音楽プロデューサー、作曲家、編曲家でもある戸田誠司が率い、タナカカツキ、鈴木光人、とくさしけんご等の仲間達が周りを固めるスーパー・バンドkappaが、いとうせいこうを迎え、よろよろでろでろな新曲を発表。その名も『よろよろ feat. いとうせいこう』! 延々と続くよろよろビーツは、テン年代の生き方を示す!? さらに、『ヌカカの結婚の音楽』『テロメアの帽子の音楽』に続くサントラ・シリーズ第3弾、『カルシノの贈り物』もリリース。ほぼ日刊イトイ新聞で立ち読みできるガン遺伝子と人体を守る免疫細胞をとりまく9つのストーリーにkappaが音楽をつけました。そして何故か、タナカカツキがひたすらに語る「水草水槽への誘い」をフリー・ダウンロードでお届け。またスペシャル・パッケージとして、『よろよろ feat. いとうせいこう』『カルシノの贈り物』『ヌカカの結婚の音楽』『テロメアの帽子の音楽』の4作に、「水草水槽への誘い」までをセットにした特別版『kappa 2010パック』まで販売しちゃいます! 本人曰く「こんな時代だから、配信でどこまで出来るか挑戦してみたいんだよね〜」とのこと! やりすぎです(笑)!

1、『よろよろ feat. いとうせいこう』

人気電子書籍のサウンド・トラック『ヌカカの結婚の音楽』、『テロメアの帽子の音楽』が記憶に新しい戸田誠司率いるアブストラクト・ポップ・ユニットkappaが、ついにオリジナル・シングルを発表。作詞とラップでいとうせいこう(口口口)が参加!

■収録内容
01-よろよろでろでろ / 02-よろよろてふてふ / 03-でろでろ / 04-てふてふ
・「よろよろでろでろ」歌詞画像
・いとうせいこう直筆『よろよろfeat.いとうせいこう』模写画像

MP3 500円 / WAV 1000円(まとめ購入のみ)

2、『カルシノの贈り物』

ヌカカ、テロメアに続く第3弾。今回はガン遺伝子と人体を守る免疫細胞をとりまく9つのストーリーにkappaが音楽をつけました。

■収録内容
01-カルシノの贈り物 / 02-破壊の子供たち / 03-五体の人形 / 04-乗っ取られた電車 / 05-監視官と死神 / 06-三人の警官 / 07-殺し屋警官 / 08-魔法の手錠 / 09-帰ってきた子 / 10-ギターのメニュー
・『カルシノの贈り物』のジャケット画像

MP3 500円 / WAV 1000円(まとめ購入のみ)

3、スペシャル・パッケージ『kappa 2010パック』

新作『よろよろ feat. いとうせいこう』『カルシノの贈り物』と旧作『ヌカカの結婚の音楽』『テロメアの帽子の音楽』の4作に、タナカカツキがひたすら語る「水草水槽への誘い」音声、そしてアートワーク等を収録した特別版!

■収録内容
・『よろよろ feat. いとうせいこう』
・『カルシノの贈り物』
・『ヌカカの結婚の音楽』
・『テロメアの帽子の音楽』
・「水草水槽への誘い」
・各アルバムのジャケット画像
・「よろよろでろでろ」歌詞画像
・いとうせいこう直筆『よろよろfeat.いとうせいこう』模写画像

MP3 1500円(まとめ購入のみ)

4、「水草水槽への誘い」のフリー・ダウンロード
>>タナカカツキが水草水槽についてとことん語る「水草水槽への誘い」のダウンロードはこちら(フリー・ダウンロード)

面白いものを繋ぐ磁力 text by 水嶋美和

kappaというバンドがいる。いや、集団と呼んだ方がいいのかもしれない。音楽プロデューサー、作曲家、編曲家として多くの楽曲に携わってきた戸田誠司を中心に、作詞家、漫画家、映像作家、ゲーム音楽作曲家、サウンド・エンジニアなど様々な分野からの12人で形成されるアーティスト集団。何か伝えたいものがある訳でもなければ、売れたい欲求がある訳でもない。タナカカツキや鈴木光人など、それぞれ第一線で活躍するアーティストが12人も集まって「毎年やっているバーベキューと忘年会の資金が稼げれば」と言って活動しているのだから、思わず肩の力が抜けてしまう。

そんな彼らの姿勢から、どんなゆるい音が出るかと想像して聴いてみれば、確かに肩肘張らずに聴けるほどよい脱力感はあるものの、内側には常にピリピリとした緊張感が張り詰めている。彼らの曲からは前に進もう、高く飛ぼうという、遠くに向けた躍進力の代わりに、手元にある物を凝視し、その成分を分析して何か面白いものに変化させる可能性を探ろうとする研究者的な好奇心と探究心がある。12人の音の研究者が集まってひとつの作品を作るというよりも、各々の好きな音を持ち寄ってどんな化学反応が起こるのかを実験している感じ。ちなみに結成のきっかけとなったレコーディングの場所も伊豆高原の研究施設だとか。

その集団がいとうせいこうをボーカルに迎え、新作を発表した。前作は電子書籍のサウンド・トラックだったので、今作がkappa初のオリジナル・シングルとなる。戸田誠司といとうせいこうのコラボレーションと聞けば、桑田佳祐のラップが衝撃的なREAL FISHの「ジャンクビート東京」を思い出すが、今作のタイトルは「よろよろ」。よろよろ? 一曲目が「よろよろでろでろ」で、二曲目が「よろよろてふてふ」である。どういうことだと聴いてみれば、確かによろよろででろでろだった。

歌詞の中の男は最寄りの駅から地下へ、ビルへ、スーパーへ、横町へ、街から街へ、視界に入る物をとらえながら歩く。その足取りは確かに右へ左へ前へ後ろへ、よろよろと、ふらふらとしている。その姿を、いとうせいこうが歌ともラップとも語りともつかない調子でなぞる。まるで酔っ払いの冒険シュミレーション・ゲームをしているようだ。酩酊状態の心地よい散歩が都会の混沌に消えていく様子を観察している気分。気持ちよい夜風の中を、妙に冴えた目とぼんやりとした意識でとぼとぼと歩くあの感じ。

彼らの前作『カルシノの贈り物』は、森川幸人がガン遺伝子と免疫細胞をキャラクターに置き換え、アニメーションを用いて体の中のしくみを謎解いていく、電子書籍でリリースされた絵本に楽曲を添えたものだった。純粋に音を作るのが好きで、売りたい意欲が強い訳ではないkappaは、カタログが増えても在庫が増えない配信という形を選んだ。数年前からは考えられない程に、発信する手段は増え、その分可能性は広がり続けている。戸田の言葉を借りれば、「今日の睡眠時間を少し減らせば何か作れる、面白そうなことができる。」そういう時代が来た。彼らの音楽を聴きインタビューを読んでいると、「楽しそう」「面白そう」という子供の頃からある感情こそが、ものづくりへの最大の原動力になるという、シンプルだけど忘れがちなことを思い出した。そして面白いもの同士は強力な磁力で引き合い、手をつなぎ、更に面白いものを生む。前作の『カルシノの贈り物』のように。今作の「よろよろ」のように。さて、kappaの磁力は次にどんなものを引き付けるのだろう? 早くも次の作品が待ち遠しい。

Message from 戸田誠司

1987年という昔のことですが、ラップ音楽と「東京ブロンクス」へのほとんど脅威レベルのリスペクトから(作らなければならなかった)「ジャンクビート東京」がリアルフィッシュの最後の曲であったわけで、20年以上も経って、アゲーンいとうせいこうと「よろよろ」がkappa初のオリジナル音源として作れたことを、何よりもいとうせいこうに感謝する。

先日(来年出そうな)クチロロの新譜の宣伝パンフを音源に同梱したいので、pdfとかないだろうか、とメールしたところ、数時間経って、ジャケット(タナカカツキ作)を模写したものがjpgで送られてきた。そんな手間のかかったものの発注はしていない。最高である、ありがたく同梱させていただく。

もうひとつ。「歌ってもらうってさすがですね」と言われましたが、これは僕のディレクションではない。レコーディング当日に、彼がなんの説明もなく歌い出した。もうひっくり返りました。みなさんもどうぞひっくり返ってください。

2010年11月13日 戸田誠司

>>戸田誠司インタビュー「kappaとは、いったいなにもの?」

PROFILE

戸田誠司を中心とした「脱力系」の大きなバンド。機械と人力、両方あり。コンセプトと感覚、両方あり。かなり感覚に偏重。それぞれがミュージシャン、エンジニア、作編曲などで活躍しつつ、時にkappaとして招集がかかり作品を作る。

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

3776、井出ちよのソロ・デビュー・アルバムをハイレゾ配信!
[CLOSEUP]・2016年08月23日・お盆のワンマン・ライヴも大成功! 3776、井出ちよのソロ・デビュー・アルバムをハイレゾ配信! 富士山ご当地アイドル、3776(みななろ)の井出ちよのが、ソロ名義としては初のアルバムをリリース。現在中学3年生の井出ちよのが、高校生になったらどんな女の子になるのか? という、9タイプの高校生活を描いた楽曲群。まとめ購入でついてくるブックレットはちよのちゃんの高校生ビジュアル9変化も楽しめます! このアルバム、楽曲のクオリティ、コンセプト含めて素晴らしいので、とてもとてもオススメですよ。今回は、2016年8月15日に新宿LOFTで開催されたワンマン・ライヴ「盆と3776が一緒に来るよ!」のレポートも掲載。ワンマンをおこなうたびに強烈な印象を残していく3776。今回は果たしてどんなライヴになったのでしょうか!! アルバム購入ならデジタル・ブックレットつき! 井出ちよの / もうすぐ高校生活(24bit/96kHz)'【Track List】01. もうすぐ高校生活~Introduction / 02. ハートの五線譜 / 03. 体調管理のために / 04. ギャル子大ピンチ! / 05. カードリーダー/ 06
ポスト・ポケモンGO! 時代のアイドルとは?ーー「・・・・・・・・・」デビュー直前初インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年08月23日・“ポスト・ポケモンGO!”時代のアイドル・グループ!? 「・・・・・・・・・」デビュー直前初インタヴュー 原宿・表参道・青山を中心に活動するアイドル・プロジェクト〈”女の子の東京をつくろう!! ”プロジェクト〉。プロジェクトが進むにつれ「東京」にいるすべての人たちが知らぬ間に巻き込まれ、ファンになっていくという一風変わったコンセプトを示している。何度にもわたるオーディションを経て、ついにメンバーが決定、9月4日には原宿ストロボカフェでお披露目ライヴが行われる。しかし謎の多いこのグループ。グループ名は「・・・・・・・・・」。メンバーの名前は「・」で表されるという。HPをみれば、黒い「・」が浮かんでいるだけ…。一体なんなんだ?! ということで、OTOTOYではメンバー9人と、運営スタッフであるプロデューサーの小林、コンセプト担当の古村、パフォーマンス担当の都倉、楽曲担当のみきれちゃんに取材を行った。9月4日、前代未聞のアイドル・グループが動き出す。 お披露目のワンマン・ライヴ開催決定!!・・・・・・・・・初観測ライヴ2016年9月4日(日)@原宿ストロボカフェ時間 : OPEN / START 13:00 /
by 西澤 裕郎
苗場の感動をお届け!!ーーOTOTOYフジロック・対談レポート2016
[CLOSEUP]・2016年08月16日・苗場の感動をお届け!!ーーOTOTOYフジロック・対談レポート2016 今年もフジロックはたくさんの感動を残しました! 開催20回目という記念すべき節目でもあり、例年以上に国内外豪華なラインナップで音楽好きにはたまらない3日間! そんな3日間の感動を毎年おなじみ、OTOTOYのフジロック・レポートでお届けします。今年はいつも安定のフジ・ロッカーなライター、渡辺裕也と、フジロックは2000年以来、16年ぶりの編集部河村が逆にフジ新人気分でレポート。対談形式でお届け!! 苗場に戻りたい… と余韻に浸っている方も行きたかったけど行けなかったという方も苗場のアツイ感動をこのレポートで振り返り、体感してください! レポート対談 : 渡辺裕也 × 河村祐介写真 : 雨宮透貴 FUJI ROCK FESTIVAL '16 '2016年7月22日(金)、23日(土)、24日(日) @新潟県 湯沢町 苗場スキー場'開場 / 開演 9:00 / 11:00出演 国内外約200アーティスト詳細 http://www.fujirockfestival.com/ (オフィシャル・サイト) 1日目 : とにかくたくさん観てなんぼ 渡辺
POPS回帰し表記も新たにしたharinekoの新作『Sweet Sorrow.』の世界を、写真とインタヴューでなぞってみた
[CLOSEUP]・2016年08月19日・POPS回帰し表記も新たにしたharinekoの新作『Sweet Sorrow.』の世界を、写真とインタヴューでなぞってみた harinekoの新作『Sweet Sorrow.』には、「mornin.」「ダイヤナイト」「行きた日」「return.」の4つの楽曲が収録されている。harinekoのSaChiが言うには、その4曲は順番に朝、昼、夕方、夜と1日に添って創ったのだそうだ。確かにこの楽曲からは時間と場所が強く想起される。また先行で発売されたCDには、フォトジンがついていた。かわいい女の子がこちらを向くそれはとても美しかったが、そこにはSaChiはうつっていなかった…だからなのか、このアルバムを聴かせてもらった時に、SaChiと一緒にその曲が生まれたであろう場所に、生まれたであろう時間帯に行ってみたいと思った。そうじゃないと、この作品を理解することは出来ないと思ったからだ。本作のキーパーソン、カメラマンの齋藤一平とスタッフの岩崎淳、そしてSaChiと一緒に、アルバムのことを聴きながら4つの場所をmornin.@駒沢の住宅街 → ダイヤナイト@お台場ヴィーナスフォートと芝浦ふ頭 → 行きた日@松陰神社付近
by JJ
ヤなことそっとミュート、初インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年08月21日・【デビュー作ハイレゾ版予約開始】グランジを手にしたアイドル、ヤなことそっとミュート初インタヴュー掲載 BELLRING少女ハートの楽曲制作を手がける「DCG ENTERTAINMENT」がプロデュースする清純派アイドル・グループ、ヤなことそっとミュート。グランジ・オルタナティヴ・ロックを踏襲した楽曲とエッジで鬼気迫るようなダンス・パフォーマンスを特徴としたライヴが話題を呼んでいる彼女たち。8月31日までOTOTOYで無料配信してきた『8CM EP』を9月1日からハイレゾ配信開始。それに先立ち予約開始とともに、メンバーへの初インタヴュー、運営スタッフへのインタヴューを掲載する。 >>>OTOTOY独占ハイレゾ音源(ボーナストラック&特製Webブックレット付き)の予約はこちらから>1st EP『8cmEP』のフリーDLはこちらから(2016年8月31日まで) なでしこ : 音源を聴いてライヴに来ましたという人が結構いるので嬉しいです。 ーーどんな感想をもらいました? なでしこ : かっ… かっこいいって。 ーー(笑)。他の2人は、お客さんの反応でなにか感じたりしたことはありますか? 間宮まに & 南一花 :
by 西澤 裕郎
結成20周年マーガレットズロース、6年ぶりの8thアルバム『まったく最高の日だった』をリリース!
[CLOSEUP]・2016年08月18日・結成20周年マーガレットズロース、6年ぶりの8thアルバム『まったく最高の日だった』をリリース! 今年で結成20周年を迎えたロック・バンド、マーガレットズロース。誰もが日々のくらしで抱きながらも、なかなか言葉に出来ない感情を簡単な言葉でご機嫌なロックンロールに乗せて歌い続け20年。積極的に全国各地をツアーで飛び回り、ツアー・バンドとしての立ち位置を確立してきたマーガレットズロースであったが、3.11以降、一時的に活動が停滞。そんな状況を乗り越えてリリースされた6年ぶりとなる8thアルバムのタイトルは、『まったく最高の日だった』。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、レヴューをお届けしよう。 マーガレットズロース / まったく最高の日だった(24bit/48kHz)'【Track List】01. EAGLE02. 僕には数えられない03. 199604. 魔法をかけてあげる05. たのしいロックンロール06. 奇跡が起きなくて07. はるかぜ08. さよなら東京09. 斜陽10. 五七五11. 何も考えられない12. うその地球儀【配信形態 / 価格】''24bit/48kHz WAV / A
by ?
さよならパリス、2人で挑んだ無限の可能性、初アルバム配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年08月17日・初アルバム配信! 2ピース・バンドの革命児、さよならパリスが鳴らす"リスナーとしての音楽"とは? 2010年から活動を続ける2ピース・バンド、さよならパリスが1stシングルから3年を経て、自身初となるフル・アルバム『I LOVE YOU TILL I DIE』を発表した。米パンクを牽引するインディー・レーベル、エピタフレコードの名盤『パンク・オー・ラマ』を目指したという今作は、パンク、オルタナ、ハードコア、シューゲイザーなどあらゆるジャンルを包括した、まさにオムニバス・アルバム的な作品だ。彼らのサウンドから溢れる強い熱量と衝動は、さよならパリスが2ピース・バンドであるということを忘れてしまうほどだ。OTOTOYではそんな2ピース・バンドの革命児、さよならパリスの初音源配信と併せて、ヴォーカル・村上へのインタヴューを掲載。一見、一聴の価値有りです。さらに、アルバムに収録されている「ワンダ・ウッドワード」を期間限定でフリー・ダウンロード!下記リンクからご利用ください。 >>「ワンダ・ウッドワード」期間限定フリー・ダウンロード
by JJ
Review Shintaro Sakamoto
[CLOSEUP]・2016年08月03日・Shintaro Sakamoto : unique musical playfulness and masterful arrangements Shintaro Sakamoto released his 3rd solo ALBUM Dekirebaaiwo on 27th July 2016. Shintaro previously played in the three-piece psyche-rock group YURA YURA TEIKOKU. His new record fuses lyrical and musical content that is full of humour, tempered with moments of melancholy and sobriety. The following review was written by London-based broadcaster and DJ Nick Luscombe. Shintaro Sakamoto / dekirebaaiwo(24bit/48kHz)【Download Format】WAV、ALA
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事