artist image

John Natsuki

Pop

Discography

Pop
ドラマーとしてのビートセンスの上に、自身が音楽を志すきっかけとなった、アバンギャルド、ゴシック、ニューウェーブ、ポストパンク、グラムロック、ニューロマンティックス、ポップス等からの影響を随所にオマージュしたデビューEP。エキセントリックな展開やボーカルワークが際立つ5曲。
Pop
ドラマーとしてのビートセンスの上に、自身が音楽を志すきっかけとなった、アバンギャルド、ゴシック、ニューウェーブ、ポストパンク、グラムロック、ニューロマンティックス、ポップス等からの影響を随所にオマージュしたデビューEP。エキセントリックな展開やボーカルワークが際立つ5曲。
Pop
ドラマーとしてのビートセンスの上に、自身が音楽を志すきっかけとなった、アバンギャルド、ゴシック、ニューウェーブ、ポストパンク、グラムロック、ニューロマンティックス、ポップス等からの影響を随所にオマージュしたデビューEP。エキセントリックな展開やボーカルワークが際立つ5曲。
Playatuner代表であり、ラジオ等でも活躍するKaz Skellingtonが自身の27歳の誕生日にリリースしたフルアルバム。J-Wave「Booze House」のテーマ曲である「Booze House」や、1stシングル「So I Pretend I Never Met You」も収録。作詞作曲編曲だけではなく、レコーディング/ミックス/マスタリングも自身で手がけ、構想から1ヶ月でリリースに至った作品。ジャケットはKaz Skellingtonが生まれた年である1992年に、当時27歳であったドクター・ドレーがリリースした名盤「The Chronic」のオマージュ。
Playatuner代表であり、ラジオ等でも活躍するKaz Skellingtonが自身の27歳の誕生日にリリースしたフルアルバム。J-Wave「Booze House」のテーマ曲である「Booze House」や、1stシングル「So I Pretend I Never Met You」も収録。作詞作曲編曲だけではなく、レコーディング/ミックス/マスタリングも自身で手がけ、構想から1ヶ月でリリースに至った作品。ジャケットはKaz Skellingtonが生まれた年である1992年に、当時27歳であったドクター・ドレーがリリースした名盤「The Chronic」のオマージュ。

Popular albums of same genre