Yasei Collective

Rock

プロフィール

松下マサナオ(Ds)
中西道彦(Ba,Synth)
斎藤拓郎(Gt,Voc,Synth)
別所和洋(Keys)

2009年に米国より帰国した松下マサナオ(Ds)、中西道彦(Ba,Synth)が斎藤拓郎(Voc,Gt,Synth)と共に結成。2010年、別所和洋(Keys)が加入。自主制作盤『POP MUSIC』をリリースし、都内を中心にライブ活動をスタートさせる。2011年には1stアルバム『Kodama』をマインズ・レコードよりリリース。 2012年、FUJI ROCK FESTIVAL’12 に出演。2013年、2ndアルバム『Conditioner』をリリース。自らのルーツと公言する、米国屈指のジャムバンド、Kneebodyを招いてのレコ発liveを実現させた。2014年には柳下“DAYO”武史(SPECIAL OTHERS)、浦山一悟(ACIDMAN)、在日ファンク・ホーンズ等、国内外から超豪華 11 組のアーティストを迎え完成させた、五周年アニバーサリーアルバム『so far so good』を発売。発売記念ツアーは全国30 公演に及び、アルバム参加ゲストを多数迎えた代官山 UNITでのツアーファイナルは大盛況のうちに幕を閉じた。2015年9月より、ACIDMANの所属事務所であるFREESTARへ新たに加わり、それに伴い自主レーベルである「Thursday Club」を設立。11月にはシングル『radiotooth』、2016年4月には 4thアルバム『Lights』をリリースした。2017年1月、世界を代表するドラマーであるMark Guilianaをゲストに迎えたブルーノート東京公演を開催。中毒性のあるビートと突き抜けたポップセンスを武器にジャンルレスな快進撃を続けている。

ディスコグラフィー