album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
時々ドキドキ  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:30
寝ても覚めても  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:29
月曜日の夜に  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:00
蒼いアジサイが泣いている  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:19
ガパオNo.5  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 05:06
るるるるる  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 05:16
哀しきサングラス  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:12
8月のコラール  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:13
トロントさん  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:30
石神井川であいましょう  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:13
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 43:48
Album Purchase Privilege

unagi.pdf
Album Info

前作「ホロホロ」から引き続き、 自らのプロデュースによる傑作が約1年半ぶりに完成! どこかとぼけながらも、やさしく、力強い「うた」は世界をまるごと肯定する包容力に満ちあふれ、中山うりの新たな一面を展開させている。スティールパン、木管、金管楽器の奏でるエキゾチックで柔らかなアンサンブルと、ブラジル、ジャズ、ラテンなど様々なジャンルを消化した多彩なリズム隊によって織りなされるバンドサウンドは、楽曲にぴったりと寄り添って、様々な表情を聴くものにみせてくれる。世界中を飛び回るようなカラフルなサウンドの根底には、日本語による詩情が表現されており、中山うりの魅力にさらに磨きをかけた作品となっている。

Note

※アルバムまとめ購入(ハイレゾ版のみ)のお客さまにはWEBブックレットがついてきます。

Discography

Jazz/World

中山うりが配信限定シングルをリリース!「おそい光」何年もあたためていたメロディーにトロピカルなギターアレンジなどを加えて真夏の歌に仕上げた。「ホイアン」アコーディオンのコブシが印象的なインストゥルメンタル。外出制限の中、脳内トリップできるナンバー。

Jazz/World

前作「カルデラ」から丸2年ぶり、中山うり11枚目のフルアルバムが完成!ブルーハーツの名曲カバー「月の爆撃機」、初期の代表曲「マドロス横丁」の再録も収録した意欲作!今作『11』には、中山うり自身の日々の暮らしをユーモラスに綴った 「茶をすする」、「風邪薬」や、古いジャズのようにアレンジされた近所の野良猫の歌「大佐」、大渕愛子(フィドル)と小林創(ピアノ)の掛け合いが印象的な 「僕じゃない」、多重コーラスが美しい「窓際のトランペット」などの他、NHKドラマ「捨て猫に拾われた男」のために制作された 「キミは天使」「雨のピチカート」のアルバムバージョン、ブルーハーツの名曲カバー「月の爆撃機」、初期の代表曲「マドロス横丁」の再録セッションも含めた11曲を収録。古い建物が壊されて新しい建物がそこに建ってしまえば、元々の風景を全然思い出せなくなる。東京の生活の中で簡単に変わりゆく風景や過ごした時間、その時の喪失感をショートムービーのようにパッケージにした。

Jazz/World

前作「カルデラ」から丸2年ぶり、中山うり11枚目のフルアルバムが完成!ブルーハーツの名曲カバー「月の爆撃機」、初期の代表曲「マドロス横丁」の再録も収録した意欲作!今作『11』には、中山うり自身の日々の暮らしをユーモラスに綴った 「茶をすする」、「風邪薬」や、古いジャズのようにアレンジされた近所の野良猫の歌「大佐」、大渕愛子(フィドル)と小林創(ピアノ)の掛け合いが印象的な 「僕じゃない」、多重コーラスが美しい「窓際のトランペット」などの他、NHKドラマ「捨て猫に拾われた男」のために制作された 「キミは天使」「雨のピチカート」のアルバムバージョン、ブルーハーツの名曲カバー「月の爆撃機」、初期の代表曲「マドロス横丁」の再録セッションも含めた11曲を収録。古い建物が壊されて新しい建物がそこに建ってしまえば、元々の風景を全然思い出せなくなる。東京の生活の中で簡単に変わりゆく風景や過ごした時間、その時の喪失感をショートムービーのようにパッケージにした。

Jazz/World

10作目のアルバムとなる今作では、ペダルスティール・田村玄一(KIRINJI、他)、フィドル・大渕愛子(ハモニカクリームズ)、ピアノ・小林創、ギター・小池龍平、チューバ・高岡大祐など豪華ゲストを曲ごとに迎え入れ、新境地を開拓!オリジナル曲10曲に加え、島根県出雲市で活動するシンガーソングライター若槻素直の楽曲「デスメタルラブ」のカバーを収録。シンプルながらバリエーションに富んだ飽きさせない楽曲を、日々の悲喜交々をサイダーが弾けるように爽やかに歌い上げ、中山うり独特の世界を展開している。4月よりアルバムリリース記念全国ツアーも開催!

Jazz/World

前作に続きセルフプロデュースによる9枚目のオリジナル・アルバム。昨年は初のギター弾き語りツアーを敢行し、表現の幅をますます広げている中、今作でも歌唱、アコーディオン、ギター、トランペット、ポストホルン、マリンバなどを演奏、マルチプレイヤーとしての才能を惜しみなく発揮した傑作が誕生。タイトルの『マホロバ』とは理想郷の意味である。今作では自身に起きた身近なものたちとの別れをきっかけに、それを受け入れようとした際に沸き起こる感情を、時にユーモラスに時に穏やかな境地で歌っている。自分の住むこの世界も別れ去っていくものの旅立つ先もどちらも『マホロバ』=理想郷であればいいなという願いが、作品を通じての大きなテーマとなっている。中山うりのマルチプレイヤーとしての側面も以前より増して大きく発揮されており、アコーディオンの他ギター、トランペット、ポストホルン、マリンバ、シンセなど様々な楽器を用いてユニークな世界観を表現している。昨年からのギター弾き語りの活動でもわかるように、中でもギターは特にその進化が著しいもののひとつになっており、今作の中でも半数近く自身によるギターで演奏している。また、サポートメンバーのベース南勇介が録音、ミックスを担当し、気心知れたメンバーと共にタイトでやわらかなサウンドに仕上がっている。6/24より「マホロバ」ツアーも敢行!

Jazz/World

前作「ホロホロ」から引き続き、 自らのプロデュースによる傑作が約1年半ぶりに完成! どこかとぼけながらも、やさしく、力強い「うた」は世界をまるごと肯定する包容力に満ちあふれ、中山うりの新たな一面を展開させている。スティールパン、木管、金管楽器の奏でるエキゾチックで柔らかなアンサンブルと、ブラジル、ジャズ、ラテンなど様々なジャンルを消化した多彩なリズム隊によって織りなされるバンドサウンドは、楽曲にぴったりと寄り添って、様々な表情を聴くものにみせてくれる。世界中を飛び回るようなカラフルなサウンドの根底には、日本語による詩情が表現されており、中山うりの魅力にさらに磨きをかけた作品となっている。

Jazz/World

前作「ホロホロ」から引き続き、 自らのプロデュースによる傑作が約1年半ぶりに完成! どこかとぼけながらも、やさしく、力強い「うた」は世界をまるごと肯定する包容力に満ちあふれ、中山うりの新たな一面を展開させている。スティールパン、木管、金管楽器の奏でるエキゾチックで柔らかなアンサンブルと、ブラジル、ジャズ、ラテンなど様々なジャンルを消化した多彩なリズム隊によって織りなされるバンドサウンドは、楽曲にぴったりと寄り添って、様々な表情を聴くものにみせてくれる。世界中を飛び回るようなカラフルなサウンドの根底には、日本語による詩情が表現されており、中山うりの魅力にさらに磨きをかけた作品となっている。

Jazz/World

初のセルフプロデュースによる、全曲書き下ろしのフルアルバム、ついに完成!既存のジャンルに囚われこともなく、サンバ、ラテン、ニューオリンズ、カントリーなどの音楽が軽妙にブレンドされたカラフルでポップなサウンドに、老若男女が口ずさめるメロディーラインが展開されていく。

Jazz/World

アコーディオンやトランペットを演奏し、美容師としても活動中のシンガー・ソングライター、中山うり。このたび、10年間所属していたマネージメント事務所を離れ、全曲書き下ろしのフル・アルバム『ホロホロ』を完成させました。

News

タフビーツが海辺のレストラン「かねよ食堂」で10周年パーティーを開催

タフビーツが海辺のレストラン「かねよ食堂」で10周年パーティーを開催

今年8月1日で10周年を迎えるインディーズレーベル・タフビーツが、横須賀の海のカフェ・レストラン「かねよ食堂」とのコラボレーションによるアニバーサリー・イベントを開催する。 2004年8月よりジャンルや時代、形にとらわれない良い音楽を発信することをテー

中山うり、新作タイトルは『鰻』

中山うり、新作タイトルは『鰻』

アコーディオン、トランペットを操り独自の音楽世界を展開するシンガー・ソング・ライター、中山うりの約1年半ぶりのニュー・アルバム『鰻』が6月4日(水)にリリースされることが決定した。 『鰻』は2012年12月に発表した前作『ホロホロ』に続き自らのプロデュ

Articles

中山うり1年ぶりとなる新作アルバム『鰻』を1週間先行ハイレゾ配信&インタヴュー

インタヴュー

中山うり1年ぶりとなる新作アルバム『鰻』を1週間先行ハイレゾ配信&インタヴュー

前作『ホロホロ』より約1年半。シンガー・ソングライター、中山うりが7作目となるアルバムが完成させました。タイトルは『鰻』。「時々ドキドキ」のMVを見ればわかるように、中山の醸し出す情緒あふれる下町感に、サカモトジャイ庵スティールパンの音色が加わることで、ラ…

中山うり『ホロホロ』配信開始!! インタビュー

インタヴュー

中山うり『ホロホロ』配信開始!! インタビュー

アコーディオンやトランペットを演奏し、美容師としても活動中のシンガー・ソングライター、中山うり。このたび、10年間所属していたマネージメント事務所を離れ、全曲書き下ろしのフル・アルバム『ホロホロ』を完成させました。日常の中で生まれてくる感情と柔らかなサウン…