album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Seven Steps To Heaven -- Kasper Villaume Trio  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:07
Quietude -- Horace Parlan Trio  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:33
Swing in F -- Scott Hamilton  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:19
Reminiscent -- Michael Blake  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 08:39
The Ballad of the Best Cup -- Eximo Blue  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:00
Ellwood -- George Garzone  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 07:43
Hotter Than That -- Jim McNeely Trio  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:49
Very Early -- Soren Kristiansen Trio  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:42
Bossa -- Hans UlrikJohn ScofieldLars DanielssonPeter Erskine  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:50
Fran Dance -- Horace Parlan Trio  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 07:51
Dear Old Stockholm -- Scott Hamilton  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 09:56
Your West Coast Cuppa -- Eximo Blue  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:34
Little Esther -- Horace Parlan Trio  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:54
Long Ago And Far Away -- Kasper Villaume Trio  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:48
Footprints -- Kasper Villaume Quartet  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:11
New Orleans Original -- Cafe lounge  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:02
Blues in Octaves -- Scott Hamilton  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:13
Twelve -- Hans UlrikJohn ScofieldLars DanielssonPeter Erskine  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 07:10
Please Enter-Tain -- Kasper Villaume Trio  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:31
In A Mellow Tone -- Jesper ThiloDennis Mackrel  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 09:05
In the Yard -- Cafe lounge  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:23
Horace -- Hans UlrikLars Jansson Trio  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:25
Nally -- Jens Jefsen Trio  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:44
Love Letters -- Kristan Jørgensen Quartet  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:39
Green Tea -- Hans UlrikJohn ScofieldLars DanielssonPeter Erskine  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:52
For Minors Only -- Soren Kristiansen Trio  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:23
The H Chord Blues -- Kristan Jørgensen Quartet  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:31
Next Door to the Duke -- Cafe lounge  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:28
Sweet Lorraine -- Jesper ThiloDennis Mackrel  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:00
Levon -- Nicolai Munch-Hansen  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:21
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 169:43
Album Info

【選曲者コメント】タイトルを読ませていただき、"朝"と"北欧"のマッチングがまず面白いなぁと思いました。アメリカだと朝からロック聴いてサンドイッチという感じですが((笑))、北欧と聞くと上品で湿り気があって少しダークなジャズというイメージでした。そのようなイメージで選曲を始めてみましたが、なかなかみつかりませんでした。そんな中イメージにぴったりだと思ったのが11曲目に配置させていただいたもともとはスェーデンの民謡「Dear old stockholm」大人なテナーサックスのイメージのScott Hamilton氏の演奏です。これを聴いた時に「これや!」と思ってこのイメージで選曲しました。もしかしたら夜のBar loungeというイメージもあるかもしれませんが、僕には晴れてるけど日差しもそんなに強くなく、穏やかに起きれる朝というイメージでした。そのイメージでビッグバンド的な音圧感は避け、ピアノトリオ、ドラムレスサックストリオなど割とドライですっきり起きれそうな音楽を選んでみました。 【選曲者プロフィール】 Kazusa Harada(原田上総) 15歳でギターを手にしRock、Blues、R&Bのバンド、セッションに参加後、上京しJazzのフィールドで活動を開始。これまでにギタリスト、まつだゆうき氏、井上博氏、橋本信二氏に師事。現在影響を受けた音楽をベースに、自己のトリオ、ソロ、ボーカリストとのデュオなどでの演奏活動に加え、インストラクターとしても活動している。2017年2019年ギブソンジャズギターコンテストファイナリスト。2020年にはアコースティックギター1本で録音したファーストソロアルバムStars fells on my guitarを完全自主制作でリリース。

Discography

リラックスして迎える朝の目覚めはジャズピアノの美しき旋律で日本語の「旋律」という言葉は、英語の「melody」を和訳したものだ。音楽における基本要素のひとつであり、「音の高低や長短の変化によりリズムと連結し、まとまりとなって流れる音」のことを指す。西洋音楽における音楽の三大要素は「メロディ」「ハーモニー」「リズム」といわれているので、楽曲を構成する要素としては大きな部分を占める。ちなみに、旋律という言葉は明治中期以降に日本で考案されたわりと新しい言葉で、当時は読み方が複数あり「ふしまはし」と読むこともあった。今作『朝BGM ~美しい旋律でリラックス』は、そのメロディの美しさを追求したジャズピアノコレクション。目覚めから美しいものに触れて、佳き1日にしたいものだ。 ハイレゾFile=PCM/wav/24bit/96kHz/2ch

25 tracks

コーヒーや紅茶だけじゃない…ホットレモネードを飲みながらピアノを楽しむ。冬ならではの飲み物といえば、ホットレモネードだ。レモンに含まれるクエン酸には、キレート作用というものがある。これは、カルシウムやミネラルを腸から吸収しやすい形に変えることで、骨密度の維持につながるものだ。またレモンを摂取することで血圧が下がることも知られている。これは、皮に含まれるレモンポリフェノールと果汁に含まれるレモンフラボノイドが関係しているとのこと。そして、ビタミンCを含むレモンは抗酸化作用が強いため、ストレスや疲労により発生した活性酸素を取り除いてくれる。そんないいことづくめのレモンに合う音楽集が、今作『冬の朝のティータイムピアノ - Hot Lemonade』。レモン同様、後味すっきりの音色を楽しみたい。

25 tracks

コーヒーや紅茶だけじゃない…ホットレモネードを飲みながらピアノを楽しむ。冬ならではの飲み物といえば、ホットレモネードだ。レモンに含まれるクエン酸には、キレート作用というものがある。これは、カルシウムやミネラルを腸から吸収しやすい形に変えることで、骨密度の維持につながるものだ。またレモンを摂取することで血圧が下がることも知られている。これは、皮に含まれるレモンポリフェノールと果汁に含まれるレモンフラボノイドが関係しているとのこと。そして、ビタミンCを含むレモンは抗酸化作用が強いため、ストレスや疲労により発生した活性酸素を取り除いてくれる。そんないいことづくめのレモンに合う音楽集が、今作『冬の朝のティータイムピアノ - Hot Lemonade』。レモン同様、後味すっきりの音色を楽しみたい。

25 tracks

スローなジャズで極上のリラクゼーションを得る ジャズというジャンルは不思議なもので、どんな楽曲でもアレンジ次第ではジャズに聞こえてくるものだ。専門家の中には、ジャズは「ジャンルというより演奏方法」と断言している人もいて、ポップスやクラシックの有名曲を、ジャズアレンジしてBGMとして活用しているショップも多くある。スローなテンポで、即興風のアレンジをすることで、一気にジャズになってしまうのだ。そのジャズは、アフリカから奴隷としてアメリカに移された黒人たちが、さまざまな葛藤を抱えながら生き、その中で生まれた魂の音楽。今作『スロージャズピアノ ~Soft & Chill』で、ジャズの自由な発想から極上のリラクゼーションを感じてもらいたい。

25 tracks

スローなジャズで極上のリラクゼーションを得る ジャズというジャンルは不思議なもので、どんな楽曲でもアレンジ次第ではジャズに聞こえてくるものだ。専門家の中には、ジャズは「ジャンルというより演奏方法」と断言している人もいて、ポップスやクラシックの有名曲を、ジャズアレンジしてBGMとして活用しているショップも多くある。スローなテンポで、即興風のアレンジをすることで、一気にジャズになってしまうのだ。そのジャズは、アフリカから奴隷としてアメリカに移された黒人たちが、さまざまな葛藤を抱えながら生き、その中で生まれた魂の音楽。今作『スロージャズピアノ ~Soft & Chill』で、ジャズの自由な発想から極上のリラクゼーションを感じてもらいたい。

25 tracks

レトロな喫茶店で楽しむ冬のコーヒータイム 私だけの隠れ家気分♪ 赤いサクランボがアクセントになっているクリームソーダに、こってりとしたナポリタン。昔ながらの喫茶店には変わらないものがたくさんある。若い世代には「入るのがちょっと怖い」と言う人もいるというが、昭和時代からあるレトロな喫茶店は、居心地がよくずっといたい場所だからこそ現在まで健在なのだ。『喫茶店BGM ~ゆったりのんびり冬のコーヒータイム』は憧れの喫茶店の扉を開けるきっかけとなるピアノBGM。まだ足を踏み入れたことのないあのお店は、「きっとこんな感じなのかな?」とイメージが膨らむ。冬の寒い日に、お店に入った瞬間に身体で感じる温かさだけでなく、心もほわっと温かくなるような懐かしい雰囲気。音楽とともにやさしく迎えられている気分になる。

25 tracks

レトロな喫茶店で楽しむ冬のコーヒータイム 私だけの隠れ家気分♪ 赤いサクランボがアクセントになっているクリームソーダに、こってりとしたナポリタン。昔ながらの喫茶店には変わらないものがたくさんある。若い世代には「入るのがちょっと怖い」と言う人もいるというが、昭和時代からあるレトロな喫茶店は、居心地がよくずっといたい場所だからこそ現在まで健在なのだ。『喫茶店BGM ~ゆったりのんびり冬のコーヒータイム』は憧れの喫茶店の扉を開けるきっかけとなるピアノBGM。まだ足を踏み入れたことのないあのお店は、「きっとこんな感じなのかな?」とイメージが膨らむ。冬の寒い日に、お店に入った瞬間に身体で感じる温かさだけでなく、心もほわっと温かくなるような懐かしい雰囲気。音楽とともにやさしく迎えられている気分になる。

25 tracks

寝起きのコーヒーと音楽で素敵な目覚めをあなたに 毎朝の習慣として、まずはコーヒーを一杯、という人は少なくないだろう。実はこれは理に適っていることで、コーヒーに含まれるカフェインは脳を覚醒させてくれるため、寝ぼけ頭をすっきりさせてくれる作用がある。また、コーヒーの香りを嗅ぐことでリラックスした状態にもなる。これは脳内にアルファ波が多く発生するからで、耳に優しいジャズピアノを聴いたときと同じような現象が起こる。つまり、コーヒーと音楽の相乗効果でよりリラックスできるというわけだ。今作『朝のコーヒータイムに癒しのジャズピアノ』は、そんな朝のリラックスタイムにぴったりのジャズピアノコレクション。ちなみに、コーヒーは深煎りの方がリラックス効果が高いそう。

25 tracks

寝起きのコーヒーと音楽で素敵な目覚めをあなたに 毎朝の習慣として、まずはコーヒーを一杯、という人は少なくないだろう。実はこれは理に適っていることで、コーヒーに含まれるカフェインは脳を覚醒させてくれるため、寝ぼけ頭をすっきりさせてくれる作用がある。また、コーヒーの香りを嗅ぐことでリラックスした状態にもなる。これは脳内にアルファ波が多く発生するからで、耳に優しいジャズピアノを聴いたときと同じような現象が起こる。つまり、コーヒーと音楽の相乗効果でよりリラックスできるというわけだ。今作『朝のコーヒータイムに癒しのジャズピアノ』は、そんな朝のリラックスタイムにぴったりのジャズピアノコレクション。ちなみに、コーヒーは深煎りの方がリラックス効果が高いそう。

25 tracks

一年で最も素晴らしい時期です。特別な人と特別な時間を過ごすには、最高のものしかありません。このレコードで、私たちは新しいレーベル、その名もArtSoundsを紹介します。大切な人と過ごす極上の夜にふさわしい、極上のビートをお届けします。このレコードを、あなたのホリデーシーズンのお供にどうぞ。

16 tracks

あなたのお気に入りのカフェはどこにある?「パリ」といえば、高級ブティック、美術館、カフェ、映画、ワイン、など思いつくキーワードが溢れてくるであろう。その中でもカフェ文化は素晴らしく、ヘミングウェイ、ピカソなど文豪や芸術家が通ったカフェ、映画のワンシーンに登場するカフェなど、様々なカフェがパリには存在する。また、パリといえば「シャンソン」と言われるが、ジャズの存在も忘れないで欲しい。ニューヨークで活動していたジャズミュージシャンが長く生活していたこと、パリで生まれたミュージシャンも存在していることから、街中でもジャズが聴こえてくるはずだ。今作「パリ、カフェ、ジャズピアノ」は、パリのカフェの雰囲気を堪能できる作品だ。様々な表情を持つ楽曲が収録されており、まるで映画のワンシーンのようだ。音楽を聴きながら目を閉じると、カフェから見えるパリの風景が目に浮かぶだろう。 ハイレゾFile=PCM/wav/24bit/96kHz/2ch

25 tracks
V.A.

車で聴きたい頭をスッキリさせてくれる心地いいジャズ。色々な考え事をしながらハンドルを握っている時、こんなジャズがステレオから流れてきたら、少し気持ちを落ち着かせてゆったりした気分になれるかも?ジャズを聴きながらリラックしたドライブで安全運転をお願いします!

29 tracks
V.A.

車で聴きたい頭をスッキリさせてくれる心地いいジャズ。色々な考え事をしながらハンドルを握っている時、こんなジャズがステレオから流れてきたら、少し気持ちを落ち着かせてゆったりした気分になれるかも?ジャズを聴きながらリラックしたドライブで安全運転をお願いします!

29 tracks
V.A.

9 tracks
V.A.

8 tracks
V.A.

8 tracks
View More Discography Collapse