album jacket
TitleDurationPrice
Hologram  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:04
Press Enter To Exit  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:55
Machine  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:16
Ghost  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:37
Point Of No Reply  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:59
Weighed Down  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:31
Gathering  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:16
World Below  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:20
It's A Good Life  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:52
Something To Remember Me By  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:40
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 54:30
Album Info

07年のデビュー以来これまでに計4枚のアルバムを発表、 リリース毎にサウンドを変え国内外のメディアから高い評価を受けながら、 11年の3rdアルバム 『スカイング』 が全英チャート5位、 14年の4thアルバム 『ルミナス』 が全英チャート6位を獲得し商業的な成功も収めてきたザ・ホラーズが3年振りとなる待望の5thアルバムをリリース!前作から約3年振りの新曲は、 古巣<XL Recordings>を離れ、 ポール・マッカートニーやアデルの曲を手掛けるポール・エプワースが主催する<Wolf Tone>に移籍しリリースする初のアルバム。 今作はポール・エプワースによるプロデュースの元、 160年以上の歴史を誇り、 これまでにボブ・ディランやエルヴィス・コステロ、 レディオヘッド等数多くの名作が誕生したロンドン郊外のチャーチ・スタジオにてレコーディング。 ナイン・インチ・ネイルズを思わせるインダストリアルサウンドで新境地を開いた先行シングル 「Machine」 からダンサブルな打ち込みの 「Something To Remember Me By」 までザ・ホラーズ史上最もヴァリエーションに富んだ傑作が誕生!

People who bought this album also bought

Popular albums of same genre

Discography

Rock
07年のデビュー以来これまでに計4枚のアルバムを発表、リリース毎にサウンドを変え国内外のメディアから高い評価を受けながら、11年の3rdアルバム 『スカイング』が全英チャート5位、14年の4thアルバム『ルミナス』が全英チャート6位を獲得し商業的な成功も収めてきたザ・ホラーズが3年振りとなる待望の5thアルバムをリリース!前作から約3年振りの新曲は、古巣<XL Recordings>を離れ、ポール・マッカートニーやアデルの曲を手掛けるポール・エプワースが主催する<Wolf Tone>に移籍しリリースする初のアルバム。 今作はポール・エプワースによるプロデュースの元、160年以上の歴史を誇り、これまでにボブ・ディランやエルヴィス・コステロ、レディオヘッド等数多くの名作が誕生したロンドン郊外のチャーチ・スタジオにてレコーディング。ナイン・インチ・ネイルズを思わせるインダストリアルサウンドで新境地を開いた先行シングル「Machine」からダンサブルな打ち込みの「Something To Remember Me By」までザ・ホラーズ史上最もヴァリエーションに富んだ傑作が誕生!
Rock
07年のデビュー以来これまでに計4枚のアルバムを発表、リリース毎にサウンドを変え国内外のメディアから高い評価を受けながら、11年の3rdアルバム 『スカイング』が全英チャート5位、14年の4thアルバム『ルミナス』が全英チャート6位を獲得し商業的な成功も収めてきたザ・ホラーズが3年振りとなる待望の5thアルバムをリリース!前作から約3年振りの新曲は、古巣<XL Recordings>を離れ、ポール・マッカートニーやアデルの曲を手掛けるポール・エプワースが主催する<Wolf Tone>に移籍しリリースする初のアルバム。 今作はポール・エプワースによるプロデュースの元、160年以上の歴史を誇り、これまでにボブ・ディランやエルヴィス・コステロ、レディオヘッド等数多くの名作が誕生したロンドン郊外のチャーチ・スタジオにてレコーディング。ナイン・インチ・ネイルズを思わせるインダストリアルサウンドで新境地を開いた先行シングル「Machine」からダンサブルな打ち込みの「Something To Remember Me By」までザ・ホラーズ史上最もヴァリエーションに富んだ傑作が誕生!

News

これまでにないディストーション・ギターが際立つ、ザ・ホラーズの新曲「Machine」

これまでにないディストーション・ギターが際立つ、ザ・ホラーズの新曲「Machine」

UKの人気バンド、ザ・ホラーズが新曲「Machine」を公開した。 前作『ルミナス』から約3年ぶりの新曲は、古巣〈XL Recordings〉を離れ、ポール・マッカートニーやアデルの楽曲を手がけるポール・エプワースが主宰する〈Wolf Tone〉に移籍し

PLASTICZOOMS、ジャパン・ツアーのオープニングを務めるのは!? 新たな動画も公開に

PLASTICZOOMS、ジャパン・ツアーのオープニングを務めるのは!? 新たな動画も公開に

今年5月から6月にかけてジャパン・ツアーを行なうPLASTICZOOMS。その東京&名古屋公演のオープニング・アクトに、Creeping Shariaが決定した。 Creeping Shariaはロンドンを拠点に活動している、元アルテリアのメンバーだった

伝説の一夜確定か? 英名門〈XL Recordings〉所属のアーティストが一同に会するイベント、東京でも開催!

伝説の一夜確定か? 英名門〈XL Recordings〉所属のアーティストが一同に会するイベント、東京でも開催!

UKのレイヴ・ムーヴメントをひとつの背景として、1989年に設立されたリチャード・ラッセル率いる名門レーベル〈XL Recordings〉。 1990年代はプロディジーやベースメント・ジャックスといったダンス・アクト、さらには2000年代以降はヴァンパイ

「俺たちのシーンはなんか下に見られてたな!」——UKレイヴ・カルチャーを振り返るXL25周年対談がおもしろい!

「俺たちのシーンはなんか下に見られてたな!」——UKレイヴ・カルチャーを振り返るXL25周年対談がおもしろい!

UKのレイヴ・カルチャーに端を発し、プロディジーを送りだし、現在はアデルやヴァンパイア・ウィークエンドのリリースなど、まさに世界のポップ・ミュージック・シーンを代表するレーベルとなったレーベル〈XLレコーディングス〉。つい先頃リリースされた25周年コンピ

エレクトロ/R&Bバンド、グラス・アニマルズがデビューALリリース、カニエの名曲カヴァー公開も

エレクトロ/R&Bバンド、グラス・アニマルズがデビューALリリース、カニエの名曲カヴァー公開も

新世代エレクトロ/R&B/ダブステップ・バンド、グラス・アニマルズのデビュー・アルバム『ザバ』が、7月2日(水)にリリースされる。 彼らはフロントマン、デイヴ・ベイリー率いるオックスフォードシャー州出身の4人組で、グラミー受賞プロデューサー、ポール・エ

Articles

【REVIEW】最高傑作の呼び声高い、ホラーズの新作をハイレゾ配信

レヴュー

【REVIEW】最高傑作の呼び声高い、ホラーズの新作をハイレゾ配信

【REVIEW】バンドの実験性の歴史を内包、そして新たなる質感も備えたホラーズの新作──ハイレゾ配信リリースから約1週間、UKの『The Gardian』誌では満点のレヴューが掲載されるなど、すでに海外メディアでは大きな話題となっているザ・ホラーズの5th…

Hostessレーベル・コンピレーション『Hostess Presents NO SHIT! 2』

レヴュー

Hostessレーベル・コンピレーション『Hostess Presents NO SHIT! 2』

''Hostess presents No Shit! 2'''''ヤバイ! (≒ No Way)全曲間違いなし! (クソ曲なし!! ) 正々堂々小細工なし! (= No Bullshit)'''ホステス・エンタテインメントのレーベル・コンピレーション第二…

Hostessレーベル・コンピレーション『NO SHIT!』

レヴュー

Hostessレーベル・コンピレーション『NO SHIT!』

世界の洋楽作品を東京・中目黒から発信し続けるレーベル、ホステス・エンターテインメントが、創立から10年の時を経て遂に初のレーベル・コンピレーションをリリースする。ドミノ・レコーディングス、PIASエンタテインメント・グループ、ベガーズ・グループ(XLレコー…