MIDI Creative

Hear Nothing
Lossless

Hear Nothing

Farida's Café

4人のサード・カルチャー・キッズたちが東京で出会い結成したバンドのデビュー・アルバム。メンバーそれぞれの異なる音楽的かつ文化的バック・グラウンドを武器としてfarida's cafeの強烈な個性は形成されている。'70年代のブルース・ロックを彷彿とさせる、ファリダス・カフェは21世紀のサイケ創生の匂いがする。

Gold
Lossless

Gold

Farida's Café

全12曲の3rdアルバムは初カヴァーにもトライ、3代目のベーシストにとしてmasaが加入しfarida's cafeのサウンドが確立されたといっても過言ではない作品。 最後にシークレット・トラック(カヴァー曲)あり!「一つ一つの響き、空気感にこだわった音、その上を漂うようなメロディーに、音楽に対するリスペクトが見える。何故か、行ったこともない、見たこともない異国の風景が浮かぶ。彼等の世界観はスバラシイと思う。"このバンドは良い"と人に自慢できる数少ないバンドの一つです。」(ACIDMAN)

Abuzeek
Lossless

Abuzeek

Farida's Café

前作『GOLD』以降、以前にも増しライヴ・アクトを積極的に行ってきたファリダス・カフェの、2年ぶりの4枚目の作品。今回アコースティックでシンプルなイメージを前面に出してはいるが、アグレッシヴなイメージに加えてその一面も熟成感を感じる。 また、メンバーが「これ、あり?」と驚くほどのポップなラストの曲なども、曲調以上の何かが'60年代のアメリカに誘ってくれるから不思議だ。「ロックなのかポップなのか。繊細なのか骨太なのか、王道なのかアングラなのか、全てが"シンプル"という糸でバランスを取り合ってるすごい音源です。」(常田真太郎/スキマスイッチ)

Super Samir Remixes Abuzeek
Lossless

Super Samir Remixes Abuzeek

Farida's Café

ギターの酒井アンドレが'Super Samir'名義でアルバム『Abuzeek』をリミックスした話題作。バンド結成前にUCサンタクルーズ校で電子音楽、音楽工学、サウンドデザインなどを学んだ経験を持つ彼だが、今回バンドの前作品を全く異なる味付けをしリメイクしたことで、新たな料理ができあがった。残念ながらグループはこの後活動休止に入り、酒井アンドレ(Super Samir)はユニット「RODRIGUEZ」を岡本英之と結成し、'09年に同レーベルよりアルバム(CXCA-1250)を発表している。

Rodriguez
Lossless

Rodriguez

Rodriguez

オルタネイティヴ・バンド「Farida's Cafe」活動休止後に同バンドのギター酒井アンドレが"スーパーサミュール"名義で岡本英之と立ち上げた新しいユニット、ロドリゲスのファースト・アルバム。このRODRIGUEZでは、ユニット・フォークやカントリーなどルーツ音楽をベースとしつつも、随所にアナログ・シンセを意識したフレーズやエレクトロニカ的なアプローチも見え隠れするところなど、酒井アンドレのプロデューサー/アレンジャーの才能が遺憾なく発揮されたアルバムである。

Notebook Love Affair
Lossless

Notebook Love Affair

Dan Jury

プロデューサー「Super Samir」と組み、待望のソロアルバムをリリース。今まで彼のノートに潜んでいた最もパーソナルな曲を紹介しています。ぶっきらぼうながらも正直でストレート。時には希望にあふれ、時には切なく、誰もが共感できる物語が各曲にある作品です。

Mile a Minute
Lossless

Mile a Minute

Farida's Café

前年のデビュー作後早くもリリースされたセカンド・アルバム。アグレッシヴな印象が特に強かった前作から一年経たずに発表された今作は、いろいろな意味で飛躍を遂げた作品である。 デビュー作と比べほとんどの曲が日本語詞で書かれており、Reiのヴォーカルは日本語で歌うことによってより表現豊かになっており、メッセージを伝えることへの意志が感じられる。スキマスイッチの常田真太郎やアコーディオン・プレイヤーの田ノ岡三郎らをゲストに迎え、サウンド的にも大きく幅を拡げた完成度の高い一枚となった。

遥かな風 ~アカシアの木の下で
Lossless

遥かな風 ~アカシアの木の下で

Pop

GINTE2

70年代の奇跡の高校生フォークロック・バンド『銀河鉄道』が、GINTE2として30年ぶりに復活!銀河鉄道時代の「想い出してごらん」のセルフカバーなどを含むセカンドアルバム登場。

こんな日を待っていたんだ
Lossless

こんな日を待っていたんだ

Rock

マーガレットズロース

全国流通するCDでは初のセルフプロデュース作品となる3rdアルバム。ライブの熱さをスタジオで再現しようというコンセプトの下で録音し、若さゆえの焦燥と熱情が随所に表れる。特に友部正人「大阪へやって来た」のカバーはオリジナルに勝るとも劣らないアルバム中の白眉。なお今回初めて元はちみつぱいの渡辺勝がオルガンとピアノで参加。名盤ネオンホールへの布石として完成した本作は必聴の一枚といえるだろう。ジャケットを広げるとCDのサイズの9倍もある大きな絵が現れる。

ネオンホール
Lossless

ネオンホール

Rock

マーガレットズロース

2004年4月24、25日の二日間、長野県ネオンホールで行われたワンマンライブの模様をCDとDVDの2枚組みで発表した意欲作。CDでは13曲中未発表曲が9曲、録音にライブ感をもとめ続けてきたマーガレットズロースのひとつの最終形がここにある。ステージ上で死ぬ限界まで感情を沸騰させたバンドの真実!

オー・ド・ヴィ(オリジナルサウンドトラック)
Lossless

オー・ド・ヴィ(オリジナルサウンドトラック)

Pop

あがた森魚

今年50周年を迎えたあがた森魚、1972年4月25日キングレコード「ベルウッド」レーベル第1号として発売された「赤色エレジー」は50 万以上のヒット、時代の寵児と…

ナイトクルーズ気分
Lossless

ナイトクルーズ気分

Pop

松江潤

松江潤、デジタルリリース第4弾は真夏の夜を彩るキラキラAOR。初っ端、軽やかなスルー・パスみたいな転調から魅せてくれる周到な攻めと無邪気なテンポ。そこか…

ザ・ノックダウンズの王将
Lossless

ザ・ノックダウンズの王将

Rock

ザ・ノックダウンズ

京都発、永遠の初期衝動バンド「ザ・ノックダウンズ」、満を持しての2ndアルバム『King of the knockdowns(ザ・ノックダウンズの王将)』が登場!活動歴20年越えにして初のフルアルバム『ザ・ノックダウンズの歩み(2017年)』に続き、本作も山川のりを(ギターパンダ)がプロデュース&ゲストプレイ。ライブで育てられたお馴染みの楽曲、リスペクトを込めた誰かカバやねんロックンロールショウのカヴァー曲など、全11曲のロックンロール★ラヴレター。ユーモアとウィットを織り交ぜた日本語が、ロックンロール、ガレージパンク、エイトビート、ブルースetcに乗っかれば、老若男女は躍り出し、楽しすぎて顎も外れる!

ためらいブルー (feat.SAWA)
Lossless

ためらいブルー (feat.SAWA)

Pop

松江潤

80'sニューウェーブ・テイストの「解体ディスコ」、王道ポップソング「虹の彼方」と変幻自在の楽曲をリリースする松江潤、配信シングル第3弾。今作はボーカルにアイドルへの楽曲提供などでも活躍するDTMシンガーソングライターのSAWAをフィーチャー。耳に残るファンシー・ボイス、浮遊感と歪んだギターサウンドに彩られた、ちょっとサイケでシューゲイザーを彷彿させる楽曲です。

虹の彼方
Lossless

虹の彼方

Pop

松江潤

9月に配信リリースされた 「解体ディスコ」に続く松江潤の配信シングル第2弾。端正で美しいメロディとBase Ball Bearの堀之内大介によるドラムス以外全ての楽器・ボーカルを松江自身が演奏したドリーミーなサウンド。ギタリストとして数多くのセッションやレコーディングに参加し、変幻自在の幅広い音楽性とメロディメーカーの才能を併せ持った松江潤。美メロ溢れるマジカルなポップソングです。

マシュマロ・ハロー
Lossless

マシュマロ・ハロー

マシュマロハ長調

ヘタレでヨレヨレで天然ボケですが、一度聴くとついスキになってしまうデビュー・アルバム!狙ってないのにセンスが良くて大胆で超ポップ、本人達は好きにやってるだけだと思いますが、こういうのを才能というのでしょうか、でしょうね。

マシュマロ・バニー
Lossless

マシュマロ・バニー

マシュマロハ長調

京都のかわいい二人組、プチ・アルバム。西松屋CMソング「小さなおでかけ」収録。

Quyen Troi
Lossless

Quyen Troi

Quyech

ハノイを拠点に活動するアヴァン・ポップユニット Quyech の1stアルバム。

Cho
Lossless

Cho

Quyech

ハノイを拠点に活動するアヴァン・ポップトリオ Quyech の 4th シングル。

Tuyen Ngon Buoi Chieu
Lossless

Tuyen Ngon Buoi Chieu

Quyech

ハノイを拠点に活動するアヴァン・ポップトリオ Quyech の 3rd シングル。

UP
Lossless

UP

Rock

MOJA

激烈ロックデュオ、mojaがシングルを2枚同時リリース!彼らの枯渇することのないクリエイティビティ、そしてエレルギーが凝縮された力作!

Who's who
Lossless

Who's who

Rock

MOJA

激烈ロックデュオ、mojaがシングルを2枚同時リリース!彼らの枯渇することのないクリエイティビティ、そしてエレルギーが凝縮された力作!

TUOI 25
Lossless

TUOI 25

Pop

Le Cat Trong Ly

ベトナムのシンガーソングライター、レー・カット・チョン・リーの2ndアルバム。ハノイで学生のために開催されたコンサート「LY TUOI 25」のライブレコーディングとなっている。

Amateur Japanese Edition
Lossless

Amateur Japanese Edition

Pop

Isaac Vallentin

カナダのシンガーソングライター/デザイナー、Isaac Vallentinの2ndアルバム 『Amateur』が、本人によるミックス・未発表曲追加で日本盤リイシュー

KHONG SAO VE BAT DAU
Lossless

KHONG SAO VE BAT DAU

Pop

Le Cat Trong Ly

ベトナムのシンガーソングライター、レー・カット・チョン・リーの4thアルバム。オーケストラとともにライブレコーディングされたクラシカルな趣のフォーク。

Dreamers
Lossless

Dreamers

Pop

Le Cat Trong Ly

ベトナムのシンガーソングライター、レー・カット・チョン・リーの3rdアルバム。2011年から2015年にかけて書いた楽曲のライブレコーディングを集めたコンピレーション。

CHANG THE CHIA RA LAM DOI
Lossless

CHANG THE CHIA RA LAM DOI

Pop

Le Cat Trong Ly

ベトナムのシンガーソングライター、レー・カット・チョン・リーの5thアルバム。ベトナム最高峰のミュージシャンを迎え、南フランスでレコーディングされている。

Chi Duong
Lossless

Chi Duong

Quyech

ハノイを拠点に活動するアヴァン・ポップデュオ Quyech の2ndシングル『Chi Duong (Directions)』。バンド初のデジタル配信。

69
Lossless

69

ALL THAT FUZZ

Another side of Jun Matsue.

Baby Step
Lossless

Baby Step

anoä

anoaのデビューアルバム『Baby Step』は、斉藤ネコ(Violin)、山口とも(Perc.)、mama! milkの清水恒輔(WB)&生駒裕子(Aco)、ミュートビートの松永孝義(WB)など多彩なゲストミュージシャンが参加、コラボレーションアルバムのように仕上げられています。いろんな色がみえるアルバムで、好きな洋服やおもちゃで遊ぶように曲を選んで聴くもよし、通して聴いていろんな物語を感じるもよし。このアルバムは今までの小さな進歩(Baby Step)の集まりで、ちょっぴり笑える一枚になりました。

pianoaani
Lossless

pianoaani

anoä

ピアノと遊び、ピアノと泣く、なんだか・・・アノアの世界を堪能あれ

Do Yah!
Lossless

Do Yah!

anoä

リズミカルで楽しいピアノ、シンプルな言葉、カラフルな音柄。音の隙間も歌にして、日常を歌う、帽子好きのピアノ弾き歌い,anoä(アノア)のニューアルバム。 童話の世界のようなキュートさもあれば、ジャジーで少しアダルトな感じを醸しだす曲、しっとりと聴かせる曲もあり、関西的な明るいノリを感じさせるような曲。変幻自在、アノアのピアノ弾き語りアルバムです。

木箱のリボンを
Lossless

木箱のリボンを

tonco

日々の暮らしの断片から紡ぎ出される無垢な心象。原風景のスケッチ、無音の奏でる色彩。ギター弾き語りは鉛筆のデッサン。そこに、パステル、水彩、時には油絵具で色彩を足してゆくようなサウンドメイキング。必要な音は目の前にある。 根底にブリテイッシュ・フォークやアーシーなアメリカンロック、FAB4への愛情を抱きつつ独特な質感を持った世界をかもし出します。プロデュースには藤原マヒト、ゲスト・ミュージシャンに伊賀航・大久保由希・okyonを迎え、GINJIN STUDIOにてレコーディング。木箱のリボンを解いてみたら、いったいどんな宝物が詰まっているのでしょう。 そっと開けてみてください。

室外音楽2
Lossless

室外音楽2

Jazz/World

夕凪

唄と音の融合、広がり。夕凪にしか出せない世界がひろがる2ndフルアルバム。

夕凪III -食卓と愛-
Lossless

夕凪III -食卓と愛-

Jazz/World

夕凪

祝!結成15周年。5人組ジャムバンド、夕凪の4年ぶりとなるニューアルバム。今作は、得意とするジャムバンド的要素はやや薄くなり、結成当初のシンプルな唄を追求。初のインストなしアルバムとなったが、無限の拡がりを感じさせる独特のコトバの世界と空ありき音と唄、圧巻のグルーヴは健在だ。ゲストミュージシャンとしてトウヤマタケオカルテットの林美紀とハンバートハンバートの佐藤良成が参加している。  --------------夕餉の匂いと日向の唄、食卓と愛に尽きる(伊藤せい子)。

室外音楽3
Lossless

室外音楽3

Jazz/World

夕凪

ゲストにVin:佐藤良成(ハンバートハンバート)と Dr:藤井寿光(ex-ANATAKIOKU)を加え、 7人編成では御馴染み「室外音楽1」に収録した『イメージの木』を再録。 新曲に加え、故・西岡恭蔵の『春一番』 夕凪の信条であるライブで育てた楽曲揃いの11曲収録。

室外音楽1
Lossless

室外音楽1

Jazz/World

夕凪

94年より大阪を中心に全国を駆け巡る伊藤せい子を中心とする「唄心溢れる」ジャムバンド、夕凪の初のフルアルバム。

We Come from Tomorrow
Lossless

We Come from Tomorrow

Dance/Electronica

融化橋

融化橋(Melting Bridge)はカリフォルニア出⾝、台湾在住のアメリカ⼈ミュージシャン、John Tuckerと台湾⼈ミュージシャン、Pia Hsiehからなるデュオで、古筝や嗩吶、笛子、といった中国伝来の古楽器や環境⾳に、シンセサイザーやサンプラー、DAWソフトウェアといったエレクトロニクスを合わせることによって、ハイブリッドで実験的、それでいてどこかノスタルジックで温かみのあるアンビエントミュージックを⽣み出している。本作は昨年の5⽉に、Meiteiなどのリリースで知られるシンガポールの新鋭レーベル、Evening Chantsよりカセットテープでリリースされた彼らのデビューアルバム”我們從明天來” (英題:We Come From Tomorrow)の⽇本盤リマスター再発となる。彼らは創作において、「台湾の京都」とも⾔われる台湾南部の都市、台南から⼤きなインスピレーションを得ているという。台湾固有の歴史と伝統が根付く古都、台南の⼟着的なムードと、洗練されたエレクトロニックなプロダクションのせめぎ合いが⽣み出す混沌と美。「環境⾳楽」というよりは「環境⾳」そのもののような、その地に住まうものにしか⽣み出せない、リアルな情感を湛えている。マスタリングはベルリンのDUBPLATES & MASTERINGにてRashad Beckerが担当。

ピジョンズ
Lossless

ピジョンズ

Pop

ピジョンズ

ワタナベトモエ(Vo.)とたなべさとみ (サミー)のユニットのファースト・ミニ・アルバム。シンプルな演奏でのシンプルな歌詞がユニーク。自宅録音された作品。

Chaos
Lossless

Chaos

Daija

ニナ・リッチやDIESELのモデルなどで知られるデイジアがファースト・アルバムを発表。クラブ系の音と彼女の妖しいヴォーカルが絡み合って、さながら日本版ビョークといえる音が誕生した。

丹後恋唄
Lossless

丹後恋唄

Pop

一ノ宮頼子

この瞳に 棲まう漁火 燃やせ燃えれ 燃えれ燃やせ

ウイッスル
Lossless

ウイッスル

ザ・コケッシーズ

心のタンスから出てくる出てくる大好きなうた ザ・コケッシーズ デビューアルバム

MAZY REPEATER
Lossless

MAZY REPEATER

Pop

ストロオズ

"21世紀のスウィーテスト・タブー"、ストロオズの薫風漂う最新ミニ・アルバム。

なぞなぞ
Lossless

なぞなぞ

Rock

山本精一

羅針盤、ROVO、MOSTなどのバンドで活躍する関西の奇才、山本精一のソロ名義作で、全曲がギター弾き語りの作品だ。といっても、たとえば羅針盤のような叙情的ポップスとはまったく異なり、山本のスカムな変人ぶりが炸裂するアルバムになっている。「シャケが2匹でB1からエスカレーター乗り継いで」「私のたぬきはよいたぬき」といったストレンジな言葉が歌詞に頻発する。演奏にしてもただの伴奏ではなく、急激に展開が変わったり、やおら轟音ノイズ・ギターがあったりとやりたい放題。こうしたぶっ飛んだ変態性こそ山本の本質であり、彼の最もコアな部分が表現された作品といえる。(小山 守)

SUMMER SHOT
Lossless

SUMMER SHOT

Pop

ストロオズ

68年頃のジョンとポールが、勝手な英語で歌う日本人の女の子に生まれ変わった!そんな衝撃。

Moscowmule for Gemma
Lossless

Moscowmule for Gemma

鈴木羊

POP世捨て人、鈴木羊が旅に出る行き着く果てはスターか?切腹か?腕達者揃いの"The Taro Band"を従えての全曲一発録音! 待望のニューアルバムはフラットマンドリンプレイヤーとして注目される井上太郎のジャムバンド、The Taro Bandを率いてのアルバムです。

電気羊はロックスターの夢を見るか?
Lossless

電気羊はロックスターの夢を見るか?

鈴木羊

ディラン+プリンス?驚愕の新世代シンガーソングライター鈴木羊登場。 プロデューサーに小井出ヒサシ(JERRY LEE PHANTOM) 青木裕(downy, VOLA&THE ORIENTAL MACHINE)を迎えた強力デビュー盤

カゲキナキゲキ
Lossless

カゲキナキゲキ

鈴木羊

異才シンガー・ソングライターの2作目は、全演奏、全録音、全ミックスを自ら手がけたコンセプチュアルな作品。プリンスの影が見えるダンサブルなサウンドに乗せ、ボブ・ディランの影が見える言葉のつぶてを投げつける快作。ブックレットの露悪的写真もプリンス直系。

RED
Lossless

RED

鈴木羊

窮地の羊が牙をむく!ガンガンロックしています。渦中のギタリスト、青木裕(unkie,ex-VOLA&THE ORIENTAL MACHINE)によるプロデュース。

SILVER SNOW
Lossless

SILVER SNOW

the guitar plus me

アコースティック、エレクトロニカ、ミニマルなど、多様なキーワードが浮かぶポップ・ミュージック。冬をテーマとした作品集で透明感のあるサウンドが心地よい。

NEWTOWN NEWTONE
Lossless

NEWTOWN NEWTONE

the guitar plus me

プロジェクト名通りアコースティック・ギターの響きと自身の声を軸に、タイトなリズム、キーボードの美しい調べ、口笛や鳥の鳴き声などのサウンドソースが彩りを加える瑞々しいトラックメイキング。ソフト・ロック/AOR/カントリー/ボサノヴァなど様々な要素を取り込み、よりポップに音楽の幅を拡げた全10曲。 気持ちよく晴れた休日の午後に落ち着いて聴いていただきたい、クリアでアコースティカルな魅力に溢れた名曲揃いの一枚です。

777
Lossless

777

the guitar plus me

the guitar plus me、7年目通算7枚目7曲入り。フルハウスのオープニング曲「everywhere you look」のカバーを含む、ご機嫌なミドルアルバム。トータルタイム37分。

TOP