artist image

Super VHS

Pop

Discography

Pop
80sへの深い愛情と造詣を感じさせるポップさ&キッチュさとノスタルジーを含んだメロディ。tamao ninomiyaを2曲のゲストボーカルに迎え、dip in the poolのサポートも務める松井敬治、旧知の橋本竜樹(de.te.ri.o.ra.tion)によるエンジニアリングを経て生まれたニューエイジ・モンド・ポップの快作!
Bonus!
Pop
80sへの深い愛情と造詣を感じさせるポップさ&キッチュさとノスタルジーを含んだメロディ。tamao ninomiyaを2曲のゲストボーカルに迎え、dip in the poolのサポートも務める松井敬治、旧知の橋本竜樹(de.te.ri.o.ra.tion)によるエンジニアリングを経て生まれたニューエイジ・モンド・ポップの快作!
Bonus!
Pop
Super VHS待望の新作は歌唱:mei ehara&ジャケットイラスト:わたせせいぞうを迎えたマストバイなスペシャル・シングル!
Pop
これまでに数多くのコンピレーションには参加するものの、単独音源としては、海外のインディ—レーベルからと自主制作でのリリースのみ。初の国内全国流通盤となる。話題のmoscow clubと同世代で共にマイペースな活動をしつつもクオリティの高い音楽性が東京インディーシーンの中でも認められた存在であった。YENレーベルをはじめとした80年代の日本のテクノポップ、ニューウェーブや、近年の海外のインディーロックに影響を受け、トロピカルなビートに哀愁漂うリフとメロディーが独特のサウンドを作りだしている。バンドの転機ともなった大人気のアーバンニューウェイブチューン「Remember The Night」は新録。イントロのシンセとリバーブ深いスネアの音色が80Sパーカッシブなグルーブチューン「Conservative」など全8曲を収録。待望の全国デビュー盤であり、集大成であり、様々なジャンルに存在するクラシカルな楽曲として位置づけられ、時代性に囚われることなく聴き続けられるアルバムになれば、ということから「CLASSICS」というタイトルになっている。入岡佑樹を中心に東京で活動する神奈川県在中バンド、リリースパーティーも計画中。リリース数は多くないもののTOKYOインディーシーンで大きな存在になりつつあるTEEN RUNNINGSが立ち上げたSAUNA COOLよりリリース!今後のシーンの重要アーティストとなること間違いなしだ。

News

Super VHS、2nd Full ALよりtamao ninomiyaをボーカルに迎えた「shipbuilding」MV公開

Super VHS、2nd Full ALよりtamao ninomiyaをボーカルに迎えた「shipbuilding」MV公開

およそ4年ぶりとなる2ndフルアルバム『Theoria』をリリースする入岡佑樹主宰のSuper VHS。 その新作アルバムより、注目の女性宅録音楽家・tamao ninomiyaをゲストボーカルに迎えた収録曲「shipbuilding」のミュージックビデ

Super VHS、4年ぶりの2ndフルアルバム『Theoria』リリース

Super VHS、4年ぶりの2ndフルアルバム『Theoria』リリース

ジャケットイラストにわたせせいぞう、ゲストボーカルにMei Eharaを迎え4月にリリースしたシングル「魚の恋」が各所で話題を呼んでいた入岡佑樹主宰のエレクトリック・ポップグループ「Super VHS」 そんな彼らが12月4日に、およそ4年ぶりとなる2n

Super VHS、歌唱:mei ehara&ジャケット・イラスト:わたせせいぞうを迎えニュー・シングル7inchリリース

Super VHS、歌唱:mei ehara&ジャケット・イラスト:わたせせいぞうを迎えニュー・シングル7inchリリース

入岡佑樹を中心とした6人組ニューウェーブ・グループ Super VHSが、シンガー・ソングライター mei eharaをボーカルに迎えた7インチ・シングルを発売する。 2016年に発表されたテン年代の傑作コンピレーション・アルバム『Young Folks

itwassummerの新作MVは、現実と非現実を行き来するような心地よさ

itwassummerの新作MVは、現実と非現実を行き来するような心地よさ

Photograph by Kisshomaru Shimamura 浦和で共同生活を行なうドリーム・ポップ・トリオのitwassummerが、4月5日にリリースした1st e.p.『itwassummer』より「合図」のMVを公開した。 エフェクティヴ

Articles

80's日本ニューウェイヴの精神を引き継ぐ新鋭アーティスト3組

レヴュー

80's日本ニューウェイヴの精神を引き継ぐ新鋭アーティスト3組

“新しい波”が「日常」を覆した——80’s日本ニューウェイヴと出会った大学生が新鋭アーティストをレコメンド現在20歳の私が数年前、初めてヒカシューと出会ったときの衝撃は大きかった。ポップでひょうきんなサウンドが耳を捉えつつ、どこか冷めた佇まい。歌詞は不可思…