News

2022年05月12日20時00分

 
【今週のK-POP】最強クルー結成でスメンパへ乗り込め 〈Be Mbitious〉
 




昨年社会現象を巻き起こした女性プロ・ダンサークルーのダンスサバイバル番組〈STREET WOMAN FIGHTER(通称スウパ)〉の男性版〈STREET MEN FIGHTER(通称スメンパ)〉が今夏のスタートを前に、プロのクルーに加え、ソロ・ダンサー選抜クルー「Mbitious」結成までのサバイバル番組〈Be Mbitious〉が今月24日からスタート。先日、ティザー映像が公開されました。

スウパを振り返ると、チームも出演者も知らなかった状態から始まったバッチバチな威嚇合戦、強烈で個性的なキャラと完璧で隙のないダンスで回を追うごとにそのプロフェッショナルさに視聴者全員が激ハマり。期待に応えるだけでなく遥か上の満足度を持ってくるMnetの編集と演出もさることながら、韓国で活躍するダンサーの地位があがったのはもちろん、出演メンバーはバラエティ番組出演やMCなど各方面で大活躍。一過性ではない人気を獲得しました。



[2021 MAMA] STREET WOMAN FIGHTER

スメンパではどんなクルーが参加するのか今から楽しみですが、本編への導入的な役割の〈Be Mbitious〉もかなり刺激的で痺れる内容になりそう。応募者はダンサーから振付師、アイドル、普段は別の職業を持つ人までさまざまで、ラッパー・チャンモが作った公式音源にのせた応募ダンス動画は現在公式YouTubeに公開されています。職業柄認知度の高いアイドル、元アイドルが再生回数の上位を占める中、ひとりだけバグったように再生回数が多いのがONF(オンエンオフ)のU(ユー)ことユウト、水口裕斗(みずぐち ゆうと)です。なぜユウトだけ再生回数が高いのかは、ダンス動画を見て確認するのがいちばん。固定カメラ&エフェクトなしでこのクオリティ?というダンスに注目です。ONFは現在ユウト以外のメンバーが兵役中。ソロ活にやってきた千載一遇のチャンスを実力で掴み取って欲しいですね。




ほかにも注目の出場者は、BIGBANGのワールド・ツアーにも参加経験があるKRUMP(クランプ)ダンスの秀才、元JBJのノ・テヒョン。




そしてPENTAGONのキノ(応募名は本名のカン・ヒョング)。番組発表前からSNSで出場希望をアピールしていました。高校では舞踊科出身でPENTAGONの振り付けも担当しています。




個と個がぶつかるサバイバルを勝ち抜いて「Mbitious」のクルーに選ばれるのは一体誰なのか、そして番組を盛り上げる新キャラは誕生するのか。458人(再生リスト参照)の応募ダンス動画を見ながら24日の番組スタートを待ちましょう。

インフォメーション
The CHOOM (더 춤) YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCsjD7wxKCD8C62_idZQdGJg

あわせて読みたい


TOP