエンタテインメントが高い次元で幸せに手を繋いでいた時代 ―― を髣髴とさせ、21世紀に入って遂に登場した、新時代のスターの資質を持つピアニストといえる。 彼の才能に惚れ込んだタカギクラヴィア(株)のサポートにより、「ホロヴィッツが恋した楽器」として知られた銘器ニューヨーク・スタインウェイ(CD75)を使用する。千変万化の音色を表現できる一方で、ピアニストに精巧なタッチ・コントロールを極限まで要求する、この「難しい」楽器を、反田は嬉々として弾きこなして自身の個性を更に際立たせ、テクニックを超えた圧巻の領域の演奏へと達している。
Classical/Soundtrack
待ち望まれていた、本格派若手男性ピアニスト、反田恭平のデビューCD。高校在学中、第81回日本音コンにて第1位を獲得し、現在、モスクワ音楽院に学ぶ反田。2015年3月2日、小林研一郎指揮のチャイコフスキーの協奏曲(サントリーH)では、圧巻の演奏で満員の聴衆の度肝を抜いた。東京フィル定期への異例の大抜擢をはじめ、既に複数のオーケストラから出演オファーを受けている。恐れを知らない大胆さと自在さを併せ持つ意欲に溢れた瑞々しい音楽性は、特筆に価する。前へ前へと果敢に攻めるかと思えば、意のままに時間を操る柔軟な歌の表現は、20歳の演奏とはとても信じられない。例えるならば、19世紀後半から20世紀前半の「巨匠の時代」 ―― 芸術とエンタテインメントが高い次元で幸せに手を繋いでいた時代 ―― を髣髴とさせ、21世紀に入って遂に登場した、新時代のスターの資質を持つピアニストといえる。 彼の才能に惚れ込んだタカギクラヴィア(株)のサポートにより、「ホロヴィッツが恋した楽器」として知られた銘器ニューヨーク・スタインウェイ(CD75)を使用する。千変万化の音色を表現できる一方で、ピアニストに精巧なタッチ・コントロールを極限まで要求する、この「難しい」楽器を、反田は嬉々として弾きこなして自身の個性を更に際立たせ、テクニックを超えた圧巻の領域の演奏へと達している。
Classical/Soundtrack
V.A.
現代クラシック界の若き異才・反田恭平。 2015年のデビュー以来飛躍を続ける反田が今回録音に臨んだのは「ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番」。 映画でも題材に取り上げられるほど、難曲中の超難曲として知られるラフマニノフの代表曲だが、反田が2012年に高校在学中に史上最年少(当時)で優勝した「日本音楽コンクール」の決勝で演奏したのも、この「ピアノ協奏曲第3番」。 反田恭平の名を世に知らしめた、反田にとっては“原点”でもある楽曲に、デビュー3年を経て改めて立ち向かう。 共演は、ロシアで長年音楽界を牽引してきた指揮者・アレクサンドル・スラドコフスキー氏と、6月のツアーで絆を深めたロシア屈指の名門オケ「ロシア・ナショナル管弦楽団」。 反田が3年半の留学生活を送ったラフマニノフの祖国・ロシアのモスクワにて録音。 カップリングには同じくラフマニノフの代表曲「ピアノ・ソナタ第2番」を収録。

News

反田恭平、全公演SOLD OUTの全国ツアー東京公演レポート&新アルバムのMVロングver.公開

反田恭平、全公演SOLD OUTの全国ツアー東京公演レポート&新アルバムのMVロングver.公開

いま最もチケットがとりにくい日本人クラシック・アーティストとして注目されているピアニスト・反田恭平。 1月11日の名古屋公演を皮切りに、全国6か所の大ホールを縦断するツアーが現在進行中だが、1月18日に初台の東京オペラシティ コンサートホール行われた、ツ

反田恭平、ハプニングを乗り越えた真剣勝負の壮絶な記録、若手No.1ピアニスト待望のコンチェルト新録音登場

反田恭平、ハプニングを乗り越えた真剣勝負の壮絶な記録、若手No.1ピアニスト待望のコンチェルト新録音登場

現代クラシック界の若き異才・反田恭平。2015年デビュー以来飛躍を続け、 2018年7月からは2018-2019リサイタル・ツアーを、 “オール・ベートーヴェン・プログラム”で全国19カ所で開催し、 各地で熱狂を呼んだ。 2019年1月からは“オール・シ

反田恭平、パッションあふれる「熱情」と抒情性をたたえた「悲愴」のピアノ演奏をMVとして公開

反田恭平、パッションあふれる「熱情」と抒情性をたたえた「悲愴」のピアノ演奏をMVとして公開

日本の若手ピアニストの中で名実ともにNo.1の地位を確立している反田恭平。そんな彼が、7月18日にリリースする『悲愴/月光/熱情~リサイタル・ピース第2集』から「熱情」と「悲愴」の演奏を収めたMVを公開した。 最近では、TVアニメ『ピアノの森』のピアニス

岸田繁(くるり)×反田恭平、異端な音楽家同士が初対談で大いに盛り上がる!

岸田繁(くるり)×反田恭平、異端な音楽家同士が初対談で大いに盛り上がる!

7月16日(日)から4週連続で、岸田繁(くるり)と反田恭平の“異端の音楽家”同士の初対談の模様がオンエアされることがわかった。 この対談は、TOKYO FMの番組『三井ホーム presents キュレーターズ マイスタイル×ユアスタイル』(日曜8:00~