album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
ここにいて  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 01:53
you dumped me like a trash  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:24
うらおもて  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:10
群れ  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:12
夜のうた  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:19
I saw mommy kissing Santa Claus  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:39
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 19:37
Album Info

& records初の日本人女性シンガーソングライター。憂いを帯びた声とピアノの調べ、それだけで恐るべき才能を感じさせる6曲。神奈川県出身の女性シンガーソングライター。彼女にとって初めての全国流通盤であるミニ・アルバム。プロデュース、録音、ミックス、マスタリングをてがけたのは、彼女が敬愛してやまないfolk squatの平松泰二。彼にとっても初プロデュースであり、& recordsにとっても初の日本人女性シンガーソングライターとなる。また、YOMOYAの長倉亮介、そして4 bonjour’s partiesの日下部裕一も制作に協力しており、まさに& recordsの日本人勢が総力をあげてバックアップする逸材。基本的には彼女のピアノないしオルガンと、声というコアに、最低限の意匠だけ施した、とてもシンプルで、いわば名刺代わりの一枚であるが、安藤裕子やクラムボンの原田郁子などにも通じる、個性的かつ滋味溢れる彼女の唄の世界を存分に味わえる一枚。24bit/48kHzのHQD版。

Discography

Pop

2010年代最高の女性SSWの一人として絶賛を浴びた前作から3年。すべてを削ぎ落とし、その特別な声、そして歌に向き合った、初のセルフ・プロデュースによる2ndアルバム。& records初の日本人女性シンガーソングライターとしてART-SCHOOL、Ropes の戸高賢史が絶賛コメントを寄せるなどデビュー前から各方面で話題になっていたaoki laska。レーベルメイトであるfolk squatの平松泰二プロデュースによって、華々しくその才能を開花させた前作から3年、京都への移住、結婚等を経て、改めて歌と向き合った彼女から届けられた2ndアルバム。平松によるアレンジが冴え渡った前作から一転、今回は彼女自身によるプロデュース、楽器はほぼピアノのみ(コルネットに、彼女の夫でもある4 bonjour’s partries、LLamaの日下部裕一が参加)で、シンプルの極みともいえるサウンドながら、録音、ミックス、マスタリングを担当した岩谷啓士郎(トクマルシューゴ、LOSTAGE、Aco、Ryo Hamamoto等)が、空気感までも見事にパッケージし、豊かな響きの中から、耳元で息遣いまで聴こえてくるような、暖かくも力強いアルバムに。アートワークに使用されている絵も自身が手がけている。

Bonus!
Pop

2010年代最高の女性SSWの一人として絶賛を浴びた前作から3年。すべてを削ぎ落とし、その特別な声、そして歌に向き合った、初のセルフ・プロデュースによる2ndアルバム。& records初の日本人女性シンガーソングライターとしてART-SCHOOL、Ropes の戸高賢史が絶賛コメントを寄せるなどデビュー前から各方面で話題になっていたaoki laska。レーベルメイトであるfolk squatの平松泰二プロデュースによって、華々しくその才能を開花させた前作から3年、京都への移住、結婚等を経て、改めて歌と向き合った彼女から届けられた2ndアルバム。平松によるアレンジが冴え渡った前作から一転、今回は彼女自身によるプロデュース、楽器はほぼピアノのみ(コルネットに、彼女の夫でもある4 bonjour’s partries、LLamaの日下部裕一が参加)で、シンプルの極みともいえるサウンドながら、録音、ミックス、マスタリングを担当した岩谷啓士郎(トクマルシューゴ、LOSTAGE、Aco、Ryo Hamamoto等)が、空気感までも見事にパッケージし、豊かな響きの中から、耳元で息遣いまで聴こえてくるような、暖かくも力強いアルバムに。アートワークに使用されている絵も自身が手がけている。

Bonus!
Pop

& records初の日本人女性シンガーソングライターとして、ART-SCHOOL、Ropesの戸高賢史が絶賛コメントを寄せるなどデビュー前から各方面で話題になっていたaoki laska。debut mini album『about me』から、わずか半年で、1stフル・アルバムが到着。前作同様、folk squatの平松泰二が全面プロデュース。ライヴでの核となりつつある「物語」や「ひとつになりたい」、平松のトラックが冴え渡る、ポップな「みてみて」「kiseki」、アメリカのシンガーソングライター、エイミー・マンのカヴァーなど、どんな楽曲にも彩りを与える彼女の歌声の魅力を存分に伝えるヴァラエティに富んだ全10曲。彼女は本物。

Pop

& records初の日本人女性シンガーソングライター。憂いを帯びた声とピアノの調べ、それだけで恐るべき才能を感じさせる6曲。神奈川県出身の女性シンガーソングライター。彼女にとって初めての全国流通盤であるミニ・アルバム。プロデュース、録音、ミックス、マスタリングをてがけたのは、彼女が敬愛してやまないfolk squatの平松泰二。彼にとっても初プロデュースであり、& recordsにとっても初の日本人女性シンガーソングライターとなる。また、YOMOYAの長倉亮介、そして4 bonjour’s partiesの日下部裕一も制作に協力しており、まさに& recordsの日本人勢が総力をあげてバックアップする逸材。基本的には彼女のピアノないしオルガンと、声というコアに、最低限の意匠だけ施した、とてもシンプルで、いわば名刺代わりの一枚であるが、安藤裕子やクラムボンの原田郁子などにも通じる、個性的かつ滋味溢れる彼女の唄の世界を存分に味わえる一枚。24bit/48kHzのHQD版。

Pop

& records初の日本人女性シンガーソングライター。憂いを帯びた声とピアノの調べ、それだけで恐るべき才能を感じさせる6曲。神奈川県出身の女性シンガーソングライター。彼女にとって初めての全国流通盤であるミニ・アルバム。プロデュース、録音、ミックス、マスタリングをてがけたのは、彼女が敬愛してやまないfolk squatの平松泰二。彼にとっても初プロデュースであり、& recordsにとっても初の日本人女性シンガーソングライターとなる。また、YOMOYAの長倉亮介、そして4 bonjour’s partiesの日下部裕一も制作に協力しており、まさに& recordsの日本人勢が総力をあげてバックアップする逸材。基本的には彼女のピアノないしオルガンと、声というコアに、最低限の意匠だけ施した、とてもシンプルで、いわば名刺代わりの一枚であるが、安藤裕子やクラムボンの原田郁子などにも通じる、個性的かつ滋味溢れる彼女の唄の世界を存分に味わえる一枚。

News

シンガー・ソングライターaoki laskaが引退 ラストライヴ〈さいごに、額にいれて〉開催

シンガー・ソングライターaoki laskaが引退 ラストライヴ〈さいごに、額にいれて〉開催

女性シンガー・ソングライターaoki laska(アオキ・ラスカ)が、引退することを発表した。 aoki laskaは、2011年12月にミニ・アルバム『about me』で& recordsよりデビュー。1枚のEPと2枚のアルバムをリリース、〈ARAB

aoki laska、京都の美術館で2ndアルバム・レコ発 ゲストに井手健介

aoki laska、京都の美術館で2ndアルバム・レコ発 ゲストに井手健介

シンガー・ソングライターのaoki laskaが、11月22日に京都・亀岡みずのき美術館で2ndアルバム『ひとりの美術館』のリリース・パーティー〈額にいれて〉を開催する。 彼女の地元での開催となるこちらのイベントは、東京から井手健介をゲストに招いて行う。

aoki laska、新作は息遣いが聴こえるような作品に MV公開も

aoki laska、新作は息遣いが聴こえるような作品に MV公開も

シンガー・ソングライターのaoki laskaが、6月17日(水)に2ndアルバム『ひとりの美術館』をリリースする。 ART-SCHOOL、Ropesの戸高賢史が絶賛コメントを寄せるなど、2011年のデビューから大きな注目を集めてきたaoki laska

more records主催のイベントにAureole、ANIMA、aoki laskaら

more records主催のイベントにAureole、ANIMA、aoki laskaら

more recordsが主催するイベント〈MORE STYLE MARKET〉の開催(3月30日、31日)が決まり、その第1弾出演アーティストが発表された。 今回発表されたのは、ツチヤニボンド、ANIMA、CRYV、NETWORKS、Aureole、

RTでチケプレあり! ケイト・シコラのレコ発に4bon、キャロライン、aoki laska

RTでチケプレあり! ケイト・シコラのレコ発に4bon、キャロライン、aoki laska

日本で活動する女性シンガー・ソングライター、Kate Sikoraのレコ発パーティが、1月31日(木)の渋谷O-nestで行われる。 彼女が7年ぶりにリリースした2ndアルバム『JUST ENOUGH SPACE』の発売を祝う今回のパーティ。この記念す

インディ・シーンを一望! aoki laskaやsgt.など40組出演のイベント開催

インディ・シーンを一望! aoki laskaやsgt.など40組出演のイベント開催

東京のインディ・シーンを中心に、良質な音楽ばかりをボーダレスに紹介してきた音楽Podcast番組、radioDTM。2013年の春に配信200回を迎える予定の同番組が、それを記念したビッグ・イベントの開催を発表した。 来年3月30日(土)、31日(日)

View More News Collapse
下北インディーFC、最終発表で(((さらうんど)))、キエるマキュウら11組

下北インディーFC、最終発表で(((さらうんど)))、キエるマキュウら11組

7月1日(日)下北沢、新代田のライヴハウスで開催されるサーキット・イヴェント〈Shimokitazawa Indie Fanclub〉の全出演アーティストが明らかとなった。 最終発表で出演が決まったのは、aoki laska、EVISBEATSとPUN

aoki laska、リリース記念ライヴはPredawn、YeYeらを迎えた女性SSW祭り

aoki laska、リリース記念ライヴはPredawn、YeYeらを迎えた女性SSW祭り

ファースト・フル・アルバム『it's you』を明日6月13日(水)にリリースするaoki laskaが、9月7日(金)代官山 晴れたら空に豆まいてで発売記念ライヴ〈aoki laska 1st full album “it's you” relea

PE'Zからハリウッドザコシショウまで! 下北沢サーキット・イヴェント出演者第4弾

PE'Zからハリウッドザコシショウまで! 下北沢サーキット・イヴェント出演者第4弾

5月19日(土)に下北沢周辺のライヴハウス、カフェなどで行われるサーキット型イヴェント〈Shimokitazawa SOUND CRUISING〉。その出演アーティスト第4弾が発表された。 新たにラインナップに加わったのは、PE'Z、aoki lask

Collapse

Articles

aoki laska、初セルフ・プロデュース・アルバム『ひとりの美術館』ハイレゾ配信&インタヴュー!

インタヴュー

aoki laska、初セルフ・プロデュース・アルバム『ひとりの美術館』ハイレゾ配信&インタヴュー!

流麗なる歌とピアノのロウな魅力、響き渡る――シンガー・ソングライター、aoki laska最新作ハイレゾ配信USインディーを中心に、OWENや4 bonjour’s partiesなど洋邦の良質なアーティストを届けるインディ・レーベル"& rec…

aoki laska『it's you』リリース記念対談! aoki laska×山田杏奈

インタヴュー

aoki laska『it's you』リリース記念対談! aoki laska×山田杏奈

aoki laskaの新曲リリース記念! aoki laska×山田杏奈の対談が実現!1st full album『it's you』を2012年の6月にリリースしたaoki laska。半年前、2011年の年末に1st full album『カラフル』を…

aoki laska『about me』リリース&インタビュー

インタヴュー

aoki laska『about me』リリース&インタビュー

生き物のように鼓動するピアノと声 aoki laskaデビュー!aoki laskaという女性シンガー・ソングライターがじわじわと注目を集めている。folk squatの平松泰二がプロデュース、録音、ミックス、マスタリングを手がけ、YOMOYAの長倉亮介、…