album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
拝啓  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:30
COMPLEX  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:49
RY feat. Jinmenusagi  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:35
オーバードーズ feat. NIHA-C  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:22
Mis(ter)understand  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:27
笑えるように  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:50
追伸  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:30
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 29:03
Album Info

昨年7月にリリースした2nd Album 「WHO」 がオリコンウィークリーアルバムチャート49位を獲得し、 12月にリリースしたi Tunes Store限定シングル 「COMPLEX REMIX feat.Jinmenusagi, NIHA-C」 が12/9発売日にi Tunes ヒップホップ / ラップチャート1位を獲得し、 その勢いが加速度を増している新世代HIP HOP CREW、 電波少女(でんぱがーる)がいよいよ新作をリリース。 「COMPLEX REMIX feat.Jinmenusagi, NIHA-C」 のオリジナルバージョン 「COMPLEX」 を含む全7曲入りEP盤として恐るべき完成度の高いヒップホップの名盤を作り上げた。 メロディアスかつキャッチーかつそれでいてディープという正に完全無欠の1枚。 俄かにヒップホップが世間的に盛り上がりの兆候がある中、 NEXT BREAKの大本命とも言うべき電波少女の問答無用の作品の登場である。 前作 「WHO」 のスマッシュヒットを経ていよいよオーバーグラウンドシーンにその全貌を明らかにしつつある中、 放たれる今作は単なるヒップホップを超えた完成度の高さを持ち、 なおかつ変幻自在なバラエティさに富み、 それでいて1本筋の通った要素を持っている。 前作は全曲フィーチャリングMCをフィーチャーしたが、 今作は随所にJinmenusagiとNIHA-Cをフィーチャーしつつ、 ハシシ単独MC曲も聴けるのも非常に聴き応えがある要素である。  今最も注目すべきHIPHOP CREWが電波少女であることを証明する作品であろう。

Discography

昨年7月にリリースした2nd Album「WHO」がオリコンウィークリーアルバムチャート49位を獲得し、12月にリリースしたi Tunes Store限定シングル「COMPLEX REMIX feat.Jinmenusagi,NIHA-C」が12/9発売日にi Tunes ヒップホップ / ラップチャート1位を獲得し、その勢いが加速度を増している新世代HIP HOP CREW、電波少女(でんぱがーる)がいよいよ新作をリリース。「COMPLEX REMIX feat.Jinmenusagi,NIHA-C」のオリジナルバージョン「COMPLEX」を含む全7曲入りEP盤として恐るべき完成度の高いヒップホップの名盤を作り上げた。メロディアスかつキャッチーかつそれでいてディープという正に完全無欠の1枚。俄かにヒップホップが世間的に盛り上がりの兆候がある中、NEXT BREAKの大本命とも言うべき電波少女の問答無用の作品の登場である。前作「WHO」のスマッシュヒットを経ていよいよオーバーグラウンドシーンにその全貌を明らかにしつつある中、放たれる今作は単なるヒップホップを超えた完成度の高さを持ち、なおかつ変幻自在なバラエティさに富み、それでいて1本筋の通った要素を持っている。前作は全曲フィーチャリングMCをフィーチャーしたが、今作は随所にJinmenusagiとNIHA-Cをフィーチャーしつつ、ハシシ単独MC曲も聴けるのも非常に聴き応えがある要素である。 今最も注目すべきHIPHOP CREWが電波少女であることを証明する作品であろう。
2013年7月に自主制作盤としてリリースした1st Album「BIOS」は予約開始初日に初回製造枚数1000枚を即完売し、現在までに2500枚を超えるセールスを記録しているネットラップ界の寵児、電波少女が1st Albumから2年、遂に2nd Albumにして初の全国流通盤をリリースする!今作はズットズレテルズをリリースしたredrec / sputniklab inc.からのリリースとなり、全曲ネットや現場で活動するアーティストをフィーチャリングに迎えたコラボアルバム!フィーチャリングには、Jinmenusagi、NIHA-C、RAq、トップハムハット狂(FAKE TYPE.)、抹 a.k.aナンブヒトシ(ORIGAMI ENTERTAINMENT INC.)、コカツ・テスタロッサ、SHAKABOOZ、NOBY、野崎りこん、ぼくのリリックのぼうよみ、nera_K、TWOFACE、PA220 a.k.a mcgundamなどを迎えた超豪華注目作!RAP / HIPHOP界のニュースターが遂に全国にそのベールを脱ぐ! 4/29にi Tunes Store限定シングルとしてリリースされた「INVADER feat.RAq」(i Tunes ヒップホップ / ラップチャート5位、4/15予約開始日と4/29発売日に2度記録している)とアルバムに先駆けて5/27に発売されるi Tunes Store限定第2弾シングル「MO feat.NIHA-C」を含む全13曲収録となっている。

News

笹塚ボウルでフィロソフィーのダンス×電波少女×ONIGAWARAの3マン開催

笹塚ボウルでフィロソフィーのダンス×電波少女×ONIGAWARAの3マン開催

5月3日(金・祝) 18時開場・18時45分開演の音楽イベント「Bootleg Booth」に、フィロソフィーのダンスに加え、電波少女とONIGAWARAの出演が決定した。 さらに、客入・転換時に、フィロソフィーのダンスの作曲も務める宮野弦士が、CHOO

アサキ、「4s4ki」へ改名

アサキ、「4s4ki」へ改名

術ノ穴よりデビュー盤を含む2作品をリリースし、内田珠鈴への楽曲提供、3/6発売 GADORO 3rdアルバム「SUIGARA」にも作曲&客演参加しているアサキが「4s4ki」(読み方はアサキ)へのアーティスト表記変更を発表した。 また、4s4kiのプライ

電波少女にNIHA-Cが加入! 新体制初ワンマンも

電波少女にNIHA-Cが加入! 新体制初ワンマンも

ヒップホップ・クルーの電波少女にNIHA-Cが正式加入することが決定した。 NIHA-Cは、電波少女の楽曲の中でも人気曲である「MO」「オーバードーズ」「COMPLEX」などにフィーチャリングで参加しており、昨年は電波少女の全国ツアーにも帯同している。N

電波少女、ワンマン大盛況でヒッチハイクの旅をついに完走!

電波少女、ワンマン大盛況でヒッチハイクの旅をついに完走!

〈電波少女的ヒッチハイクの旅〉を無事完走してメジャー・デビューが決定したヒップホップ・ユニット、電波少女。そんな彼らが、2月4日(土)にShibuya WWWで〈電波少女 ワンマンライブ「サライ」~電波少女的ヒッチハイクの旅 完~〉を行なった。 今回のワ