News

2021年03月02日18時00分

 
サンボマスター、福島ファイヤーボンズを激熱ライヴで“応炎”-OTOTOYライヴレポ
 

2021年2月27(土)28日(日)の2日間に渡り、福島・県営あづま総合運動公園体育館にて東日本大震災復興プロジェクト〈FIRE UP! FUKUSHIMA東日本大震災復興10年イベント〉が開催され、サンボマスターがスペシャルライヴを行った。

このライヴは、28日(日)のプロバスケットリーグ(Bリーグ)公式戦、福島ファイヤーボンズ対山形ワイヴァンズ戦のハーフタイムに行われたもの。

サンボマスターの山口隆(Vo.Gt)は福島県出身。また、「ロックンロールイズ ノット デッド」が2020-21シーズン福島ファイヤーボンズ公式サポートソングに起用されチームPVも制作されている縁もあり、満を持してのスペシャルライヴでの登場となった。

イベントが行われたあづま総合運動公園体育館では、「クローズ」でおなじみの漫画家・高橋ヒロシが東日本大震災復興10年イベントのために特別に書き下したオリジナルイラストメッセージや、報道写真パネルが展示されていた。

また、福島ファイヤーボンズやチアリーダーズ「Ray-Glitters」のグッズ、様々なフード、ドリンクが販売されており、多くのお客さんで賑わっていた。

試合会場に入ると、ビジョンには震災復興10年スペシャルムービーとして、震災発生時のことを振り返る選手、関係者らの映像が流れていた。試合時間が近づきRay-Glittersがチアパフォーマンスを披露。場内には猪苗代湖ズ【福島出身の山口隆(サンボマスター)、松田晋二(THE BACK HORN)、渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)、箭内道彦(風とロック)により結成され2011年にNHK紅白歌合戦にも出場】の「I love you & I need you ふくしま」が流れ、ビジョンに“ふくしまが好き”と映し出された。選手入場の後、選手、観客全員で黙祷を行った。

チームカラーがパープルということで、ホームゲームでの応援歌となっている八神純子の大ヒット曲「パープルタウン」が流れると、ブースター(サッカーでいうサポーターの意)は大盛り上がり。試合がスタートすると、時節柄、声援は送れないものの、試合前の映像でレクチャーされた、“応炎”(ファイヤーボンズにちなんでそう表示されていた)の仕方で、子どもから大人までメガホンなどのグッズを手に選手を精一杯バックアップしていた。

ハーフタイムとなり、サンボマスターが特設ステージに登場。オープニングSEのゴダイゴ「モンキーマジック」に乗ってステージに上がった山口、近藤洋一(Ba)、木内泰史(Dr)の3人。木内はファイヤーボンズのタオルを掲げ、近藤は2階席に両手を振って応える。「サンボマスターです!よろしくお願いします!最高の一日にしましょうよみなさん!」と、山口が第一声からレスポールをかき鳴らして始まったのはもちろん、「ロックンロールイズ ノット デッド」。バスケットコートに鳴り響く爆音と歌声に、観客はメガホンを叩いたり手拍子しながら盛り上がっている。ファイヤーボンズは、サビの“何度だって立ち上がるんだよ 君よもう悲しまないでくれ 強く願って明日を変えたい”という歌詞に苦しいシーズンを経て生まれ変わろうとしているチームの思いを重ねたという。山口が独特なフィンガリングで流麗なギターソロを披露した間奏から曲が後半に差し掛かるとさらに場内は一体化。

歌い終えた山口が、“もっと最高の一日にしたい人!もっと最高の福島にしたい人!”と呼び掛けると大喝采。さらに“できますよ!俺たち、もっともっと最高な東北に、福島に、できますよ!”と叫びながら「できっこないを やらなくちゃ」へと突入して、2曲目にしてライヴはクライマックスへ。グイグイ引き寄せられるダンサブルなリズムと共に“あきらめないでどんな時も 君なら出来るんだどんな事も”と歌われると、思わず声を出したくなるがグッとこらえて心の中で大合唱。コートの向こうを見ると、マスコットキャラクターのボンズくんも大盛り上がりだった。ラストは山口が“愛してる 愛してる!”と連呼して故郷への愛情を伝えて、観客の大喝采の中、エンディングSEのカーティス・メイフィールド「MOVE ON」に送られてステージを後にした。

ストレートな“応炎歌”2曲で、試合の熱気をさらにブーストしたサンボマスターのスペシャルライヴ。ショーアップされたバスケットボールの試合に熱いロックバンドのライヴは見事にハマっていて、今後もBリーグとライヴの融合は見てみたいと俄然興味が沸いた。試合は残念ながら69-87でファイヤーボンズは山形ワイヴァンズに敗北。悔しさをバネに“何度だって立ち上がる”福島ファイヤーボンズに奮起に期待しよう。

取材・文・ライヴと試合以外の写真:岡本貴之

あわせて読みたい


TOP