音楽プロデューサー、作曲家、編曲家でもある戸田誠司が率い、タナカカツキ、鈴木光人、とくさしけんご等の仲間達が周りを固めるスーパー・バンドkappaが、いとうせいこうを迎え、よろよろでろでろな新曲を発表。その名も『よろよろ feat. いとうせいこう』! 延々と続くよろよろビーツは、テン年代の生き方を示す!? さらに、『ヌカカの結婚の音楽』『テロメアの帽子の音楽』に続くサントラ・シリーズ第3弾、『カルシノの贈り物』もリリース。ほぼ日刊イトイ新聞で立ち読みできるガン遺伝子と人体を守る免疫細胞をとりまく9つのストーリーにkappaが音楽をつけました。そして何故か、タナカカツキがひたすらに語る「水草水槽への誘い」をフリー・ダウンロードでお届け。またスペシャル・パッケージとして、『よろよろ feat. いとうせいこう』『カルシノの贈り物』『ヌカカの結婚の音楽』『テロメアの帽子の音楽』の4作に、「水草水槽への誘い」までをセットにした特別版『kappa 2010パック』まで販売しちゃいます! 本人曰く「こんな時代だから、配信でどこまで出来るか挑戦してみたいんだよね〜」とのこと! やりすぎです(笑)!

1、『よろよろ feat. いとうせいこう』

人気電子書籍のサウンド・トラック『ヌカカの結婚の音楽』、『テロメアの帽子の音楽』が記憶に新しい戸田誠司率いるアブストラクト・ポップ・ユニットkappaが、ついにオリジナル・シングルを発表。作詞とラップでいとうせいこう(口口口)が参加!

■収録内容
01-よろよろでろでろ / 02-よろよろてふてふ / 03-でろでろ / 04-てふてふ
・「よろよろでろでろ」歌詞画像
・いとうせいこう直筆『よろよろfeat.いとうせいこう』模写画像

MP3 500円 / WAV 1000円(まとめ購入のみ)

2、『カルシノの贈り物』

ヌカカ、テロメアに続く第3弾。今回はガン遺伝子と人体を守る免疫細胞をとりまく9つのストーリーにkappaが音楽をつけました。

■収録内容
01-カルシノの贈り物 / 02-破壊の子供たち / 03-五体の人形 / 04-乗っ取られた電車 / 05-監視官と死神 / 06-三人の警官 / 07-殺し屋警官 / 08-魔法の手錠 / 09-帰ってきた子 / 10-ギターのメニュー
・『カルシノの贈り物』のジャケット画像

MP3 500円 / WAV 1000円(まとめ購入のみ)

3、スペシャル・パッケージ『kappa 2010パック』

新作『よろよろ feat. いとうせいこう』『カルシノの贈り物』と旧作『ヌカカの結婚の音楽』『テロメアの帽子の音楽』の4作に、タナカカツキがひたすら語る「水草水槽への誘い」音声、そしてアートワーク等を収録した特別版!

■収録内容
・『よろよろ feat. いとうせいこう』
・『カルシノの贈り物』
・『ヌカカの結婚の音楽』
・『テロメアの帽子の音楽』
・「水草水槽への誘い」
・各アルバムのジャケット画像
・「よろよろでろでろ」歌詞画像
・いとうせいこう直筆『よろよろfeat.いとうせいこう』模写画像

MP3 1500円(まとめ購入のみ)

4、「水草水槽への誘い」のフリー・ダウンロード
>>タナカカツキが水草水槽についてとことん語る「水草水槽への誘い」のダウンロードはこちら(フリー・ダウンロード)

面白いものを繋ぐ磁力 text by 水嶋美和

kappaというバンドがいる。いや、集団と呼んだ方がいいのかもしれない。音楽プロデューサー、作曲家、編曲家として多くの楽曲に携わってきた戸田誠司を中心に、作詞家、漫画家、映像作家、ゲーム音楽作曲家、サウンド・エンジニアなど様々な分野からの12人で形成されるアーティスト集団。何か伝えたいものがある訳でもなければ、売れたい欲求がある訳でもない。タナカカツキや鈴木光人など、それぞれ第一線で活躍するアーティストが12人も集まって「毎年やっているバーベキューと忘年会の資金が稼げれば」と言って活動しているのだから、思わず肩の力が抜けてしまう。

そんな彼らの姿勢から、どんなゆるい音が出るかと想像して聴いてみれば、確かに肩肘張らずに聴けるほどよい脱力感はあるものの、内側には常にピリピリとした緊張感が張り詰めている。彼らの曲からは前に進もう、高く飛ぼうという、遠くに向けた躍進力の代わりに、手元にある物を凝視し、その成分を分析して何か面白いものに変化させる可能性を探ろうとする研究者的な好奇心と探究心がある。12人の音の研究者が集まってひとつの作品を作るというよりも、各々の好きな音を持ち寄ってどんな化学反応が起こるのかを実験している感じ。ちなみに結成のきっかけとなったレコーディングの場所も伊豆高原の研究施設だとか。

その集団がいとうせいこうをボーカルに迎え、新作を発表した。前作は電子書籍のサウンド・トラックだったので、今作がkappa初のオリジナル・シングルとなる。戸田誠司といとうせいこうのコラボレーションと聞けば、桑田佳祐のラップが衝撃的なREAL FISHの「ジャンクビート東京」を思い出すが、今作のタイトルは「よろよろ」。よろよろ? 一曲目が「よろよろでろでろ」で、二曲目が「よろよろてふてふ」である。どういうことだと聴いてみれば、確かによろよろででろでろだった。

歌詞の中の男は最寄りの駅から地下へ、ビルへ、スーパーへ、横町へ、街から街へ、視界に入る物をとらえながら歩く。その足取りは確かに右へ左へ前へ後ろへ、よろよろと、ふらふらとしている。その姿を、いとうせいこうが歌ともラップとも語りともつかない調子でなぞる。まるで酔っ払いの冒険シュミレーション・ゲームをしているようだ。酩酊状態の心地よい散歩が都会の混沌に消えていく様子を観察している気分。気持ちよい夜風の中を、妙に冴えた目とぼんやりとした意識でとぼとぼと歩くあの感じ。

彼らの前作『カルシノの贈り物』は、森川幸人がガン遺伝子と免疫細胞をキャラクターに置き換え、アニメーションを用いて体の中のしくみを謎解いていく、電子書籍でリリースされた絵本に楽曲を添えたものだった。純粋に音を作るのが好きで、売りたい意欲が強い訳ではないkappaは、カタログが増えても在庫が増えない配信という形を選んだ。数年前からは考えられない程に、発信する手段は増え、その分可能性は広がり続けている。戸田の言葉を借りれば、「今日の睡眠時間を少し減らせば何か作れる、面白そうなことができる。」そういう時代が来た。彼らの音楽を聴きインタビューを読んでいると、「楽しそう」「面白そう」という子供の頃からある感情こそが、ものづくりへの最大の原動力になるという、シンプルだけど忘れがちなことを思い出した。そして面白いもの同士は強力な磁力で引き合い、手をつなぎ、更に面白いものを生む。前作の『カルシノの贈り物』のように。今作の「よろよろ」のように。さて、kappaの磁力は次にどんなものを引き付けるのだろう? 早くも次の作品が待ち遠しい。

Message from 戸田誠司

1987年という昔のことですが、ラップ音楽と「東京ブロンクス」へのほとんど脅威レベルのリスペクトから(作らなければならなかった)「ジャンクビート東京」がリアルフィッシュの最後の曲であったわけで、20年以上も経って、アゲーンいとうせいこうと「よろよろ」がkappa初のオリジナル音源として作れたことを、何よりもいとうせいこうに感謝する。

先日(来年出そうな)クチロロの新譜の宣伝パンフを音源に同梱したいので、pdfとかないだろうか、とメールしたところ、数時間経って、ジャケット(タナカカツキ作)を模写したものがjpgで送られてきた。そんな手間のかかったものの発注はしていない。最高である、ありがたく同梱させていただく。

もうひとつ。「歌ってもらうってさすがですね」と言われましたが、これは僕のディレクションではない。レコーディング当日に、彼がなんの説明もなく歌い出した。もうひっくり返りました。みなさんもどうぞひっくり返ってください。

2010年11月13日 戸田誠司

>>戸田誠司インタビュー「kappaとは、いったいなにもの?」

PROFILE

戸田誠司を中心とした「脱力系」の大きなバンド。機械と人力、両方あり。コンセプトと感覚、両方あり。かなり感覚に偏重。それぞれがミュージシャン、エンジニア、作編曲などで活躍しつつ、時にkappaとして招集がかかり作品を作る。

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

ベイビーレイズJAPAN、メンバーに訊く2ndアルバムとこの2年
[CLOSEUP]・2016年09月09日・改名後の2年間、そして今作に込められた思いとはーーベイビーレイズJAPAN、メンバーに訊く2ndアルバム 2012年に活動を開始した5人組アイドル・グループ、ベイビーレイズJAPAN。9月21日に2年ぶりの2ndアルバム『ニッポンChu! Chu! Chu!』をリリース。数々のライヴやフェスで人気沸騰中の青春エモ・ロック「夜明けBrand New Days」や、ラップを取り入れた「真夏のフィーバー!」、新しいメンバー紹介曲としてライヴで定番となりそうな「Ride On IDOROCK」など、かわいく、暑苦しく、エモい彼女たちのすべてが詰まったアルバムとなった。 待望の2ndアルバム!!!!!ベイビーレイズJAPAN / ニッポンChu! Chu! Chu!'【収録曲】1. Ride On IDOROCK2. 虎虎タイガー!!3. 閃光Believe4. シンデレラじゃいられない5. Pretty Little Baby6. 真夏のフィーバー!7. Baby Kiss8. 栄光サンライズ9. 走れ、走れ10. 少しだけ11. 夜明けBrand New Days12. ニッポンChu! Chu! Chu!【配
Predawn、3年半ぶりのフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年09月21日・Predawn、音作りの"文法"、その新境地とはいかに──2ndフル・アルバム『Absence』ハイレゾ配信 溢れ出る才能と音楽への探求を丁寧に綴じ込んだ1stフル・アルバム『A Golden Wheel』から3年半、Predawnが待望の2ndフル・アルバム『Absence』をリリースした。収録楽曲にはライヴでの人気曲 「Universal Mind」を始め、正式な作品としては初めての日本語曲「霞草」など、音源化を待ち望まれていた9曲を収録。初めてアルバム制作にゲスト・ミュージシャンを迎え、より奥行きのある音像を目指したという今作。24bit/44.1kHzのハイレゾ音源は、そのささやかながら匂い立つような歌声と繊細ながら豊かなアレンジ、全編を通して縫い込まれたPredawnの文学を驚くほどダイレクトに、鮮やかに、感じてもらえるだろう。秋の夜長に最適の1枚を、是非。 Predawn、3年半の沈黙を破り待望のフル・アルバム、ハイレゾ配信!Predawn / Absence'【Track List】01. Skipping Ticks02. Black & White03. Universal Mind04
いまっぽい〈黒さ〉で都会を描く――新生bonobosが表現した東京という街
[CLOSEUP]・2016年09月21日・いまっぽい〈黒さ〉で都会を描く――新生bonobosが表現した東京という街 2011年の『Ultra』では管楽器やストリングスを大胆に取り入れ、続く2014年『Hyper Folk』ではさらにエレクトロニックな要素も取り込み壮大な表現を見せたbonobos。7枚目のオリジナル・アルバム『23区』は、それらの表現を引き継いだ… というよりは、過去作を咀嚼した上で新たな方向性をメンバー同士で探り合った結果作られた、バンド感の強い一枚だ。演奏面では、ファンキーでソウルフルな表現がぐっと増え、作品を通して開放的な空気が流れている。〈黒い〉表現が特徴的ではあるが、アーシーというより都会的。風通しがよくて軽やか、これまで以上に洗練されており、かつ折衷的なアルバムと言っていい。本作をOTOTOYでは、それぞれ音源形式に合わせてマスタリングされたというDSD、そしてPCM 24bit/48kHzにてハイレゾ配信を開始する。結成して間もない時期より共に活動してきたドラマーの辻凡人が脱退し、オリジナル・メンバー2人に。さらにその後3人の新メンバーを追加し、5人体制での再スタートという大きなメンバーチェンジは、彼らがアウトプット
イロムク、店舗限定ワンコイン・シングルを独占配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年09月21日・“女々しい系ギター・ロック”を脱ぎ捨てて──再スタートを切るイロムク『四枚目はどうなるの』配信 2013年より活動するギターロック・バンド、イロムクが両A面シングル『四枚目はどうなるの』をタワーレコードとヴィレッジヴァンガード下北沢店の店舗限定でのリリースが決定し、配信はOTOTOYでスタートすることとなった。両A面となる今作には、"とあるメジャー・バンド"(こちらはインタヴュー内で触れている)の1枚目のアルバム発売から3枚目のアルバム発売までの期間における、ある男女2人の生活を歌にした「三枚目」と、SNS上であれやこれやと言う人たちに向けて作った攻撃的ながらユニークな「化け者」が収録。前作との間にメンバー・チェンジを経て、一皮向けたいまの4人に話を伺った。 イロムク / 四枚目はどうなるの'【Track List】01. 三枚目02. 化け者【配信形態 / 価格】''16bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC / MP3単曲 270円(税込) / アルバム 540円(税込) INTERVIEW : イロムク 2015年8月に桂野敬章(Ba&Cho)と河野智央(Dr)がメ
テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ
[CLOSEUP]・2016年09月16日・世界基準のテクノ / ハウスをハイレゾで聴く! 〈mule musiq〉のOTOTOY限定コンピが登場! 国内外を分け隔てることなく旬のアーティストのリリースを続け、ハウス / テクノのシーンでは世界的に高い評価を受ける本邦のレコード・レーベル〈mule musiq〉。これまでOTOTOYでは、ゴンノ(Gonno)やペトレ・インスピレスク(Petre Inspirescu)、マウスオンザキーズ(mouse on the keys)など、〈mule musiq〉もしくはそのサブ・レーベル〈Endless Flight〉の作品をハイレゾで配信し好評を博してきたが、このたびはOTOTOY完全限定のエクスクルーシヴなハイレゾ・コンピレーション・アルバム2枚の配信を開始する。 レーベル・オーナーである河崎俊哉のコンパイルで『romantic standard』と題されたこのコンピレーションは、ダンス・サイドの『Part 1』とチルアウトな『Part 2』の2枚で構成されており、セオ・パリッシュ(Theo Parrish)やトッド・テリエ(Todd Terje)、ドナート・ドジー(Donato Dozzy)、クニユキ
by 河村 祐介
生活になじむ音楽、〈路地〉1stアルバムリリース&インタヴュー公開
[CLOSEUP]・2016年09月15日・大貫妙子を彷彿とさせる真っすぐな歌声。風景が目の前に広がる〈東京のポップス〉 男性3名、女性1名。東京のバンド〈路地〉。はっぴいえんど「風をあつめて」の冒頭一節に登場する単語であり、ceroにも「Roji」という楽曲がある。ポスト大貫妙子とも称される飯島梢(Vo,Syn)の歌声も含めてシティ・ポップ系譜のサウンドと想像していた。聴いてみると確かにその要素は多分にあるが、突如入るノスタルジックでリバーヴの効いた音の波、ハードなギターソロなど幅広いアプローチが垣間見える。そんなサウンドもやさしさで1つに包み込んでしまう飯島の歌声。地に足のついたリベラルな思考を持つ音楽集団だ。また日常と地続きのサウンドは全員普段フルタイムで仕事をしており、そんな生活の軸の置き方が音楽に反映されていることも大きいだろう。 初めての取材だという今回。結成のいきさつから、本作を含めた路地の音楽への想い、インタヴュワーである筆者も普段は会社員とあって、バンドと同じく大切だという仕事にまで話が及んだ。少し遅めの平日20時半、全員仕事が終わり集合次第でインタヴューが始まった。(ベースの飯田直規は仕事のため欠席) インタヴュー&文 : 峯大貴
SSW中村月子が古民家で録音した新曲を32bit配信
[CLOSEUP]・2016年09月13日・22歳最後の夏の記録ーー古民家にてSSW中村月子の楽曲をビンテージ・ギターとビンテージ・マイクを使い、32bit 88.2KHzで克明に録音! 今年2016年3月に青山のスパイラルホールにて開催された「HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL」内のイベント"「HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL」スパイラル 9Fラウンジにて、中村月子の極上の歌声をDSDで録音する"にて記録された楽曲『Experience(24bit/48kHz)』の記憶も新しいシンガー・ソングライターの中村月子の次なる挑戦は「古民家での録音」。今度はエンジニア高橋健太郎の所有するビンテージ・ギターとビンテージ・マイクを使い、32bit 88.2KHzで克明に記録。出来上がった『何度も』は、『Experience(24bit/48kHz)』からの連作として、彼女の歌声がただただ美しい、音質にこだわった素晴らしい作品となった。 中村月子 / 何度も'【Track List】01. 何度も / 02. 街の灯り【配信形態】(左)24bit/44.1kHz (ALAC / FLAC /
夏の魔物、1stアルバム『夏の魔物』発売記念その2 魔物ガールズ × LADY BABY対談
[CLOSEUP]・2016年09月14日・夏の魔物、1stアルバム発売記念第2弾 魔物ガールズ × The Idol Formerly Known As LADYBABY対談 夏の魔物が待望のメジャー1stアルバム『夏の魔物』をリリース!! 3枚の両A面シングルの表題曲に加え、前身ユニット時代に発表した楽曲を再編曲 / 再録し収録。ナレーションには声優の杉田智和、作家陣には、前山田健一、浅野尚志、ARM(IOSYS)、玉屋2060%(Wienners)、大森靖子、畑亜貴らや、演奏陣には、HISASHI(GLAY)、ウエノコウジ、クハラカズユキ、奥野真哉(ソウル・フラワー・ユニオン)、フミ(POLYSICS)など夏の魔物ならではのジャンルレスなアーティストが携わっている。 超強烈な本作に迫るべく、OTOTOYでは2回にわたり夏の魔物を大特集!! 第2回となる今回は、黒宮れいと金子理江の2人ユニット、The Idol Formerly Known As LADYBABYと夏の魔物の女子メンバーの対談を敢行。LADYBABYの「ニッポン饅頭」は、夏の魔物フロントマン・成田大致がプロデュースしたており、そのMVは1700万再生を突破!? 製作陣がほぼ同じ
by 西澤 裕郎
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事