Yearly Best Selling (Classical/Soundtrack) Singles/EPs

1

声よ
Lossless

声よ

坂東祐大 feat. 塩塚モエカ

NHK土曜ドラマ『17才の帝国』主題歌

2

『Bloodborne The Old Hunters』 オリジナルサウンドトラック(24bit/96kHz)
High Resolution

『Bloodborne The Old Hunters』 オリジナルサウンドトラック(24bit/96kHz)

Classical/Soundtrack

Bloodborne The Old Hunters

全世界を熱狂させたPlayStation(R)4専用アクションRPG『Bloodborne』の大型DLC『Bloodborne The Old Hunters』。オリジナルミニサウンドトラックが全5曲で登場!

3

Stone Stone Stone Mini Album
High Resolution

Stone Stone Stone Mini Album

Jazz/World

大友良英

1「Stone Stone Stone」2020年5月20日、ツイッターデモで政治状況が少しだけ動いた時の「小さな石をたくさん投げたら山が少し動いた」という小泉今日子さんのツイートにインスパイアされ作られた作品。複数の指揮者、即興と楽曲を行き来するマルチリンガル的な発想の中に、ハードコアなジャズから日本的なビートまで様々要素をノイジーに溶かし込んでいます。今、世界的に注目されているサックス奏者クリス・ピッツィオコスの激しい即興演奏が光ります。 2「Kinue Hitomi ―new version of ""闘う女子""―」日本初の女性アスリート・人見絹枝に捧げられた曲。もともとは大河ドラマ「いだてん」に登場する人見絹枝のパート用に作られた楽曲ですが、アレンジを大幅に変え新たな楽曲として生まれ変わりました。差別の中で闘う人々へ捧げられた作品です。ゲストにONJQのトランペッター・類家心平、北海道で活動する新進気鋭のサックス奏者・吉田野乃子が参加。 3「Hong Kong Hong Kong Hong Kong」香港の映画監督・アンホイの「女人、四十」(1995年)のサウンドトラック(大友良英)をモチーフにした作品。サントラのビッグバンド演奏に加え、アメリカ在住のカヒミ・カリィ&ニキ親子の日常の声、シンガーポールのユエン・チーワイとソウルのリュウ・ハンキル、北京のヤンジュンによるリモート演奏や、DJ sniffによる2014年の香港フィールドレコーディングがコラージュされた作品。アンホイ監督に捧げると同時に、大友とゆかりの深い香港の友人たちに捧げられた作品です。

5

Song of TRIANGLE STRATEGY (feat. SARINA, REINA & MARU)
Lossless

Song of TRIANGLE STRATEGY (feat. SARINA, REINA & MARU)

Classical/Soundtrack

千住 明

スクウェア・エニックスによるRPG「トライアングルストラテジー」の主題歌“Song of TRIANGLE STRATEGY”

6

Space Lion Virtual session 2020
Lossless

Space Lion Virtual session 2020

Jazz/World

SEATBELTS

シートベルツがSpace Lion をヴァーチャルセッションしました。2020年新録音。

7

TANK! Virtual Session 2020
Lossless

TANK! Virtual Session 2020

Jazz/World

SEATBELTS

アニメ「Cowboy Bebop」のOP曲です。 今回、菅野よう子がプロデュースしたテレバージョンです。 SEATBELTSのYoutubeチャネルにあるものと同じ音源です。

8

BS-TBS「日本の名峰・絶景探訪」テーマ曲
Lossless

BS-TBS「日本の名峰・絶景探訪」テーマ曲

Classical/Soundtrack

N-Trax

BS-TBS「日本の名峰・絶景探訪」エンディングテーマ曲

9

Never Stop
High Resolution

Never Stop

Anime/Game/Voice Actor

澤野弘之

澤野弘之x《荒野行動》4周年テーマソング。

11

坂本龍一 NHK session (2.8MHz dsd + mp3)
High Resolution
Exclusive

坂本龍一 NHK session (2.8MHz dsd + mp3)

Jazz/World

坂本龍一

''5人のアーティストとのセッションを特典PDF付きで完全収録!''^ ^ 2011年元日にNHK-FMで放送された『坂本龍一ニューイヤー・スペシャル』のために収録された演奏。大友良英との、オーネット・コールマンをモチーフにしたピアノとギターによる繊細な即興演奏「improvisation inspired by Ornette Coleman」、坂本が立てる物音と大谷能生のラップがゴダール的な空間を織りなす「adaptation 02 - yors」、ASA-CHANGのエレクトロニック・ドラムで奏でられる「adaptation 03.1 - acrs 〜adaptation 03.2 thousand knives - acrs」、2人の知性派ミュージシャンが相まみえた菊地成孔との歴史的な記録「adaptation 04 - nkrs」、やくしまるえつこの独特な声で「Ballet Mécanique」に新たな息吹を与えた「adaptation 05.1 ‒ eyrs ~adaptation 05.2 ballet mécanique - eyrs」。5人のアーティストとのセッションを、当日の模様を収めたブックレット(PDF)付きで完全収録。

Bonus!

14

Lenna
High Resolution
Exclusive

Lenna

Classical/Soundtrack

Miyu Hosoi

Lennaは画像処理の論文などで使用されるテストイメージの”Lenna”から22.2chフォーマットのために作曲、制作されました。サラウンド音源の分野でサンプルになる楽曲が少ない現在において広く研究開発に使用いただけるような楽曲を目指しています。声と音響の森羅万象、聴く者を惹きつけたり置き去りにしたり、翻弄するような瞬間をいくつも設けた、挑戦的な楽曲に仕上がっています。 Voices & Recorded : 細井 美裕^ Composer : 上水樽力^ Mixed : 葛西敏彦 (スタジオATLIO),蓮尾美沙希^ Mastered : 風間萌(スタジオATLIO)^ Recording assisted : 飯塚晃弘(スタジオATLIO)^ 3D Audio Designer : 蓮尾美沙希^ 3D Sound System :久保 二朗 (株式会社アコースティックフィールド)^ Digital Artwork & Leaflet Design: 小貫功^

Bonus!

19

追憶
High Resolution

追憶

Classical/Soundtrack

角野隼斗

"今年1月~2月に開催した「角野隼斗 全国ツアー2022 “Chopin, Gershwin and…“」で初披露され、7/31(日)に出演した「FUJI ROCK FESTIVAL ’22」でも会場と配信のオーディエンスを大いに盛り上げた角野のオリジナル楽曲「胎動 New Birth」「追憶 Recollection」を、それぞれ単独の楽曲として配信リリースすることが決定。

21

You Raise Me Up(Telefunken M269 / AKG The Tube)(DSD 5.6MHz/1bit)
High Resolution

You Raise Me Up(Telefunken M269 / AKG The Tube)(DSD 5.6MHz/1bit)

Classical/Soundtrack

Lapis Lazuli

クラシカルクロスオーバー歌手Lapis Lazuliが9月に発売したメジャーデビューアルバム「Celtic Letters」の中から、オーディオファンをターゲットにヴォーカルのマイク違いのミックスをハイレゾ限定で配信

22

胎動
High Resolution

胎動

Classical/Soundtrack

角野隼斗

"今年1月~2月に開催した「角野隼斗 全国ツアー2022 “Chopin, Gershwin and…“」で初披露され、7/31(日)に出演した「FUJI ROCK FESTIVAL ’22」でも会場と配信のオーディエンスを大いに盛り上げた角野のオリジナル楽曲「胎動 New Birth」「追憶 Recollection」を、それぞれ単独の楽曲として配信リリースすることが決定。

23

Space Lion Virtual session 2020
High Resolution

Space Lion Virtual session 2020

Jazz/World

SEATBELTS

シートベルツがSpace Lion をヴァーチャルセッションしました。2020年新録音。

25

adaptation 03.1 - acrs 〜adaptation 03.2 thousand knives - acrs (dsd/2.8MHz+mp3)
High Resolution
Exclusive

adaptation 03.1 - acrs 〜adaptation 03.2 thousand knives - acrs (dsd/2.8MHz+mp3)

Classical/Soundtrack

坂本龍一+ASA-CHANG

''エレクトロニック・ドラムで奏でられる「千のナイフ」''^ ^ 2011年元日にNHK-FMで放送された『坂本龍一ニューイヤー・スペシャル』のために収録された演奏。ASA-CHANGがセッションのモチーフとして希望したのは坂本の名曲「千のナイフ」。まずはガラガラやシンバル、さらにはタブラボンゴで強烈なリズムをたたきだすと、坂本もそれに応えるようにピアノのボディをたたき、まるでパーカッショニスト同士のセッションのような趣。リズムの交換が終わると、坂本がピアノで「千のナイフ」のイントロを弾き始める。その上にシンセ・ドラムULT SOUND DS-4の持続する上昇音が鳴らされると、急にYMOっぽく聴こえてくるから不思議だ。コードに続いて印象的なメロディがゆっくり奏でられ、そのすき間をさまざまなパーカッションが緩急自在に縫っていくさまはとてもスリリング。

26

"Real Folk Blues" For these days
High Resolution

"Real Folk Blues" For these days

Jazz/World

SEATBELTS

シートベルツがReal Folk Blues をヴァーチャルセッションしました。 オリジナルメンバー山根麻以による2020年新録音。

27

TANK! Virtual Session 2020
High Resolution

TANK! Virtual Session 2020

Jazz/World

SEATBELTS

アニメ「Cowboy Bebop」のOP曲です。 今回、菅野よう子がプロデュースしたテレバージョンです。 SEATBELTSのYoutubeチャネルにあるものと同じ音源です。

28

Tobiume (TARO NOHARA REMIX)
Lossless

Tobiume (TARO NOHARA REMIX)

Classical/Soundtrack

AYANE SHINO

メンタルグルーブからワールドワイド・リリースを記念してレーベルメイトでもあるTARO NOHARA(aka Unknown Me)による極上アンビエント・リミックスとAYANESHINOによるオリジナル曲”追憶”をリリース。より緻密な構成で織りなすAmbient by Classic guitarの世界。

29

"Real Folk Blues" For these days
Lossless

"Real Folk Blues" For these days

Jazz/World

SEATBELTS

シートベルツがReal Folk Blues をヴァーチャルセッションしました。 オリジナルメンバー山根麻以による2020年新録音。

39

坂本龍一 NHK session
High Resolution

坂本龍一 NHK session

Jazz/World

坂本龍一

''5人のアーティストとのセッションを特典PDF付きで完全収録!''^ ^ 2011年元日にNHK-FMで放送された『坂本龍一ニューイヤー・スペシャル』のために収録された演奏。大友良英との、オーネット・コールマンをモチーフにしたピアノとギターによる繊細な即興演奏「improvisation inspired by Ornette Coleman」、坂本が立てる物音と大谷能生のラップがゴダール的な空間を織りなす「adaptation 02 - yors」、ASA-CHANGのエレクトロニック・ドラムで奏でられる「adaptation 03.1 - acrs 〜adaptation 03.2 thousand knives - acrs」、2人の知性派ミュージシャンが相まみえた菊地成孔との歴史的な記録「adaptation 04 - nkrs」、やくしまるえつこの独特な声で「Ballet Mécanique」に新たな息吹を与えた「adaptation 05.1 ‒ eyrs ~adaptation 05.2 ballet mécanique - eyrs」。5人のアーティストとのセッションを、当日の模様を収めたブックレット(PDF)付きで完全収録。

Bonus!

Caution: The order might change without any notice because it depends on the genre which the musicians belong to.

json version of me

TOP