album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
1/1 (Remastered 2004)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 17:21 N/A
2
2/1 (Remastered 2004)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 08:54 N/A
3
1/2 (Remastered 2004)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 12:07 N/A
4
2/2 (Remastered 2004)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 09:38 N/A
Add all to INTEREST

Discography

Dance/Electronica

2017年元旦 巨匠ブライアン・イーノがアンビエント・シリーズ最新作を発表。『Reflection』は、長きに渡って取り組んできたシリーズの最新作である。 あくまでもリリース作品という観点で言えば、その起源は1975年の『Discreet Music』にまで遡るだろう。 - ブライアン・イーノ

Dance/Electronica

ブライアン・イーノが、グラミー賞ノミネート作『LUX』以来の最新作『The Ship』をリリース!イーノのベリー・ベストであると同時に、過去の偉大な傑作たちのどれとも似つかない本作『The Ship』。唯一無二のキャリアにおいて、また異なるサイクルの始まりを告げるこの意欲作の中で、美しい歌、ミニマルなアンビエント、フィジカルなエレクトロニクス、すべてを知り尽くした書き手が綴る物語、そして技術面での新機軸といった数々の要素を、イーノはひとつの映画的な組曲へとまとめあげている。ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド「I’m Set Free」のカバー曲も収録されている。

Dance/Electronica

ブライアン・イーノが、グラミー賞ノミネート作『LUX』以来の最新作『The Ship』をリリース!イーノのベリー・ベストであると同時に、過去の偉大な傑作たちのどれとも似つかない本作『The Ship』。唯一無二のキャリアにおいて、また異なるサイクルの始まりを告げるこの意欲作の中で、美しい歌、ミニマルなアンビエント、フィジカルなエレクトロニクス、すべてを知り尽くした書き手が綴る物語、そして技術面での新機軸といった数々の要素を、イーノはひとつの映画的な組曲へとまとめあげている。ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド「I’m Set Free」のカバー曲も収録されている。

Dance/Electronica

1997年にリリースされた『The Drop』は、新しい領域に向かっただけでなく、完全に新しい'Drop'という音楽のスタイルである。この作品でEnoは型にはめられることを拒み、ポップや既存の音のアプローチ、そして音楽そのものに結びつけられることを避けようとした。ボーナス音源は『The Drop』と同じ時代の9つの貴重な音源を収録。この音源は、かつて日本で開催されたEnoの展示会、77 Million Paintingsの会場でのみ販売された限定盤に収録されていたもので、それ以来Enoファンの間でもコレクターズ・アイテムとなっている。

Dance/Electronica

1993年にリリースされ、高い評価を得たシングル・トラックのアルバム。セビリア・オレンジの花から取れる官能的な香りの貴重なオイルからその名を取った『Neroli』は、他のどのEno作品よりも、本質的に香りと結びついており、Enoの'ムード・ミュージック'を知らしめることとなった決定的な作品である。ボーナス音源は1992年の未公開作品『New Space Music』。ちょうど一時間に渡る唯一無二のドローン・ミュージックは、『Neroli』の対としても申し分のないものである。

Dance/Electronica

ロシア人のアーティストであり、友人でもあるSergei Shutovに捧げられた1992年の作品。Enoの音楽を聴きながら絵を描いていたという彼に送ろうと、過去の音源をテープにまとめているうちに不意に出来上がったアルバムだという。それぞれのタイトルは、Enoのオーディオ・ビジュアル・インスタレーションから名前がつけられている。ボーナス音源は『The Shutov Assembly』と同時期の未公開音源7曲。

Dance/Electronica

1992年〜1997年の間にレコーディングされたBrian Enoのソロアルバム4タイトルが、ボーナス・コンテンツを加えてリイシュー!1992年にリリースされた『Nerve Net』は、ロック寄りのサウンドに回帰しつつも歪みのある遊び心のある作品で、Robert Fripp、Robert Quine、John Paul Jonesらも参加している。ボーナス音源として、Enoの幻のアルバム『My Squelchy Life』を収録。もともとは1991年9月のリリースが予定されていたが最終段階で見送りとなり、その後伝説となっていた作品だ。

Dance/Electronica

ブライアン・イーノ、21世紀初となるアンビエント作品。 『LUX』はブライアン・イーノにとって、2005年当時28年ぶりに発表されたヴォーカル・アルバム『Another Day On Earth』以来、そして〈Warp〉からは初となる完全なソロ作品である。本作では、イーノがアンビエント・ミュージックを追求し始めた『Music for Films』『Music for Airports』『Apollo : Atmospheres and Soundtracks』にも見られるテーマと音のテクスチャーの中で、さらなる可能性を追求しているのがわかる。また、イーノ自身も今作を、『Discreet Music』(75年)『Neroli』(93年)を含む《Music for Thinking》シリーズの最新プロジェクトとして位置づけている。

Dance/Electronica

英詩人リック・ホランドとのコラボレーションが絶賛されているブライアン・イーノの最新アルバム『Drums Between the Bells』のレコーディング・セッションから、新たに誕生したEP『Panic of Looking』。“ポスト・エブリシング”な今の時代における作詞・作曲プロセスの可能性を追求し続けることで誕生した6曲を収録。

View More Discography Collapse
Collapse

News

ブライアン・イーノとOPNのエディションナンバー入りアートポスター発売決定

ブライアン・イーノとOPNのエディションナンバー入りアートポスター発売決定

ブライアン・イーノとワンオートリックス・ポイント・ネヴァーのエディションナンバー入りアートポスターが、パルコが仕掛ける新しいアートイベント“PARCO PRINT CENTER”で発売されることが発表された。 アートポスター作品を製作・販売する本企画は、

ブライアン・イーノ初のサウンドトラック・コレクションAL発売

ブライアン・イーノ初のサウンドトラック・コレクションAL発売

ブライアン・イーノによるサウンドトラック作品を集めた初のコレクション・アルバム『フィルム・ミュージック 1976-2020』が、11月13日に発売される。 このコレクションでは、過去50年間でイーノが作ってきた有名曲から、知る人ぞ知る隠れた名曲まで全17

ブライアン・イーノ90年代コラボ作品の再発を記念したキャンペーン実施

ブライアン・イーノ90年代コラボ作品の再発を記念したキャンペーン実施

ブライアン・イーノが90年代に世に送り出したコラボレーション作品の名盤で、リリース30周年を迎えるジョン・ケイルとの『Wrong Way Up』(1990)と、ジャー・ウォブルとの『Spinner』(1995) が、高音質UHQCD仕様で8月21日に再発

ロジャー & ブライアン・イーノ、新曲"Manganese"配信開始

ロジャー & ブライアン・イーノ、新曲"Manganese"配信開始

ロジャー & ブライアン・イーノの新曲"Manganese"の配信がスタートし、ミュージックビデオも公開された。 今年3月に初のデュオ・アルバム『Mixing Colours』を発表したイーノ兄弟。 同楽曲をはじめ、日本のみのボーナス・トラックとしてCD

ロジャー&ブライアン・イーノ、ニューALより「セレスト」MV公開

ロジャー&ブライアン・イーノ、ニューALより「セレスト」MV公開

ロジャー&ブライアン・イーノのニュー・アルバム『ミキシング・カラーズ』から、「セレスト」のMVが公開となった。 これはブライアン・イーノと、ミュージシャンでソフトウェア・デザイナーのピーター・チルヴァースが共同でプロデュース/監督したショート・フィルムシ

リー・スクラッチ・ペリー、最新作よりブライアン・イーノとコラボした新曲を解禁

リー・スクラッチ・ペリー、最新作よりブライアン・イーノとコラボした新曲を解禁

伝説中の伝説、リー・スクラッチ・ペリーが、11月22日(金)に発売となる最新作『Heavy Rain』よりブライアン・イーノとコラボレーションした新曲「Here Come The Warm Dreads」を解禁した。 今作『Heavy Rain』は、今年

View More News Collapse
ブライアン・イーノ傑作AL『アポロ』製作ドキュメンタリーがYouTubeで公開

ブライアン・イーノ傑作AL『アポロ』製作ドキュメンタリーがYouTubeで公開

1983年にブライアン・イーノが、彼の兄弟であるロジャー・イーノ、そしてプロデューサーのダニエル・ラノワと共に製作・発表した傑作『アポロ』。 今回、オリジナル・アルバム以来、36年ぶりの実現となったブライアン・イーノ、ロジャー・イーノ、ダニエル・ラノワの

今夜8時よりスタート、オンライン音楽フェス〈WXAXRXP〉タイムテーブル詳細情報

今夜8時よりスタート、オンライン音楽フェス〈WXAXRXP〉タイムテーブル詳細情報

音楽史に計り知れない功績を刻み続ける偉大なる音楽レーベル〈WARP〉が、カッティング・エッジなキュレーションで音楽ファンから絶大な支持を集める「NTS Radio」とコラボレートし、レーベル設立30周年を祝うオンライン音楽フェス〈WXAXRXP〉。 いよ

〈WARP〉ポップアップストア、大阪&京都で開催決定

〈WARP〉ポップアップストア、大阪&京都で開催決定

先日東京・原宿で開催された〈WARP〉ポップアップストアに続き、大阪&京都での開催が決定した。 大阪は6月29日、京都は6月30日に開催される。 目玉商品は、昨年12月と先週に東京・原宿で開催されたポップアップストアでカルト的人気を誇ったエイフェックス・

WARP Recordsレーベル30周年を祝うオンラインフェス『WXAXRXP』開催

WARP Recordsレーベル30周年を祝うオンラインフェス『WXAXRXP』開催

音楽史に計り知れない功績を刻み続ける偉大なる音楽レーベルWARP RECORDSが、音楽ファンから絶大な支持を集める「NTS Radio」とコラボレートし、レーベル設立30周年を祝うオンライン音楽フェス『WXAXRXP』を開催することが決まった。 このフ

ブライアン・イーノ、新作アンビエント作品『Reflection』を元日リリース

ブライアン・イーノ、新作アンビエント作品『Reflection』を元日リリース

ブライアン・イーノが新たに完成させたアンビエント作品『Reflection』が2017年1月1日(日)にリリースされる。 世界同時でリリースされる本作について、ブライアン・イーノは以下のような文章を寄せている。 ---------------------

イーノ新作、ハイレゾ版予約開始&ヴェルヴェッツ・カヴァー含む先行2曲ダウンロード・スタート!

イーノ新作、ハイレゾ版予約開始&ヴェルヴェッツ・カヴァー含む先行2曲ダウンロード・スタート!

ブライアン・イーノが2012年『LUX』以来の最新作を4月27日(水)にリリースする。 最新作のタイトルは『The Ship』。OTOTOYでは本作のハイレゾ版(24bit/44.1kHz)の配信が決定。 そして本日、4月21日(木)21時より、予約販売

ブライアン・イーノ、ソロ・アルバム『The Ship』からタイトル曲音源を初公開

ブライアン・イーノ、ソロ・アルバム『The Ship』からタイトル曲音源を初公開

ブライアン・イーノがソロ・アルバム『The Ship』から、初出し音源となるタイトル曲「The Ship」を公開した。 グラミー賞にもノミネートされた2012年作品『LUX』以来となるソロ・アルバム『The Ship』を4月27日にリリースするブライアン

ブライアン・イーノ、『LUX』以来となるソロ最新作『The Ship』をリリース

ブライアン・イーノ、『LUX』以来となるソロ最新作『The Ship』をリリース

ブライアン・イーノが、最新作『The Ship』をリリースすることが発表された。 近年はカール・ハイドによるコラボ・プロジェクト、イーノ・ハイドでの活動を行っていたイーノのソロ最新作は、2012年リリースのグラミー賞ノミネート作『LUX』以来となる作品。

〈WARP〉ハイレゾ20作品を、OTOTOYにて1週間限定で20%プライスオフ配信開始

〈WARP〉ハイレゾ20作品を、OTOTOYにて1週間限定で20%プライスオフ配信開始

エイフェックス・ツインやフライング・ロータス、ボーズ・オブ・カナダといったエレクトロニック・ミュージックの大物アーティストから、バトルスのようなポストロック・バンド、さらにはまさに大御所、ブラアン・イーノまでをもリリースするUKの名門レーベル〈WARP〉

クラウトロックを支えたディーター・メビウスが死去、享年71歳

クラウトロックを支えたディーター・メビウスが死去、享年71歳

クラスターやハルモニアなどで活躍したクラウトロック界の中心人物の一人であるディーター・メビウス(Deiter Moebius)が、2015年7月20日に亡くなった。享年71歳。 これは、メビウスの盟友であるミヒャエル・ローターが、公式Facebookペー

アフロ・ビートなファースト・シングル! ブライアン・イーノ&カール・ハイド・コラボ

アフロ・ビートなファースト・シングル! ブライアン・イーノ&カール・ハイド・コラボ

ブライアン・イーノとアンダーワールドのカール・ハイドによるコラボ・プロジェクト、イーノ・ハイド。4月28日リリースのアルバム『Someday World』に先駆けて、ファースト・シングルとなる「DADDY'S CAR」が公開された。 巨匠、ブライアン・

〈Red Bull Music Academy 2013 NY〉にブライアン・イーノ、坂本龍一ら総勢230名が参加

〈Red Bull Music Academy 2013 NY〉にブライアン・イーノ、坂本龍一ら総勢230名が参加

(C) Red Bull Content Pool 今回で15回目となる〈Red Bull Music Academy〉が2013年4月28日から5月31日までニューヨークで開催される事が決定。34のオリジナル・イベントがおこなわれ、ブライアン・イーノ

ブライアン・イーノ、新作アルバムの先行試聴イベントを羽田空港で開催!

ブライアン・イーノ、新作アルバムの先行試聴イベントを羽田空港で開催!

ブライアン・イーノが11月7日(水)にリリースする最新アンビエント・アルバム『LUX』。同アルバムの発売を記念して、11月2日(金)から6日(火)までの5日間、羽田空港の第2旅客ターミナルで先行試聴イベントが行われる。期間中、羽田空港の第2旅客ターミナ

Collapse

Articles

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

レヴュー

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

故デヴィッド・ボウイのベルリン三部作、U2、トーキング・ヘッズやコールドプレイを手がけた名プロデューサーであり、アンビエント・ミュージックの提唱者、そしてひとりのアーティストでもあるブライアン・イーノ。昨年春に壮大なアルバム『THE SHIP』をリリースし…

新たな幻影を見つけるために、わたしは自由になる──ブライアン・イーノ『The Ship』ハイレゾ配信

レヴュー

新たな幻影を見つけるために、わたしは自由になる──ブライアン・イーノ『The Ship』ハイレゾ配信

ロックと現代音楽、アフロ・ミュージックにニューウェイヴなどなど、さまざまな音楽の境界線を横断し、コンセプトを作り出し、そしてアーティストたちをその手腕で結びつけ、さまざまなエッジをシーンに刻印し続けてきた巨星、ブライアン・イーノ。グラミーにもノミネートされ…

Brian Eno『Small Craft On A Milk Sea』日本先行配信!

レヴュー

Brian Eno『Small Craft On A Milk Sea』日本先行配信!

''Brian Eno / Small Craft On A Milk Sea'' 集大成なのか変化なのか。新たな概念、コンセプトの提唱への一歩なのか。いずれにせよ、Brian Eno自身が「真に革新的なレーベル」と讃える<WARP>との運命的な出会いによ…