album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
All Generations  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:49
The Gift  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:22
Can I Be Kind To You  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:17
Going Crazy  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:35
Time To Crow  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:00
My Girl  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:46
Hello My Junior  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:46
Big Ol' Clock  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:34
We're All Grown Up  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:44
Punk Rock Is The Answer  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:59
Pacific Sun  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:03
I Know You Love Me  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:01
Bridge Over Troubled Water  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:28
Free  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:58
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 35:22
Album Info

1999年6月にリリースした『MAKING THE ROAD』以来、実に約18年ぶりとなるフルアルバム『The Gift』。『The Gift』は、難波章浩の言葉を借りるなら、まさに“大人のパンクロック”に仕上がっている。しかしそれと同時に、『GROWING UP』をもう一度作ってるイメージ」と彼が語るように、メンバー間で交わされたテンションの高いコミュニケーションによって、第二の初期衝動とも言うべき勢いが注入されている。今の彼らにしか生み出せない疾走感が作品全体を駆け巡っている。今作は、あくまでもパンクロックに軸足を起きながら、そのなかで実に幅の広い楽曲を取り揃えている。愛と団結と怒りを歌う彼らの姿勢に変化はないが、安易に過去をなぞるのではなく、10年代を生きる3人の音が生き生きと鳴り響いている。そう、これこそが我々が信じ続けてきたHi-STANDARDなのだ。革新的なパンクロックのスタイルを発明したことはもちろん、その生き様、アティチュード、スタイルが多くの音楽ファンを惹きつけたことを、ここで改めて認識する必要がある。Hi-STANDARDは単なる「90年代に人気のあったパンクバンド」ではない。音楽だけでなく、それに関わるあらゆる分野で道を切り拓いてきたフロンティアだ。そして、彼らは今も現在進行形で驚くべき方法論をシーンに提示し続けている。

Discography

Rock

1999年6月にリリースした『MAKING THE ROAD』以来、実に約18年ぶりとなるフルアルバム『The Gift』。『The Gift』は、難波章浩の言葉を借りるなら、まさに“大人のパンクロック”に仕上がっている。しかしそれと同時に、『GROWING UP』をもう一度作ってるイメージ」と彼が語るように、メンバー間で交わされたテンションの高いコミュニケーションによって、第二の初期衝動とも言うべき勢いが注入されている。今の彼らにしか生み出せない疾走感が作品全体を駆け巡っている。今作は、あくまでもパンクロックに軸足を起きながら、そのなかで実に幅の広い楽曲を取り揃えている。愛と団結と怒りを歌う彼らの姿勢に変化はないが、安易に過去をなぞるのではなく、10年代を生きる3人の音が生き生きと鳴り響いている。そう、これこそが我々が信じ続けてきたHi-STANDARDなのだ。革新的なパンクロックのスタイルを発明したことはもちろん、その生き様、アティチュード、スタイルが多くの音楽ファンを惹きつけたことを、ここで改めて認識する必要がある。Hi-STANDARDは単なる「90年代に人気のあったパンクバンド」ではない。音楽だけでなく、それに関わるあらゆる分野で道を切り拓いてきたフロンティアだ。そして、彼らは今も現在進行形で驚くべき方法論をシーンに提示し続けている。

Rock

再始動後の第2弾はカバーシングル!「Vintage & New, Gift Shits」。直訳すると“ヴィンテージと新品、くだらない贈り物”と名付けられた本作に収録されるカバーソングは4曲。そのうち2曲は、1997年1月に7インチでリリースされた「MONEY CHANGES EVERYTHING」(原曲:The Brains)と、同年12月にリリースされたドイツのパンクバンドWIZOとのスプリットシングルに収録されていた「HAPPY XMAS (WAR IS OVER)」(原曲:John Lennon)。両曲ともに20年近くの時を経て実現した待望のCD化となる(WIZOとのスプリットシングルはドイツ盤としてCD化済み。現在廃盤)。当時、どちらの作品も事前告知なしで店頭に並んだものの、あっという間に棚から姿を消した。そのためどちらもかなりレアな音源となっていたが、多くのパンクキッズに20年もの間愛され続けているパンクカバーのお手本のような楽曲だ。パンク系のDJイベントやテレビなどで耳にしたことがある人も多いだろう。 そして、今回新たに制作されたカバーソングは「I Get Around」と「You Can't Hurry Love」の2曲。「I Get Around」はThe Beach Boysによる初の全米ナンバー1ヒットだ。冒頭のコーラスワークや緩急をつけたパンク的展開がいかにもHi-STANDARDらしいカバーに仕上がっている。その一方で、ひとつひとつのフレーズやアンサンブルをはじめ、プレイの細部にわたって気が配られている点は、今の彼らならではといえるのではないか。 もうひとつの新録カバー「You Can't Hurry Love」は、モータウンを代表する女性3人組グループThe Supremesが1966年に発表したヒットソング。「恋はあせらず」という邦題でも知られており、1986年にリリースされたPhil Collinsによるカバーバージョンも有名だ。ハイスタの3人は、このモータウンビートが特徴的な楽曲をストレートなパンクアレンジで料理した。しかし、歪みの効いたギターが楽曲を先導する裏で巧みに変化していくリズムパターンは実に多彩だし、原曲にはないちょっとした味付けが楽曲の魅力をグッと高めている。他のパンクバンドの追随を許さない3人の圧倒的なセンスはこういったところで光る。

Rock

Hi-STANDARDの16年振りの新作が完成!!Hi-STANDARDが実に16年振りの新曲を完成させた。キャッチーなギターリフときざみでオープニングを飾るロックンロールナンバー「TOUCH YOU」。高速ビートにマイナーなメロディが絡み合う「NOTHING TO LOSE」。そしてタイトルナンバーでもある「ANOTHER STARTING LINE」では新章の幕開けを歌い上げる。2011年に電撃復活、2年連続のAIR JAM開催、その模様を収録した2枚のDVDをリリースし、昨年は3本のイベントに参加。メンバー個々にバンドを持つ彼等はマイペースに活動する事を宣言しながらも、復活からはや5年。これ以上の活動には音源のリリース、つまり「新曲」が必要と考えた。決して過去のバンドでは無く、現在進行形であることの証明と、これからの活動の狼煙である。全てのパンク・ロックファン感動と興奮の全4曲。

Rock

リリース当時オリコン では「収録曲が4曲以上でタイトル曲の収録されていない作品はアルバム扱い」という規定があり、この作品もシングルとしてリリースしたものの規定によりアルバム扱いとなった。これは同作品がランクインした週の「オリコン・ウィーク The Ichiban」紙面にもアルバム扱いとなった経緯として書かれていた。 しかし、前年(1999年)浜崎あゆみの「A」が同規定にひっかかる形式でリリースされながらシングル扱いであったり、「Love Is A Battlefield」と同年の年末に発売された「M」も同様の形式ながらシングル扱いだったりと、この規定は実にあやふやなものであった。このあやふやさは現在のオリコンにおいても同じである。

Rock

日本のパンク・ロックバンド、Hi-STANDARDが1999年にリリースしたアルバム。海外を含めて100万枚以上のセールスを記録した

News

Hi-STANDARD、新アルバム『THE GIFT』購入者に『The Gift CD』限定配布

Hi-STANDARD、新アルバム『THE GIFT』購入者に『The Gift CD』限定配布

Hi-STANDARDが10月4日に新アルバム『THE GIFT』を発売。 その購入者特典が決定した。 特典としてNirvana、The Offspring、Green Day、Beastie Boys、Red Hot Chili Peppersといった

【いきなり!】Hi-STANDARD 事前告知なしで16年振り新作を本日リリース

【いきなり!】Hi-STANDARD 事前告知なしで16年振り新作を本日リリース

ハイスタが突如、新作4曲入りシングルCD『ANOTHER STARTING LINE』をリリースした。 まったくの予告なしでいきなりリリースされた同作は、2000年4月の『LOVE IS A BATTLEFIELD』以来、じつに16年ぶりの新作となる。

〈AIR JAM 2012〉をバックに歌えるハイスタの“LIVEカラオケ”、JOYSOUNDで独占配信中!

〈AIR JAM 2012〉をバックに歌えるハイスタの“LIVEカラオケ”、JOYSOUNDで独占配信中!

1990年代に日本のインディーズ・シーンを牽引し、今なお圧倒的な人気を誇るパンク・ロック・バンド、Hi-STANDARD。今年12月23日(金)には、福岡ヤフオク!ドームで〈AIR JAM 2016〉を開催。そんな彼らの“LIVEカラオケ”が、JOYSO

遠藤ミチロウ、仲野茂、中川敬らが語る生き様『日本パンク・ロッカー列伝』発売

遠藤ミチロウ、仲野茂、中川敬らが語る生き様『日本パンク・ロッカー列伝』発売

日本パンク界のレジェンドが集結して生き様を語るパンク・ロック・インタビュー集『Bollocks presents 日本パンク・ロッカー列伝』が3月10日に発売される。 パンク専門誌『Bollocks』の連載「THE STORY OF LEGENDS」を単

NAMBA69、Vシネ25周年映画主題歌MV披露

NAMBA69、Vシネ25周年映画主題歌MV披露

難波章浩率いるNAMBA69の新曲「STRAY DOG」のミュージック・ビデオが公開された。 「STRAY DOG」は11月1日(映画1100円の日!)より全国公開される“Vシネマの帝王”哀川翔が主演を務める東映Vシネマ25周年記念映画『25 NIJYU

恒岡章(Hi-STANDARD)は、安全ライターの点火が苦手。――しょうもにゅーす

恒岡章(Hi-STANDARD)は、安全ライターの点火が苦手。――しょうもにゅーす

昨年、活動を再開し、来月には「AIR JAM 2012」も控えた、パンク・ロック日本代表、Hi-STANDARD。その不動のドラマーにして、CUBISMO GRAFICO FIVEやLOW IQ & THE BEAT BREAKERでも活躍する、ツネこ

Articles

【REVIEW】ハイスタ is Back!! ── 世間をアッと驚かせた16年ぶりの新譜が配信スタート!!

レヴュー

【REVIEW】ハイスタ is Back!! ── 世間をアッと驚かせた16年ぶりの新譜が配信スタート!!

【REVIEW】ハイスタ is Back!! ── 世間をアッと驚かせた、16年ぶりの新譜が配信スタート!!2016年10月4日の午前中、各種SNSで突如現れた「Hi-STANDARDが新譜をリリース」の文字。多くの人が半信半疑のまま、情報は次々に拡散。各…