音楽プロデューサー、作曲家、編曲家でもある戸田誠司が率い、タナカカツキ、鈴木光人、とくさしけんご等の仲間達が周りを固めるスーパー・バンドkappaが、いとうせいこうを迎え、よろよろでろでろな新曲を発表。その名も『よろよろ feat. いとうせいこう』! 延々と続くよろよろビーツは、テン年代の生き方を示す!? さらに、『ヌカカの結婚の音楽』『テロメアの帽子の音楽』に続くサントラ・シリーズ第3弾、『カルシノの贈り物』もリリース。ほぼ日刊イトイ新聞で立ち読みできるガン遺伝子と人体を守る免疫細胞をとりまく9つのストーリーにkappaが音楽をつけました。そして何故か、タナカカツキがひたすらに語る「水草水槽への誘い」をフリー・ダウンロードでお届け。またスペシャル・パッケージとして、『よろよろ feat. いとうせいこう』『カルシノの贈り物』『ヌカカの結婚の音楽』『テロメアの帽子の音楽』の4作に、「水草水槽への誘い」までをセットにした特別版『kappa 2010パック』まで販売しちゃいます! 本人曰く「こんな時代だから、配信でどこまで出来るか挑戦してみたいんだよね〜」とのこと! やりすぎです(笑)!

1、『よろよろ feat. いとうせいこう』

人気電子書籍のサウンド・トラック『ヌカカの結婚の音楽』、『テロメアの帽子の音楽』が記憶に新しい戸田誠司率いるアブストラクト・ポップ・ユニットkappaが、ついにオリジナル・シングルを発表。作詞とラップでいとうせいこう(口口口)が参加!

■収録内容
01-よろよろでろでろ / 02-よろよろてふてふ / 03-でろでろ / 04-てふてふ
・「よろよろでろでろ」歌詞画像
・いとうせいこう直筆『よろよろfeat.いとうせいこう』模写画像

MP3 500円 / WAV 1000円(まとめ購入のみ)

2、『カルシノの贈り物』

ヌカカ、テロメアに続く第3弾。今回はガン遺伝子と人体を守る免疫細胞をとりまく9つのストーリーにkappaが音楽をつけました。

■収録内容
01-カルシノの贈り物 / 02-破壊の子供たち / 03-五体の人形 / 04-乗っ取られた電車 / 05-監視官と死神 / 06-三人の警官 / 07-殺し屋警官 / 08-魔法の手錠 / 09-帰ってきた子 / 10-ギターのメニュー
・『カルシノの贈り物』のジャケット画像

MP3 500円 / WAV 1000円(まとめ購入のみ)

3、スペシャル・パッケージ『kappa 2010パック』

新作『よろよろ feat. いとうせいこう』『カルシノの贈り物』と旧作『ヌカカの結婚の音楽』『テロメアの帽子の音楽』の4作に、タナカカツキがひたすら語る「水草水槽への誘い」音声、そしてアートワーク等を収録した特別版!

■収録内容
・『よろよろ feat. いとうせいこう』
・『カルシノの贈り物』
・『ヌカカの結婚の音楽』
・『テロメアの帽子の音楽』
・「水草水槽への誘い」
・各アルバムのジャケット画像
・「よろよろでろでろ」歌詞画像
・いとうせいこう直筆『よろよろfeat.いとうせいこう』模写画像

MP3 1500円(まとめ購入のみ)

4、「水草水槽への誘い」のフリー・ダウンロード
>>タナカカツキが水草水槽についてとことん語る「水草水槽への誘い」のダウンロードはこちら(フリー・ダウンロード)

面白いものを繋ぐ磁力 text by 水嶋美和

kappaというバンドがいる。いや、集団と呼んだ方がいいのかもしれない。音楽プロデューサー、作曲家、編曲家として多くの楽曲に携わってきた戸田誠司を中心に、作詞家、漫画家、映像作家、ゲーム音楽作曲家、サウンド・エンジニアなど様々な分野からの12人で形成されるアーティスト集団。何か伝えたいものがある訳でもなければ、売れたい欲求がある訳でもない。タナカカツキや鈴木光人など、それぞれ第一線で活躍するアーティストが12人も集まって「毎年やっているバーベキューと忘年会の資金が稼げれば」と言って活動しているのだから、思わず肩の力が抜けてしまう。

そんな彼らの姿勢から、どんなゆるい音が出るかと想像して聴いてみれば、確かに肩肘張らずに聴けるほどよい脱力感はあるものの、内側には常にピリピリとした緊張感が張り詰めている。彼らの曲からは前に進もう、高く飛ぼうという、遠くに向けた躍進力の代わりに、手元にある物を凝視し、その成分を分析して何か面白いものに変化させる可能性を探ろうとする研究者的な好奇心と探究心がある。12人の音の研究者が集まってひとつの作品を作るというよりも、各々の好きな音を持ち寄ってどんな化学反応が起こるのかを実験している感じ。ちなみに結成のきっかけとなったレコーディングの場所も伊豆高原の研究施設だとか。

その集団がいとうせいこうをボーカルに迎え、新作を発表した。前作は電子書籍のサウンド・トラックだったので、今作がkappa初のオリジナル・シングルとなる。戸田誠司といとうせいこうのコラボレーションと聞けば、桑田佳祐のラップが衝撃的なREAL FISHの「ジャンクビート東京」を思い出すが、今作のタイトルは「よろよろ」。よろよろ? 一曲目が「よろよろでろでろ」で、二曲目が「よろよろてふてふ」である。どういうことだと聴いてみれば、確かによろよろででろでろだった。

歌詞の中の男は最寄りの駅から地下へ、ビルへ、スーパーへ、横町へ、街から街へ、視界に入る物をとらえながら歩く。その足取りは確かに右へ左へ前へ後ろへ、よろよろと、ふらふらとしている。その姿を、いとうせいこうが歌ともラップとも語りともつかない調子でなぞる。まるで酔っ払いの冒険シュミレーション・ゲームをしているようだ。酩酊状態の心地よい散歩が都会の混沌に消えていく様子を観察している気分。気持ちよい夜風の中を、妙に冴えた目とぼんやりとした意識でとぼとぼと歩くあの感じ。

彼らの前作『カルシノの贈り物』は、森川幸人がガン遺伝子と免疫細胞をキャラクターに置き換え、アニメーションを用いて体の中のしくみを謎解いていく、電子書籍でリリースされた絵本に楽曲を添えたものだった。純粋に音を作るのが好きで、売りたい意欲が強い訳ではないkappaは、カタログが増えても在庫が増えない配信という形を選んだ。数年前からは考えられない程に、発信する手段は増え、その分可能性は広がり続けている。戸田の言葉を借りれば、「今日の睡眠時間を少し減らせば何か作れる、面白そうなことができる。」そういう時代が来た。彼らの音楽を聴きインタビューを読んでいると、「楽しそう」「面白そう」という子供の頃からある感情こそが、ものづくりへの最大の原動力になるという、シンプルだけど忘れがちなことを思い出した。そして面白いもの同士は強力な磁力で引き合い、手をつなぎ、更に面白いものを生む。前作の『カルシノの贈り物』のように。今作の「よろよろ」のように。さて、kappaの磁力は次にどんなものを引き付けるのだろう? 早くも次の作品が待ち遠しい。

Message from 戸田誠司

1987年という昔のことですが、ラップ音楽と「東京ブロンクス」へのほとんど脅威レベルのリスペクトから(作らなければならなかった)「ジャンクビート東京」がリアルフィッシュの最後の曲であったわけで、20年以上も経って、アゲーンいとうせいこうと「よろよろ」がkappa初のオリジナル音源として作れたことを、何よりもいとうせいこうに感謝する。

先日(来年出そうな)クチロロの新譜の宣伝パンフを音源に同梱したいので、pdfとかないだろうか、とメールしたところ、数時間経って、ジャケット(タナカカツキ作)を模写したものがjpgで送られてきた。そんな手間のかかったものの発注はしていない。最高である、ありがたく同梱させていただく。

もうひとつ。「歌ってもらうってさすがですね」と言われましたが、これは僕のディレクションではない。レコーディング当日に、彼がなんの説明もなく歌い出した。もうひっくり返りました。みなさんもどうぞひっくり返ってください。

2010年11月13日 戸田誠司

>>戸田誠司インタビュー「kappaとは、いったいなにもの?」

PROFILE

戸田誠司を中心とした「脱力系」の大きなバンド。機械と人力、両方あり。コンセプトと感覚、両方あり。かなり感覚に偏重。それぞれがミュージシャン、エンジニア、作編曲などで活躍しつつ、時にkappaとして招集がかかり作品を作る。

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

【REVIEW】JJJ、驚くべき進化の先へ、ノイジーでありポップ、2ndアルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年02月23日・【REVIEW】ノイジーでありポップ、驚くべきスピードで進化を遂げたヒップホップ・サウンド——JJJ、2ndアルバム その存在は、Fla$hBackS、ソロとして作品の評価はもとより、その客演やトラックメイクのクレジットのリストを見るだけでもシーンのなかでもはや欠かせない才能であることがわかる。ここに、JJJの2ndソロ『HIKARI』が届いた。自身のトラックメイク、ラップを中心に、国内外で話題となった韓国のラッパー、Ugly Duck、Reddyのふたり、さらに国内勢では5lack、同郷川崎のSTICKY、MONJU/DOWN NORTH CAMPの仙人掌、KANDYTOWN / BCDMGのラッパーYOUNG JUJUなどのラッパーをフィーチャー。そしてFebbとKID FRESINOをフィーチャーしたFla$hBackS名義の楽曲も。またENDRUN、Aru-2、STUTSといったトラックメイカーも参加。まさに2017年の国産ヒップホップの重要作の1枚と言えるだろう。OTOTOYでは本作を配信、二木信のレヴューで紹介しよう。 JJJ / HIKARI'【Track List】01. BABE feat
BELLRING少女ハート、赤坂BLITZ単独公演〈BABEL〉ライヴ音源を独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年02月24日・東京最狂ーーBELLRING少女ハート最後の赤坂BLITZ単独公演をハイレゾ配信 BELLRING少女ハートが2016年いっぱいで活動休止した。そこから朝倉みずほ、柳沢あやの、甘楽の3名が卒業、有坂玲菜に改名した仮眠玲菜とカイに新メンバーを3名加え、There There Theresにグループ名を変更し2017年2月にスタートを切った。幅広い音楽性と黒い羽をつけたセーラー服でステージを駆け回るパフォーマンスで東京最狂の名を欲しいままにした、そんなベルハーが2016年12月22、東京・赤坂BLITZで開催したワンマン・ライヴ〈BABEL〉のライヴ音源をOTOTOYにて独占ハイレゾ配信する。3月1日にはThere There Theresの初音源の配信、ディレクターの田中紘治、コレオグラファーのYUKOとの対談記事も掲載予定。2017年以降も彼女たちから目を離すことはできなそうだ!! ベルハー、赤坂BLITZでのワンマンライヴをハイレゾ配信BELLRING少女ハート / 「BABEL」at AKASAKA BLITZ'【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)【配信価格】まとめ価格
by 西澤 裕郎
どついたるねん、9作目のアルバム『COLOR LIFE』をリリース&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年02月15日・どついたるねん、一本糞あり!!ーー僕たちはロックンローラーとしてのスタート地点に立つことを許された 6008曲入りのアルバムをリリースしたり、AVメーカーHMJMとタッグを組んだ映画を公開するなど、常に話題を振りまき続けるバンド“どついたるねん”。昨年は47都道府県をまわる全国ツアーを約2ヶ月間で達成、ファイナルのリキッドルームは満員の中ライヴを行いました。そんな彼らが通算9作目のアルバム『COLOR LIFE』をリリース。タワーレコード限定発売のシングル曲「緊張の糸」、新たな彼らの代表曲「わたちゃん2」などを含む全11曲を収録。同作発売とともに全国ツアー〈彦龍〉を開催、ファイナルにバンド最大規模の赤坂BLITZワンマンも発表した、どついたるねんの現在を見逃さないよう!! 通算9作目のフル・アルバムを配信スタートどついたるねん / COLOR LIFE'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 216円(税込) まとめ価格 1,944円(税込)【Track List】1. Hello never mind2. Human 3. ミッドナイト デジャヴ4. freedom5. 緊
by 西澤 裕郎
24組のアイドルが名古屋に集結! 年に一度開催の「東海アイドル万博2017」 PHOTO REPORT
[CLOSEUP]・2017年02月17日・【PHOTO REPORT】24組のアイドルが名古屋に集結! 「東海アイドル万博2017」 関東・東海地方のアイドル・イベント制作会社、アイドル侍が主催する、年に一度行われているアイドル・イベント「東海アイドル万博2017」が2017年2月11日に愛知県名古屋市のダイアモンドホールにて開催された。 メジャーからインディーズまで、全24組のアイドルが名古屋に集合。その中からピックアップしたアイドル達のライヴの模様を写真で紹介する。 イベント名 : 東海アイドル万博2017日程 : 2017年2月11日(土)会場 : DIAMOND HALL出演 : 虹のコンキスタドール(東京)、マジカルパンチライン(東京)、天晴れ!原宿(東京)、Pimm's(東京)、強がりセンセーション(東京)、POP UP(大阪)、ICE CREAM SUICIDE(東京)、PREDIANNA(愛知)、*ココロモヨヲ*(愛知)、オレンジみるふぃ~ゆ(山口)、全力少女R(東京)、MilkShake(長崎) 、煌めき☆アンフォレント(三重)、ゆるめるモ!(東京)、P.IDL(東京)、Star☆T(愛知)、てのひらえる(兵庫)、ナト☆カン
2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【ツアー・ファイナル開催間近!】PAELLASがリミックス・コンテストの結果を発表 昨年末にリリースされたPAELLASの『Pressure』。現在の空気にドンピシャなインディR&Bのサウンドを携えたモダンなバンド・サウンドで話題を集めている。このアルバムのリリースに際して、OTOTOYではリミックス・コンテストを開催しました。制作期間は、ほぼ1ヶ月程度とかなりタイトな日程のなかでたくさんのご応募ありがとうございました! ということで本ページにて優秀作品を発表させていただきます。またこの優秀作品は後ほどOTOTOYでも配信予定です。そして『Pressure』のリリース・ツアーのファイナルも2月13日(月)に渋谷Club Asiaで開催。アルバム制作を終えてさまざまな面で変化を迎えた彼らのライヴもぜひとも! 2月13日(月)、アルバム『Pressure』リリース・ツアー・フィナル開催PAELLAS "Pressure" Release Tour Final2月13日(月)@渋谷 Club AsiaOPEN 19:00 / START 19:30LIVE : PAELLAS、ヤシの木フラミンゴVJ : chao
by 河村 祐介
7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【2ヶ月連続特集】7人組ロックンロール・バンドーーTHE 夏の魔物、スタジオ潜入レポート&インタヴュー 2017年1月6日、ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成された7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物。3月15日リリース予定の1stシングルより浅野尚志作曲、只野菜摘作詞による「僕と君のロックンロール」を現在無料先行配信中だ。同楽曲は2月16日に新代田FEVERで開催されるワンマン・ライヴ〈THE 夏の魔物登場!!! TOUR特別編~麻宮みずほ20才おめでとう歓迎会スペシャル~〉にて初披露される。ギターに越川和磨と林宏敏(ex.踊ってばかりの国)、キーボードにハジメタル、ベースにえらめぐみ(theMADRAS、股下89)、ドラムにBOBOが参加し行われる同ワンマンのリハーサルに潜入、レポートとインタヴューを掲載。2ヶ月連続でTHE 夏の魔物をフィーチャーする。 1stシングルより期間限定フリー・ダウンロード中THE 夏の魔物 / 僕と君のロックンロール'【配信形態】''mp3 【配信価格】0円新世代ロックンロール・アンセム!! 21世紀の『リンダリンダ』がここにある! 3月1
by 岡本 貴之
水曜日のカンパネラ、メジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年02月08日・【REVIEW】水曜日のカンパネラ、待望のメジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信中 水曜日のカンパネラのメジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信スタート。全曲ケンモチヒデフミによる作詞・作曲による本作は、2016年11月にリリースされたシングル『SUPERKID』より「アラジン」、「カメハメハ大王」を含む全10曲入り。2017年3月8日(水)には日本武道館でワンマン・ライヴを行うことも発表し、さらなる水曜日のカンパネラ旋風が吹き荒れること間違いなし。OTOTOYでは過去作もすべてハイレゾ配信中。この機会にあわせて揃えてみてはいかがでしょう? メジャー1stフル・アルバムをハイレゾ配信水曜日のカンパネラ / SUPERMAN'【配信形態 / 価格】24bit/96kHz(WAV / ALAC / FLAC)まとめ購入のみ 3,859円(税込)>>ハイレゾとは?【Track List】''1. アラジン2. 坂本龍馬3. 一休さん4. オニャンコポン5. チンギス・ハン6. チャップリン7. オードリー8. カメハメハ大王9. 世阿弥10. アマノウズメ REVIEW : 水
by 西澤 裕郎
特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド
[CLOSEUP]・2017年02月03日・特集 : 選ばれたグルーヴ──この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド ここ数年の、この国のインディ・ロックのシーンにインディR&Bやネオ・ソウル、現代ジャズといった音楽のグルーヴを援用したバンドたちが人気を集めている。本特集では、「選ばれたグルーヴ」と題して、現在OTOTOYでは配信中で、こうしたサウンドへと接続する音源を紹介するとともに、『Jazz The New Chapter』監修者 / ライターの柳樂光隆と、OTOTOYプロデューサー、高橋健太郎のふたりの識者の対談なども交えてお届けしよう。また、ここで、こうした流れの注目のバンドで昨年リリースされ話題を呼んだ、WONKの『Sphere』も配信開始する。文・選盤・構成 : 河村祐介 イントロ──選ばれたグルーヴ 2015年から、そして2016年にかけて、この国のインディ・ロック・シーンのサウンド面で新たにキーワードとして出てきたのは、インディR&B、ロバート・グラスパー以降の現代ジャズやアシッド・ジャズ……ざっくりと言ってこういったものだろう。こうした見方で言えば、さきほどリリースされたSuchmosのアルバム『THE KIDS』は、そう
by 河村 祐介
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事