album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
Electric Counterpoint: I. Fast -- Steve Reich  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 06:51 N/A
2
Electric Counterpoint: II. Slow -- Steve Reich  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:21 N/A
3
Electric Counterpoint: III. Fast -- Steve Reich  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 04:31 N/A
4
Piano Counterpoint -- Steve Reich  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 13:47 N/A
5
Radio Rewrite: I. Fast -- Steve Reich  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:51 N/A
6
Radio Rewrite: II. Slow -- Steve Reich  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:22 N/A
7
Radio Rewrite: III. Fast -- Steve Reich  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:20 N/A
8
Radio Rewrite: IV. Slow -- Steve Reich  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:52 N/A
9
Radio Rewrite: V. Fast -- Steve Reich  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 02:58 N/A
Album Info

スティーヴ・ライヒとジョニー・グリーンウッド(レディオ・ヘッド)。78歳にして、今なお新たなインスピレーションを求道するライヒの精神が結実した奇跡のコラボレーション!レディオ・リライト・・・2010年にクラコフで行われた“ライヒ・フェスティバル”において、「エレクトリック・カウンターポイント」を演奏したジョニー・グリーンウッド(レディオ・ヘッド)。その演奏に触発され、レディオ・ヘッドの作品を聞きまくったライヒが新たに作り上げた表題曲(レディオ・リライト)。 レディオ・ヘッドの「エヴリシング・イン・イッツ・ライト・プレイス」(『キッドA』(2000)収録)と「ジグソー・フォーリング・イントゥ・プレイス」(『イン・レインボウズ』(2007)収録)をもとに、スティーヴ・ライヒ独自の様式で、“ロックではない楽器のために”作り上げた作品。2013年3月、イギリスにて初演。同年11月には、このアルバムで演奏しているアラーム・ウィル・サウンドがアメリカ初演を果たし、大きな話題をさらった。エレクトリック・カウンターポイント・・・クラコフにおけるフェスティバルでJ.グリーンウッドが演奏した「エレクトリック・カウンターポイント」。以来彼は様々な場所で、この曲を演奏することとなる。ライヒの「カウンターポイント」シリーズの3曲目にあたるこの曲は、あらかじめ奏者が10のギター・パートと2つのベース・パートを録音したテープに合わせ、11本目のギター・パートをパフォーマンスする、というもの。オリジナルは、パット・メセニーの録音であるが、21世紀の新たな「エレクトリック・カウンターポイント」レコーディングの登場だ。ピアノ・カウンターポイント・・・原曲はライヒの1973年作品「6台のピアノ」。2011年にヴィンセント・コーヴァーにより、アレンジされ、「ピアノ・カウンターポイント」となる。この曲もまた、あらかじめ収録された多重録音のテープとともに演奏される。

Add all to INTEREST

Discography

スティーヴ・ライヒとジョニー・グリーンウッド(レディオ・ヘッド)。 78歳にして、今なお新たなインスピレーションを求道するライヒの精神が結実した奇跡のコラボレーション! レディオ・リライト・・・2010年にクラコフで行われた“ライヒ・フェスティバル”において、「エレクトリック・カウンターポイント」を演奏したジョニー・グリーンウッド(レディオ・ヘッド)。その演奏に触発され、レディオ・ヘッドの作品を聞きまくったライヒが新たに作り上げた表題曲(レディオ・リライト)。 レディオ・ヘッドの「エヴリシング・イン・イッツ・ライト・プレイス」(『キッドA』(2000)収録)と「ジグソー・フォーリング・イントゥ・プレイス」(『イン・レインボウズ』(2007)収録)をもとに、スティーヴ・ライヒ独自の様式で、“ロックではない楽器のために”作り上げた作品。2013年3月、イギリスにて初演。同年11月には、このアルバムで演奏しているアラーム・ウィル・サウンドがアメリカ初演を果たし、大きな話題をさらった。 エレクトリック・カウンターポイント・・・クラコフにおけるフェスティバルでJ.グリーンウッドが演奏した「エレクトリック・カウンターポイント」。以来彼は様々な場所で、この曲を演奏することとなる。ライヒの「カウンターポイント」シリーズの3曲目にあたるこの曲は、あらかじめ奏者が10のギター・パートと2つのベース・パートを録音したテープに合わせ、11本目のギター・パートをパフォーマンスする、というもの。オリジナルは、パット・メセニーの録音であるが、21世紀の新たな「エレクトリック・カウンターポイント」レコーディングの登場だ。 ピアノ・カウンターポイント・・・原曲はライヒの1973年作品「6台のピアノ」。2011年にヴィンセント・コーヴァーにより、アレンジされ、「ピアノ・カウンターポイント」となる。この曲もまた、あらかじめ収録された多重録音のテープとともに演奏される。

View More Discography Collapse
Collapse