ENDON

Rock

Discography

Rock
本作のレコーディング作業をカート・バルー(コンヴァージ)に一任、彼が地元マサチューセッツ州セイラムで運営するスタジオ: ゴッドシティにて全ての録音とミックスを行った。今やハードコア/へヴィロック/オルタナティヴ界随一のトップ・エンジニアとして著名アーティストを数多く手掛けるカート。スタジオ・ワークはコンヴァージでの活動と並行して行っているため、新規依頼は90%以上辞退している状況の中、ENDONの音楽性に可能性を見出し本作制作を快諾。カートが日本人アーティストと組むのはこれが初めてだ。既にライヴで演奏している''PERVERSION ‘TILL DEATH''や''TORCH YOUR HOUSE''に代表されるように、今回はハードコアというよりも非常にロック色の強い仕上がり。多彩な表情のギターで作ったアウトラインと変幻自在のヴォーカリゼイションが構築と逸脱を行き来し、ノイズ/サンプリング/シンセが圧をもたらす。勿論''PENSUM''のような激ハードコア・アンセムも破壊力十分。それらENDONの独創的な楽曲/演奏スタイルとカートのプロダクション・センスの融合は、真に待たれたものだろう。前作に引き続き名門ハイドラ・ヘッド(US)よりアナログ盤フォーマットでの全世界リリース決定。ツアーも含め、前作以上の規模で世界を席巻していく。
Rock
ノイズ先進国:日本に於いて全てを更新するバンド!!東京エクストリームミュージックの最先端で不遜な存在感を見せつけるENDON 満を持してリリースする1stフルアルバム、そしてアンチヒューマン宣言!!
Rock
2011年に発表された1stアルバム。エクストリーム・ミュージックにおける様々なスタイルのハイブリッド化に奇跡的な均衡感覚でもって成功させている一枚。これはDeathspell OmegaのMikko Aspaに言わせれば「トラディショナルなジャパニーズ・ノイズを21世紀に向けて決定的にアップデートした事件の証拠品」である。
Rock
V.A.
"ハードコアの真髄を驚異の洗練性と暴力性をもって体現するブルータルスラッジ「ZENOCIDE」 リー・ペリー来日時のサポートもつとめた新進気鋭の最注目ブルータルダブバンド「PREPARATION SET」 アーバンライフ×フェティシズム×インダストリアル!!「CARRE」 現代ノイズクラスト最高峰「ISTERISMO」 言わずと知れた永遠のジャパノイズ格闘王「INCAPACITANTS」 常に最高のパーティーを届ける謎のストリート覆面ゴアグラインド集団「ANAL VOLCANO」 現代的ダークメタリックLATE UKスタイルハードコア「FILTHY HATE」 王道的閉塞スラッジカタルシス「CHAOS MONGERS」 最先鋭構築的エクストリームノイズテラー「ENDON」 "

News

「音楽」「アート」「社会」をひとつに繋ぐ〈THE M/ALL 2019〉開催決定

「音楽」「アート」「社会」をひとつに繋ぐ〈THE M/ALL 2019〉開催決定

昨年の盛り上がりも記憶に新しい”「音楽」「アート」「社会」をひとつに繋ぐ"カルチャーのショッピングモール"、〈THE M/ALL〉が、2019年の渋谷に帰ってくる。 「THE M/ALL 2019」のテーマは「SURVIVE 」。多様なカルチャーを通して

『THE M/ALL 2019』“100 VOTE T-Shirts PROJECT”第四弾コラボに”GEZAN”の『マヒトゥ・ザ・ピーポー』メッセージTシャツ

『THE M/ALL 2019』“100 VOTE T-Shirts PROJECT”第四弾コラボに”GEZAN”の『マヒトゥ・ザ・ピーポー』メッセージTシャツ

2018年5月にクラウドファンディングによる完全無料開催を成功させ、“音楽フェス”という概念に新たな価値を提示した〈THE M/ALL〉。 今回、第2回となる〈THE M/ALL 2019〉の完全無料開催を目指し、2019年1月15日よりスタートした「1

Boris、25周年ツアー東京公演の模様がハイレゾにてOTOTOY独占配信決定 & 本日より予約開始

Boris、25周年ツアー東京公演の模様がハイレゾにてOTOTOY独占配信決定 & 本日より予約開始

昨年秋で結成25周年を迎え、日本のみならず世界のヘヴィ・ミュージックを牽引し続けるバンド、Boris。 この度、彼らが昨年末に行なったツアーの最終公演である代官山UNITでの模様を収録したライヴ音源『eternity』がハイレゾにてOTOTOY独占で3/

Borisにしか鳴らし得ない、アルバム『DEAR』を象徴する新曲解禁!

Borisにしか鳴らし得ない、アルバム『DEAR』を象徴する新曲解禁!

(C)MikiMatsushima Borisが、7月12日に日本先行発売するスタジオ・アルバム『DEAR』から先行試聴2曲目となる「Memento Mori」を公開した。 「Memento Mori」はアニメ『ニンジャスレイヤー フロムアニメイション』

〈Less Than TV〉主催、〈METEO NIGHT 2017〉出演者一挙71組発表!!

〈Less Than TV〉主催、〈METEO NIGHT 2017〉出演者一挙71組発表!!

先日3年ぶりに復活が発表された〈Less Than TV〉主催イベント、〈METEO NIGHT 2017〉の出演者が発表された。 今回発表されたのは一挙71組。現在の日本のアンダーグラウンド・シーンを暴れまわるバンドを初め、レーベル初期から関わりの深い

ENDON、来週リリースの2ndアルバムより第1弾MV公開!!

ENDON、来週リリースの2ndアルバムより第1弾MV公開!!

東京のエクストリーム・ミュージックの最新鋭、ENDONが来週3/8(水)に2ndアルバム、『THROUGH THE MIRROR』をリリースする。 本作より第1弾ミュージック・ビデオとして「YOUR GHOST IS DEAD」が公開された。 同曲は叙情

View More News Collapse
〈SYNCHRONICITY〉〈After Hours〉第4弾でBoris、シャム、ホムカミ、MOROHAら

〈SYNCHRONICITY〉〈After Hours〉第4弾でBoris、シャム、ホムカミ、MOROHAら

音楽フェスティバル〈SYNCHRONICITY’17〉が2017年4月8日(土)に、〈After Hours’17〉がその翌日9日(日)に開催される。その出演者第4弾が発表された。 両イベントはコラボレーション・フェスティバルとして、渋谷のライヴハウスを

Chim↑Pomが歌舞伎町のビルをジャック! 会田誠、菊地成孔、ハバナイ、NDGら出演

Chim↑Pomが歌舞伎町のビルをジャック! 会田誠、菊地成孔、ハバナイ、NDGら出演

Chim↑Pomによる新作個展「また明日も観てくれるかな?~So see you again tomorrow, too? ~」が解体予定である歌舞伎町振興組合ビルにて10月15日(土)から31日(月)まで開催。その会期中である15日(土)、28日(金)

【今週末開催】必見! NHK yx KoyxenとDJ Nobuが案内する電子音のフロントライン

【今週末開催】必見! NHK yx KoyxenとDJ Nobuが案内する電子音のフロントライン

海外の名だたるレーベルからリリースし、トム・ヨークらも絶賛するエレクトロニック・ミュージックのアーティスト、NHK yx Koyxen。 海外でのツアーや最近ではトップ・アーティストから、来日時の共演アーティストとしてラヴコールを受けるなど、世界レベルの

大友良英が賞賛 シンガポールの漆黒エクスペリメンタル・バンド、The Observatoryが来日ツアー開催

大友良英が賞賛 シンガポールの漆黒エクスペリメンタル・バンド、The Observatoryが来日ツアー開催

シンガポールのエクスペリメンタル、ポストパンク・バンド、The Observatory(ジ・オブザーバトリー)が全国5都市におよぶ来日ツアーを行うことが決定した。 The Observatoryは10年以上もそのスタイルを崩さずインディペンデントな活動を

ENDON、NARASAKI&石原洋による再構築アナログ盤発売

ENDON、NARASAKI&石原洋による再構築アナログ盤発売

ENDONが、9月に発売した1stアルバム『Mama』収録楽曲をリミックスした限定12インチEPシリーズの第2弾を12月17日に発売する。 シリーズ第1弾となった『BODIES』は、新作を発表したばかりのGODFLESHからJustin K.Broadr

Collapse

Articles

Boris、25周年ツアー東京公演の模様を独占ハイレゾ配信決定 & ENDONとの北米ツアー振り返り対談を掲載!!

インタヴュー

Boris、25周年ツアー東京公演の模様を独占ハイレゾ配信決定 & ENDONとの北米ツアー振り返り対談を掲載!!

Boris、25周年ツアー東京公演の模様を独占ハイレゾ配信決定 & ENDONとの北米ツアー振り返り対談を掲載!!2017年秋に結成25周年を迎え、日本のみならず世界のエクストリーム・ミュージックを牽引し続けるBorisが、25周年ツアーとして代官山UNI…

ノイズ音楽に迫る! dotsmark平野 × 吉田恭淑(GOVERNMENT ALPHA)

インタヴュー

ノイズ音楽に迫る! dotsmark平野 × 吉田恭淑(GOVERNMENT ALPHA)

ここ数年、ノイズ系のアーティストの名前を聞く機会が格段に増えたように思う。例えば、FREEDOMMUNEで多くの観客を前に披露された灰野敬二やMERZBOWのステージ、非常階段のアイドルやヴォーカロイドとのコラボレーションなど、何かと話題は尽きない。しかし…