石橋英子の、ソロとしては3枚目の作品となる『carapace』。この作品を聴きながら、何度も夢の中に引きずり込まれるような感覚を覚えた。夢の中の世界独特の、形が掴めない曖昧な、でもきっと意味深い、起きてからしばらくぼーっとしてしまう、年に数回しか会えない強烈な印象を残す夢。浅い睡眠の中で自分の記憶の中まで旅をした時に見る、あの変な夢。石橋英子が歌詞の中で描く風景は、夢の中で見る曖昧な風景に似ている。懐かしくて大切だけれど、どこか怖くて触れがたい。

PANIC SMILEのドラマーとしてその名を知られ、ピアノ以外にフルート、ヴィブラフォン等も演奏するマルチ・プレイヤーであり、多くのアーティストの作品を手掛けるプロデューサーでもある石橋英子。どの活動でも高い評価を得ているが、彼女の真髄は作曲と作詞をし、自ら演奏し歌う、シンガー・ソングライターの姿にあるのではないかと思う。そして今回、彼女が熱い信頼を寄せるジム・オルークにプロデュースを依頼し、彼との作業の中で音楽への理解がより深まり、音楽に対する今までの姿勢を見つめ直したという。夢や記憶という、人の原始的な部分を刺激する彼女の静かな音楽は、どのように生まれ、そしてこれからどこへ向かうのか。繊細で儚い自分の声をはっきりと「好きじゃない」と言い捨てる彼女が歌を続ける理由とは? このインタビューで、石橋英子という不思議な音楽家の頭の中を少し覗いてみて欲しい。

インタビュー&文 : 水嶋美和

各所から絶賛を浴びた前作『drifting devil』発表後、真に注目されるミュージシャンとなった石橋英子。待望の新作はジム・オルークのプロデュースによる、彼女のすばらしき才能が溢れ出した最上級のポップ・アルバム!

石橋英子『carapace』

1. coda / 2. shortcircuit / 3. rythm / 4. splash / 5. shadow / 6. emptyshout / 7.face / 8. hum

プロデューサーって何なんだろうってずっと考えていた

——『carapace』は英語で「甲羅」ですが、このタイトルの由来は何ですか?

亀の甲羅をイメージしています。今作の製作期間は家やスタジオの中に籠っている時間が長かったので、外部の世界と自分の中身を隔てる殻のようなものを感じていたんです。でも実は、自分を守っているその殻の中に外の景色が広がっているのかもしれないし、自分の中でぐるぐると回っていると思っているものは、本当は殻の外側にあるのかもしれない。そんな事を考えながら作った曲が多いので『carapace』という名前を付けました。

——外側の世界と内側の世界が、もしかしたら逆なのかもしれない?

その可能性にかけてみたんです。何でも外側に求めるんじゃなくて、自分の殻の内側に実は大きな世界が広がっていて、そこに見えていなかった見るべきものがあるかもしれない。それを探す旅ですね。あと今作は割と生々しい歌詞が多かったので、全部亀が歌ったことにしようと思って。ずっと昔に大きい亀を飼っていたことがあったので、私の中で大事な動物なんです。

——すごく石橋さんの内面に触れている作品だと思うんですが、元々そういう作品にするつもりはありましたか?

いえ、そういうことは先に考えないですね。ある一定期間で作るので一貫したものは自ずと出てきますが、今回特別決めていた事といえば、デモの段階ではピアノと歌だけで作曲するってことぐらい。それまでの曲作りは、ドラムから始めて後から即興的に演奏したものを重ねていく方法が多かったんですけど。

——なぜ、今回はそういう方法に変えようと考えたんでしょうか?

チャレンジをしたかったんです。なので、自分の一番苦手なやり方でやろうと。前までの即興的なやり方じゃライヴで出来ない曲が出てくるんですよ。だからライヴである程度完成されたものをやろうと考えた時に、最初からピアノと歌だけで作った方がライヴでの可能性が広がるかなと思ったんです。でもやればやるほどどんどん違和感が出てきて。

——違和感とは?

ピアノと歌だけで世界を構築するのに、すごい足りないと思っちゃうんです。自分の声もあまり好きじゃないし、ピアノもまだまだ勉強不足だし。でも、自分ができるとわかってる事をやりたくないので、作っては捨てて、作っては捨ててを繰り返しました。

——でも今作は、今まで以上に声にピントが合っている気がするのですが、それは作り方の変化も影響しているのでしょうか?

かもしれないですね。デモの段階である程度世界観が完成されていることを想定して作ってたので、ジム(・オルーク)さんに聞いて頂いて、どのように解釈していただけるのかなと思っていたのですが、生々しい感じの声になってますよね。私自身は声に重きを置いていないのでそういうリクエストはしていないんですけど、無意識のうちにデモの段階でそういうテイストがあったのかもしれない。でも、面白いのは、声に重きをおいているという聞き方をする人もいれば、演奏に耳がいく人もいる。それぞれ違う聞き方ができるのは、ジムさんのミックスの素晴らしさからくるものだと思います。

——ジム・オルークさんにはどういう経緯でプロデュースをお願いしたんですか?

一昨年から共演が増えたり、バカラックのトリビュートに誘って頂いたりする中で、いつのまにか、よく飲みにいく焼き鳥屋の店長とジムさんはとても音楽に詳しいので、私の音楽の先生のようになっていたのです。今作を作るにあたって最初にジムさんにお願いしたのは録音と演奏だけだったんですけど、デモを聴いて頂いて色々アイデアをもらっているうちに、「これはもうプロデュースの粋ですよね? 」って話になって、そしたらミックスもやってくださるとのことで、お互いにやり取りの流れの中でプロデュースをお願いすることになりました。

——石橋さんは他のアーティストをプロデュースする側でもありますが、するのとされるのではどのように意識が違いますか?

私、プロデューサーって何なんだろうってずっと考えていたんですね。アーティストによって接し方が違うし、この人には何が必要かを考えるとそれぞれやることも変わってくる。時には話相手になったり、ミュージシャンを集めたり、お茶をいれたり(笑)、音楽面以外にもやることが多い。そういうのもあって「プロデューサーとは? 」について考えていて、その中でジムさんにプロデュースしてもらう機会があったんですけど、ジムさんって常に頭の中に私よりもずっと膨大な音楽のアイデアがあるんですよ。そのアイデアの中から私に投げるべきものを厳選して、私の作品にベストに活きる様にタイミングも選んで、ものすごく基準の高い人なんです。ジムさんと一緒に作業するアーティストは心も強くないと無理だと感じました。

——ジムさんは音楽に対してはすごいストイックな印象がありますね。

色々とはっきりと言ってくれましたが、それでもすごい優しかったと思います。本当はもっと厳しくしたかったんじゃないかな。作品を作るということは感覚だけではできない。色んな音楽に対する深い理解がないとダメなんだということが、ジムさんと一緒に作業をしてわかったんですよね。私にはまだまだ足りないということがたくさんあるということに気付かされて、すごい勉強になったし、誰かと一緒に作品を作ると言う事は違う人の要素を自分の中に受け入れていくということなので、同時に厳しいことでもあるんだなと学びました。でも私にとってそれはすごい楽しいことだったし、ジムさんのアイデアは全て素晴らしくて、それをチャレンジしたいという気持ちがずっと続きました。

——プロデュースされることでする側だった時に見えなかったものが見えた?

そうですね。今までの自分のプロデュースにはいい加減な部分があったのかもしれないと、色々と考えさせられました。人と一緒に何かを作ると言う事は、まず自分に対しての厳しさがないといけないんだってことがよくわかりました。今作でジムさんと一緒に作業して、自分の足りない所や甘えが見えてすごく勉強になりました。

みんな記憶の隙間に変な景色を持っている

——前作では多くのミュージシャンと共演していましたが、今作では一曲目「coda」の歌詞がLovejoyのbikkeさんとの共作ですね。単語の羅列にリズムがあるけど、余白に想像力も掻き立てられてストーリーともとれる、面白い歌詞ですね。

何ヶ月か前に京都でbikkeさんと小説家の内田百聞の魅力について語り合ったことがあって、bikkeさんの言葉で私が歌ったら面白いものが出来そうだなと思って、ちょうどこの曲を作っていたところだったのでお願いしました。

——他の曲の歌詞でも、石橋さんの書く詞って映像がはっきり見えるものが多いと思うんです。どういう風に歌詞を考えていますか?

死んだ人の事をよく考えるんですよね。自分の死も含め、自分の大好きな人が死んでいく事とか、すごいよく考える。今回は今までよりもさらに死というテーマは大きかったのではないかと思います。子供の頃からの癖でそういう事が常に頭の中にあるから、歌詞を書くと言うよりは、自分の中のものを言葉で出そうとすると、こういう言葉になっちゃうのかもしれない。前作もそういうところはあるんですけど、前作はもっと自分自身とは無関係の別の話の様に扱った。今回は自分の頭の中がそのまま出たっていう感じがします。

——歌詞を見ながら音楽を聴いてて、夢の中みたいだなと思ったんです。起きて、見た夢を振り返って、何でこれが出てきたんだろう? って思うんだけど、これもきっと記憶の中の整理だから全く心当たりがない訳ではなくて、曖昧で抽象的な、でも意味はある感じ。

そういうことって普遍的だと思うんですよね。みんな記憶の隙間に変な景色を持っていて、そういう人間の原始的な部分にすごい惹かれるんです。

——石橋さんをライヴで見て、ドラムを叩く時とピアノを弾く時の印象が違いすぎて別の人だと思ってたんですよ。同姓同名で同じ顔なのに(笑)。演奏する時の気持ちはどう違いますか?

それはよく言われますね(笑)。ドラムはやっぱり楽しいです。あまり何も考えてない。ピアノはやっぱりまだ怖い。適当な音出したくないという気持ちが、ピアノだとより強くなるんです。ピアノはまだ勉強中で、ドラムはさらさら勉強する気がないです(笑)。

——先程、「自分の声があまり好きじゃない」と話していましたが、ではなぜ歌おうと思ったんでしょうか?

歌わなくてはならなくなったんです。元々宅録で曲を作ってはいたんですけど、自分のソロで作品を作ることは全然考えてませんでした。宅録で録ったものを友達に聴かせて、その人が映画を撮る人だったので、映画の音楽を頼まれて、それを作ると今度は上映会で演奏しなくてはならなくなって、さらに今度はその友達が映画音楽の為に作ったCDRをちゃんとプレスして出したいと言ってレーベルを作って、その作品が私のファースト・アルバムになって、また演奏しなくてはならなくなって… という流れです(笑)。

——他の人に歌ってもらおうとは?

アチコさんとのユニットもあったんですが、それは、アチコさんが歌うと思って作っている。自分だけの作品ってなった時に、インストでもいいけど歌を作りたくなっちゃうんですよね。他の人をわざわざ呼んでっていうのも恥ずかしいし、自分で歌う方向で始まっちゃってるからそれでこのままって感じです。でもほんと、へたくそだと思って歌っています。人と話す時の緊張感と同じぐらい歌うのも緊張するし。それでも私しか自分の作品を歌う人は居ないし、しょうがないので。

——歌うのだけでなく、話す時も緊張しますか?

口下手なので、言葉を発する時はいつもすごい緊張します。今も(笑)。

——すいません(笑)。では、最後に今年の予定があれば教えてください。

ピアノで即興のライヴをどんどんやっていきたいですね。即興は自分の中でチャレンジなので、作品作りと同時進行で続けていきたいです。レコ発でバンド編成のライヴもあるし、そろそろ自分の次の作品の為に作業を始めます。『carapace』のレコーディングが終わってからこの何ヶ月間抜け殻状態で、最近ようやく体が動くようになってきたので。去年黙ってたら何も起こらなかったんで(笑)、来年は自分から色々仕掛けようと思います。

うたが生み出す世界

長谷川健一 / 震える牙、震える水

正に魔都京都から届けられた最後の歌とでも言おうか。歌が純粋に歌として響くことの素晴らしさを思い起こしてくれるシンガー・ソングライター長谷川健一。繊細で冷たい穏やかな光が暖かく震えながら降り注ぐ誰にも真似できないハセケンの世界。その官能的で優しくも切ない叫びは聞くものを別世界へと誘う。

山本精一 / PLAYGROUND

凶器なる奇才=山本精一の「歌」世界。山本精一が今ただ歌いたい唄と出したい音をなんの衒いも無く、純度を保ったまま送り出す。いつもと変わらぬ山本精一の歌世界を本人のギター、ベース、そして千住宗臣(PARA / ボアダムス)のドラム、パーカッションが巧みに支える。稀代なるシンガー山本精一の何も隠さぬ歌、優しさの中に潜む麻薬。紛れもなく羅針盤が指した世界がここにある。

七尾旅人 / billion voices

独力で作り上げた3枚組超大作『911fantasia』以降、全国各地の独自の活動で出会った仲間を迎え、新旧問わず七尾ファンが間違いなく心揺さぶられる入魂のマスターピース。音楽の全てを飲み込んだ七尾旅人が解き放たれた様な衝撃作。大人気の既発曲「検索少年」「Rollin Rollin」、UAにカバーされた「私の赤ちゃん」等含めた全14曲。真新しい感動を生み出す、21世紀のポップ・アルバム。

LIVE SCHEDULE

2011年1月8日(土)@西麻布 Super Deluxe
『contrarede presents "carapace" release party』
w / 七尾旅人

2011年1月10日(月)@秋葉原 Club GOODMAN
『3drum3piano vol.02』
w / 千住宗臣 / 山本達久 / 渡邊琢磨 / ハジメタル

2011年3月5日(土)@名古屋 アポロシアター
『石橋英子「carapace」 / オオルタイチ「Cosmic Coco,Singing for a Billion Imu's Hearty Pi」double release party』
w / 石橋英子 with ジム・オルーク / 須藤俊明 / 山本達久 / オオルタイチ

2011年3月6日(日)@京都 元・立誠小学校
『P-hour presents "with piano III" Eiko Ishibashi「carapace」release party』
w / 石橋英子 with ジム・オルーク / 須藤俊明 / 山本達久 / 山本精一

PROFILE

茂原市出身の音楽家。大学時代よりドラマーとして活動を開始し、いくつかのバンドで活動。映画音楽の制作をきっかけとして数年前よりソロとしての作品を作り始める。数年前よりその後、2枚のソロ・アルバムをリリース。ピアノをメインとしながらドラム、フルート、ヴィブラフォン等も演奏するマルチ・プレイヤー。シンガー・ソングライターであり、セッション・プレイヤー、プロデューサーと、石橋英子の肩書きでジャンルやフィールドを越え、漂いながら活動中。最近では七尾旅人、Phew、タテタカコや長谷川健一の作品に参加。

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事