News

2019年02月06日19時00分

 
Super VHS、歌唱:mei ehara&ジャケット・イラスト:わたせせいぞうを迎えニュー・シングル7inchリリース
 

入岡佑樹を中心とした6人組ニューウェーブ・グループ Super VHSが、シンガー・ソングライター mei eharaをボーカルに迎えた7インチ・シングルを発売する。

2016年に発表されたテン年代の傑作コンピレーション・アルバム『Young Folks in Metropolis』に収録され、大きな話題を呼んだ80’s電子ポップ名曲「魚の恋」のニュー・ミックスver.と、翌年に録音されるも未公開となっていたハードボイルドな世界観が薫るディスコ・ブギー「バックビート」のキラーな2曲を収録。7インチ化に伴い、2019年に旧知の橋本竜樹(de.te.ri.o.ra.tion)によってミックス&マスタリングが行われた。

さらに、ジャケットイラストはSuper VHSメンバーが敬愛してやまない日本を代表するイラストレーター・わたせせいぞう氏による描き下ろし。
イラストについて、わたせ氏は「ぼくのイラストレーションの原風景は、ウェストコーストだ。
そんな憧れの地を舞台に、男女の恋模様を描き続けている。
四半世紀の長い旅だ。旅には駅がある。
駅は終点であると共に出発点でもある。
さァ 次なる旅はと出発する朝は、いつもウェストコーストの風が吹いてくる。」
とコメントを寄せている。 (内)

【リリース情報】
アーティスト : Super VHS
タイトル : 魚の恋 / バックビート
品番 : HR7S-133
制作 : HMV record shop
FORMAT : 7インチ
RELEASE DATE : 2019年4月3日
PRICE : 1,300 yen +tax

TRACK LIST :
A面 : 魚の恋 (歌 : mei ehara)
B面 : バックビート (歌 : mei ehara)

関連ニュース