Atlantic Records

24K Magic
High Resolution

24K Magic

Bruno Mars

時代を超える本物の輝き(24K)、そして音楽の奇跡(MAGIC)がここに―。 数々の記録を塗り替え世界No.1男性アーティスト となった“音楽界の至宝”ブルーノ・マーズ。約4 年振り、全世界待望の3rd アルバムが遂にリリース決定!! あの興奮が再び―。2012年12月リリースのアルバム『アンオーソドックス・ジュークボックス』から、「ロックド・アウト・オブ・ヘヴン」「君がいたあの頃に(ホエン・アイ・ワズ・ユア・マン)」という2曲の全米1位を放ちエルヴィス・プレスリー以来となる3年間で5曲の全米1位という大記録を樹立、2014年に出演したスーパーボウル・ハーフタイムショウでは歴代最高視聴者数(当時)そして最年少単独ヘッドライナー(当時)を記録、2015年にゲスト参加したマーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク」が第58回グラミー賞にて「最優秀レコード賞」含む3部門を受賞するなど、今やポピュラー音楽界No.1男性アーティストとして君臨する“音楽界の至宝”、ブルーノ・マーズ。 先日、自身のインスタグラムにて、“「24K MAGIC」10/7”と新曲の発表予告をポストすると、世界中でトレンドワード入りするなど早くも熱狂を巻き起こしていたが、その予告通り、新曲「24K・マジック」(読み:トゥエンティフォー・カラット・マジック)のデジタル配信が日本でも10/7からスタート。トークボックスから始まるイントロやサビのコーラスなど、往年のファンクネスと今のフィーリングをミックスさせ、卓越したメロディ・センスが溢れるブルーノの真骨頂とも言えるこの「24K・マジック」は、「アップタウン・ファンク」をさらにパワーアップしたような“近未来ファンク” ナンバーに仕上がっており、この曲を聴いた誰もがパーティーに行きたくなること必至!

Houses of the Holy (Deluxe Edition)
High Resolution

Houses of the Holy (Deluxe Edition)

Rock

Led Zeppelin

シンセサイザー、メロトロン、ダブルネックの12弦ギター等を駆使。 レゲエやファンクの要素を取り入れる等冒険色が濃く出た第5作目。 ビルボード・アルバム・チャート最高位:1位(1973年作品)

Led Zeppelin III (Deluxe Edition)
High Resolution

Led Zeppelin III (Deluxe Edition)

Rock

Led Zeppelin

フォークやブリティッシュ・トラッドの要素を新たに取り入れた、ツェッペリンの新たな一面と可能性を打ち出したサード・アルバム。 ビルボード・アルバム・チャート最高位:1位(1970年作品)

Coda (Remaster)
High Resolution

Coda (Remaster)

Rock

Led Zeppelin

Coda / コーダ(最終楽章) 80年にジョン・ボーナムが他界、活動に終止符を打ったツェッペリン。 本作は70年~78年に録音され未発表であった楽曲をジミー・ペイジが選曲。 ビルボード・アルバム・チャート最高位:6位(1982年作品)

Presence (Remaster)
High Resolution

Presence (Remaster)

Rock

Led Zeppelin

7th『プレゼンス』 「アキレス最後の戦い」に象徴される圧倒的なヘヴィ・サウンドがアルバム全編に緊張感を持たせた後期ツェッぺリンの傑作。 ビルボード・アルバム・チャート最高位:1位(1976年作品)

Physical Graffiti (Remaster)
High Resolution

Physical Graffiti (Remaster)

Rock

Led Zeppelin

ツェッペリン史上初の2枚組オリジナル・アルバムにして最高傑作と呼び声の高い名盤。 自ら設立した 「スワン・ソング」 レーベルからの第1弾リリース。 ビルボード・アルバム・チャート最高位:1位<6週>(1975年作品) 『フィジカル・グラフィティ』 は全米レコード協会(RIAA)に16xプラチナム・アルバムに認定された大ヒットアルバムであり、 2枚組の作品としても、 すべてのロック作品の中で、 最も優れた作品の一つと言われている。 オリジナル・アルバムに収録されている15曲は、 ツェッペリンのダイナミックな音楽レンジを表すもので、 ロックにドライブする 「カスタード・パイ」 、 アコースティックなアレンジとなる 「ブロン・イ・アー」 、 オリエンタルのフレイバーを織り交ぜた 「カシミール」 、 ファンキーなグルーブの 「トランプルド・アンダー・フット」 などクリエイティブなツアーの原動力ともなった楽曲が揃っている。

TOP