News

注目のニュース一覧はこちら

2017年05月20日23時00分

 
壊れかけのテープレコーダーズ再始動!新体制で7月に結成10周年記念ライヴ
 

壊れかけのテープレコーダーズが7月23日、結成10周年記念ライヴ〈restart & reunion〉を東京・新宿Motionで開催する。

バンドは今年1月に10年間活動を共にしたドラムスの44Oが脱退、メンバー再編の為の充電期間を設けていた。それ以来、約半年振りのライヴ活動再開となる。

Far France吉田ヨウヘイgroupなどでドラムを担当していた高橋恭平a,k,a豚汁を迎え、小森清貴(vo, gu)、遊佐春菜(vo, organ)、shino(ba)、高橋恭平a,k,a豚汁(ds)の4人でライヴが行われる。

再始動の場所は彼らのホーム・グラウンドとも呼ぶべき新宿Motion。共演には元チューインガム・ウィークエンドの橋本孝志率いるtheMADRASが出演する。

前売りチケットは6月よりプレイガイドでの販売やメール予約にて取り置きが開始される予定。(純三)

〈壊れかけのテープレコーダーズ 10th Anniversary GIG『restart & reunion』〉
7月23日(日)新宿 Motion
OPEN/START 19:00/19:30
ADV/DOOR ¥2,400/¥2,900(別途入場時1drink代600円要)
出演:壊れかけのテープレコーダーズ、theMADRAS

・壊れかけのテープレコーダーズ オフィシャルサイト
http://kowarekake.com/

関連ニュース

編集