News

2022年08月07日21時00分

 
【ライヴレポート】リアルもバーチャルも大興奮! TIF2022 最終日
 

世界最大のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL 2022 supported by にしたんクリニック」(以下、TIF2022)が8月5日(金)に開幕。

8月7日までの3日間、オンライン配信経由で全8ステージからセレクトしたライヴの模様を短めにお届けします。


09:30-【SMILE GARDEN】ラジオ体操

最終日もラジオ体操からスタート。ステージにはOBP、アプガ2、ナナランド、ネコプラpixx.から2名が出演。「いっぱい推しに手をあげると思うので、いっぱい伸ばしてくださいね〜」とアプガ2鍛治島の優しすぎるアシストに心じんわり&全身スッキリ。

©︎OTOTOY


09:45-【SMILE GARDEN】佐々木彩夏(ももいろクローバーZ)

「ゴリゴリの曲もってきました!」と今年もあーりんがSMILE GARDENのトップバッターに降臨!「だって あーりんなんだもーん☆」ほか、朝10時前からテンションは最高潮。あーりんの美貌と美声を拝めたことに感謝です。

©︎OTOTOY


10:10-【ENJOY STADIUM】アイドルカレッジ

トップバッターで登場したアイカレはTIF初年度から13年連続出場中。TIFの歴史とともに歩んできた王道アイドルのパフォーマンスは何年経ってもハッピーを届けてくれます。

©︎OTOTOY


10:30-【ENJOY STADIUM】純情のアフィリア

アフィリア・サーガ・イースト時代からTIF皆勤組のアフィリア。変化の激しいアイドル界で、メンバーや名前が変わってもグループのスタイルを受け継ぎ歴史を重ねていくアフィリアのステージは全TIF民必見です。

©︎OTOTOY


10:45-【ENJOY STADIUM】PANDAMIC

「この曲で夏の思い出を作りましょー!」と登場したPANDAMIC。午前のふわっとした雰囲気を一瞬でクールに変化させていきます。スパイシーなダンス・ミュージックを颯爽と歌い踊る姿が光っていました。

©︎OTOTOY


11:00-【ENJOY STADIUM】fishbowl

昨年結成された静岡県発のグループ、fishbowl。プロデューサー・ヤマモトショウ仕込みのダンサブルな曲を全力でパフォーマンスし、このブロックのラストをポップに飾りました。静岡県民はもちろん、世界中の楽曲派要チェックのグループです。

©︎OTOTOY


11:35-【DREAM STAGE】ゆるめるモ!

メンバーのへそが現在お休み中のため4人のステージに。モ!にしか出せない空気感をまといながら、夏の定番曲「サマーボカン」ほか、定番の人気曲をゆるさ全開で楽しんでいました。

©︎OTOTOY


12:00-【SKY STAGE】東京女子流

今日の女子流は全員白い衣装で「いい汗かいていくよー!」と新井ひとみのかけ声で「頑張って いつだって 信じてる」からスタート。ラストはデビュー10周年記念日にリリースされたEP収録の「キミニヲクル」を披露し変わらぬ人気を証明。

©︎OTOTOY


12:25-【バーチャルTIF】銀河アリス

バーチャルTIFのトップバッターは宇宙からやってきた銀河アリス。「みんな、ぶち上げてくれるよね?」と、バキバキのダンス曲からお銀の原点となったウエッティな「Someday Someday」まで聴かせてくれました。

©︎OTOTOY


13:35-【DREAM STAGE】きのホ。

うすた京介が漫画を、ハンサムケンヤが楽曲を手がけた話題の2.5次元リアルタイムアイドル、きのホ。「魂こめて最高の20分にします!」と宣言したとおり、初出場とは思えない魅せるパフォーマンスでビシッとキメてくれました。

©︎OTOTOY


13:55-【SMILE GARDEN】SKE48

日中でいちばん暑い時間にSKEが登場。年齢差17歳(!)のメンバー18名が初の屋外ステージで夏の神セトリを連発しました。ラストは「パレオはエメラルド」。今すぐお台場の海に飛び込みたくなるような超爽快なナンバーをエネルギッシュに披露し名古屋の貫禄を見せました。

©︎OTOTOY


14:50-【HOT STAGE】PPE41

今年のエイプリルフールに爆誕した人気コスプレ・グラビアアイドルのユニット、PPE41。TIFのために今月3日に配信リリースされた新曲「お願い☆デスティニー」含む2曲を披露し、撮影タイムもありと初ステージで異彩を放っていました。元ベビレの高見奈央が助っ人で参加。

©︎OTOTOY


15:25-【SMILE GARDEN】二丁目の魁カミングアウト

現体制でのTIFは初となる二丁魁。厳しい日差しの中、気温も体温も上昇させるような煽りとダンスで観客と一体感を作り出していました。「これからもアイドルとしてどんどん突き進んでいきます!」と宣言するミキティー。来年は目指せHOT STAGE!

©︎OTOTOY


16:00-【SMILE GARDEN】高嶺のなでしこ

ラストアイドルに所属していた松本ももな・籾山ひめり・橋本桃呼の加入が話題の新グループ、高嶺のなでしこが本日お披露目。高嶺のなでしこのサウンドプロデューサー、HoneyWorksメイドの「強さと可愛さ」を象徴する振り幅の大きいオリジナル曲に加え、籾山ひめりが「大切な曲をカヴァーさせていただきたいと思います」と、ラストアイドルの「青春トレイン」を披露し拍手に包まれていました。

©︎OTOTOY


17:55-【HOT STAGE】乃木坂46 5期生

今年お披露目された5期生がTIFに初出場。初の5期生曲「絶望の1秒前」からスタートし、歴代のシングル曲をフレッシュにパフォーマンスしました。スクリーンに曲名が発表されるたび、場内からはどよめきと拍手が起きて大興奮。ラストは8月31日にリリースされる30thシングルに収録の5期生曲「バンドエイド剥がすような別れ方」をフルサイズで披露。

©︎OTOTOY


18:30-【HOT STAGE】AKB48

今年は16名で出場したAKB48。新旧のヒット曲から、現在各劇場で開催中の公演から1曲ずつセレクトしたバラエティなセトリに大満足な内容でした。「他のアイドルもいいけど、やっぱAKBがいちばんですよねー!」のMCに思わず頷き、ラストは夏にぴったりの「真夏のSounds good!」。アイドルの最前線を常に走り続けるAKB48、さらなる躍動を感じたステージでした。

©︎OTOTOY


19:05-【HOT STAGE】日向坂46

「TIFの最後の最後ということで、今回大トリを務めさせていただきます!」と19人で出場した日向坂46。「ってか」でスタートし、シングルからユニット曲まで個性揃いな曲が続きました。ラストは「NO WAR in the future」。会場と一体で拳を上げる姿が印象的でした。

©︎OTOTOY

TIF2022 ライヴレポート
長濱ねるの開会宣言で開幕! TIF2022 1日目
https://ototoy.jp/news/108033

初出場や海外勢、そしてハプニングも! TIF2022 2日目
https://ototoy.jp/news/108058

イベント情報
TOKYO IDOL FESTIVAL 2022 公演概要

●公演名: TOKYO IDOL FESTIVAL 2022 supported by にしたんクリニック
●日程 :2022年8月5日(金)、6日(土)、7日(日)
●会場 :お台場・青海周辺エリア
●主催 :TOKYO IDOL PROJECT
●特別協賛:にしたんクリニック

インフォメーション
オフィシャルサイト
https://official.idolfes.com/

あわせて読みたい


TOP