News

2020年11月06日09時05分

 
原 摩利彦、初のライヴ・アルバムを本日リリース
 

京都を拠点に国内外問わずポスト・クラシカルから音響的なサウンドスケープまで、多岐にわたる表現手法を用い、ソロ作品のみならず舞台・映画音楽など幅広く活躍する音楽家、原 摩利彦

本日、自身が2018年から2019年に行ったライヴ演奏の音源を厳選し、全12曲にまとめたライヴ・アルバム『MARIHIKO HARA SELECTED LIVE RECORDINGS 2018-2019』をBandcamp / 各種デジタル・サービスよりリリースした。

今作に収められているのは、6月にリリースされ、森山未來出演の表題曲のMVも話題となった『PASSION』、『Landscape In Portrait』(2017)の楽曲をはじめとした新旧様々なセレクトとなっており、中にはライヴでのアレンジによりオリジナルの音源とは全く違う新しさを感じさせてくれるものも。また、野田秀樹作・演出の舞台『贋作桜の森の満開の下』のために原が書き下ろした“Waltz”(耳男と夜長姫のテーマ)、“Princess Yonaga”(夜長姫のテーマ)が初めて音源として収録となるなど、ファン必聴の作品となっている。

原 摩利彦|Marihiko Hara - “Mémoire (Live)”


https://youtu.be/O2SOwZX_Bsk

【各種配信リンク】
https://odesli.co/Rq8NNQ30P5MZj

開催中の名和晃平の個展『ORACLE』会場のサウンドスケープや、市川海老蔵出演の新潟米「新之助」の新CMへの楽曲提供、来週より期間限定でYouTube公開となる野田秀樹作・演出『赤鬼』の音楽を手がけるなど、常に新たな展開でその世界観の広がりを見せてくれる原 摩利彦。本日リリースのライヴ盤にも4曲が収録されている最新作『PASSION』は現在好評発売中。心に沁みる叙情的な響きの中に地下水脈のように流れる「強さ」を感じさせる、原の音世界がぎゅっと詰まった全15曲を収録。マスタリングエンジニアには原も敬愛する故ヨハン・ヨハンソンが残した名盤『オルフェ』を手がけた名手フランチェスコ・ドナデッロを迎えており、作品の音にさらなる深みを与えている。また、購入特典として録り下ろしのスコット・ウォーカーの名曲「Farmer In The City」カヴァー音源をプレゼント。

最新作『PASSION』購入リンク
https://song.link/marihikohara

【リリース情報】
label : ADAGIA
artist : 原 摩利彦
title : MARIHIKO HARA SELECTED LIVE RECORDINGS 2018-2019

release date : 2020年11月06日 FRI ON SALE
DIGITAL ONLYADG-003
各種配信リンク : https://odesli.co/Rq8NNQ30P5MZj

TRACKLISTING :
1. Mémoire (Live)
2. Waltz (Live)
3. Princess Yonaga (Live)
4. Circle Of Life (Live)
5. Vibe (Live)
6. Red (Live)
7. Eclipse (Live)
8. Grazia (Live)
9. Inscape (Live)
10. Nocturne (Live)
11. Fountain (Live)
12. Passion (Live)

あわせて読みたい


TOP