SPACE SHOWER NETWORKS INC.

マジックアワー
Lossless

マジックアワー

HipHop/R&B

V.A.

トラックメイカーSTUTSと、ラッパーBIM、RYO-Z(RIP SLYME)によるサマーチューン!

どうしよう
Lossless

どうしよう

Rock

Tempalay

FUJI ROCK FESTIVAL’15&17、アメリカの大型フェスSXSWに出演、2度に渡る中国ツアーを行う等、自由にシーンを行き来する新世代ロックバンド。9/26にリリースされるミニアルバム「なんて素晴らしき世界」から先行配信。

Theatre of Strange (PCM 96kHz/24bit)
High Resolution

Theatre of Strange (PCM 96kHz/24bit)

Pop

John Natsuki

ドラマーとしてのビートセンスの上に、自身が音楽を志すきっかけとなった、アバンギャルド、ゴシック、ニューウェーブ、ポストパンク、グラムロック、ニューロマンティックス、ポップス等からの影響を随所にオマージュしたデビューEP。エキセントリックな展開やボーカルワークが際立つ5曲。

Theatre of Strange
Lossless

Theatre of Strange

Pop

John Natsuki

ドラマーとしてのビートセンスの上に、自身が音楽を志すきっかけとなった、アバンギャルド、ゴシック、ニューウェーブ、ポストパンク、グラムロック、ニューロマンティックス、ポップス等からの影響を随所にオマージュしたデビューEP。エキセントリックな展開やボーカルワークが際立つ5曲。

ぼくはシモベくん-呪縛からの解放-(feat.Kaz Skellington)
Lossless

ぼくはシモベくん-呪縛からの解放-(feat.Kaz Skellington)

Pop

John Natsuki

ドラマーとしてのビートセンスの上に、自身が音楽を志すきっかけとなった、アバンギャルド、ゴシック、ニューウェーブ、ポストパンク、グラムロック、ニューロマンティックス、ポップス等からの影響を随所にオマージュしたデビューEP。エキセントリックな展開やボーカルワークが際立つ5曲。

A・I・A・O・U
Lossless

A・I・A・O・U

Rock

MONO NO AWARE

2019年4月公開『沈没家族 劇場版』の主題歌「A・I・A・O・U」が配信リリース。”子供から大人への成長”をテーマに胎児、幼児、青年、成人と段階を踏んで、言葉遣いや表現内容が変化する、MONO NO AWAREが描く歌詞世界とサウンドスケープの新境地。

HAPPY
Lossless

HAPPY

NO BRIGHT GIRL

長野県松本市発、平均年齢19 歳!大注目のPOP PUNK BAND、NO BRIGHT GIRLデビューEP !!2017 年長野県松本市にて結成。2018 年に上京しcastaway、AIRFLIP 等と共演、Between You And Meのジャパンツアーサポートアクトを務めるなど精力的に活動中。ライブハウスシーンにて着実に知名度を上げる中、初の全国流通盤となるEP を完成させた。アートワークにはOVER ARM THROW,dustobox 等のジャケット制作を手掛ける植木真吾氏(sauce) を起用。比類なきキャッチーさを持つ彼等の楽曲はこれからのPUNKのスタンダードになること間違いなし!

なんて素晴らしき世界 (PCM 48kHz/24bit)
High Resolution

なんて素晴らしき世界 (PCM 48kHz/24bit)

Rock

Tempalay

FUJI ROCK FESTIVAL’15&17、アメリカの大型フェスSXSWに出演、2度に渡る中国ツアーを行う等、自由にシーンを行き来する新世代ロックバンドの新作ミニアルバム。約一年ぶりの新作「なんて素晴らしき世界」では、これまでサポートメンバーだったAAAMYYY(Cho&Syn)が正式メンバーに加わり、新体制へ。たたみかけるような美しいメロディラインがループするリード曲「どうしよう」、クリエイティブレーベル“PERIMETRON”とタッグを組みセンセーショナルなミュージック・ビデオを公開したロック・ナンバー「SONIC WAVE」等、新世代が集うシーンの中で逸脱したオリジナリティとセンス&ユーモアを持った8曲入りミニアルバムが完成。

なんて素晴らしき世界
Lossless

なんて素晴らしき世界

Rock

Tempalay

FUJI ROCK FESTIVAL’15&17、アメリカの大型フェスSXSWに出演、2度に渡る中国ツアーを行う等、自由にシーンを行き来する新世代ロックバンドの新作ミニアルバム。約一年ぶりの新作「なんて素晴らしき世界」では、これまでサポートメンバーだったAAAMYYY(Cho&Syn)が正式メンバーに加わり、新体制へ。たたみかけるような美しいメロディラインがループするリード曲「どうしよう」、クリエイティブレーベル“PERIMETRON”とタッグを組みセンセーショナルなミュージック・ビデオを公開したロック・ナンバー「SONIC WAVE」等、新世代が集うシーンの中で逸脱したオリジナリティとセンス&ユーモアを持った8曲入りミニアルバムが完成。

SONIC WAVE
Lossless

SONIC WAVE

Rock

Tempalay

FUJI ROCK FESTIVAL’15&17、アメリカの大型フェスSXSWに出演、2度に渡る中国ツアーを行う等、自由にシーンを行き来する新世代ロックバンド。9/26にリリースされるミニアルバム「なんて素晴らしき世界」から先行配信。

LIVE 2012・大阪/侵蝕の赤い十六日・東京

LIVE 2012・大阪/侵蝕の赤い十六日・東京

Rock

GEZAN

2010年大阪で突如活動を開始して以来、早くも2010年代最注目ロック・バンドとしての呼び声が高い、下山(GEZAN)のセカンド・アルバムが登場した。熱狂のライヴ音源と、2012年8月から9月にかけて東京で行なわれたライヴ“侵蝕の赤い十六日”での音源を収録。

花の下の人々

花の下の人々

Rock

ショピン

2011年の震災の後に初めて作った曲「花の下の人々」を含む3曲に加え、2011年6月に行われた単独公演の模様を収めたライブ映像を中心とした映像作品を2枚組で発売。お店に行くと何はさておき「その他」のコーナーが気になってしまう性分のショピン一同、約1年振りに新作を発表。

マロのさんぽ

マロのさんぽ

Rock

ショピン

ショピンがNHKの長寿人気アニメーション「おじゃる丸」のエンディング・テーマを担当。アコースティック楽器を中心に様々な手作り楽器や玩具などなど、楽しげな音がたくさん。 アニメの世界観がショピンならではの暖かみ溢れるサウンドで表現された楽曲です。カップリングにはアニメの声優、西村ちなみ(おじゃる丸役)、渕崎ゆり子(カズマ役)、佐藤なる美(電ボ役)による歌唱のスペシャル・バージョンを収録。

TOP