album jacket
TitleDurationPrice
Intro  mp3: 16bit/44.1kHz 00:22
We Were So Entangled  mp3: 16bit/44.1kHz 03:43
No Ordinary Caveman  mp3: 16bit/44.1kHz 03:27
Listen Young Stunners  mp3: 16bit/44.1kHz 02:07
Big FM Radio Hit  mp3: 16bit/44.1kHz 03:49
Everyday Should Be a Costume Party  mp3: 16bit/44.1kHz 03:12
Daydream Vacation  mp3: 16bit/44.1kHz 03:53
Letting It Go On the Ohio Turnpike  mp3: 16bit/44.1kHz 01:55
Six Bags of Confetti  mp3: 16bit/44.1kHz 02:14
Keano's Couch  mp3: 16bit/44.1kHz 02:29
Before We Go to Bed  mp3: 16bit/44.1kHz 03:10
There Is Loud Laughter Everywhere  mp3: 16bit/44.1kHz 03:30
Roll Credits  mp3: 16bit/44.1kHz 02:12
No Ordinary Caveman (Nobody Remix)  mp3: 16bit/44.1kHz 03:15
Daydream Vacation (Boom Bip Remix)  mp3: 16bit/44.1kHz 04:34
We Were So Entangled (Daedelus Remix)  mp3: 16bit/44.1kHz 04:27
Six Bags of Confetti (Antimc Remix)  mp3: 16bit/44.1kHz 03:48
No Ordinary Caveman (Her Space Holiday Version)  mp3: 16bit/44.1kHz 02:37
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 54:44
Album Info

1999年に結成されたシアトルの4ピース・バンドSushiroboのギタリスト、 デイヴィッド・エインモによるソロ・ユニット。 2006年リリースの 1stが 「フォー・テット、 ノーツイスト、 マウス・オン・マーズ、 ディスメンバメント・プランが、 ファクトリー全盛期のマンチェスターでパーティーを主催してるよう」 などと評される。 翌年には来日も果たし、 Oak、 Avengers in Sci-Fi、 The Telephonesらと共演している。 2008年、 LAのMush Recordsに移籍し、 2ndアルバムが完成。 ゲストにインディー・スター達が大集結し(裏面参照)、 ロックでエレクトロニックでヒップ・ホップなビートが、 ダンスフロアを熱くする、 とても下世話で、 でも抗えない魅力を放つ傑作/問題作が誕生した。

Discography