ソウル・フラワー・ユニオンの中心人物、中川敬が初のソロ・アコースティック・アルバム『街道筋の着地しないブルース』をリリース! 書き下ろしの新曲はもちろん、「満月の夕」「死んだあのコ」「寝顔を見せて」などのセルフ・カバー、アイリッシュ・トラッドのカバーに邦題を付けた「風来恋歌」、浅川マキの「少年」やチューリップの「しっぽの丸い子犬」のカバーなどを含む、全14編にわたる解放歌集が完成した。

ソウル・フラワー・ユニオン、中川敬の初のソロ・アコースティック・アルバム!!

中川敬 / 街道筋の着地しないブルース

【TRACK LIST】
01. 風来恋歌 / 02. 夜に感謝を / 03. 街道筋の着地しないブルース / 04. 少年 / 05. ひかり / 06. 満月の夕 / 07. 日高見 / 08. いちばんぼし / 09. しっぽの丸い小犬 / 10. ひぐらし / 11. 死んだあのコ / 12. 野づらは星あかり / 13. 寝顔を見せて / 14. 男はつらいよのテーマ

【特典】
デジタル・ブックレット

【配信形態・価格】
WAV/まとめ購入のみ、2680円


「見つめること。目撃者がいる限り、為政者の無茶にも限界がある。」

3月11日に起こった東日本大震災と、それにより引き起こされた福島第一原子力発電所の事故。テレビの中で異常な事が起こっている。テレビの中? 違う、現実だ。しかし現実を受け入れるより先にメディアは日常を取り戻していく。原発事故のニュースの後にドラマが流され、現実と非現実の境界線は曖昧になる。そんな中、番組間の短いニュースで山口県上関町祝島のことが取り上げられていた。中国電力による上関原発建設計画と、それに対し30年間の反対運動を続けている人たちについてだ。祝島と聞き、黒猫の写真が脳裏をよぎった。2010年にリリースされたソウル・フラワー・ユニオンアクア・ヴィテ』のジャケット写真だ。そのジャケットの注意書きには「上関原発建設阻止行動を見守るネコ」と書かれていた。

この作品のリリースの際に、中川敬にインタビューをした。そして、何故この写真をジャケットに使ったのかを聞くと、彼は「このネコちゃんたち、素晴らしいやろ? 」とにんまり笑ってから、2009年の11月、ソウル・フラワー・アコースティック・パルチザンで広島公演をした際に上関原発を考える20、30代の集まりに出会い、この出会いを大切にするためにこの写真をジャケットに使用したのだと話してくれた。他の作品にも、彼らがこれまで経てきた「現場での出会い」が多く刻まれている。例えば「満月の夕」は1995年、阪神淡路大震災の際に被災地に赴き「出前慰問ライヴ」をする中で書き下ろされた曲だ。今作収録のソロ・ヴァージョンの「満月の夕」もまた、東北地方の被災者からの声を受け、ラフ・ミックス段階の曲を急遽オフィシャル・サイトで公開していた。そして彼らはその後、石巻、女川、南三陸、気仙沼、陸前高田、大船渡の11カ所の避難所へ演奏しに向かった。

彼らが被災地を回っているのを、私はTwitter(@soulflowerunion/主に中川敬がツイートをしている)で追いかけていた。その中で「DJターンテーブル、無事持ち主の元に戻りました! 」という旨の気になるツイートを見つけた。そのツイートの背景について、後に日本経済新聞のウェブ・ニュースから知る。中川敬がツイートした被災地の写真の中に写り込んだDJターンテーブルの持ち主が、たまたまこのツイートを見ていたのだ。すぐさま連絡を取り、一緒に現場にかけつけ、彼の手元に戻った。しかもその持ち主はソウル・フラワー・ユニオンのファンで、大学時代に神戸の「出前慰問ライヴ」を手伝ったことがあったという。とても不思議な巡り合わせだが、中川敬の場合、偶然の出来事と思えないからまた不思議だ。出会いを大切にしてきた彼に、運命の方が引き寄せられたとしか考えられない。

中川敬初のソロ・アコースティック・アルバムとなる今作は、3月11日をまたいで録音された。ただでさえ心象風景を音楽に写し込む彼だから、震災により感じた強烈な思いが今作に反映されていない訳がない。けれど、ここから彼の心情を読み取ろうとする必要はない。詞を書いた中川敬自身が「歌詞はそれぞれの人生にひっかけてとらえてもらえばいい」と話していたのだから。それを念頭に置いて聞けば、曲を辿ることで自分がこれまで歩んで来た道のりを振り返る事が出来る。自分と全く別のところで生まれたはずの作品が、他人事ではなくなるのだ。

震災後、私も機会を得て、石巻の津波被害の現場を訪れた。瓦礫が散乱し、線路がうねり、車が川に浮かび、木々に布団や服がぶらさがっている。非現実的なこの状況を肉眼で確認し、ようやくこの大災害にリアリティを感じることができた。『アクア・ヴィテ』リリース時のインタビューの最後に中川敬はこう話している。「見つめること。目撃者がいる限り、為政者の無茶にも限界がある。世界の裏側で起こっている事でも、そこにも「私達」がいるっていう想像力を持てるのが、ホモサピエンスであって… (略)人生を時代のせいには出来ないよ。要は想像力なんやね。」震災後、私にはその想像力が欠けていた。ならばどうすればいいか。現場に立ち、体験すればいい。しかしそれには勇気が必要だ。ならば、今作『街道筋の着地しないブルース』を持ってゆけばいい。自分の歩んで来た道のりの長さを測り、土の固さを確かめ、さらに前へと進む勇気と自信をあなたに与えてくれるだろう。光の中であろうと闇の中であろうと、生きている限りその道を歩くしかない。(text by 水嶋 美和)

ソウル・フラワー・ユニオン DISCOGRAPHY


ソウル・フラワー・ユニオン MUSIC VIDEO

【asfファイルとmp4ファイルについて】
・ Windows標準のWindows Media Playerをご使用の方 → asfファイル(WMV8)
・ mac標準のQuickTime Playerをご使用の方 → mp4ファイル
※Windows環境で、mp4を再生出来る環境の方はmp4をおすすめします。

LIVE SCHEDULE

ソウル・フラワー・アコースティック・パルチザン
2011年8月11日(木) @横浜寿町職安前広場 入場無料!
w / チャラン・ポ・ランタンと愉快なカンカンバルカン / リトルキヨシトミニマム!gnk! / 桃梨 / 林栄一ガトスミーティング

ソウル・フラワー・モノノケ・サミット
『もののけ盆ダンスツアー2011~おいらの船は300トン』ツアー
2011年8月17日(水) @京都 磔磔
w / ギターパンダ / 上間綾乃
2011年8月19日(金) @東京 吉祥寺STAR PINE'S CAFE
w / ギターパンダ / 上間綾乃
2011年8月21日(日) @東京 Zher the Zoo YOYOGI
w / 遠藤ミチロウ / 上間綾乃

中川敬
2011年9月10日(土) @江の島展望灯台サンセットテラス
w / リクオ / 山口洋(HEAT WAVE) / ウルフルケイスケ / 三宅伸治 / Ban Ban Bazar / 伊東ミキオ / 石嶺 聡子 / 上中丈弥(THEイナズマ戦隊) / 朝倉真司 / 梅津和時

ソウル・フラワー・ユニオン
『ホモサピエンスはつらいよ』ツアー
2011年9月18日(日) @大阪 CLUB QUATTRO
2011年9月21日(水) @神奈川 F.A.D YOKOHAMA
2011年9月23日(金・祝) @東京 duo MUSIC EXCHANGE
2011年9月27日(火) @宮城 仙台 LIVE HOUSE enn2nd
出演イベント
2011年8月27日(土) @みちのく公園北地区 エコキャンプみちのく
『ARABAKI ROCK FEST.11』
2011年10月23日(日) @京都KBSホール
『BOROFESTA 2011』

「ソウルフラワー基金」について

長きに渡り阪神淡路大震災の被災地への寄付を続けてきた「ソウルフラワー基金」が、この度の震災を受け、東日本の被災地への支援へと切り替わりました。

ソウルフラワー震災基金からの報告とお願い

PROFILE

中川敬 NAKAGAWA TAKASHI
ロック・バンド「ソウル・フラワー・ユニオン」のヴォーカル/ギター/三線。前身バンド「ニューエスト・モデル」に始まり、並行活動中のチンドン・ユニット「ソウル・フラワー・モノノケ・サミット」や、アコースティック・ユニット「ソウル・フラワー・アコースティック・パルチザン」と、多岐にわたるバンド/ユニットのフロントマンとして、ライヴを通じて多くの人々を魅了している。また、トラッド、ソウル、ジャズ、パンク、レゲエ、ラテン、民謡、チンドン、ロックンロールなど、あらゆる音楽を精力的に雑食・具現化する、これらバンドの音楽性をまとめあげる才能をして、ソング・ライター/プロデューサーとしての評価も高い。

中川敬参加の東日本大震災救済支援コンピレーション『Play for Japan Vol.7』の購入はこちらから

ソウル・フラワー・ユニオン
80年代の日本のパンク・ロック・シーンを語るには欠かせない存在であったメスカリン・ドライヴとニューエスト・モデルが合体する形で、'93年に結成。'95年、阪神淡路大震災を機にアコースティック・チンドン・ユニット「ソウル・フラワー・モノノケ・サミット」としても、被災地での演奏を中心に精力的な活動を開始。'99年には、韓国にて6万人を集めた日本語による初の公演を敢行。トラッド、ソウル、ジャズ、パンク、レゲエ、ラテン、民謡、チンドン、ロックンロールなどなど、世界中のあらゆる音楽を精力的に雑食、それを具現化する祝祭的ライヴは、日本最強のオルタナティヴ・ミクスチャー・ロックンロールと評される、唯一無二の存在として、国内外を問わず高い評価を得ている。

オフィシャル HP
オフィシャル Twitter
オフィシャル myspace

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】生活を彩る音楽隊、フィクションに誘い込むトイ・ポップ──Ribet towns『フラッシュフィクション』
[CLOSEUP]・2017年10月11日・フィクションに誘い込むトイ・ポップ──生活を彩る音楽隊・Ribet townsの『フラッシュフィクション』 渋谷系や北欧音楽への憧憬を、京都という街から鳴らす12人組ポップ・バンド、Ribet towns。今年2月にファースト・ミニ・アルバム『ショートショート』を発売したばかりの彼らが、配信限定となるEP作品『フラッシュフィクション」をリリース。前作に収録されていた「メトロ」「ショートシネマ」のリアレンジと新曲2曲の全4曲を収録した今作を、OTOTOYでは発売日に先駆け、先日より配信スタート。ハイレゾでの配信もOTOTOYのみということで、これから要注目となるであろう彼らのサウンドをぜひ良い音で楽しんでいただくとともに、レヴューを掲載。カラフルなフィクションの世界へどうぞ。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!Ribet towns / フラッシュフィクション'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 185円(税込) / アルバム 750円(税込)【収録曲】01. ベッドタウン02. ショートシネマ03. caravan04.
by 中の人
原稿ライオット2017結果発表!!ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年10月12日・原稿ライオット2017結果発表ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! そして、本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」の結果を発表する!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、数多くの応募作の中から選ばれたグランプリのレビューをお楽しみください。 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円(税込
峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZ3ヶ月連続リリースを読み解く!
[CLOSEUP]・2017年10月12日・青春に別れを告げた峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZの3ヶ月連続リリースを読み解く! 日本武道館での公演を目前に控えたバンド活動はもちろん、連続テレビ小説「ひよっこ」への出演などで、お茶の間の幅広い世代にもその存在感を示した銀杏BOYZ・峯田和伸。そんな銀杏BOYZが「恋とロック」をテーマとして3ヶ月連続で「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」というシングルをリリースした。今回の3ヶ月連続リリース第1弾の「エンジェルベイビー」で〈ロックンロールは世界を変えて〉と叫んだ銀杏BOYZ、そして峯田和伸は、きっとこれからもぼくらの世界を変え続けてくれるはず! あなたの世界を変えるかもしれない3作品を、「岡村詩野音楽ライター講座」講座生によるクロス・レヴューとともにお届けします。 3ヶ月連続リリース、3部作配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】それぞれ 単曲 200円 / まとめ購入 400円 REVIEW : 銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」 峯田和伸の、変わらないピュアネス(額田大志)ノイジーなバンド・サウンドの上
『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース
・2017年10月13日・【REVIEW】『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース メンバーの大幅な更新を経て昨年リリースされたアルバム『23区』で、その表現をネオ・ソウル〜R&Bのグルーヴへとシフトさせたbonobos。その長いキャリアのなかで大きな転換となったアルバムから1年、ここに新たなシングル『FOLK CITY FOLK .ep』を発表した。先行ですでにリリースされている、彼らの代表曲「THANK YOU FOR THE MUSIC」のリアレンジ・ヴァージョンも含む6曲は、まさに彼らの『23区』以降の現在の勢いを感じさせるものだ。端的にいえば『23区』でバンドが獲得した表現をさらに一歩推し進めた作品となっている。OTOTOYでは本作を、DSD、そしてハイレゾ版にて配信中。そしてレヴューにてその内容を紹介します。 bonobos / FOLK CITY FOLK .ep'【配信形態 / 価格】'【左パッケージ】DSD(5.6MHz) + MP3データ付きシングルまとめ購入のみ 1,800円(税込)【右パッケージ】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALACAAC単曲購入 3
聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』をハイレゾ配信!! 南波一海によるレビュー掲載
[REVIEW]・2017年10月04日・南波一海によるレビュー掲載ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! 南波一海のレビューを掲載する。さらに本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」も引き続き絶賛開催中!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、応募は自由。本作を隅から隅まで味わいつくそう!! 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円
【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の1stソロをハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年10月04日・【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の鮮明な登場──1stソロをハイレゾ配信開始 2枚のアルバムをリリースし、2015年に突如解散をした“森は生きている”の岡田拓郎が、2017年10月4日、ソロ名義“Okada Takuro”としてのデビュー・アルバム 『ノスタルジア』をリリースする。マルチ楽器奏者であり、作曲家であり、更に“森は生きている”ではミキシングやジャケット写真までも手がけた、いわば芸術的創造力の塊ともいえる、岡田拓郎。そんな彼のデヴュー・アルバムは、ボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビがマスタリングを担当。さらに、増村和彦(ex. 森は生きている)、谷口雄(ex. 森は生きてい る)、大久保淳也(ex. 森は生きている)の他に、西田修大(吉田ヨウヘイgroup)、三船雅也(ROTH BART BARON)、水谷貴次(peno 他)、優河、石若駿など彼と繋がりのある様々なアーティストも参加。多様な楽器が紡ぐ音、静かに漂う歌声がすっと心に沁み込む傑作『ノスタ
by ai
【REVIEW】大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年09月27日・ジャズ・ピアノの奥深さにハマる秋! 大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信 2017年は大野雄二特別活動年といっても過言ではないでしょう。今年に入ってなんと3作目となる作品は、5年ぶりとなるトリオ名義でのジャズ・アルバム! 現編成のトリオでのリリースは初でもある。スタンダード・ジャズナンバーから、もちろんルパンの曲まで12曲収録。これから深まる秋の夜長にハイレゾ音質でじっくり耳を傾けてはいかがでしょうか。 YUJI OHNO TRIO / LET'S FALL IN JAZZ'【Track List】01. LET’S FALL IN JAZZ feat.Lyn02. SWEET SUE, JUST YOU03. MISTY TWILIGHT04. LET’S FALL IN LOVE05. LOVE SQUALL06. LET’S FALL IN JAZZ -interlude-07. MY ONE AND ONLY LOVE08. LET’S FACE THE MUSIC AND DANCE09. A FOGGY DAY10. LOVE THEME11. THEME FROM LUPI
ルーツをブレンドしながら“正しい場所“を見つける旅は続く――注目の新人バンド・Wanna-Gonnaの初EP
[CLOSEUP]・2017年09月28日・ルーツをブレンドしながら“正しい場所“を見つける旅は続く──注目の新人バンド、Wanna-Gonnaの初EP 時代や、そして洋・邦の垣根すらも超える普遍的サウンドを鳴らすバンド、Wanna-Gonna。〈FUJI ROCK'16〉への出演をはじめ、現在インディ・シーンで注目を集めている。先行でリリースされた7inch シングル「New Town」を筆頭に、ほっこりと落ち着いた気持ちになれるような良質な音楽を詰め込んだアルバムがやってきた!! ポップスの魅力に立ち返らせてくれる1枚を、レヴューと合わせてお楽しみください。 待望の1stミニ・アルバム!Wanna-Gonna / In the Right Place'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム価格 1,200円(税込)【収録曲】''01. Three Miles02. Run High 03. Nicaragua,1979 04. New Town 05. Transmitting End 06. Man in the Right Place 【REVIEW】W
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事