album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
sanctum sanctorum  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 01:43
Déconstruction  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:47
あなたを離さないで  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:16
ゆめをみている (déconstructed)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:10
zzz #sn1572  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 01:36
春火燎原  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:36
セブンス・ヘブン  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:48
パンドーラー  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:04
iconostasis  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 01:35
シスター with Sisters  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:56
そうぞうする  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:00
Bang  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:19
Heart of Gold  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:16
春雷  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:39
zzz #arabesque  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 01:40
Old Fashioned  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:22
森が燃えているのは  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:49
Kick in the World (déconstructed)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:08
祈りだけがある  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:31
生きる  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:01
omega et alpha  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 01:02
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 62:18
Album Info

春ねむりが「春と修羅」以来四年ぶりとなる2ndフルアルバム「春火燎原」をリリース。

新作「春火燎原」はデジタルと12インチアナログ盤の二形式でリリース予定。全21曲を収録し作詞、作曲、編曲すべてを、春ねむりが手掛けた。

Discography

Pop

今作『INSAINT』では、全6曲のすべてが、ギター・ドラム・ベース・ボーカルで構成されるバンドセットで録音されており、同期や打ち込みはほとんど使われていない。ファースト・フルアルバム『春と修羅』(2018) の頃から、春ねむりは自身の音楽のジャンルを問われるときには「パンク」「ハードコア」「ロック」と答えていることが多いが、実際のところ音像のジャンルとしては多岐にわたる種類のサウンドを行き来してきた。それに対して今作は、そのジャンルのど真ん中のサウンドを意図的に鳴らしているのである。「パンク」「ハードコア」という観念の真ん中で、2023年の春ねむりは「生存は抵抗」と叫び、聞く者たちへ「きみを殺すもののすべてを壊しに行こう」と呼びかける。それは、この社会において作られている「普通」と言われる領域から取りこぼされたひとたちへの切実な語りかけである。そのまなざしは、かつてその「普通」から逸れてしまい、途方に暮れ自己を否定するしかなかった自分へも向けられる。生きること、生き抜くことそのものが抵抗となってしまうような世界で———差別や搾取・暴力などの不条理がまかり通っている世界で———春ねむりは怒り、叫び、その構造を破壊しようと試みているのである。

6 tracks
Pop

春ねむり、新作EP『INSAINT』より先行SG「わたしは拒絶する」リリース

1 track
Pop

今楽曲は、外国人の収容・送還のルールを見直す「入管難民法改正案」が2023年6月9日、参院法務委員会で自民、公明、日本維新の会などの賛成多数により可決、成立したことを受け、抗議の意を込めて急遽制作された。この法案は、難民申請が3回目以上であれば申請中であっても強制的な送還を可能にする等の条項を含んでおり、世界的に見ても難民受入率の低い日本の状況にさらに拍車をかける可能性が高いものである。また、出入国在留管理局の体制について多くの疑念が残る中、半ば強硬に可決されたことも憂慮するべき事態と言える。2021年に起こったウィシュマさん死亡事件におけるずさんな職員の対応や、その後の隠蔽を意図する態度(提出された開示資料1万5113枚のほぼすべてが黒塗りだったことは記憶に新しい)について、建設的な改善が見られたとは言い難く、また、今法案の審議中には、難民審査に適切な時間がかけられていないのではないかという疑惑や、大阪入管の医師が酒に酔った状態で診察を行なっていたことが明らかになった。かつて第二次世界大戦中に、スイス政府は、ナチスの手を逃れてきたユダヤ人たちに対し、「人種的な理由で亡命する人々は、政治難民とはみなされない」として国境を閉ざした。追い返されたユダヤ人たちはほぼ確実に移送・殺害されたとされている。この決定に反対するスイス市民や左派集団に対し、当時の司法相は「ボートは満員だ」という比喩を使って演説した。今作ではその比喩が引用されており、閉鎖的で排外主義的な日本の体制を描写している。法案可決の報道を受けて、春ねむりはツアーで滞在していたロンドンで、この楽曲を1日で書き上げた。「船が沈むのはいのちの重さのせいじゃなくて/船そのものが腐っているからさ」という歌詞にも見て取れるように、体制や権力の腐敗を強く訴えている。また、曲名の「Wrecked」とは、「疲れてくたびれた」「難破・遭難した」という意味で、この現状に辟易としている感情が、そのまま音楽へと落とし込まれている。

1 track
Pop

春ねむりが新曲「ANGRY ANGRY」を配信リリース。 本作はオーストラリアのミュージシャンJaguar Jonzeとの共作。2人は2022年10月に行われた春ねむりの北米ツアーで共演し、そのままロサンゼルスにて今作の制作を開始した。

2 tracks
Pop

"春ねむりによる楽曲「Old Fashioned」に、台湾のラッパー PIZZALI, SiNNER MOON, Peatleを客演に迎えた新バージョンが完成! オリジナルは春ねむりが4月にリリースした最新アルバム『春火燎原』に収録されている1曲。本作には台湾の若手ラッパーを迎えており、原曲でも歌われていた社会への怒りと諦観を台湾語・英語・日本語を使用した皮肉に満ちたリリックで構成。攻撃的かつダーティなパンキッシュサウンドの上に高い熱量のフロウが重なり、より聴き応えが増した仕上がりとなっている。"

1 track
Pop

全編を通し旋律を排除した日本語のリズムのまま、無類の表現力と独自性を持つ彼女のヴォーカルが生かされたプロダクションになっている。「Live on KEXP」で披露したアコースティックアレンジを効かせ、そのキッチュさが小気味よい音世界を再構築。底知れぬクリエイティビティを見せつけた本作は、別角度のアプローチで「祈りだけがある」の新たな魅力を引き出している。

1 track
Pop

ウ山あまねは春ねむりの「Pink Unicorn」や最新作『春火燎原』収録曲「そうぞうする」でもCo-Producerとして参加したシンガーソングライター/プロデューサー。原曲の実験的かつオルタナティブなプログレッシブサウンドをさらに分解/再構築。前衛的なハイパーポップの要素が盛り込まれたウ山あまねが織りなす多彩アプローチで「Bang」の新たな魅力を引き出している

1 track
Pop

春ねむりが「春と修羅」以来四年ぶりとなる2ndフルアルバム「春火燎原」をリリース。 新作「春火燎原」はデジタルと12インチアナログ盤の二形式でリリース予定。全21曲を収録し作詞、作曲、編曲すべてを、春ねむりが手掛けた。

21 tracks
Pop

4月22日(水)発売のニュー・アルバム『春火燎原』のラストを飾る楽曲。谷川俊太郎の文学作品“生きる”の一部が朗読で引用されており、本人より直接の許諾を得て制作された。なお谷川の同作品は過去にポエトリーラッパー・不可思議/wonderboyによって音源化されたことがある。春による“生きる”は、不可思議/wonderboyによるポエトリーリーディングの系譜を引き継ぎつつも、朗読を歌唱に近付けることでポップスのフィールドに落とし込まれている。

1 track
Pop

春ねむりが、ニュー・シングル「Déconstruction」をリリース。 2021年に入り、1月「bang」、3月「祈りだけがある」、5月「セブンス・ヘブン」、7月「Old Fashioned」と、ハイペースでリリースを続ける春ねむり。今作の制作は、ノルウェーの新世代歌姫「AURORA」やイギリスのロック・トリオ「London Grammar」等を手掛けるプロディーサー・デュオ「MyRiot」(Tim Bran and Roy Kerr) をCo-Producerとして迎え制作を行った。

1 track
Pop

映画『猿楽町で会いましょう』主題歌

1 track
Pop

美しく壮大なサウンドスケープと春ねむりのボーカルの魅力を味わえる1曲

1 track
View More Discography Collapse
Collapse

News

春ねむり、初の全曲バンド録音で新作EPリリース決定&4年ぶりのヨーロッパツアーも開催

春ねむり、初の全曲バンド録音で新作EPリリース決定&4年ぶりのヨーロッパツアーも開催

春ねむりが、新作EP「INSAINT」を2023年9月29日(金)にリリースすることが決定した。 本作には全6曲が収録され、2023年9月8日(金)にはアルバムからの先行配信シングルとして「わたしは拒絶する」のデジタルリリースも決定。 昨年4月、セカンド

samayuzame、怪しく魅せる新曲「City of Romantica」本日リリース

samayuzame、怪しく魅せる新曲「City of Romantica」本日リリース

東京藝術大学出身のシンガーソングライター、samayuzameが、新曲"City of Romantica"を2023年6月21日(水)にリリースした。 1998年生まれの音楽家であるsamayuzameは、独学でDTMを学び、2018年よりシンガーソン

“APPLE VINEGAR -Music Award-”2023年大賞が決定

“APPLE VINEGAR -Music Award-”2023年大賞が決定

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文が2018年に設立した、新進気鋭のミュージシャンが発表したアルバムに贈られる作品賞『APPLE VINEGAR -Music Award-』。 第6回となる今年の選考会が2023年3月14日(火)

春ねむり、ツアーファイナルは神聖かまってちゃんと2マン

春ねむり、ツアーファイナルは神聖かまってちゃんと2マン

春ねむりが、昨年2022年10月にのカナダ・モントリオール公演からスタートした〈HARU NEMURI “SHUNKA RYOUGEN” TOUR〉の最終公演に出演するゲストが発表された。 2023年7月1日(土)に東京〈恵比寿リキッドルーム〉にて行われ

春ねむり、Jaguar Jonzeとの共作SG「ANGRY ANGRY」配信リリース決定

春ねむり、Jaguar Jonzeとの共作SG「ANGRY ANGRY」配信リリース決定

春ねむりが新曲「ANGRY ANGRY」を4月14日(金)に配信リリースする。今回のアナウンスに合わせて新しいアーティスト写真、ジャケット写真も公開された。 本作はオーストラリアのミュージシャンJaguar Jonzeとの共作となる。2人は2022年10

第6回”APPLE VINEGAR -Music Award-“ノミネーション12作品を発表

第6回”APPLE VINEGAR -Music Award-“ノミネーション12作品を発表

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文が設立した”APPLE VINEGAR -Music Award-“、第6回となる2023年のノミネート作品12アルバムが本日(2/10)オフィシャル・サイトで発表なった。 ”APPLE VINE

View More News Collapse
春ねむり、日本凱旋のツアーファイナル公演開催決定

春ねむり、日本凱旋のツアーファイナル公演開催決定

春ねむりが、現在行っているフルアルバム『春火燎原』を提げたライヴツアーのファイナル公演が、2023年7月1日(土)に東京・恵比寿リキッドルームにて開催されることが決定した。 そして今回の発表と同時に、北米、東アジアに続きUKツアーも発表された。 昨年10

キセル、〈ボロフェスタ2022〉に急遽出演決定

キセル、〈ボロフェスタ2022〉に急遽出演決定

いよいよ、明日11月3日(木、祝)から始まり4日(金)5日(土)6日(日)にわたり京都で開催される音楽フェス・〈ボロフェスタ2022〉。 11月4日に出演が決まっていたDYGLが体調不良によりキャンセルとなり、代わりにボロフェスタと所縁の深いキセルの出演

〈ボロフェスタ2022〉TT発表 ロックバンドの4組がトリ

〈ボロフェスタ2022〉TT発表 ロックバンドの4組がトリ

2022年11月3日(木、祝)4日(金)5日(土)6日(日)にわたり京都で開催される音楽フェス・〈ボロフェスタ2022〉。 本日、注目のタイムテーブルが発表された。 4日間続く〈ボロフェスタ2022〉は各ジャンルの垣根を超えた、いま注目のアーティスト総勢

〈ボロフェスタ2022〉第6弾でKOTORI、THE NOVEMBERSら決定 ウクライナ支援トークセッションも

〈ボロフェスタ2022〉第6弾でKOTORI、THE NOVEMBERSら決定 ウクライナ支援トークセッションも

2022年11月3日(木、祝)4日(金)5日(土)6日(日)にわたり京都で開催される音楽フェス・〈ボロフェスタ2022〉。 その第6弾出演アーティストが発表された。 岸田繁(くるり)がプロデュースした楽曲「こころ」が話題を集めるなど、てらいのないまっすぐ

〈ボロフェスタ2022〉第5弾で春ねむり、mekakushe、FLUID 、みらん、ラッキーオールドサン、Hakubiら18組

〈ボロフェスタ2022〉第5弾で春ねむり、mekakushe、FLUID 、みらん、ラッキーオールドサン、Hakubiら18組

2022年11月3日(木、祝)4日(金)5日(土)6日(日)にわたり京都で開催される音楽フェス・〈ボロフェスタ2022〉。 その第5弾出演アーティストが発表された。 今年リリースされたアルバム『春火燎原』が、〈Pitchfork〉から高評価のレビューを獲

春ねむり、YouTubeアーティスト支援プログラム「Foundry」に日本から唯一選出

春ねむり、YouTubeアーティスト支援プログラム「Foundry」に日本から唯一選出

春ねむりが、YouTubeの開催する世界中の注目アーティストを支援するプログラム「Foundry」に日本のアーティストとして唯一選出された。 今回選出されたのは世界各国から全30組で、日本人アーティストは春ねむりのみとなる。 Foundryは、ワークショ

春ねむり、早くも今年2度目の北米ツアー開催決定

春ねむり、早くも今年2度目の北米ツアー開催決定

春ねむりが、10月に〈SHUNKA RYOUGEN NORTH AMERICA TOUR 2022〉と題した北米ツアーを開催する事が発表された。 今年3月に行った初の北米ツアーでは、全公演をソールドアウトさせ多くの観客を熱狂させた春ねむり。その後の〈SX

【快挙】春ねむり新作がPitchforkで8.0点獲得

【快挙】春ねむり新作がPitchforkで8.0点獲得

4月22日にリリースされた春ねむりのニューアルバム『春火燎原』が、辛辣なレビューでも知られるアメリカの音楽メディア〈Pitchfork〉で8.0点の高得点を獲得した。さらには「9 Albums Out This Week You Should Liste

ぜんぶ君のせいだ。が全国対バンツアーの出演者第1弾を発表

ぜんぶ君のせいだ。が全国対バンツアーの出演者第1弾を発表

本日4月16日(土)、病みかわいいをビジュアルコンセプトにするユニットぜんぶ君のせいだ。が、全国7都市をまわる対バンツアー〈GreedbygreeD TOUR〉の出演者情報第1弾を解禁した。 本ツアーは様々なジャンルのアーティストを迎え、5月5日(木・祝

春ねむり、ニュー・アルバムより「生きる」MV公開

春ねむり、ニュー・アルバムより「生きる」MV公開

世界的に高い評価を得た前作『春と修羅』以来4年ぶりとなるフルアルバム『春火燎原』を4月22日(金)にリリースする春ねむり。 そのアルバムに収録される新曲「生きる」のミュージック・ビデオが公開された。 春ねむり HARU NEMURI「生きる / Ikir

春ねむり、新ALより新曲「生きる」をサプライズ配信リリース

春ねむり、新ALより新曲「生きる」をサプライズ配信リリース

春ねむりが4月22日(金)にリリースする新作アルバム『春火燎原』より、アルバムを締めくくる「生きる」が、本日4月1日(金)にサプライズで配信リリースされた。 「生きる」は、谷川俊太郎の文学作品「生きる」を一部曲中で朗読し、本人より直接の許諾を得て制作をし

春ねむり、セカンドフルアルバム『春火燎原』全貌を公開

春ねむり、セカンドフルアルバム『春火燎原』全貌を公開

4月22日(金)にリリースされる春ねむりの2ndフルアルバム『春火燎原』(読み:シュンカリョウゲン) の詳細が公開された。 『春火燎原』は圧倒的高評価を受け傑作となった「春と修羅」から4年の歳月を経てのリリースとなり、今作も全楽曲の作詞/作曲/編曲を自身

春ねむりが全21曲収録のニューアルバム「春火燎原」を4/22にリリース

春ねむりが全21曲収録のニューアルバム「春火燎原」を4/22にリリース

春ねむりのセカンドフルアルバム「春火燎原」(読み:シュンカリョウゲン) が4月22日(金)にリリースされる。 4年ぶりとなる待望のフルアルバム「春火燎原」は、この時代から逸脱した全21曲収録の大作。昨年配信リリースされた楽曲に加え、多様な角度から自身の表

春ねむり、今年5作目となる新曲「Déconstruction」リリース

春ねむり、今年5作目となる新曲「Déconstruction」リリース

春ねむりが、本日10月1日にニュー・シングル「Déconstruction」(読み:デコンストラクション)をリリースした。 2021年に入り、1月「bang」、3月「祈りだけがある」、5月「セブンス・ヘブン」、7月「Old Fashioned」と、ハイペ

春ねむりが米KEXP「Live on KEXP」に登場

春ねむりが米KEXP「Live on KEXP」に登場

春ねむりが米シアトルのラジオ局 KEXP「Live on KEXP」に出演した際のライヴパフォーマンス映像が、KEXPのオフィシャルYouTubeチャンネルにて公開された。 新曲「Déconstruction」を初披露したほか、Pussy Riotのカバ

春ねむりがVtuber「尾丸ポルカ」に楽曲提供、MVはリアルとヴァーチャルが融合

春ねむりがVtuber「尾丸ポルカ」に楽曲提供、MVはリアルとヴァーチャルが融合

春ねむりが作詞・作曲を手掛けたVtuber尾丸ポルカのデジタル・シングル『エヴァーブルー』が、本日8月27日(金)にリリースされた。 尾丸ポルカはVtuberグループ・ホロライブの第5期生として昨年8月にデビューし、現在のYouTube登録者数は約80万

春ねむりが思考停止の今に怒りの警告、「Old Fashioned」リリック・ビデオ公開

春ねむりが思考停止の今に怒りの警告、「Old Fashioned」リリック・ビデオ公開

春ねむりが本日7月23日(金)にニュー・シングル「Old Fashioned」をリリース。 さらに同曲のリリック・ビデオをYouTubeで公開した。 春ねむり HARU NEMURI「Old Fashioned」(Official Lyric Video

春ねむり、映画主題歌「セブンス・ヘブン」リリース

春ねむり、映画主題歌「セブンス・ヘブン」リリース

2021年、1月に「bang」、3月に「祈りだけがある」と立て続けにリリースし、その創作意欲はコロナ禍でも変わらず、作品毎にフレキシブルな創造性を披露している春ねむり。 本日、5月28日(金)にリリースされた「セブンス・ヘブン」は映画『猿楽町で会いましょ

Collapse

Articles

【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース

レヴュー

【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース

横浜出身のポエトリー・ラッパー、春ねむり。2016年10月に1stミニ・アルバム『さよなら、ユースフォビア』でデビュー、昨年6月に2ndミニ・アルバム『アトム・ハート・マザー』をリリースした。そして3作品目となる、初のフル・アルバム『春と修羅』が完成した。…

映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース

インタヴュー

映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース

突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュースした直井卓俊による映画祭。「そもそも何でOTOTOYで映画?」と思ったそこのあなたも、歴代の参加アーティストを見れば…

【REVIEW】衝動 × 衝動! 春ねむり、後藤まりことの共作シングルをハイレゾ配信

レヴュー

【REVIEW】衝動 × 衝動! 春ねむり、後藤まりことの共作シングルをハイレゾ配信

シンガー・ソングライター、ポエトリー・ラッパー、トラックメーカーと、多才さを発揮し、今年の夏にはオーディション優勝を経て〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017〉へ出演。2017年大注目の新人といわれている“うたう最終兵器”春ねむり。そんな…