元BEAT CRUSADERSのクボタマサヒコがオーナーを務めるレーベル、CAPTAIN HAUS RECORDINGS。toeの美濃隆章とクボタが組んでいたバンド、popcatcherの作品をリリースするために1996年に立ち上げられた同レーベルは、BEAT CRUSADERSを始めとした作品をリリースしており、現在は、√thumm、YeYe、trademark、kuhといった個性的かつ良質なアーティストの楽曲をリリースしています。このたび、クボタ率いるkuhが6月から4ヶ月連続で新曲を発表。これを記念して、OTOTOYでは3ヶ月連続でCAPTAIN HAUS RECORDINGSを大特集! 第2回目となる今回は、奈良で独自の進化を遂げたオリエンタル・テクノ・バンド、 √thumm(ルートサム)にインタビュー。レーベル・オーナーのクボタとともに、√thummeの魅力について迫りました。3ヶ月かけて、CAPTAIN HAUS RECORDINGSについてじっくり迫っていきます!!

CAPTAIN HAUS RECORDINGS所属のオリエンタル・テクノ・バンド、√thummの新作がリリース

√thumm / mimoro

音楽の都・京都と隣り合わせながらも、独特の奥ゆかしさを持つ奈良で独自の進化を遂げたオリエンタル・テクノ・バンド、 √thumm(ルートサム)。 どこか初期YMO、はたまた大正九年をも彷彿とさせるノスタルジックな「和製」感は、毎年フランスで行われるヨーロッパ最大規模の日本フェス『JAPAN EXPO 2010』に出演した際にもゆらぐことなく欧米人のハートをトリコにさせた。 2012年、彼らのルーツである奈良の神山「ミモロ山」の名を掲げ、いにしえの都より見参 。

1. Time Trip / 2. Prophet / 3. may / 4. Simple life / 5. K / 6. こよなし / 7. cutesy / 8. 浮雲 / 9. BLUE MARBLE / 10. WHITE


ソーシャル・ネットワーク世代の非クラスタ型うたうたいYeYeのデビュー・アルバム

YeYe / 朝を開けだして、夜をとじるまで

アナログ世代とソーシャル・ネットワーク世代の時空の隔たりを、自由自在にバック・トゥ・ザ・フューチャーするひとりユニット「YeYe」待望のデビュー・アルバム。「もし、楳図かずおや伊藤潤二作品の主人公が歌をうたいはじめたら」という異感覚を素でいく、22 歳の女子学生がささやかな日常をほんの少しのストレインジさで多次元に綴った音世界。どこか荒井由美を彷彿とさせる凛と透き通った歌声と、年齢・国籍不明な独特のセレクト感で作詞・作曲からすべての楽器の演奏までをセルフ・プロデュースで行う、ソーシャル・ネットワーク世代の非クラスタ型うたうたいです。

1. morning / 2. you are singing always / 3. であう、わかれる / 4. uminami / 5. Buddy Holly / 6. なみだ / 7. woo lino sunte on lino / 8. 「言う」

YeYeとクボタマサヒコの対談はこちら

レーベル・オーナー、クボタマサヒコ率いるkuhが、2012年6月から4ヶ月連続で新曲を発表!!

左) 愛と喧噪のファンファーレ(8/29発売)
中) the Daily Star (7/25発売)
右) ツキサガシ (6/27発売)

4ヶ月連続でリリースされるkuhの新曲の第三弾。ミドル・テンポな今作は、キャッチーなメロディと哀愁を感じる、どこか切なさを含んだポップ・チューンとなっています。kuhのいくつもの顔の一つを楽しめる楽曲をお楽しみください。

2007年リリースの1stアルバムも配信スタート

kuh / KY!

1. よだか / 2. time has come -paricco mix- / 3. 夏去 / 4. J.U.N.O. / 5. half past 5 a.m. / 6. ウタカタ / 7. ショート・ショート '04 / 8. 誰も望んでない付け合わせのサラダ / 9. 夜光衛星 / 10. yorumi / 11. Cheesecake / 12. 水在月

INTERVIEW : √thumm & クボタマサヒコ

クボタマサヒコ(kuh、ex.BEAT CRUSADERS)が代表を務めるインディー・レーベル、CAPTAIN HAUS RECORDINGを、レーベル所属アーティスト × クボタマサヒコの対談形式で解剖していくこの企画。先月特集した京都の女性アーティストYeYeに続き、今回は奈良で活動するテクノ・バンド、√thumm(ルートサム)に焦点を当てたい。

「エレクトロ + オリエンタル ÷ バンド・サウンド」と本人たちが謳うように、このバンドの最大の魅力は電子音と和の音色が優美に融け合っていく様にある。まるで百人一首の世界に迷い込んだような趣ある言葉。かと思えば、次の曲ではスピード感ある音と共に英単語の羅列が流れていく。未来的でありながら日本独特の優雅さを兼ね揃える音は、「JAPAN EXPO 2010」に出演した際、パリの音楽ファンたちにも熱烈に受け入れられた。実績もあり、独自の音を確立させているように思える彼らだが、結成時から今に至るまで、相当な試行錯誤と修行を重ねてきたと言う。そのバンドの歴史を、変化を、つかず離れずの距離で見守り続けてきたクボタマサヒコ。バンド・メンバーの3人とクボタに、今ある√thummの音が出来るまで、新作『mimoro』が出来るまでのストーリー、奈良で活動することの意味について、話を伺った。

インタビュー&文 : 水嶋美和
写真 : ハブ(夜色きかんしゃ)

左から、sujin、lio、しまーる、クボタマサヒコ

お金以外のバンドに還元されるものが欲しかったんです

――クボタさんは√thummをどこで知ったんですか?

クボタマサヒコ(以下、クボタ) : 4年前ぐらいに、レーベルの新人をmyspaceで探していた時に見つけて。でももうレーベルから音源を出していたので、声はかけず、いいなーって聴くだけで終わってしまって。
sujin(G,Prog) : 僕は元々ビークル(BEAT CRUSADERS)がめっちゃ好きで、友人を介してクボタさんと知り合って、ビークルのライヴに遊びに行って話すようになったんですよね。

――√thummは2作目までは他のレーベルから出していたんですよね。3作目の今作をCAPTAIN HAUS RECORDINGSから出そうと思ったのはなぜ?

sujin : 1作目と2作目も別のレーベルから出してるんですけど、両方とも中で動いてる人の顔が見えにくいレーベルだったんですよ。もちろん名刺をもらって紹介はしてもらうんだけど。流通に強かったり、タイアップをとることを念頭においた所だったんですね。音楽で食っていきたいタイプのミュージシャンならそれが良かったりするんだろうけど、僕らは各々バンドとは別に仕事もしているので、せっかくレーベルから出すのにやりとりが売上とか業績ばかりっていうのも楽しくないなあと。

――レーベルから売り出されるよりも、レーベルと一緒に作品を作りたかった?

sujin : うん。お金以外のバンドに還元されるものが欲しかったんです。だから、もっと距離の近いレーベルと一緒にやりたいなと思って、クボタさんに声をかけました。
クボタ : 一回諦めていた僕としては「ええっ、今更!?」って感じですよ(笑)。何でこんな小さいところでやるんだろうって思ったんだけど、一緒に作る人として声をかけてくれているのがわかったので、じゃあやりましょうと。その前に出したYeYeも京都だったし、関西に流れが向いている時期なのかな、とも。

――√thummとしてはどうでしょう。今までのレーベルとは違いましたか?

sujin : はい、これやなって感じですね。クボタさんとエンジニアの大知里さん(大知里荘介 / trademark)に、ライヴの見せ方や音の面で色々とアドバイスしてもらったり提案してもらったりして、一緒に作ってもらった実感がすごくありますね。

――クボタさんが√thummを見つけたのって、バンドが始まってからどれぐらいの時期だったんでしょうか。

クボタ : 僕がmyspaceで聴いた「autumn love」が、ファーストだっけ?
sujin : 自主で出した最初の作品ですね。

――ではバンドの初期からずっと見続けているんですね。客観的に見て、変化は感じますか?

クボタ : 感じます! 3年前かな? 大阪のvijonで見た時はバンド史上最強チャラい時期だったみたいで、イケイケで、キラキラというよりもギラギラで、ビックリして(笑)。

――そんなに(笑)!? 今からは想像がつきませんね…。

クボタ : 良かったは良かったんですけどね… 僕としては「あ、こっち行っちゃったかー」って(笑)。
sujin : (笑)。僕としまーるは元々RAYMOND TEAMというバンドで、曽我部恵一さんのレーベル(Rose Records)からリリースもしていたんです。でも解散して、そこでやっていた音楽的な音楽にも飽きて、もっとアイドルじみてチャラチャラしたJ-POPがやりたくて始めたのが√thummなんですよ。まあ結局、今は音楽的な音楽に戻りつつあるんですけど。

――じゃあ、結成時の編成も今とは違いましたか?

sujin : 僕は音楽学校で講師をしてるんですけど、そこの生徒と結成したのが始まりです。バンド名は適当に全員のイニシャルt、h、u、m、mを並べただけ。
しまーる(Dr) : √は?
sujin : みんな音楽のルーツが違うからとか、そんなんちゃうかったかな。thummのtが名付けたんですけど、彼は今奇妙礼太郎トラベルスイング楽団でドラム叩いてます。で、初ライヴから盛況で、「良かったよー」って声をかけてくれた人の紹介で有名なブランドのデザイナーにTシャツを作ってもらえることになって。堀江音楽祭にも出れることになって、正直J-POPちょろいわーって思ってたら、堀江音楽祭の一週間前にそのtが急に「僕辞めますわ」って言って、ヴォーカルの女の子も「じゃあ私も」って言って、残ったのが僕とベースと、サポートで参加してたlioさんと、作ったTシャツだけ。「…どうする?」って。

――切ない状況ですね(笑)。

sujin : でも堀江音楽祭は出なあかん。ヴォーカルは抜けた。インストにする? でも難しい! ってんで、エレクトロニカにヴォコーダーが乗ってる感じの音楽をやったんですよ。そしたら「そっちの方がいい」って言われて、その一週間後に「iTunesで出さない?」って言われて出したのが、クボタさんが初めて聞いてくれた「autumn love」です。
クボタ : そんなに簡単に出来てたんだ(笑)。

日本人が西洋人の真似しても無理があるんですよね

――その後「シンセサイザー最強パフォーマンスコンテスト」で審査員賞を受賞したりと、結成してからは結構トントン拍子にいいニュースが続きますね。

sujin : なんですけど、僕らライヴが全然出来なかったんですよ。今作のツアーからはほとんど生演奏やけど、その前は半分既にある音源を流して、その上に演奏を重ねる形でやっていて。lioさんに至っては√thummが初めてのバンドやしな。
lio : 大学でクラシック・ピアノを習っていたけど、バンドのライヴを見に行くようになったのもRAYMOND TEAMが初めてだったんですね。
sujin : なので、一年間誘われたライヴは断らない修行をして、月6、7回、年82本やったんですよ。
しまーる : 僕もlioさんのことはお客さんとして知っていて、lioさんが歌っているって噂を聞きつけて見に行ったら、「何やこれ、イケイケやん」。

――クボタさんが先ほどおっしゃっていた、√thumm史上最強にチャラい時期?

しまーる : それです。僕は元々テクノに興味はなかったんですけど、その日に「スタジオ遊びにおいで」って言われて、行ったら「ライヴ決まったから」って、なんかわからんうちに入ってました。
sujin : 俺らももうくされ縁やん。付き合いも長いし今更「お願いします」って言うのもなあ… 「叩いたらええやん」って言って。あはは(笑)。

――ちなみにそのチャラい時期… ギラギラ期の終焉はどのようにして迎えたのでしょう。

sujin : フランスの「JAPAN EXPO」に出演したことが大きかったかな。いや、そのギラギラ期があったからフランスにも行けたんか。

――「JAPAN EXPO」へはどうやって?

sujin : 応募枠があるんですよ。決め手はジャッピーでしたね。

――ジャッピー?

sujin : ドラムがその時ね、ジャッピーというキャラクターだったんですよ。京都の現代美術家チーム「Antenna」が作ったキャラで、うさぎとか着ぐるみとか言うと怒られちゃうかもだけど、まあそういう感じです。

――ジャッピーがドラム?

しまーる : 僕が中に入ってたんですよ。
sujin : 中に入ってるとか言うとまた怒られちゃいますけど(笑)。応募の時はこれが面白いってことで審査に通ったんやけど、「ジャッピー連れて来い」って言われて着ぐるみの輸送費を調べたら70万円とかで、しかもいつ着くかわからんって。「すいません、ジャッピーは行けません」って言ったら。
lio : めちゃくちゃ怒られてん。

――そりゃそうですよ(笑)。

sujin : だからジャッピーは脱退したんです。
クボタ : 既成事実のでっち上げ(笑)。

――ジャッピー不在のまま演奏して、反応はどうでしたか?

lio : ギラギラ期のイケイケな速い曲ではなく、クボタさんが気に入ってくれたようなゆったりしたテンポの曲ですごく盛り上がりました。これがすごく意外で。
sujin : ライヴだけじゃなく、イベント全体に溢れている日本の文化を見て、自分の中の日本的なフィルターがどこにあるかわかった気がしました。帰って来てからは海外の音楽への憧れは一回消して、そのフィルターを通して音楽を作るようになりましたね。「JAPAN EXPO」は僕らにとって大きなターニング・ポイントです。
lio : やっぱり日本人が西洋人の真似しても無理があるんですよね。間違いなく、この経験があったから『mimoro』は作れたんだと思います。

こういう世界観は他にないから、もっと広めていきたい

――今作のタイトルになっている「mimoro」って和な響きですよね。これはどういう意味ですか?

lio : 今3人とも奈良に住んでいるんですけど、家の近くに御諸山(三輪山)という山があって、神社とか鳥居とかすぐに見に行けるんですよ。そこへお参りして「海外でライヴがしたいです」とお願いするとすぐにフランス行きが決まって、作品を奉納したり、バンドの方向性に迷った時に行くと必ずすっきりとした気持ちで帰れたり、バンドにとって縁の深い山なんですね。

――大事な言葉を、今作のタイトルにつけたんですね。

sujin : 原点に帰りたかったんで、僕らにとっては一番合う言葉かなと。

――√thummは英詩の曲はテンポが速いけど、日本語詞の曲はゆったりと、電子音だけど雅な風情が感じられますね。奈良で活動しているということは意識しますか?

sujin : 僕はこのバンドまで歌詞を書くことがなかったので、朝から夕方まで神社で考えたりしていたんですよ。で、ふとした時に神社の柱を見ると「728年建立」って書いてあって、自分なりに728年を想像してみるんです。きっとその頃にも音楽があって、女性の人はこんな着物を着ていて、地形はそんなに今と変わってないだろうな、とか。すると、すっと歌詞が書ける。
lio : 私が「こよなし」の歌詞を書いた時と全く一緒! 私も昔の奈良の風景を想像して、浪漫を感じながら書くことが多いです。

――しまーるさんも作詞されてますよね。どうですか?

しまーる : 僕は2人と同じ考え方になりたくないというか、ずっと客観してバンドを見てたいんですよね。だから作詞においては、現代に近い感覚で書くようにしてます。

――クボタさんも先ほどおっしゃられていましたが、CAPTAIN HAUS RECORDINGSのリリースが京都のYeYe、奈良の√thummと続きました。関西に惹かれるものはありますか?

クボタ : 大阪になるとまた違うんだろうけど、京都と奈良は他の街と比べて時間の流れの尺度が違う気がして。YeYeも√thummのスタジオで録ったテイクは明らかに音が違ったし、質の高い、純度の高い感じがある。東京での「上京して一旗上げる」ギラギラ感じゃなくて、ちゃんとその場所を選んで、その中で生きていく実践をしてる感じが伝わるから、惹かれているのかもしれませんね。

――クボタさんが√thummに期待していることは?

クボタ : 先日一緒に回ったツアーでライヴを見て、バンドが今すごくいい状態にあると感じました。これからは生演奏のクオリティーをさらに上げて、lioちゃんはすごいピアノを弾ける人なので、そういう面がライヴで伝わりやすくなるともっといいですね。実際、この間のライヴではそれが出来ていて、お客さんもじっと真剣に見入ってたし、YeYeもそうなんだけど、みんなしっかりとしたバック・ボーンがあるので、そこを自然に見せて、海外にも伝えていければいいなと思います。こういう世界観は他にないから、もっと広めていきたいですね。

――では最後に、√thummが今企んでいることがあれば教えてください。

sujin : もっと音を生に近づけたいですね。AORやシティ・ポップを前のバンドで追い続けて、追い切れずに解散してしまった悔いがちょっと残ってるんです。それとテクノと和は共存できるのか、これから挑戦してみたい。いや、作ってみたらめっちゃダサいかもしれないですけど(笑)! まあでも、今後のバンドのイメージはそんな感じです。

PROFILE

√thumm

奈良発信生楽器テクノ・バンド! エレクトロ + オリエンタル ÷ バンド・サウンド!!! 80年代〜近年のエレクトロ・サウンドを吸収しながら、日本を感じさせる和のメロディー。見る人を選ばないハッピーでファンタスティックなライヴ・パフォーマンスはライヴ・ハウスからクラブ・シーンまでをも飲み込んでしまう。純日本人が放つ、全世界へ向けたジャパニーズ・ミュージック。ルートサム。

2007年シンセサイザー最強パフォーマンス・コンテストにてYMOの松武氏、カシオペアの向谷氏から審査員賞を受賞し、2008年3月にはシングル「autumn love」がiTunes Storeエレクトロニック・ランキングBEST10入り。同曲はDJ NOZAWAのmixCDに収録されるなどヒットし、同年8月自主制作盤「seek a floria」をリリース。同年末にはZEPP OSAKAで行われた2008-2009カウントダウン・イベントに出演。2009年7月には東京・大阪で開催される都市型フェス『NEUTRAL NATION 2009』にてMice Paradeやサカナクション、toeなどのビッグ・アーティストとの共演。また√thummが盟友nuxxとダンサブルなバンドを集めた人気イベント『TECHROCK』を主催している。話題の謎のキャラクター"ジャッピー"などアート・ワーク面で現代アート・チームAntennaとコラボし、同年12月初の全国流通盤"coton"を発表。収録曲NEU!のアナログ・カットや、テレビ・ラジオなど多数メディアに取り上げられるなど話題を呼び、2010年7月パリにて行われたJAPAN EXPOに出場するなど活動範囲を世界へ向ける。7月28日には待望の2ndフル・アルバム"YAMATOPIA"が発売!

√thumm official HP


kuh

2002年、クボタマサヒコ(ex. BEAT CRUSADERS)、田中ユウスケ(Q;indivi)とゆるやかに発足。 当初、自由参加のユニット的なプロジェクトとしてスタートし、ささやかに活動し続けながら現在のメンバーに。エレクトロニクスとアコースティックがゆるやかに融け合うPOPミュージックを奏でる4人組。 2012年6月から4ヶ月連続で新曲を発表。6/27 第一弾シングル「ツキサガシ」リリース。

kuh official HP

CAPTAIN HAUS RECORDINGS official HP

LIVE SCHEDULE

√thumm

2012年9月7日(金)@岡山 RHYME
artist : √thumm
GUEST DJ : RE:NDZ a.k.a KZ(livetune) / fu_mou
DJ : KNDO(AKARI in the TV) / YOU TA ROC(CASTANET)

ParaEle(paraelle+electric)vol.4
2012年9月8日(土)@福岡Voodoolounge

2012年9月9日(日)@宮崎FLOOR

o

はてブに追加
 
 
"Close Up"の最新アーカイヴ
fula、レコ発ワンマンに向けてお試しサンプラー無料配信!!
[CLOSEUP]・2015年01月25日・ターニング・ポイントを迎えるfulaを追う――これを聴いて代官山UNITへ! fula、4曲入りサンプラー無料配信!! 2014年、fulaにとっては飛躍の年でした。当初より「フェスの常連」を掲げてきた彼らが、ETERNAL ROCK CITY. 2014やSAKAE SP-RING 2014をはじめ、日本4大フェスのひとつ、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZOにも出演。ジャムを基調にした開放感のあるサウンドに、優しく、時にエモーショナルな歌声が青空に響き渡り、その存在も大きく広がったのです。 その夏フェスを終えリリースされたのが初のフル・アルバム『The KING』。そのレコ発ツアー・ファイナルである東京・代官山UNITでのワンマン・ライヴがいよいよ2月15日に迫っています。かつてからfulaを大推薦してきたOTOTOYですが、このライヴで何かが起こるような予感がしています。その瞬間をぜひ一緒に目撃してほしい、ということで、fulaのこれまでを振り返るとともに、まだfulaを知らぬあなたに無料でサンプラーをお届け!! さらに2月1日にはUstream生配信も決定しました
by 渡辺 裕也
どついたるねん『生きてれば / 精神』を配信スタート&インタヴュー掲載!!
[CLOSEUP]・2015年01月23日・生きれてばいいことある!!ーーどついたるねん、リキッドルーム・ワンマン以後初のロング・インタヴューを掲載 198曲入りのアルバムを出した翌月には6008曲入り(!?)のアルバムをリリースするなど、冗談で考えたとしてもバカバカしくて誰もやらないようなことを現実にやってきたバンド、どついたるねんが、自主レーベルTrain Train Recordsより、両A面シングル『生きてれば / 精神』をリリースした。2014年11月に発表された『どついたるねん BEST HITS』、リキッドルーム・ワンマン、そして本作の背景を丁寧に読み解いていくと、彼らの活動に向かう姿勢が変わってきたことがわかる。ちょうど1年前に行なったインタヴューでは、これからもどついたるねんを続けていきたいということを言っていたが、そのために自分たちで計画的に動くということをやっているように見えなかった。しかし、リキッドルームのワンマンでは、自分たちで会場を借り、毎週のようにメンバーでミーティング、集客のために路上でチラシを配ったり、ゲストを考えたり、できることを自らの手で行い、700人を越えるお客さんを集めた。しかし、その日に歌った楽曲のなかに
by 西澤 裕郎
エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く
[CLOSEUP]・2015年01月21日・エイフェックス、量産モードに突入か? その新作、そしてハイレゾで聴く〈WARP〉カタログ 本人のインタヴューなどでの発言通り、きっちりと新作EP『Computer Controlled Acoustic Instruments pt2 EP』をリリースしたエイフェックス・ツイン。詳しくは後述するが、これがまた物議をかもし出しそうな音楽性となっている。OTOTOYでは、本作も『Syro』に引き続き、24bit/44.1kHzのハイレゾ音質で配信する。 またOTOTOY配信開始以前にリリースされていた〈WARP〉のハイレゾ音源の入荷を開始。随時追加されていく予定で、今回はボーズ・オブ・カナダ『Tomorrow's Harvest』(2013年)、ブライアン・イーノ『Lux』(2012年)、フライング・ロータス『Until The Quiet Comes』(2012年)などなどのハイレゾ・ヴァージョンを追加。 25年以上にわたって、エレクトロニック・ミュージックを中心に、レフトフィールドなロックなども含めて、ポップ・ミュージックのカッティング・エッジを“その音”の先鋭性でのみ体現する〈WARP〉、この音こそ高音質
by 河村 祐介
dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2015年01月21日・30年の月日が生んだ"有機的なテクノ"——dip in the pool、アニヴァーサリー・イヤーに贈る初のハイレゾ モデル、女優としての確固たるキャリアをもつ甲田益也子と、作・編曲 / キーボードを担当する木村達司によるユニット、dip in the pool。デビュー30周年を迎える2015年、記念すべき10作目のアルバム『HIGHWIRE WALKER』が届けられた。ラグジュアリーかつ甘美な響きをもつ甲田の歌声、そして浮遊感に満ちたドリーミーな世界観はそのままに、今作はボサノヴァ、アンビエントなども取り込んだハイブリッドな1作に仕上がっている。OTOTOYでは、そんな10thアルバムを24bit/96kHzのハイレゾで配信開始。アーティスト自身が"有機的なテクノ"と語るサウンドの独特な質感は、ぜひ高音質で味わってほしい。インタヴューとあわせてお楽しみください。 ハイレゾで買えるのはOTOTOYだけ!!!デビュー30周年の10thアルバムを配信開始!!!dip in the pool / HIGHWIRE WALKER 【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/96kH
by 岡本 貴之
空気公団、最新作を2週間先行ハイレゾ配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2015年01月21日・はじまりは、ハイレゾで。――空気公団、2年3ヶ月ぶりのフル・アルバムを2週間先行配信 すべての人へはじまりの予感をもたらす、空気公団の新作が完成しました。タイトルは『こんにちは、はじまり。』。昨年の12月頭、アルバムから先行配信された「お山参詣 登山囃子」――ヴォーカル山崎ゆかりの出身地・青森県岩木山の登山囃子を取り入れ、かつ山本精一をゲスト・ヴォーカルに招いたこの曲は、まぎれもない"空気公団の作品"であるとともに、何かが違うという感触も残る1曲でした。それこそ"はじまり"というものだったのかもしれません。 それから約1ヶ月半、届いたアルバムには全10曲が収録。NINGEN OKが全面参加した楽曲「はじまり」をはじめ、オータコージ、山口とも、奥田健介(NONA REEVES)、ticomoon、鈴木広志、江上瑠羽が参加。ミックス&マスタリングは中村宗一郎が手掛けました。「それこそ空気感を録るようなレコーディングでした(窪田)」という音の鳴り、ぜひともハイレゾで聴き入ってください。 ハイレゾ音源で2週間先行配信!!空気公団 / こんにちは、はじまり。'【配信形態 / 価格】(各税込)ALAC / FLAC /
by 滝沢 時朗
寺尾紗穂、アルバム『残照』から5曲をハイレゾ配信!!
[CLOSEUP]・2015年01月15日・坂本龍一や大貫妙子らが賞賛する、その声、その音色!! ハイレゾで聴く寺尾紗穂 坂本龍一や大貫妙子からも賞賛されるシンガー・ソングライターの寺尾紗穂が、2010年の5thアルバム『残照』の一部を24bit/48kHzのハイレゾで解禁。昨年11月に公開された話題の映画『0.5ミリ』(主演の安藤サクラが日本アカデミー賞主演女優賞を受賞)に「残照」が起用されたことを記念して、寺尾本人によって厳選された5曲が収録されている。大貫妙子や矢野顕子と比較されるソングライティング・センスはもちろんだが、本作はやはりハイレゾならではの響きや質感を楽しんでいただきたい。伸びのある高音とふくよかな中低音をバランスよく兼ね備えた寺尾の歌声が、より生々しく再現されているのだ。目を閉じてじっくりと堪能したい1作!! 映画『0.5ミリ』公開記念!!!寺尾紗穂の旧作が本人のセレクトによりハイレゾで復刻!!!寺尾紗穂 / 残照 [OTOTOY Edition] (24bit/48kHz) 【配信形態】ALAC/FLAC/WAV/AAC (24bit/48kHz)※ファイル形式について詳しくはこちら'【価格】1,080円(税込)(単曲は各270
北村早樹子、初のベスト・アルバム『グレイテスト・ヒッツ』を配信スタート!!
[CLOSEUP]・2015年01月14日・可憐なる毒っけ、彼女の歌声が空気を切り裂くーー祝10周年の偉才女性シンガー・北村早樹子、初のベスト・アルバムを先行配信!! 祝・デビュー10周年!! 可憐さと毒気が絶妙なバランスで同居する偉才女性シンガー・北村早樹子が、初のベスト盤『グレイテスト・ヒッツ』をリリース! 鬼才・白石晃士監督の映画『殺人ワークショップ』の主題歌や、本秀康主宰の雷音レコードから発売した7インチEPが即完売するなど、音楽シーンのみならず映画や舞台のクリエイター達の間でも大きな支持を集める彼女。本作は、2006年発表の1stアルバムから最新シングルまで、そして木村文洋監督映画『へばの』主題歌「蜜のあはれ」他、いままでに提供した映画主題歌を網羅、北村のキャリアが1作で俯瞰できる最強のコンピレーション・アルバムとなっています。波多野敦子、坂本弘道、ムーンライダーズ武川雅寛も演奏に彩りを添えるなど、まさに記念碑的な本作をOTOTOYでは2週間先行配信するとともにロング・インタヴューで迫りました。さらに1曲フリー・ダウンロードも実施いたします。彼女を追いかけてきた人も、はじめて知った人も、ともに10周年を祝い、これからも産まれ続けるであろう
by JJ
UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで
[CLOSEUP]・2015年01月14日・未来から聴こえる低音——シャーウッド&ピンチのファースト、その低音の美学をハイレゾで UKダブの巨星、〈ON-U Sound〉総裁、エイドリアン・シャーウッド、そしてブリストル・ダブステップ、さらには欧州のベース・ミュージック・シーンのキーマン、ピンチ。このユニットは、つまるところ、ベース・ミュージックのカッティング・エッジに立つアーティストと伝説のダブ・マスターが出会ったコラボ・ユニットである。OTOTOYでは、そのデビュー・アルバム『Late Night Endless』をハイレゾ(24bit/44.1kHz)で配信。 本作のマスタリングにはリカルド・ヴィラロボスをはじめ、現状の欧州のミニマル・テクノ・シーンのトップ・アーティストたちがこぞってそのマスタリングを依頼する、ダブ・プレート&マスタリングのラシャド・ベッカーが担当している。ベース・ミュージックの温故知新を、現在のエレクトロニック・ミュージックの最高のエンジニアがマスタリングしているというわけだ。もはや、その音の“良さ”、ハイレゾで聴かなきゃもったいないでしょう。 本作の解説をピンチのインタヴューとともに、そして本作のリリースを記念して、OTO
by 河村 祐介
 
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事