artist image

ぜったくん

HipHop/R&B

Discography

HipHop/R&B
ぜったくん、新曲「sunday sunday」をリリース
1 track
HipHop/R&B
ぜったくん、新曲「sunday sunday」をリリース
1 track
HipHop/R&B
2019年夏、東京最南端 MAD CITY 町田から突如登場したラッパー/トラックメーカー、ぜったくん初のEPが完成! 昨年デジタルのみでリリースされ各サブスクやネット上で「誰?誰?」「何?何?」とガヤガヤと話題になった3曲( Catch me Flag!!?」「sleep sleep」「温泉街」)に、ジャクソンファイブ meets 藤子・F・不二雄を連想させる最強の世界観で平行世界を駆け抜ける「Parallel New Days」、SSW 界の魔人こと入江陽を迎え「爪を切ろうか、彼女を切ろうか」と前代未聞の迷いを歌う「爪」、チルなサウンドで落ち込み気味で伏し目がち、やる気のない時のあなたをほっこりと包み込む「Bad Feeling」の3曲を加え、ド真ん中すぎるポップネスをモロにぶち込んでしまった聴きごたえ満点な全6曲を収録!!!
6 tracks
HipHop/R&B
デビューデジタルシングル「Catch me, Flag!!?」で、ど真ん中なポップネスを思わず発揮してしまい、各方面から注目が集まるfrom MAD CITY 町田のラッパー/トラックメイーカー、ぜったくんの2nd デジタルシングルが到着! 今作ではファニーな歌声で巷の紳士淑女を虜にして止まないSSW さとうもかをゲストボーカルとしてフィーチャリング。 アレンジは前作同様に盟友SUKISHA が担当。「睡眠の秋」をテーマ?に、ひたすら寝てるだけ(※前作も寝てるだけでした...)なのに謎に引き込まれるユーモラスにしてキュンキュンなリリックはあなたの「何度寝だってしちゃう」欲をムニャムニャと掻立てる。 レイドバックするHIPHOP然とした気だるく眠たげなBEAT から、まさかのドリーミンな怒涛の展開が未だ見ぬ「夢町三丁目」へと誘い込み...... この夏の猛暑で睡眠不足気味な皆々様は、心地よーーーく「8度寝」確実!!? と思われます。
1 track
HipHop/R&B
今作『idEal2』は、豪華で内容が 濃いものに仕上がった。 今作中の『daremo』や「mau」など、切なくも前向きな 彼の人間らしさが独特なアプローチで表現されていて、 リラックスしつつも思わず体が揺れてしまう。 さらにそれを濃くするのが、 同クルー「Eskimo」でありプライベートでもEee.(スリー)のことをよく知る トラックメイカー・「u c」が全楽曲兼プロデュースを務めたことも この作品に深く関係している。 そして今作での注目するべきは、 多数のアーティストを招いていることだ。 今、若い世代から注目されている「ぜったくん」や ぜったくんの楽曲「温泉街」や SUKISHAのアルバム「Kiss The knowledge knives」にも参加した ラッパー・『kou-kei』 「EVISBEATS」のアルバムにも参加したラッパー・「Qugo」 同クルー「Eskimo」である、長野県出身のラッパー・「8ow」 沖縄のヒップホップクルー「KICKIN ENISHI'S」所属のラッパー・「Deey」 日本語、韓国語、英語が話せるバイリンガルな女性シンガー・「tomato」 多方面から総勢7名のアーティストが参加し 彼にしかなし得ないアルバムが完成した。 今作の中の「over skies feat. tomato」では、 疾走感のあるハウスでリズミカルなトラックの上に、「tomato」の透き通る英語の歌声とラッパー・「Eee.」の軽やかなラップがマッチした気持ちの良い楽曲に仕上がった。 皆の憂鬱を吹き飛ばし、高くまで上がっていける前向きな楽曲となり、今年2021年の文京学院大学のコンセプトムービーに採用された。 やはり今作も ラッパー・Eee.(スリー)自身のありのままなリリック と独自の表現が存分に注がれている。 それは、ヒップホップと一言では括れない 聴いた人が次に迫る展開や表現に驚く面白さそして 彼の子供のような感性が滲み出ている。 まさに彼の掲げる「好きなように、自由に」が 作り出した作品だ。
9 tracks
HipHop/R&B
今作『idEal2』は、豪華で内容が 濃いものに仕上がった。 今作中の『daremo』や「mau」など、切なくも前向きな 彼の人間らしさが独特なアプローチで表現されていて、 リラックスしつつも思わず体が揺れてしまう。 さらにそれを濃くするのが、 同クルー「Eskimo」でありプライベートでもEee.(スリー)のことをよく知る トラックメイカー・「u c」が全楽曲兼プロデュースを務めたことも この作品に深く関係している。 そして今作での注目するべきは、 多数のアーティストを招いていることだ。 今、若い世代から注目されている「ぜったくん」や ぜったくんの楽曲「温泉街」や SUKISHAのアルバム「Kiss The knowledge knives」にも参加した ラッパー・『kou-kei』 「EVISBEATS」のアルバムにも参加したラッパー・「Qugo」 同クルー「Eskimo」である、長野県出身のラッパー・「8ow」 沖縄のヒップホップクルー「KICKIN ENISHI'S」所属のラッパー・「Deey」 日本語、韓国語、英語が話せるバイリンガルな女性シンガー・「tomato」 多方面から総勢7名のアーティストが参加し 彼にしかなし得ないアルバムが完成した。 今作の中の「over skies feat. tomato」では、 疾走感のあるハウスでリズミカルなトラックの上に、「tomato」の透き通る英語の歌声とラッパー・「Eee.」の軽やかなラップがマッチした気持ちの良い楽曲に仕上がった。 皆の憂鬱を吹き飛ばし、高くまで上がっていける前向きな楽曲となり、今年2021年の文京学院大学のコンセプトムービーに採用された。 やはり今作も ラッパー・Eee.(スリー)自身のありのままなリリック と独自の表現が存分に注がれている。 それは、ヒップホップと一言では括れない 聴いた人が次に迫る展開や表現に驚く面白さそして 彼の子供のような感性が滲み出ている。 まさに彼の掲げる「好きなように、自由に」が 作り出した作品だ。
9 tracks
HipHop/R&B
シンガー/トラックメイカー/プロデューサーのSUKISHAが3/10にNewアルバム「Kiss The Knowledge Knives」をリリースする。 SUKISHAはこれまでApple Music累計再生回数1000万回を突破。作詞作曲編曲を手がけたkiki vivi lilyとの共作「Blue in Green」のMVはyoutubeで200万回再生以上を記録している。 今回は全体として無名のラッパーkou-keiをフィーチャーし、さらに客演にfarmhouse,kojikoji,空音,rin音,ぜったくんを迎えて制作された。
10 tracks
HipHop/R&B
MPC Player & ビートメイカーKO-neyのコラボシングルプロジェクト第二弾。独自のメロディセンスを持つラッパー、ぜったくんをフィーチャーしたLo-fiダンスチューン。
1 track
View More Discography Collapse
Collapse

News

7/2開催〈SEVEN'S UTOPIA〉にラブリーサマーちゃんら出演

7/2開催〈SEVEN'S UTOPIA〉にラブリーサマーちゃんら出演

様々なアーティストのコンサート制作を手掛ける“SEVEN’S SOFTHOUSE”によるライヴイベント〈SEVEN’S UTOPIA〉が7月2日(金)に恵比寿LIQUIDROOMにて開催。 今回の出演アーティストに、ラブリーサマーちゃん、ぜったくん、カメ

12/15放送「WONDER WHEEL」に広瀬香美、B.O.L.T、Devil ANTHEM.らが出演

12/15放送「WONDER WHEEL」に広瀬香美、B.O.L.T、Devil ANTHEM.らが出演

月1回、YouTube LIVEで生放送される“エンターテインメントの新たな配信のカタチ”をコンセプトにしたYouTube LIVE番組「WONDER WHEEL」。 番組MCをサイプレス上野と、フィロソフィーのダンスの奥津マリリが担当する同番組の12月