音楽プロデューサー、作曲家、編曲家でもある戸田誠司が率い、タナカカツキ、鈴木光人、とくさしけんご等の仲間達が周りを固めるスーパー・バンドkappaが、いとうせいこうを迎え、よろよろでろでろな新曲を発表。その名も『よろよろ feat. いとうせいこう』! 延々と続くよろよろビーツは、テン年代の生き方を示す!? さらに、『ヌカカの結婚の音楽』『テロメアの帽子の音楽』に続くサントラ・シリーズ第3弾、『カルシノの贈り物』もリリース。ほぼ日刊イトイ新聞で立ち読みできるガン遺伝子と人体を守る免疫細胞をとりまく9つのストーリーにkappaが音楽をつけました。そして何故か、タナカカツキがひたすらに語る「水草水槽への誘い」をフリー・ダウンロードでお届け。またスペシャル・パッケージとして、『よろよろ feat. いとうせいこう』『カルシノの贈り物』『ヌカカの結婚の音楽』『テロメアの帽子の音楽』の4作に、「水草水槽への誘い」までをセットにした特別版『kappa 2010パック』まで販売しちゃいます! 本人曰く「こんな時代だから、配信でどこまで出来るか挑戦してみたいんだよね〜」とのこと! やりすぎです(笑)!

1、『よろよろ feat. いとうせいこう』

人気電子書籍のサウンド・トラック『ヌカカの結婚の音楽』、『テロメアの帽子の音楽』が記憶に新しい戸田誠司率いるアブストラクト・ポップ・ユニットkappaが、ついにオリジナル・シングルを発表。作詞とラップでいとうせいこう(口口口)が参加!

■収録内容
01-よろよろでろでろ / 02-よろよろてふてふ / 03-でろでろ / 04-てふてふ
・「よろよろでろでろ」歌詞画像
・いとうせいこう直筆『よろよろfeat.いとうせいこう』模写画像

MP3 500円 / WAV 1000円(まとめ購入のみ)

2、『カルシノの贈り物』

ヌカカ、テロメアに続く第3弾。今回はガン遺伝子と人体を守る免疫細胞をとりまく9つのストーリーにkappaが音楽をつけました。

■収録内容
01-カルシノの贈り物 / 02-破壊の子供たち / 03-五体の人形 / 04-乗っ取られた電車 / 05-監視官と死神 / 06-三人の警官 / 07-殺し屋警官 / 08-魔法の手錠 / 09-帰ってきた子 / 10-ギターのメニュー
・『カルシノの贈り物』のジャケット画像

MP3 500円 / WAV 1000円(まとめ購入のみ)

3、スペシャル・パッケージ『kappa 2010パック』

新作『よろよろ feat. いとうせいこう』『カルシノの贈り物』と旧作『ヌカカの結婚の音楽』『テロメアの帽子の音楽』の4作に、タナカカツキがひたすら語る「水草水槽への誘い」音声、そしてアートワーク等を収録した特別版!

■収録内容
・『よろよろ feat. いとうせいこう』
・『カルシノの贈り物』
・『ヌカカの結婚の音楽』
・『テロメアの帽子の音楽』
・「水草水槽への誘い」
・各アルバムのジャケット画像
・「よろよろでろでろ」歌詞画像
・いとうせいこう直筆『よろよろfeat.いとうせいこう』模写画像

MP3 1500円(まとめ購入のみ)

4、「水草水槽への誘い」のフリー・ダウンロード
>>タナカカツキが水草水槽についてとことん語る「水草水槽への誘い」のダウンロードはこちら(フリー・ダウンロード)

面白いものを繋ぐ磁力 text by 水嶋美和

kappaというバンドがいる。いや、集団と呼んだ方がいいのかもしれない。音楽プロデューサー、作曲家、編曲家として多くの楽曲に携わってきた戸田誠司を中心に、作詞家、漫画家、映像作家、ゲーム音楽作曲家、サウンド・エンジニアなど様々な分野からの12人で形成されるアーティスト集団。何か伝えたいものがある訳でもなければ、売れたい欲求がある訳でもない。タナカカツキや鈴木光人など、それぞれ第一線で活躍するアーティストが12人も集まって「毎年やっているバーベキューと忘年会の資金が稼げれば」と言って活動しているのだから、思わず肩の力が抜けてしまう。

そんな彼らの姿勢から、どんなゆるい音が出るかと想像して聴いてみれば、確かに肩肘張らずに聴けるほどよい脱力感はあるものの、内側には常にピリピリとした緊張感が張り詰めている。彼らの曲からは前に進もう、高く飛ぼうという、遠くに向けた躍進力の代わりに、手元にある物を凝視し、その成分を分析して何か面白いものに変化させる可能性を探ろうとする研究者的な好奇心と探究心がある。12人の音の研究者が集まってひとつの作品を作るというよりも、各々の好きな音を持ち寄ってどんな化学反応が起こるのかを実験している感じ。ちなみに結成のきっかけとなったレコーディングの場所も伊豆高原の研究施設だとか。

その集団がいとうせいこうをボーカルに迎え、新作を発表した。前作は電子書籍のサウンド・トラックだったので、今作がkappa初のオリジナル・シングルとなる。戸田誠司といとうせいこうのコラボレーションと聞けば、桑田佳祐のラップが衝撃的なREAL FISHの「ジャンクビート東京」を思い出すが、今作のタイトルは「よろよろ」。よろよろ? 一曲目が「よろよろでろでろ」で、二曲目が「よろよろてふてふ」である。どういうことだと聴いてみれば、確かによろよろででろでろだった。

歌詞の中の男は最寄りの駅から地下へ、ビルへ、スーパーへ、横町へ、街から街へ、視界に入る物をとらえながら歩く。その足取りは確かに右へ左へ前へ後ろへ、よろよろと、ふらふらとしている。その姿を、いとうせいこうが歌ともラップとも語りともつかない調子でなぞる。まるで酔っ払いの冒険シュミレーション・ゲームをしているようだ。酩酊状態の心地よい散歩が都会の混沌に消えていく様子を観察している気分。気持ちよい夜風の中を、妙に冴えた目とぼんやりとした意識でとぼとぼと歩くあの感じ。

彼らの前作『カルシノの贈り物』は、森川幸人がガン遺伝子と免疫細胞をキャラクターに置き換え、アニメーションを用いて体の中のしくみを謎解いていく、電子書籍でリリースされた絵本に楽曲を添えたものだった。純粋に音を作るのが好きで、売りたい意欲が強い訳ではないkappaは、カタログが増えても在庫が増えない配信という形を選んだ。数年前からは考えられない程に、発信する手段は増え、その分可能性は広がり続けている。戸田の言葉を借りれば、「今日の睡眠時間を少し減らせば何か作れる、面白そうなことができる。」そういう時代が来た。彼らの音楽を聴きインタビューを読んでいると、「楽しそう」「面白そう」という子供の頃からある感情こそが、ものづくりへの最大の原動力になるという、シンプルだけど忘れがちなことを思い出した。そして面白いもの同士は強力な磁力で引き合い、手をつなぎ、更に面白いものを生む。前作の『カルシノの贈り物』のように。今作の「よろよろ」のように。さて、kappaの磁力は次にどんなものを引き付けるのだろう? 早くも次の作品が待ち遠しい。

Message from 戸田誠司

1987年という昔のことですが、ラップ音楽と「東京ブロンクス」へのほとんど脅威レベルのリスペクトから(作らなければならなかった)「ジャンクビート東京」がリアルフィッシュの最後の曲であったわけで、20年以上も経って、アゲーンいとうせいこうと「よろよろ」がkappa初のオリジナル音源として作れたことを、何よりもいとうせいこうに感謝する。

先日(来年出そうな)クチロロの新譜の宣伝パンフを音源に同梱したいので、pdfとかないだろうか、とメールしたところ、数時間経って、ジャケット(タナカカツキ作)を模写したものがjpgで送られてきた。そんな手間のかかったものの発注はしていない。最高である、ありがたく同梱させていただく。

もうひとつ。「歌ってもらうってさすがですね」と言われましたが、これは僕のディレクションではない。レコーディング当日に、彼がなんの説明もなく歌い出した。もうひっくり返りました。みなさんもどうぞひっくり返ってください。

2010年11月13日 戸田誠司

>>戸田誠司インタビュー「kappaとは、いったいなにもの?」

PROFILE

戸田誠司を中心とした「脱力系」の大きなバンド。機械と人力、両方あり。コンセプトと感覚、両方あり。かなり感覚に偏重。それぞれがミュージシャン、エンジニア、作編曲などで活躍しつつ、時にkappaとして招集がかかり作品を作る。

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

「夏」がテーマのアイドル・Summer Rocket、120回以上のライヴを経て辿り着いた4人の現在
[CLOSEUP]・2017年04月27日・「夏」がテーマのアイドル・Summer Rocket、120回以上のライヴを経て辿り着いた4人の現在 「夏」をテーマにしたアイドル・グループ、Summer Rocketが2ndシングルをリリース。2016年7月から活動をスタートさせ、通算120回以上のライヴを行なってきたサマロケの新作は、ライヴの定番「さくらハレーション」「プールサイドのイルカ」の2曲。今回は楽曲制作者の永原真夏と工藤歩里がレコーディングにも立ち会い歌唱指導、徹底的にサマロケの世界観を作り上げた渾身作となっている。OTOTOYでは同作を配信するとともに、初めてのメンバー4人へのインタヴューを行った。 サマーロケット、2ndシングルを配信開始!!Summer Rocket / さくらハレーション / プールサイドのイルカ【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格】単曲 270円(税込) / まとめ 540円(税込) 【Track List】1. さくらハレーション2. プールサイドのイルカ INTERVIEW : Summer Rocket どこか懐かしさを感じさせるようなアイドル・グループ、Summer Rocket。群
by 西澤 裕郎
カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う
[CLOSEUP]・2017年04月26日・カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う 飾らない言葉と心地よい歌声、ポップネス満載のメロディーを奏でるシンガー・ソングライター「カネコアヤノ」。昨年11月に発売した『さよーならあなた』では、ギタリストとして林宏敏(ex.踊ってばかりの国)がバンド・メンバーに加わった。それによってカネコアヤノの音楽性はさらに飛躍を遂げた。そんな彼女が2nd EP『ひかれあい』を4月26日にリリース。OTOTOYではハイレゾ配信もスタートしました。〈かわる! かわる! かわってく覚悟はあるはずだ〉と歌うリード曲「とがる」には、新たなフェイズへと躍進する彼女の強い意志と勢いを感じざるを得ない。 今回のリリースにあたり、過去2回カネコアヤノのライヴ・レポートを行ってきた女性インターンのYさん(18歳)に、今作を聴いてみてどのようなことを感じ取ったか、18歳の女性インターンにとっての「カネコアヤノの魅力」とは何なのかを訊いてみた。どうせならカネコアヤノ本人も呼んで、その話を聞いてもらうことに。 カネコアヤノの2nd EPをハイレゾ配信中! カネコアヤノ / ひかれあい'【配
by 西澤 裕郎
さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る
[CLOSEUP]・2017年04月26日・さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る 18歳のシンガー・ソングライター、山﨑彩音が4曲入り音源『キキ』をリリース。15歳から東京・神奈川のライヴハウスで活動をはじめ、16歳のときに声と言葉、全曲詩先による作風、唄とギターのみの一発録音、6曲中2曲がカセットテープ・レコーディングされた1st E.P『Yer』をライヴ会場と通信販売のみで発表。2016年には仲井戸“CHABO”麗市、GLIM SPANKYのオープニング・アクトを務め、〈FUJI ROCK FESTIVAL 2016〉にシンガー・ソングライター史上最年少で出演するなど話題を集めてきた。〈さよならだけが人生さ〉と唄い出す今作は、言葉と空間を響かせる、余計なものが一切入っていない。削っていく、捨てていくというよりは、鳴っているべき、必要な音しか入れない、声と音の間の空気や静寂を鳴らしている。西野カナ、aiko、ハナレグミ等のエンジニア / マニュピュレーター / キーボーディストとして活躍する山本哲也と共に作り上げられた本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、山崎彩音への初インタヴューを掲載する。 同世
by 岡本 貴之
名門Ghostly Internationalから、Bathsが放つGeoticのカラフルなテクノ・アルバム
[CLOSEUP]・2017年03月30日・Bathsのアンビエント・プロジェクト、Geotic、待望の新作をハイレゾ&特別ライナー&インタヴューPDF付きで配信 先日のWWWやCIRCUS TOKYOでの来日公演での熱演も記憶に新しいLAを拠点に活動しているビートメイカー、Bathsことウィル・ウィーゼンフェルド。そのサイド・プロジェクトとしてこれまでにコンスタントに自主制作で作品をリリースしてきた名義、Geoticとしてアルバム『Abysma』をリリースする。リリースはエレクトロニック・ミュージックの名門、昨年グラミーにノミネートされたティコなどを擁する〈Ghostly International〉。これまでGeotic名義では10作以上のアンビエント作品を自身のBandcampで発表してきたが、名門レーベルからの本名義で初のオフィシャル・リリースとなる(日本では〈Tugboat〉からのリリース)。これまで彼がアンビエント的なアプローチで展開してきた穏やかなメロディのシンセに、緩やかなグルーヴがミックスされたカラフルなテクノ・アルバムとなっている。日本先行となる本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ&特別版のライナーノーツ&インタヴューPDF(LAビ
by 寺島 和貴
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
CUBERS、1st EP『シアン』をハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年04月20日・【REVIEW】“聴けるボーイズユニット”CUBERS、音楽的実験を見せた1st EPをハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが1st EP『シアン』を完成させた。ブラックミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』から一歩足を踏み出し、本作ではアイドル・ポップ然とした楽曲から、ギターリフが印象的なロック調、キャッチーなメロディとアレンジで構成された楽曲まで、バラエティに富んだ6曲を収録。そんな本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、レビューとともにお届けする。 聴けるボーイズユニット、1st EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / シアン'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 1,080円(税込)【収録曲】''1. Circus2. NANDE3. サイケ4. Today5. Tic Tac6. 神様は忙しい REVIEW : 「聴けるボーイズユニット」だと思わず膝を叩かざるをえない 先日「はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし」という記事を公開した。 これは、男性グループに詳しい
by 西澤 裕郎
【ライブ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ
[REVIEW]・2017年04月19日・【ライヴ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ いま京都では、ギリシャラブや本日休演、台風クラブなど、ノスタルジックなサウンドで懐かしさを醸し出しているバンドが1つのムーヴメントになりつつある。京都のインディー・シーンは今、彼らの話題で持ち切りなのだ。かつてくるりやキセルなど、京都の音楽シーンに注目が集まっていた時代があった。そんな時代の再来を期待させるような火種が、京都には転がっている。そしてその火種の1つに名乗り上げようとしているのが、超若手の7人組ノスタルジック・ロックバンド、バレーボウイズである。avex、DUM DUM LLP.、HOT STUFF、lute、ULTRA-VYBEが合同で開催し、特別審査員として中尾憲太郎(ex.ナンバーガール、Crypt City)、松田“CHABE”岳二(LEARNERS、CUBISMO GRAFICO)、MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)が参加した無差別級ライヴ・オーディション「TOKYO BIG UP! 」ではグランプリを獲得するなど、着々とその名を広めるバレーボウイズのライヴ・レポートをお届け。 テキスト : 水上健汰
【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平
筆者について
水嶋 美和 (bobbiiiiie)

酒と音楽と漫画と映画とお笑いに囲まれながら、何かしらとにかく書き続ければと思います。

同じ筆者による他の記事