album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
All of the Stars -- Ed Sheeran  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 03:54 N/A
2
Simple As This -- Jake Bugg  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 03:17 N/A
3
Let Me In (From The Fault in Our Stars Soundtrack) -- Grouplove  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 03:59 N/A
4
Tee Shirt (Soundtrack Version) -- Birdy  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 02:39 N/A
5
All I Want -- Kodaline  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 05:05 N/A
6
Long Way Down -- Tom Odell  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 02:29 N/A
7
Boom Clap (From the Motion Picture Das Schicksal ist ein mieser Verräter) -- Charli XCX  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 02:49 N/A
8
While I'm Alive -- STRFKR  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 03:47 N/A
9
Oblivion -- Indians  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 03:38 N/A
10
Strange Things Will Happen -- The Radio Dept.  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 04:25 N/A
11
Bomfalleralla -- Afasi & Filthy  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 03:57 N/A
12
Without Words -- Ray LaMontagne  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 04:17 N/A
13
Not About Angels -- Birdy  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 03:09 N/A
14
No One Ever Loved (From the Film "The Fault in Our Stars") -- Lykke Li  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 04:05 N/A
15
Wait -- M83  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 05:41 N/A
16
Best Shot -- BirdyJaymes Young  wav,flac,alac,aac: 16bit/44.1kHz 02:53 N/A
Add all to INTEREST

Discography

View More Discography Collapse
Collapse

News

チャーリーXCX、待望のニューAL『ハウ・アイム・フィーリング・ナウ』をリリース

チャーリーXCX、待望のニューAL『ハウ・アイム・フィーリング・ナウ』をリリース

チャーリーXCXが待望のニュー・アルバム『ハウ・アイム・フィーリング・ナウ』を5月15日(金)にデジタル配信リリースした。 今回のアルバムは新型コロナウイルスの影響により単独で作曲、作詞、録音されチャーリー本人、プロデューサーのA.G.Cook、プロデュ

チャーリーXCX、シングル"フォーエバー"のオフィシャルMVを公開

チャーリーXCX、シングル"フォーエバー"のオフィシャルMVを公開

チャーリーXCXが5月15日にデジタル配信リリースするアルバム『ハウ・アイム・フィーリング・ナウ / how I’m feeling now』より"フォーエバー"のMVを公開した。 今作『ハウ・アイム・フィーリング・ナウ 』は、新型コロナウイルス感染拡大

Articles

REVIEWS : 004 エレクトロニック&アザーズ(2020年5・6月)──八木皓平

連載

REVIEWS : 004 エレクトロニック&アザーズ(2020年5・6月)──八木皓平

毎回それぞれのジャンルに特化したライターがこの数ヶ月で「コレ」と思った9作品+αを紹介するコーナー。今回はエレクトロニック・ミュージックを中心としたセレクトで八木皓平が担当。ドラム・ビートはほぼなく、ベースラインも強調されず、ほとんどの楽曲はダンサブルとい…